おそ松さん2期19話を考察!なぜトド松はバレンタインチョコを貰えないのか

ごきげんよう。おそ松さん2期担当の模造紙です。

2月14日、世間はバレンタインですね。

私も家族で食べるために毎年手作りしていましたが、今年は既製品を買いました!準備や洗い物が地味に面倒くさいんですよね…キッチンがしばらく甘ったるい香りに包まれるオマケも 笑

それにしても年末小噺回のハイクオリティ雪像といい、今回の女子力高いセルフチョコとか、6つ子が妙なところでいちいちハイスペックなのが気になります 笑

ではでは今回はバレンタイン考察行きますよ~お付き合い下さいませ!

スポンサーリンク

なぜ6つ子はチョコが貰えなかったのか?

「2/14に外出するとチョコが貰える」という認識がおかしい

家で引きこもっているからチョコが貰えない → なら外へ出かけて女の子が渡しやすい状況を作り出そう!っていう極端なこじつけがDTニートらしくて何とも言えない……

おそ松さん 2期 6つ子 バレンタイン

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

▲そして貰えると思って、意気揚々と出かけていく6つ子の感覚か世間とズレ過ぎてて怖い 笑

昔と今ではバレンタインの中身も変化してきている

最近のバレンタインは随分と風潮が変化して来ていて、特定の相手にチョコレートを渡すという限定的なイベントではなくなりました。

特別な思いを贈り物に込めて意中の相手にプレゼントを渡す…といった、いわゆる恋愛発展を狙ったツールとしてではなく、チョコを始めとしたスイーツを親しい間柄で配給・交換するイベントになっていますよね。

友チョコなんて私の学生時代にはなかった言葉です。

同性の友達同士で交換し合う行為自体はありましたが、今みたいに大量の友チョコ生産工場みたいなレベルではありませんでした 笑

また、ハイグレードなチョコを自分に贈る「ご褒美チョコ」も登場し、世代や性別問わず広い層に親しまれるイベントになりました。

友チョコや義理チョコを贈り合う交遊関係がない

つまり、バレンタインシーズンの世の中はチョコレートで溢れているわけです。

6つ子に本命チョコを贈る女子は出現しないにせよ、義理の義理の義理あたりでくれる相手がひとりもいないってのが詰んでるというか……本当に女運もないし友達いないんだなぁと悲しくなりますね。

セルフチョコを生産する息子たちを覗き見た、松代お母さんの心中を察すると胸が詰まります……。

おそ松さん 2期 松代 6つ子 バレンタイン

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

十四松は栄太郎母から貰えそうだしトッティは電話していた相手(繋がらなかったけどw)から義理で貰えそうなのにね。

事前にチョコ欲しいから義理チョコちょうだいってアピールしたり、トッティならチョコ交換する約束を取り付けるだけで万事オッケーっぽいのに、それが出来なかったのは異性との密な経験が乏しいのもあるし、意識しすぎて逆に上手く立ち回れないのもあるのでしょう。

軽く「友チョコあげっこしよう」でいいのに、ただ挙動不審になるだけで、結局何にもできなさそうですよね 笑

スポンサーリンク

戦利品ゼロの末、自家生産することに

おそ松さん 2期 6つ子 バレンタイン

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

お菓子づくりのスキルがすごい。パティシエになれるレベルですよね!

6人で役割分担するわけだから、担当を上手く割り振りすれば無駄が出なくていいのか。ニートのくせに効率的だな 笑

それぞれ作ったチョコは?

・おそ松 → ブラウニー

・カラ松 → 生チョコ

・チョロ松 → チョコサンドクッキー

・一松 → 猫型ケーキ

・十四松 → トリュフ

・トド松 → マフィン

どれもデコったり、パウダーまぶしたりなど見た目にもひと手間かけてるあたり、いわゆる無骨な男飯系とは一線を画しています。

おそ松さん 2期 自作バレンタインチョコ

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

その才能を生かせば脱ニートできるんじゃなかろうか……。

兄弟間でプレゼント交換するスタイル

自分より格下に見ている相手に贈るとかどんなマウンティングだよっていう。

あれ?バレンタインって、そういうイベントじゃなかったよね確か 笑

尊敬している相手に渡すんじゃなくて、敢えて逆を突き進むところがクズだなぁ。

・カラ松 → チョロ松 センスがクソダサい

・一松 → 十四松 ピー音(放送禁止用語)

・おそ松 → 一松 俺より幸せになることはない

・十四松 → カラ松 自分より100倍馬鹿

・チョロ松 → おそ松 いつタヒぬの?待ってるんだけど

・トド松 自分に

トッティは兄弟の誰からも、格下とは思われていないけれど、

おそ松さん2期13話の感想・考察!マイコマツ元ネタと地蔵松の意図
ごきげんよう。明日は数の子の塩抜き予定の模造紙です。 今季アニメが次々と最終話を迎える中、おそ松さんは年末にまつわる小噺を集め...

▲戦力外通告を受けたり流刑されたりと酷い扱い受けてるので、末弟の空気読めないところとか調子乗る性質に、兄達に普段からイラつかれているのは確実でしょう。

おそ松さん 2期 6つ子

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

チョコ欲しいって、全員思いつつ腹の探り合いでなかなか言えない台詞をサラッと言えちゃうあたりが末っ子過ぎてw

ですが、女子の友達がいたり、合コンをセッティングできるコネクションも持っているので、兄弟のなかでは希望の星的な位置付けなんだと思います。

トッティ大好き→僕も大好きのくだりは、合コン回のやつとまるっきり同じで切なくなった 笑

チョロ松 → おそ松だけ「ありがとう」って言わないのか!

おそ松さん 2期 チョロ松 おそ松 バレンタイン

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

他の兄弟間の受け渡しは、ディスりつつ感謝の言葉で締められていたのですが、チョロ松だけは頬を赤らめつつも最大のツンデレっぷりを披露していましたね!

いつタヒぬの?って、この2人の間じゃないと出来ないやり取りだろうし、ずっと番組を視聴し続けているファンは、その微妙なニュアンスを感じ取れるでしょ?っていう制作側の意図が感じられました。細かい!

すごく「らしさ」が出ていて面白かったです。

スポンサーリンク

おそ松さん2期19話の感想

デカパン大統領は色々とヤバいネタでしたね!

おそ松さん 2期 トド松 デカパン大統領

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

ネタにすること自体が危険というか、怖いもの知らずというか見境ないなというか 笑

円盤収録も微妙なラインではと思うのですがどうなんでしょうね?

トッティは秘書とか補佐的なポジションが似合うなぁ。ニートが政治やら仕事を語るシュールな絵面が好きです 笑

おそ松さんの世界軸では、女子からのチョコをゲットできなかった6つ子ですが、3次元の女子からリアルに沢山バレンタインプレゼントが届いてそうだし、そんなに悲観することもないと思うよ!

おそ松さん 2期 一松 猫ハーレム

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

それに一松はある意味ハーレムだったし、あれはあれで幸せなんじゃないだろうか。

ところで、6つ子たちが自作したそれぞれのチョコはコラボカフェのメニューとして採用されそうな感じですよね。

アニメイトカフェとかスイパラのコラボとか、普通にやってくれそうなので期待!

タヒねーカカオー!のくだりは、十四松が率先して前に出てたのは意外でした!チョコ貰えないのそんなに突き刺さってたの?!

あと、セルフチョコの製作費にかなりの金額つぎ込んでそうなんだけど、その軍資金の出どころも謎ですよね。お菓子作りは材料も物品も、かなりお金がかかるため不思議。

それではまた次回!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする