博多豚骨ラーメンズ(アニメ)の感想・考察・解説まとめ

一見平和な福岡の町で、暗躍している裏稼業の男たち。

その活躍を描く博多豚骨ラーメンズ!!

担当になりました、汐川です!

こちらの記事では、博多豚骨ラーメンズの各話についての考察・解説をした記事をまとめていきます。

以降は放送開始にあたり、登場人物たちの人間関係、その後の展開に関わりそうなシーンなどについて触れていきますね。

原作小説・コミック未読なので、楽しく観ながら考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

博多豚骨ラーメンズの感想・考察・解説まとめ

博多豚骨ラーメンズの記事を毎話書かせて頂きます。

記事を投稿したら更新しますので、ぜひチェックして下さいね!

博多豚骨ラーメンズ1話の感想・考察・解説!キャラの関係性を整理
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当、汐川です! さて、いよいよ始まりましたね~! 群像劇らしく、シーンが切り替わっていく...
博多豚骨ラーメンズ2話の感想・解説・考察!時系列で整理してみた
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当・汐川です! 前回は各キャラたちのポジションとかを確認するような回でした。 し...
博多豚骨ラーメンズ3話感想・考察・解説!にわか侍の正体は誰?
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当の汐川です! さて、前回2話で深い悲しみと、この作品の闇の深さに震えましたが……今回もまたハ...
博多豚骨ラーメンズ4話の感想・考察・解説!タイトルに隠された意味
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当の汐川です! 前回は榎田君の裏切りと、にわか侍の正体を考えてみよう!というのを主にやりま...
博多豚骨ラーメンズ5話の感想・考察・解説!林の女子力が高い件
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当の汐川です! 前回4話で林の件が終わり、今回5話からまた新しい流れがスタートしました! ...
博多豚骨ラーメンズ6話の感想・考察・解説!小百合と馬場の関係
どうも、博多豚骨ラーメンズ担当の汐川です! さて、前回5話ではいよいよ猿渡が登場しましたね! 彼の高校時代の...

スポンサーリンク

博多豚骨ラーメンズとは?

博多豚骨ラーメンズ タイトル

© 2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

公式サイトを見て、まず気になったのはTOPにドーン!っとあったこの一文。

この世には、どうしても裁けない罪もある

出典:TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」公式サイト

これですね。

タイトルのポップさからは考えもしなかった重いこの一文……いや絶対おもしろいじゃん……。

一体どんなお話か?というと、裏稼業の人間たちを描いていくストーリーらしい。

舞台の福岡はコ口し屋業の激戦区という設定で、そこに都市伝説として知られている“伝説のコ口し屋ゴ口し”が現れる……。

つまり、裏稼業の人間たちが派閥争い的なことをしてる中、コ口し屋ゴ口しが現れて引っかき回してく……っていう感じかなと思います。

どうしても裁けない罪っていうのは、決められた法律の中ではどうにもならないとか、受けた傷に対して与えられる罰が軽すぎる……そういう理由で、被害者から見た罪かな?という印象。

「どうしても許せない」という思いから、法律の範囲外で罰を与える。

そこで頼るのが裏稼業の人間っていう。

タイトルに重要な意味はないような気もする(ただ福岡といえば博多、豚骨ラーメン!みたいな)

けど、あえてこんなポップなタイトル……というほうがしっくりくる笑。

ラーメンと複数形っぽいので「たくさんのラーメン店がある福岡で、個性のあるお店が競い合ってます!」っていう感じに、裏稼業の人間たちが競い合ってるっていう考え方はどうですかね?

汐川としては「色んな材料がぐつぐつ煮込まれて、それぞれのエキスが絶妙なハーモニーを生み出すラーメンのスープ……ッ!そんな人間関係なんですよ!」なんて意味でもおもしろいかなと思いました!

個性豊か!パンチのきいたキャラクター

タイトルも攻めていれば、登場キャラクターもなかなか攻めてきてる笑。

設定のアクが強くて、ドンッ!とてんこ盛りだなって印象ですが、てんこ盛り設定が好きなので個人的にはポイント高めです。

現時点で気になるキャラクターは3人。

まず二度見したのが、コ口し屋・林憲明。

博多豚骨ラーメンズ 林憲明

© 2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

このビジュアルだけ見た時、「すごい美人だな~。気が強そうでそこがまたイイッ!」と思ったんです。

名前も何も知らずに、ホント見た目だけの感想なのでそうなりますよ。だってどう見ても美女。

そしてキャラ紹介で発覚・まさかの女装キャラだった笑。

こんだけ美人で男なんかーい!!

仕事の時に女装するっていう設定みたいなんですが、そのほうが都合が良くなる方法で……ってことかな?

……そういえば、裏稼業の“男”たちって書いてあったな……とここで気づいて、「なるほどじゃあ男だわ」と思った汐川でした笑。

続いて、ミサキちゃんという小学生の女の子。

博多豚骨ラーメンズ ジロー ミサキ

© 2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

画像右の女の子。

こっちはホントに女の子だった。

小学生だけど復讐屋(画像左のおじさん)の助手という設定で、盛ってんな~笑!という。

しかも“ワケあり”ってことなので、この子がどうお話に絡んでいくのかは見どころだなと思います。

おじさんとセットなところがとてもよい……。

さて、汐川の個人的な推しは榎田くん。

博多豚骨ラーメンズ 榎田

© 2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

天才ハッカーで情報屋という設定ですが、海外のハッカー集団に所属していたことがあるらしいんです。

盛ってんな~~笑!

情報屋・しかもハッカーということは頭脳派で、見るからにクセが強そうなビジュアル……。

これはいい感じに引っかき回してくれそうだな~!っていう。

情報屋という職業柄、組織同士の力関係はもちろん、組織内部から個人情報まで……とにかく色々知り尽くしてないとダメでしょうから、ものすごく重要なキャラクターじゃないかな?と思います。

OP・EDから期待できること

公式サイトのPVを観ての個人的な感想なんですが、音がとにかくオシャレだなと。

というわけで、劇中に使われるBGM・いわゆる劇伴にも意識を向けていきたいな!と思いました。

疾走感のあるPVから、騒がしいごちゃっとした感じかと思ったらジャズ!!!!

ポップで耳に残るのがすごく印象的だったので、ストーリーを盛り上げるのに必須の劇伴も楽しみたいです~。

岸田教団&THE明星ロケッツの歌うOP・ストレイの歌詞にも、ストーリーの鍵になりそうなワードがあったりするんじゃないかな……?

『この町だけは裏切らない』というのが、今のところ印象に残った気がします。

裁けない罪を裁く者がいる町なら、どうにもできない思いを抱えている人たちの気持ちを裏切らない。

そんな風に受け取れるかなと思いました。

というわけで、音もストーリーをガンガン盛り上げてくれそうなので注目です!!

“博多あるある”が面白そう

まぁ汐川は九州行ったことないので、もちろん博多についてはそれこそ明太子!ラーメン!ってイメージしかないのですが笑。

ただ、デュラララ!!と同じ感じで、行ったことがある人や地元だよ!っていう人は、劇中登場する場所とか「あるある~」と楽しめるんじゃないでしょうか?!

出身ではないけど博多はぼちぼち分かるっていう知り合いがPVを観たところ、「お!」という場所があったようです。

私がピンときたのはこちら。

博多豚骨ラーメンズ にわかせんぺい

© 2017 木崎ちあき/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/博多豚骨ラーメンズ

このお面、東雲堂さんの“にわかせんぺい”という博多銘菓にオマケとして付いてるんですね!

お土産でもらったことがあったんですが……この顔はなかなか忘れられない……笑。

こんな感じで、「あるある~」というのを探してみるのも楽しいと思います!

このお面――というか、このお面を付けているキャラクターも、もちろん気になりますが……。

スポンサーリンク

博多豚骨ラーメンズ放送前感想

サラ~ッと公式サイトを見た印象では、デュラララ!!的なものを感じる……っていうのが第一印象でした。

これがものすごくヒットした作品だったので、博多豚骨ラーメンズにも期待できそうだな~と思っています。

実際にある場所が舞台っていう作品は色々あると思うんですけど……やっぱりドキドキするな~!っていう!!

画面の向こう側で起きてることなのに、もしかしてあのキャラは実在するのでは……?って気分になれる……。

世界観をよりリアルに感じられるので、ストーリーにものめり込めるし……博多行ってみたい~!

聖地巡礼なんてことができれば、もっともっと楽しめるだろうなと思います。

キャラクターもそれぞれ個性的だし、飽きることなく観れそうだな~と期待大!!!!

タイトルからは想像できない闇がありそうなところも、考察しがいがあるんじゃないかな?!

人間関係に深みのある作品が好きなので、各キャラクターをじっくり分析していきたい!

ポップながらも味のある雰囲気にすでにトリコなので、放送が待ち遠しいです!!!!

とりあえずPVを楽しんでいようと思います……。

キャラクターverもありますよ!榎田くんを置いておきますね……(推し)。

それでは、また1話の解説記事でお会いしましょう~!汐川でした~~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする