BEATLESS4話感想・考察・解説!ケンゴにこだわる紅霞の目的とは?

どうも、BEATLESS担当の汐川です!

さて、4話は一気に加速したような気がします。

前回の謎がいくつか解けたな!っていう。

BEATLESS3話の感想・考察・解説!hIEと人間の違い
どうも、BEATLESS担当の汐川です! 前回はhIEの能力・アナログハックを、レイシアの街中モデルデビューで説明されたの...

“抗体ネットワーク”の正体が全然考えてなかったことでアララ~!って感じでしたけども笑

難しい言葉がいっぱい出てきたので、そこを解説しながら考察していこうと思います。

物語が進んだだけでなく単語の難しさも加速したので、頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

抗体ネットワークは過激派組織のことだった

ケンゴが前回アラトを助けられたのは、過激派組織・抗体ネットワークの情報係だったから。

BEATLESS 紅霞 抗体ネットワーク

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

hIEなんかいらねえ!っていう人たちの集まりなので、hIE破壊しまくっているよう。

レイシアを誘拐した男も、抗体ネットワークについてぽろっと言ってましたね。

で、紅霞が「抗体ネットワークの上層からきたよ!」っていうのは、観てると上層どころかボスじゃん??みたいな感じでしたよね。

少なくとも、実働部隊を動かせるだけのポジションにはついていると。

そんでケンゴはどうもhIE自体が嫌いらしいけど、軽い気持ちで最初は参加してたんだと思います。

アラトを助けるために抗体ネットワークの情報を不正利用したでしょ?って言う紅霞に、「みんなやってるじゃん!」って言い返してたので。

でもそれをペナルティーとして、家族を人質にテロに参加することになっちゃったわけですね……。

でも、紅霞がちょいちょい「私のオーナーにならない?」って売り込みをしてるので、もともとケンゴに狙いを定めてたのかな?

抗体ネットワークはすでに終わっている組織では?

ケンゴも言ってましたけど、紅霞の指示に従ってる時点でhIEに使われてしまってるわけだから、彼らの主張ってすでに意味ないですよね。

人間のルールは人間が決めるんだ!!って意気込んでも、その活動のためにhIEである紅霞に頼ってるならここでもう考えることをやめちゃってる。

この時点で、もう抗体ネットワークっていう組織の言ってることとやってることが全然違うので、組織した意味ないですよね。

スポンサーリンク

やっぱり遼ってデキる子すぎる

BEATLESS 海内遼

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

ミームフレームの東京研究所にいた人を指定して面会した遼。

お父さんに頼んであっさり会えちゃうんだから、やっぱり御曹司~っていう感じですね。

疑似人間工学の道に進むからお話聞かせてください!とか言ってたけど、ほんとにその道に進むのかは分からない……だって話聞くためですもんね……。

疑似人間工学っていうのは、言葉からしてhIEの製作とかでしょうね。

完全にミームフレーム社とレイシアのことを探りにいっている……。

でも、昔は研究所によく行ってたのに今は“ある事件”をキッカケに寄り付かなくなった。

遼のhIEに対する冷たい態度って、このことが関わってるっぽいですね?

とりあえず、遼が聞いてきた情報&彼の推察を見ていきます!

レイシアって結局なんなんだ?

東京研究所であんなすごい爆発があったのに、hIEは普通に活動してるのはなんで?と遼は聞いていました。

ミームフレーム社はhIEの行動を管理するプログラムの会社のようなので、そういうデータも吹っ飛んだはずなのになんでhIEたちは変わらずに動くことができてるのか?っていう疑問ですね。

で、聞いた話からすると、これの答えがレイシアになるらしい。

ぶっ飛ぶはずだったデータを運び出したのがレイシアってこと――データそのものがレイシアっていう。

遼はここからさらに推察していったので、それをまとめます。

・レイシアとレイシアの持っている黒い柩は超高度AI“ヒギンズ”が作った=レッドボックス

・レイシアと面識のある紅霞の存在から、レッドボックスは複数ある※これはレイシア級hIE5体のことでいいと思います。

・hIEが普通に活動しているので、ミームフレーム社はデータを持っている=レッドボックスを一体は確保しているはず

主人公・アラトは感情的なタイプなので、遼の理性的な部分は時に冷たくも思えますね。

ケンゴを助けるにしても、危ないからhIEに行かせろって言うあたりとか。

まぁこの世界観ではアラトのほうが変わり者なのは分かるんですが……。

透明になるってどういうこと?

ケンゴを助けに行くことにしたアラトとレイシアですが、まぁ武装集団相手なんでそのまま突っ込むわけにはいかない……。

というわけで、1話でスノウドロップの花びらを透明にして無力化したのと同じ原理で、今度は自分たちが透明になるぜ!ってことだったんですが……その説明が難しかったですね……。

要約したらアラトが言ったように、自分たちが透明になるってことなんだけども!そうなんだけども!

とりあえず、メタマテリアルっていうのがポイントなんですね。

メタマテリアルとは

まずこれが分からない……と思って辞書に聞いてみた。

メタマテリアルっていうのは光・電磁波を反射しないですり抜ける的な物質だそうな。

で、これで物体を包んじゃえば透明になったように見える!っていう研究も実際にされてるようです。

メタマテリアルに包まれたら透明になるっていうのは覚えておいたほうがいいかも。

もう今回で透明化は二度目なので!今後もあるかも。

スポンサーリンク

レイシアから渡された装備

BEATLESS 遠藤アラト レイシア

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

メタマテリアル同様難しい説明がいっぱいだったので、なるべく平たくしてみました。

透明化しても相手に気づかれる要素はないわけじゃないですから、色々あります。

それにしてもレイシアの「通信機インプラントしたら話は早い」っていうのはhIEジョークですかね?

しかし全部身につけたらすごいことになったな……ものすごく怪しい……。

BEATLESS 遠藤アラト レイシア

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

では、いきます!

ヘルメットと服

メタマテリアルに包まれたら透明になれるけど、この物質は汗や皮脂とかで弱まってしまう。

だからそういうものにメタマテリアルが直接触れないようにっていうことでしょう。

ゴーグル

メタマテリアルは光を反射せずにすり抜けてしまうので、透明になると視界が真っ暗になってしまう。

しかしこのゴーグルは音を感知して、それを映像化できるという優れもの。

釣りでもソナーってありますよね、魚ココにおるで!って教えてくれるレーダー。

あれと一緒で、離れたところにいても相手の居場所これで分かるっていう。

それだけじゃなく、映像化の精度もものすっごくいい!

マウスピース

透明になってても、口を開いてしまえば相手に知られてしまう……そこでこのマウスピース!

口を開かなくても脳内会話できるよ!というアイテム。

議員hIE・ミコト

まぁ確かに、こういうhIEが登場してもおかしくない世界なんでしょうけど……。

BEATLESS ミコト

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

人間の議員がちゃんとしてないから、人々の意見を集約して代表者になるhIE議員がいたほうがいいでしょ?っていうのがミコトのスピーチの内容でしたね。

怖いのは、hIE議員の存在でもっと人間の議員の質が悪くなったらどうすんだ?っていう意見に対して、「そうやって人間がダメになっても、私がいるから大丈夫。というかそのためのhIE議員だから」っていう回答……。

そうなったらもうhIEが作ったルールの中で人間が生きることになるわけで、それってhIEに支配されるのと一緒ですよね……?っていう。

hIE議員って怖い

ミコトはhIE議員には人間と違って、なんかヤバイことになった時には自分たちで対処できるよ!とも言ってました。

hIE議員の制度廃止しようって自分たちで言うから大丈夫だよ~って。

でも、実際hIE議員が本当に人々の意見をまとめる代表者になるなら、そっちにみんな賛成していくことになると思うんですよね。

hIEは人間の望みを叶えるようにプログラムされてるんだから、人間に都合悪いことはしないっていう認識でいますよね?

そしたらなんか問題起こすかもしれない人間の議員より、hIE議員のほうがいい!っていう声は大きくなるんじゃないかなと……。

紅霞って結局ケンゴにオーナーになってほしいのかな?

紅霞ってものすごくケンゴにこだわってるし、何かっていうとすぐオーナーにならない?って言いますよね。

紅霞の目的には、ケンゴの持ってる能力とか才能的なものが必要ってことになるのかな?

ちょっと引っかかったのは、抗体ネットワークの人たちに言ってた「私たちは人間」っていうセリフ。

“あなた”たちじゃなく“私”ってことは、紅霞自身も含めてるとして……これの真意って何かなって思いました。

彼らの士気を高めるために言っただけなのか、紅霞が本当に自分を人間と思っているのか……。

もしくは、人間になるっていうのが目的だったりするかも?

どっちにしろ、紅霞がケンゴをオーナーにしようとしてるのには、ちゃんと意味があるはずと思うんですが……。

スポンサーリンク

BEATLESS4話感想

んあ~!難しいよ~~!

レイシアのセリフをちょいちょいアラトが簡単に説明してくれるんですけど、あんまりピンとこなかったりしたので……。

仕組みが難しいのはもちろんなんですけど、そもそものキーワードが横文字ばっかで混乱する!!!!

ただ、考察や解説ポイントは探さなくてもいっぱい出てくる笑

しっかしちゃんと出てるレイシア級ってまだレイシアと紅霞だけですからね!

とりあえず、アラトにはレイシア、ケンゴには紅霞がいるので……遼のところにもそのうち現れますよね。

ミームフレームはレッドボックスの一体を確保してるはずって遼も言ってたし、彼はそのミームフレームの御曹司なわけなので。

そのあたりも楽しみですが、まずはケンゴのメンタルが心配なので……早く助けてあげてください……。

博多豚骨ラーメンズ(こちらも担当しています!)も一段落したところですが、だからこそまた新しい展開がやってくるので脳みそフル回転です笑

博多豚骨ラーメンズ(アニメ)の感想・考察・解説まとめ
一見平和な福岡の町で、暗躍している裏稼業の男たち。 その活躍を描く博多豚骨ラーメンズ!! 担当になりました、汐川です...

おいしいものがあればとりあえずオッケーなユカちゃんが、妹ちゃんたちの中では一番ハッピーそうなので、暗い展開でもずっと変わらずにいてほしい……と願いつつ、来週を楽しみに待機!

それではまた、5話の記事でお会いしましょう~!汐川でした~~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 迷える主人公大好き より:

    父親のつくってるロボがテ口の標的にされてるあたり
    アラトの日常がいかに不穏な足場に立っているか察せられますね
    友人に所持品の位置情報とられてても心配されてるですましたり
    通信機のインプラントに拒否感が薄いところから
    妹ともどもGPS発信機とかすでにインプラントされてるのかもしれません

    • shiokawa より:

      迷える主人公大好きさん、コメントありがとうございます。汐川です!
      アラトの父親のことはまだ全てが明らかになってはいませんが、hIE研究の第一人者である父を持っているにしては、アラトのhIEへの感情はなかなか不思議だなぁと思いますね。
      しかし、父親がそういう立場であるからこそ、アラトも妹ちゃんも何かしら危険な目に遭う可能性は皆無ではない……そもそも保護者がそばにいないわけですし……。
      そして確かに、能天気で済ませておけないアラトの無防備さも気になるところ。
      前回のコメントで頂いたように、誘拐や脅迫がアラトにとって身近なものであるならば、発信機なんかのインプラントも十分に考えられますね……。
      非常に興味深いコメント、どうもありがとうございます!