重神機パンドーラ8話感想・考察!狙撃手の正体&ダグの狙撃の真意

信あれば徳ありA lie cannot live信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ

どうも、パンドーラ担当、ロシアスキーです。

いやぁ……8話ですよ。もう8話なんですよ……。

はっきり言いましょう。こんなことになるなんて予想できねぇってぇ

重神機パンドーラ7話感想・考察!フィオナの正体&ダグとケインの過去
一つ言っておく……! この作品の主役は間違いなくレオン・ラウだ! はいどうも、パンドーラ担当ロシアスキーでございやっす。 ...

↑8話の展開についてもちょっと予想していた前回の記事です。ご覧いただけると大変うれしいです~。

いや前回確かに『ダグかケインのエピソード来るんじゃない?』な~んて気楽に言ってましたけどね……。

こんな内容になるなんて……こんな……。

ネオ翔龍を脅かす連続狙撃手。その卓越した技術はまさしく魔技と言ってもいいレベルの物。

事件の真相を追うパンドーラ部隊だが……その犯人像として捜査線上に浮かんだのは……他でもないダグだった。

真実を知るために動く面々。しかし悲劇の瞬間は訪れてしまう!

いやぁまるで本格推理物かサスペンスかという様子の8話でしたが!

今回も解説・考察をズビャッ! っといきますよー!

スポンサーリンク

風を利用する狙撃は現実的に可能か?

まずは解説を一つ。今回のエピソードのキーとなる常人離れした狙撃についてですが。

まず前提として狙撃時は普通『二人一組』。いわゆるツーマンセルでの行動が常識・鉄則となります。

一人は狙撃手。そしてもう一人が観測手といわれる存在ですね。

狙撃手が狙撃に集中できるよう、観測手は周囲のさまざまな情報を狙撃手へと伝えます。

気温風速風向き、という情報を伝えるのはもちろん。狙撃銃という撃ち合いに適さぬ武器を持っている狙撃手を護衛するのも任務です。

そういう意味では単独で狙撃を敢行するダグは相当な腕前の持ち主であると言えますね。

次に狙撃の射程についてなのですが。

いわゆる狙撃手という職についている人たちは基本1km先のターゲットを打ち抜くくらいは朝飯前らしいです。

トップレベルの人物たちなら2kmまで狙えるという恐ろしいお話もありますが……。

な、なんと。現在の世界最高記録は4170mという記録。実に4キロ先からの狙撃!

もはや人間業ではありませんね……!

と、ここで本題なのですが。

今回のエピソードでダグが説明していたように。『弾丸を風を利用して軌道を曲げ狙撃を成功させる』。

パン 8話 風

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media


これは可能なのかどうかというところについて解説したいと思いますが……。

まぁおそらく普通にやってたらまずムリですw

距離・風速・風向き・気温。すべての条件を取り揃えても100発に1発成功するかどうか……。

そもそも狙撃とは風向きを計算することは確かにありますが、風に弾丸を乗せて狙うわけではないので。

とはいえ完全に不可能とも言い切れないのが現実の怖いところですね。

たとえば2km先の標的を狙うとき、弾丸がどれだけ動くかなんて我々には想像もできない世界ですから。

ものすごいぐにゃんぐにゃん曲がってても不思議ではないと思うんですよね。

なので、結論といたしましては。

不可能とは一概に言い切れないが現実的な話ではない。ましてや百発百中となるならなおさらである』。

と、いうことでw なんとも逃げたような結論ですが……。

実際鋼どころか鋼鉄の心臓と集中力でも成功率100パーセントなんて不可能な芸当であると思われます。

それをやり遂げているのですから、件の狙撃手の腕前は恐怖に値するということですね。

スポンサーリンク

狙撃手の狙いとは?

こちらは考察になりますが。事件を起こしている狙撃手の狙いとは一体なんなのでしょうか?

ここでは8話ラスト、ダグの狙撃については除外して考えます。あくまでも連続狙撃事件の犯人の狙いというお話です。

ジェイ秘書官いわく8話の中で発生した狙撃事件は7件

その中ではっきりと標的の素性などがわかっていたのは4つ

1つは3件目の事件。反市長派の議員のコウ議員の遠戚が被害に遭う。

2つ目は5件目の事件ハン議員の父方の分家の裔

3つ目は身元こそ不明ですが6件目の事件反市長派議員の事務所の近くで被害にあっている。

4つ目。同じく身元不明ではありますが最新事件である7件目……孫議員の事務所の近くにて被害発生。

以上4件が反市長派議員関連として詳細の判明している事件内容です。

これらの事件を受け反市長派議員は現市長たる姫さんに対して強く反発、抗議する流れとのこと。

その現状を受け、パンドーラ部隊の面々は『反市長派の動きを利用し現市長を追い詰めようと考え、そのために狙撃手を雇ったのではないか?』という様な推理を見せるのですが。

はっきり申し上げましょう。私的にはその推理は的を外しているとしか思えません

いわば『十全どころか良くて三全か四全というところですお友達』というようなもんです。

では私がなぜそう思うのかと狙撃手の本当の目的についての考察を語らせていただきましょう。

回りくどすぎる

まず第一に市長である姫さんの失脚を狙うならあまりにもやり方が回りくどい。

失脚させるだけならもっともっとやりようはあるはずです。たとえば……。

いきなり外部の人間を雇って私兵の如き対B.R.A.I組織でもあるパンドーラを立ち上げたこと、とか。

わざわざ7回も事件を引き起こすなんてリスクを高めるだけです。だったら直接姫さんを狙えばいい。

つまり失脚狙いとしてはあまりにもムダが多すぎるんですよね。

反市長派の被害が多すぎる

仮に反市長派の動きを後押しする目的があったとしましょう。

ですが肝心の反市長派の人間の関係者や事務所近くでの事件発生などは明らかに損失が大きいと思います。

大義名分を掲げるためだとしてもたかが市長一人を失脚させるためにそこまで被害を出すでしょうか?

もしもそうだとすればずいぶんと大した役者どもが反市長派にそろっていることになりますがね……。

むしろ市長への反発を煽るのならば無辜の民が被害にあったほうがセンセーショナルでしょうし。

狙撃手への道筋

優れた狙撃手とは逃走・撤収の能力もまた優秀です。

敵地に一人もしくは二人しか潜入できず長い時間かけて時を待、たった1度のチャンスを物にしても……。

自らの身を危機の中に置くことなどしません。プロたるもの迅速にその場を離れるものです。

さて……いくら依頼があったとはいえ7度も事件を起こせば捜査している人間が犯人にたどり着くのは道理です。

おまけに短期間でこれだけ事件を起こせば必ずボロが出ます。プロはその辺を見誤らないからプロなのです。

なのに今回の狙撃手はそんなこと気にもせずに事件を起こしています。腕によほど自信があるのか……。

あるいは相当な愚か者なのか……もしくは、自分を見つけて欲しいのか?

私の印象ですと自己顕示欲の塊もしくは愉快犯慢心の癖があるタイプかと見受けられますね。

そんなタイプの人間が犯人像だとして反市長派の面々はそんな人間を利用するでしょうか?

私だったらしません。不確定要素が多すぎるんですよ。

いつ裏切るかもわからないタイプだと思いますよこの手のは。

とどのつまり

と、ここまで私の推理を語らせてきましたが。要するに私が言いたい・たどり着いた結論はこうです。

狙撃手は反市長派の援助などはしておらずもっと何か別の目的がある』。

それは表面上は隠れて見えないが、むしろ反市長派への敵対の意思がある』。

この二点ですね。反市長派を炙り出すというのがわかり易い目的なのではないかと思います。

あるいは反市長派を利用するつもりではあるがもしも反市長派が劣勢になったら切るつもりかもしれません。

なんにせよおそらくですが狙撃手の目的は反市長派の後押しや市長の失脚ではないと思います。

スポンサーリンク

ダグは事件の犯人なのか?

今回のお話の争点はここですね。結局のところ犯人はダグなのか否か

これに関しましてもまずはハッキリと私の意見を申し上げましょう。

犯人はダグではありません』。無論私の推理と考察ではありますが断言できます。

以下にてその理由を語らせていただきます。

わざわざ狙撃地点を教えている

冒頭にて1つ目の事件の映像からダグは狙撃地点を割り出して事件の真相を語ります。

パン 8話 説明

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media


↑普段の笑顔とはどこか違う笑み……その意味するところは?

わざわざ犯人がそんなことをするでしょうか

もしかしたら捜査を撹乱するために言ったのかもしれません。けれどもパンドーラ部隊にはレオンという人間がいます。

レオンの頭脳の聡明さはパンドーラメンバーの知るところです。狙撃地点が嘘か本当かなんて間違いなくバレるのは分かるでしょう。

いくら腕前に自信があってもそんな無謀なことは普通しないんですよ。

エミリアを置いて行った

ここで『もしもダグが犯人だったら』と仮定します。

終盤ダグは狙撃に向かう際エミリアをねぐらに置いていき更には『クロエにちょっと面倒を見ていて欲しい』と言います。

パン 8話 エミリア

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media


↑前から言おうと思ってたけどエミリアお前ブッサイクだなw

もしもダグが犯人だったとして……大事なパートナーたるエミリアを連れて行かないなんてありえるでしょうか?

エミリアを見捨てるつもりだった? 後でパンドーラ部隊のメンバーから奪還するつもりだった?

どちらも考えにくいです。ましてや犯人だったとしたらエミリアが酷い目にあう可能性すらあるのですから。

大事なパートナーだからこそ『仲間』に預けたい。そう思うのが普通ではないでしょうか?

結論

以上2点。根拠としては弱いかもしれませんが……。

この2つのポイントが私がダグが犯人ではないと思う理由です。

まぁ正直……犯人でないと思いたいという感情も多分に混じっております。

でもダグはなんだかんだいってレオンたちを助けてくれていました。

だからこそ私はダグを信じたいです。彼はそんなことをしない、と!

ダグの狙撃の真実

さてさてダグが犯人でないとするのであれば……。

8話ラストで姫さんを狙った狙撃の意味する所とはなんだったのでしょうか?

これに関しましてももう完全に推測になるのですが……。

あれは『あらかじめ姫さんから依頼を貰って行った狂言狙撃』だったのではないでしょうか?

反市長派が活気付く中で姫さんがイベントに出席し狙撃される。

しかしそれで怪我をすることなく無傷で立ち上がりこう言うのです。

この身を狙う悪漢などには負けない。私はネオ翔龍と市民を守るまでは倒れない』と。

そうなればおそらく市民からの反感も減る……どころか支持率も上がるのではないでしょうか?

無論真に迫った演技の為にジェイ秘書官のみならず誰にも内緒で実行していたとか。

ありえない話ではない、どころか。あの姫さんならそれくらいの政治的立ち回りしてもおかしくないと思います。

お ま け

今回はグルメらしいグルメ的新メニューは出てきませんでしたね。

ということでケインが食べてたB.R.A.Iエビにちなんで、中国でのエビの食し方について。

日本人に負けず劣らず中国人もエビが大好きです。

その食べ方も多種多様。ちっちゃいエビは素揚げや塩茹で。

大きいものは蒸したり茹でたり……。ちなみにポピュラーなのは素揚げ・衣揚げなどの油を使用したものらしいです。

炒めたりケチャップかけたり……どうやらエビの食べ方の多様性は日本も中国も変わらないみたいですねw

スポンサーリンク

重神機パンドーラ8話 感想

えー、どうやら8話はまだ見れていない人が多いご様子?

私はこの記事を書いている5月17日現在見れているのですが……ネトフリさんの方でトラブルでもあったのでしょうかね?

まー正直あそこで引くのはズルいっすよね……w

どうやら本日の午前中は見れない感じだったのでしょうか?

ちなみに私は18時ごろ視聴できたので、今は見れるはずですよ~!

なんだかんだ注目度はあったということでしょうかね!

ハイ! 以下私個人の感想でっす!

だから急に加速したり低速化したりするのやめて!?

前回記事にも『展開おそーい。おもしろいけどそこがつらーい』なんて書いてたらこれですもの!w

いやしかし今回は今までとは違った意味で手に汗握りましたね……。

まだまだ今回の情報だけでは狙撃犯はダグなのかどうなのか明言もされていないですし。

それゆえに次回9話で良い方向にも悪い方向にも転べるという現状、あぁ来週が怖い

信じたいけれども状況証拠や狙撃手の能力がダグが犯人だと言っているような気がする。

でもダグはパンドーラ部隊の仲間だからこそ信じたい。

視聴しながらまるで自分もパンドーラ部隊の一員になってしまったかのような没入感に襲われてしまいました……。

あー! やっぱりパンドーラ面白いいいいいっ

次回はこのダグ編の解決編となるでしょうが……それ以外にも動きがあるかどうか!

なんにせよ次回は必見ですよ! 間違いないです!

まぁ、私はダグを信じてますけどね! だからこその冒頭のことわざでございます!

というところで、今回もお付き合いいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いいたしましょう! ロシアスキーでしたっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    考察いつもありがとうございます
    リアルスナイパーも凄いんですね
    私もダグが犯人ではないと信じています
    来週がとても待ち遠しいです
    しかしドラマ面白いですがロボットの活躍はどこ?ってくらいロボット出ないですよねw(笑)
    公式ブックの話ですが
    これはネタバレになるのかな?
    内容バレとは違うのでセーフだといいのですが…
    もしもバレならごめんなさい
    エミリアは「エキゾチックショートヘア」という品種の猫だそうです
    雑種じゃないんですよねw

    • rosiasuki より:

      こちらこそ、コメントありがとうございます!
      なお最大狙撃記録ですがその為の改造を施した銃での記録らしいです。

      ダグに関してはまぁ、正直視聴者としての贔屓目もありますね……w

      ネットの評価ですと「あれ、ロボでない話の方が面白い?」とまで言われたりしてますねw
      おま、そ、それは言ったらアカンやつやで!?w

      ……え、エミリアってあんなぶっちゃいくなのに雑種じゃないんですか!?
      それは驚愕の事実ですね……! 情報、ありがとうございます!
      ちょっとエキゾチックショートヘアについて調べてみようかと思います!

  2. 名無し より:

    そもそもダグが本当に撃ったのは
    本当に姫だったのかはわからないんですよね。
    姫はネイルを付けてましたが撃たれた被害者はそれがありませんでしたし。
    ダグが犯人じゃないと信じたくなる気持ちもありますが。

    • rosiasuki より:

      コメントありがとうございます~!

      なるほど……!
      今8話を見直して確認したのですが……。

      (モニターの性能が悪くて確認しきれなかったようだ)

      で、でも! 確かに撃たれた人の顔とかも明らかになってないですし!
      別人の線は十分にありえますね!
      来週明らかになるまで、ダグを信じていきましょう!

  3. 名無し より:

    とりあえずですが、姫は大丈夫ですよね…こんな早くに退場はちょっと早くね、と思うんだが…それに連続狙撃事件の犯人=凄腕のスナイパーダグってのはちょっと出来すぎてるというかなんと言うか、次回で姫が無事でありますように…

    • rosiasuki より:

      コメント、ありがとうございまっす!

      そうですね、メタ読みも含めれば姫さんが早期退場というのは考えにくいですし……。
      まず姫さんはほぼほぼ無事なのではないかと思われますね!

      犯人=ダグという点に関しましては……「素直すぎる!」と予想して犯人はダグじゃない、という予想をするのを裏をかいて……。
      逆に犯人がダグである! というのの更に裏をかいて、なんてことも考えられますので……w
      もうこればっかりは、本当に「ダグを信じるか否か」っていう部分だと思います。

      なんにせよ次回に備えるしかないでしょうね……!

  4. 名無し より:

    何度も見直してて思ったのですが
    もしかしたらレオンは既に何かをつかんでいる可能性もあるかもと思い始めました
    ダグが犯人かもと疑われた時も否定も肯定もなし
    狙撃ポイント探す時もクイニー任せ
    何か知ってるからこそ黙っている
    そしてそれだとエミリアを妹に預ける理由にもなるかなと
    レオンが知ってるからこそ預けられるとか
    考えてみたり

  5. 名無し より:

    そんな予想して間違えると小っ恥ずかしいですけどw
    ロシアンスキーさんも以前に言ってらっしゃいましたけども
    なんにせよあと2日で答え合わせ
    楽しみです
    次の考察も楽しみにしていますね

    • rosiasuki より:

      コメント、ありがとうございます~!

      なるほどなるほど、確かに。知的探究心強いレオンにしては大人しかった印象ですね。
      レオンはダグのアジトへも向かっていなかったですし。
      何かを知っている、気づいている、察したという線も十分にあるかもしれません。

      あはは、予想が外れるってのはそれはそれで面白いものですよw
      問題は、自分の場合すさまじく斜めに予想をしてしまいすぎる恐れがあるから、恥をかくかも、と危惧しているのでw

      さてさて、真相が分かるまであとわずか。
      次の記事にてその辺の考察や解説、ずばばっ! とやらせていただきますので!
      次回もご覧いただければ幸いでございますー!