シュタインズ・ゲート ゼロ4話考察・解説!椎名かがりの暴走の理由

こんにちは!

GWに突入し日光から離れて久しいカトキチです(`・ω・´)ゞ

日光を浴びないと免疫力が弱るから浴びたほうがいいそうですね。

だから年々風邪を引きやすくなるのか。なるほど。

さて、シュタゲゼロはまたしても続きが気になる最後でしたね!( ゚Д゚)

ゼロでは2度目の出現登場の桐生萌郁。

会った瞬間にオカリンのトラウマスイッチがガシガシ押されてますね~。

12月になって、落ち着きかけていたオカリンのメンタル搔き乱されてますね(^^;)

さてさて、続きの気になるところですが、今回の記事ではカトキチの押し(ラボ)メンであり、イケメンっぷりを見せつけた「ダル」を見つつ。

新キャラ、まゆしぃの養子の「椎名かがり」の暴走の理由を考えてみたいと思います!

スポンサーリンク

実はダルは天才だと思う

いやほんとに。

シュタゲとしては天才=牧瀬紅莉栖というのが王道なんだろうけど、↓の放送前記事でも触れていたように、ダルのポテンシャルは底知れないものがあると思うのですよ!

STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)感想・考察・解説記事まとめ
こんにちは!カトキチです(`・ω・´)ゞ この度、「STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)」の記事を担当...

今回は目立つ場面も多かったので、ダルのイケメンっぷり、優秀っぷりを猛アピールしておこうと思います!

①未来でタイムマシンを独自開発する

うん、正直これだけで天才だと確信していただけるでしょうw

どの世界線においても、鈴羽がいるのはダルが発明したタイムマシンがあるからこそなんですよね。

つまり、どんなに世界が荒れていて不自由がある状況でもダルはタイムマシンを発明するということ!(一部未完成品あり)

これ、すごくない?めっちゃすごいよね?

前作では脳科学的な理論面は紅莉栖が色々考えてたわけだけど、物質を過去に送ることに独自で成功するのだぜ?

理論はともかく、工学的な部分は全担当してたし。素晴らしい。

②SERNへの侵入

これは・・・まぁ、褒められたことではない。だがしかし。

それを成し遂げるだけのコンピュータセキュリティへの理解がある・・・!

しかも前作では凶真からの指令のわずか数日で成し遂げた

ダル・・・恐ろしい子!

③意外と広い人脈と意外な行動力

これが今回桐生萌郁を召喚することになったわけだが(^^;)

前作でもタイムマシンオフ会に参加していたりと、アクティブなオタクなのである。

夏の時点では桐生萌郁とダルは面識がなかったから、その後にオフ会とかで知り合ったのかな?

それに、前作で鈴羽の父親の手がかりとしてピンバッジを探す時、製作依頼を速攻で怪しげな露天商外国人にしていた!

何気に思い立った時の行動力がある。コミュニケーション能力もある。すごい・・・!

④若干19歳にして父親の自覚

これについては今回目立ちましたね~!

普段から茶化すような感じでは「パパだから」とか色々言っていましたが、楽しいハーレムであろう二次会を断ってまで鈴羽の心配をしていた。

シュタゲ_ダルパパ

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners

19歳にして、同い年くらいの娘の悩みに気づき、自分の楽しみより優先させるなんて・・・。

オタクのくせに責任感たっぷりの気配り上手かよ!

もはやチート(・∀・)

⑤未来では痩せる&口調がまとも

2010年現在はふざけた某掲示板口調で話すが、未来ではすごくまともなしゃべり方だった。

そして見た目もすらっと。

シュタゲ_未来ダル

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners

おいおいおい。なんだよ、普通にカッコイイ大人してるじゃないか( ̄▽ ̄)

体型も話し方もまともで、頭脳は天才レベルで人の心情も思いやれて、行動力もあるそんな45歳。

(美人)(美人)あり。

間違いなく勝ち組!!!

⑥結論。そりゃ由季さんも惚れるわ

だって現在の見た目はともかく、それ以外すんばらしいもの。

運動能力はないかもしれないけど。

紅莉栖も天才だけど、ダルも十分天才と呼べる資質があって、人間としてもかっこいいと思うよ!

以上、ダルのゴリ推しでしたw

スポンサーリンク

椎名かがりの暴走の理由

どうやら次回から超重要キャラとして登場してきそうですね!

今回の最後の描写から、るか子の家に住むことになった人=成長した椎名かがりと思って良さそうですね。

タイムトラベルをして寄る辺もないのに一人生き抜いてきたのか・・・すごい子だ。

しかし、鈴羽に銃を向けるというのはどういう理由だったんでしょう?

詳しく考えてみましょう!

①手がかりは口走っていた「声が聞こえる」?

・・・宇宙からの電波を受信したのだろうか?(;・∀・)

何かフラッシュバックしてましたね。

シュタゲ_声が聞こえる

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners

まゆしぃの口元?なんかちょっと男性っぽい気がするけども。

未来のまゆしぃが言った何かが、かがりの中で大事なものになっているのかな?

あるいはまゆしぃじゃない人から何か吹き込まれている?

どちらにせよ、暴走したのは「未来で誰かに言われたこと」がきっかけになっていそうですね。

②未来改変を望まない理由

シュタゲ_かがり暴走

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners


2036年の第三次世界大戦の起きている、β世界線の未来をかがりは望んでいるということだろう。

一番ぱっと思い浮かぶのは、「まゆしぃと出会えた未来」を守りたい。とかかな。

未来が変わるとまゆしぃと会えなくなるから、その未来を改変させたくない。

うん、行動理由としてはもっともらしい気がするぞ。

シュタゲ_椎名あかり

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners

ただ気になるのは、運命は収束するから、シュタインズ・ゲートに世界線が移ってもまゆしぃと出会えそうだけどな。

詳しい説明は鈴羽からも聞いていなかったようだから、とにかく「未来改変=まゆりと出会えなくなる」と思い込んでいるのかな?

③深読み、あるいは邪推

ここからは深読みしすぎかも?という内容です。すんごい的外れかも(;^ω^)

基本的には、上で書いた、まゆりと出会えなくなる未来が嫌だから、未来改変を阻止しようとしたというところまでが考察です。

ただ、やはりそれだけで鈴羽に銃を向けるだろうかと考えると弱い

なので、鈴羽に銃を向けるに足る理由を考えてみた。

かがりがリーディングシュタイナー保有者なら

オカリンがリーディングシュタイナー(世界線の移動を認知できる能力)を手に入れたのは、子供のころに高熱を出した時だろうとオカリン自身は考えている。

可能性としては、そういった体験をすれば他の人にもリーディングシュタイナーが宿る可能性はあるんじゃなかろうか?

そして、かがりがリーディングシュタイナーを保有していたら・・・という発想に至った次第でございます。

その場合、前作で過去改変が行われる度に、かがりは違う世界線を味わわされたことだろう。

まゆしぃの養子になっているけれど、養子になるということは実の親がいないわけで。

そして、まゆしぃが命を落としてきたα世界線では養母になるはずのまゆしぃがいないわけで。

もっと悲惨な人生を歩んできていた記憶はあるけれど、β世界線に到達したことでまゆしぃと出会えて、世界大戦中とはいえようやく手にしたまゆしぃとの出会い。

それが失われる可能性があるとしたら、鈴羽に銃を向けてもおかしくないかもしれない。

更に考えてみれば、現在の世界線は元々のβ世界線→α世界線を経て、もう一度β世界線に戻ってきている。

もしもかがりがリーディングシュタイナー保有者だった場合、前作でのβ世界線からα世界線への移動時点で、まゆしぃを一度失うという経験をしているかもしれない。

シュタゲ_かがり泣き顔

©️2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners

世界線が移動したときに突如、まゆしぃが消えて、誰もがまゆしぃが今までそこにいたことを知らない状態になるわけだ。

これは小さい子でなくともすごい恐怖体験だと思う。

それを味わっていて、シュタインズ・ゲートの存在を知らないのであれば、未来改変を絶対に阻止してやろうと思っても不思議ではないかな。

以上、深読みと言う名の邪推でしたw

スポンサーリンク

シュタインズ・ゲート 0第4話の感想

いやー、桐生萌郁が現れるだけでオカリンだけでなく観ているこちらまで危機感を感じますね(; ・`д・´)

相も変わらず次回が気になって仕方がないですよ。

今回記事で書いた以外にも疑問点はあったんだけど、情報が少なすぎて考察にまで至れない・・・。

疑問点としては、「かがりが紅莉栖に妙に似すぎてやいませんか?」ということ、「オカリンが言うように世界線の移動は起きたのか?」(絶叫したのはスマホを奪われたからではなく、世界線移動を感じたから?アマデウス紅莉栖の言う、すぐにかけなおしたとは?)、「比屋定さんの部屋汚ねぇ!」とかいくつかありました。

これらは次回以降で判明するか、手掛かりがもう少し出てきそうですね!

何かもう少しヒントが出てきたら、考察してみようかと思います。

それにしても、オカリンが茫然自失レベルにならなくて良かった。

前回の絶叫ぶりだとすべてのやる気を失って引きこもってもおかしくないように感じてましたからね(;^ω^)

さてさてさて、桐生萌郁の出現でどうなるのか、ダルとどんな繋がりがあるのか、かがり登場か、と、色々気になるポイントは山積みです!

次回が待ち遠しいですね!

また次回放送後にお会いしましょう~!

ではでは。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    SERNがSRENになってますよー。

    シュタインズ・ゲート世界線の設定ですが
    世界線変動率1.048596%。アトラクタフィールド同士の狭間にある境界面上。シュタインズ・ゲートの世界線は収束の影響を受けることがない。未来が未確定で完全な未知の世界線。

    なので「かがり」とは出会えるかもしれないし、出会えないかもしれない世界線。
    無印アニメ版では説明が省かれましたが、αでもβでも「2025年にオカリンがタヒぬ」ことが確定しているので
    それを逆手にとって致命傷になるような無茶を繰り返しています。(綯さんの世界線では2025年まで復讐が達成できない等)
    「2025年まで絶対にタヒなない」ことが確定していますが、シュタインズ・ゲート世界線に移動した瞬間に未来は未確定になるので一か八かの懸けでした。

    アニメ版ゼロは複雑な分岐をする複数のルートが一本にいい感じに再構築されているので
    原作ゲームをやっていてもどうなるのか分からず、毎週とても楽しみですね。

    • katokichi より:

      >名無しさん

      3話に引き続きコメントありがとうございます!こちらもSERNの綴り間違いすみません・・・修正しておきます!
      ご指摘ありがとうございます、助かります!

      詳細な解説もありがとうございます!
      アトラクタフィールドの収束の件がサッと出てくるのはさすがですね。
      一応、アニメ内容主体で考察していくので、アニメでは省略されたオカリンの失敗ループの数々の詳細や、他のヒロインエンドだとこうなる、ということはあまり触れないつもりなのですが(軽く触れますw)
      2025年までオカリン生存確定はすごく大事な要素なのでそのうちアニメ内でもちゃんと紹介されるかもですね。

      かがりはどうなんでしょう・・・。
      まゆしぃの養子になっている以外出自もわからないので、α世界線、β世界線、シュタインズ・ゲートでそれぞれどういう人生になっているんでしょうか。
      鈴羽と同じく、世界線変動の影響をものすごく受けていそうですね。
      現在、5話の記事もアップしたところですが、まだまだかがりが謎です・・・。
      毎週楽しみですし、最後に色々なことをすっきりさせてくれるんだろうと期待しています!(・∀・)