Fate/EXTRA3話の感想・考察・解説!遠坂リンの目的とは?

こんにちは!はれこです。

いやぁ…今回は、謝らなきゃならないことがありまして…

クズって言って本当にごめん、シンジ…。

もうシンジがこんな泣かせに来るだなんて、予想外過ぎましたね。

あんな臆病な子が、サーバントを見捨てずに最期まで時を共にするだなんて。

エンディングでシンジとライダーのカットを差し挟んでくるなんて、粋な計らい!

つい夜中なのに、「シンジぃいいいい!!」って絶叫しました。

という訳で、Fate/EXTRA第3話を振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

リンちゃんの説明で一気に世界観が明らかに!

さて、今回はリンちゃんの説明でいろんな事実が明らかになりましたので、その辺りを振り返りながら解説していきます。

まず、デッドフェイスでミニスカポリスを撃退したハクノくんは、セイバーさんにお姫様抱っこされ、リンちゃんのバイクで離脱しました。

Fate_EXTRA princess hug

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

リンちゃん説明会!

離脱した先の療養所(無駄にベッドがでかい)リンちゃんからいろんなお話を聞きました。

①チャクラ・ヴァルティンなるものが現れて、セラフのルールが崩壊した。

②最下層(第1話の学校)も破壊された。

③セラフが正しく機能していないため、各階層が独立してフロアマスターが現れた。

④チャクラ・ヴァルティンがセラフを変えた時点で第1階層にただ1人留まっていたシンジは、自動的にフロアマスターとなった。

⑤第1階層は上から離脱して来たり最下層から上がってきたマスター達が集まり、現実逃避する者が集まる都市となった。

⑥フロアマスターの趣味全快の都市になった。

…要するに、やっぱりミニスカポリスはシンジの趣味ということですね。

Fate_EXTRA police

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

さて、ここでセラフをぶっ壊したチャクラ・ヴァルティンって何だ?と思いますよね。

公式の説明では、下記のように説明されております。

「 天輪聖王。 セイヴァーと呼ばれるサーヴァントが持つ宝具。 」

さて、これだけでは何のことか分からないので、更に検索してみたら、由来は仏教の神様から来ていました。

仏教の神様?もしかして…

Fate_EXTRA god

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

第1話のアバンでセイバーさんが戦ってたヤツかも!

セイバーの宝具という点が少し引っ掛かりますが、このチャクラ・ヴァルティンがどうやらラスボスになりそうです。

あれあれ?リンちゃんの右手に…

さて、リンちゃんとの会話の中でもう1点気になることが。

「よろしく、私はリン。サーバントを失った魔術師。この階層で1人、やけっぱちにレジスタンスをしてる元マスターよ」

ここで皆さんの中にも、「ん?」と思った方がいるかもしれませんが、リンちゃんの令呪はまだ消えていないのです。

Fate_EXTRA Rin hand

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

このことから、リンちゃんはサーバントと契約を切った訳ではないということが分かります。

第3話後半の展開を見た方は分かるかと思いますが、サーバントが消える時は契約しているマスターも一緒に消えます。

これは私の考察ですが、リンちゃんだけ何らかの理由で第1階層に落ちてしまい、サーバントだけ上層に残ってしまったのではないでしょうか。

下層から上層へ上がる為にはエレベ…ムーンマイルラダーを利用するしかなく、ラダーに乗る為にはフロアマスターを倒さなければなりません。

サーバントを持たないリンちゃんには、サーバントを持っているシンジを倒すのは不可能だったため、ハクノくんを利用したのでしょう。

迷いのなさがやっぱり怖いよ!

迷いなくシンジくんを倒す(ちょっと柔らかい表現で誤魔化させていただきます!)と言い切ったハクノくん。

Fate_EXTRA shinji face

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

彼のこの憎悪は一体何なんでしょう。

カットも挟まってきましたが、ハクノくんは何度も何度も転生を繰り返していて、それに対して怒りを感じているのでしょうか。

スポンサーリンク

フロアマスター・シンジといよいよ開戦!

いよいよシンジとの決戦の時。

この世界は電脳世界なので、この世界の火事は「炎症型のウイルス攻撃」なのですね。

リンちゃんがここでデッドフェイスらしき技を発動する様子が描かれています。

Fate_EXTRA Rin deadface

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

「命に代えても」と発言していることから、デッドフェイスは命を削る系の大技なのかもしれません。

シンジと対峙!シンジごめんね…

リンちゃんのアシストもあり、無事にシンジのいる所にたどり着きます。

シンジが自分の居場所を学校にしている辺り、最下層の学園生活が楽しかったのかなとか、普通の学生に戻りたいとか思ってるのかもと思うと少し切なくなりますね。

Fate_EXTRA school

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

さて、シンジと対峙するのですが、ここでシンジの過去とサーバントが明らかになります。

やはりライダーさんでしたか!

Fate/EXTRA2話の感想・考察・解説!デッドフェイスとは?
めーざめろっBright Burning Shout! 西川さんのオープニングかっこよすぎる…。 頭の中をループしてます...

まだ聖杯戦争のルールが機能していた頃、シンジはハクノくんとは別のマスターを1人倒します。

そこで本来であれば上層へ上がるはずなのですが、もうこれ以上争いたくないシンジは上がらないという選択をし、第1階層に街を作ることに決めました。

世界有数の量子ハッカー(魔術師)が集まれば、この世界を変えて生き残ることができるかもしれない。

シンジのサーバント・ライダーもそれに賛同しました。

Fate_EXTRA shinji judge

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

しかし、現実はそう甘くはなく、ニートがはびこる街になってしまったのですね…。

皆のまとめ役は大変だよね!シンジ!

Fate_EXTRA shinji pose

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

この辺りで私、シンジに全力で謝ってました。

誤解してたよ、本当にごめん、シンジ。

勝つために手段を選ばないクズじゃなくて、優しい、普通の男の子だったんだね…。

ライダーも現れて決戦開始!ライダーの真名が明らかに

そして、シンジに同調して現れるライダー姐さん!きゃー!

Fate_EXTRA rider battle

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

さて、早速ライダーの真名が解放されました。

フランシス・ドレーク

Fate_EXTRA Francis

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

史実では男性!Fateシリーズでありがち!

スペインの無敵艦隊を撃破した、海賊出身の海軍提督です。

生前の愛船「ガレオン船ゴールデン・ハインド号」を中心とした船団ワイルドハントを率いてアルマダの海戦を制しました。

Fate_EXTRA Francis hougu

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

セイバー大ピンチ!皇帝特権?

さて、宝具による攻撃を受けてセイバー大ピンチ。

宝具・皇帝特権とやらを用いて逆転を図りますが魔力が足りず。

そこへハクノくんから躊躇ないキス…!

Fate_EXTRA kiss

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

魔力供給とか事務的なこと言ってますが、まあ、好きな子からキスされたら元気にもなりますわな!

どうやらセイバーは皇帝特権を使用すると何でも意のままに動かせるのですね。

何でも思うがままに動かせるわがまま女王様、というのがセイバーの真名につながりそうですね。

さよならシンジ…さよならライダー…

皇帝特権でガレオン船に一矢報い、ライダーを一撃で倒すセイバー。

消えてゆくライダーを看取り、自分も消滅する道を選んだシンジ。

Fate_EXTRA rider sayonara

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

シンジ消えないでくれよぉ…。

シンジの理想とは

先にもありましたが、シンジは生きるためにはマスター同士で争わなければならない現実に絶望していました。

その中で、シンジは第1階層のフロアマスターとなることでその現実に立ち向かおうともがいていたのです。

たくさん魔術師が集まることで、何か、糸口が見つかるのではないかと。

しかし、その結果は、立ち向かう術を見つけるどころか、生き残りたい者たちのモラトリアムを作ることとなってしまいました。

そんな弱くとも心優しいシンジをライダーは慕いながらも現実に目を向けさせることができなかったのかもしれません。

しかし、シンジの思いはきっとハクノくんの心に焼き付いたことでしょう。

スポンサーリンク

Fate/EXTRA3話感想

シンジが…優しくも弱い彼だったと分かって非常に心打つ第3話でした。

私個人的には、屋上でおしゃべりしていた時のシンジのしゃべり方が、少しライダーに似ていて…お互い尊敬し合って信頼し合って、影響受けているんだなぁと思うとなお一層この2人の絆を感じました。

ライダーのシンジに語り掛ける口調が優しくて…!

フロアマスターとして長い時間を過ごしてきた彼にとってライダーは、いつもすぐ近くにはいられなかったかもしれないですが、いるだけで支えられる存在だったのかもしれません。

エンディングの絵が物語ってますよね。(号泣)

正直先週まではシンジにこんなに泣かされるとは思ってもみませんでした。

そして、リンちゃんのおかげでまたいろんなことが明らかになりました。

そろそろ皆さんも頭パンクしそうですよね?

…私もです!

しかし、頭はパンクしそうですが辛うじて分かる中に感動が詰まっている作品なので、非常に考察しがいがあります。

一向は上層階へ上がりましたが、ここからどんな展開が待っているのでしょう?

リンちゃんのサーバントは果たしてどこで現れるのか!

いろいろ楽しみな展開が山積みです。

今後ともぜひ一緒にFate/EXTRAの世界を楽しみましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする