【アニメ】7SEEDSネタバレ感想・考察!続編2期の可能性&死神の正体【シーズン2はある?】

こんにちわ。宇佐水凡策です。

このたび、Netflix一挙配信アニメ『7SEEDS』の担当をやらせていただくこととなりました。

本作は終末世界を舞台に、最後の人類である7SEEDS たちの人間模様を描いた作品です。

主人公だけでなく各キャラクターたちの過去や想いも丁寧に描かれており、サバイバル世界で描かれる人間ドラマが面白い作品となっています。

ここでは7SEEDSの1話から最終回までの物語のあらすじと感想などを書いていこうと思います。

※アニメ版のネタバレをしています。漫画版は未読なので、アニメの続きのネタバレはありません。

スポンサーリンク

アニメ「7SEEDS」のあらすじネタバレ

タイトルの7SEEDSとは一度滅びた地球が人間の生存可能な環境にもどるまで冷凍保存された7人の人間とその計画のことを指します。

7SEEDS計画は全世界規模で展開された人類の最終手段であり、日本では春、夏A、夏B、秋、冬の5チームに分けられおり、それぞれのチームは時期をずらして覚醒しているようです。

本作は夏Bチームのナツの視点と、春チームの花の視点を中心に構成されており、彼女たちとその仲間は過酷なサバイバル生活をしながら物語を展開していきます。

ここでは主人公のナツと花の視点で物語のあらすじを追っていきましょう。

ナツが辿ったルート

1話

ナツが目覚めると見慣れない部屋にいた。

自分がなぜそこにいるのか分からないでいるナツは大柄の女(牡丹)に導かれ、沈みかけの船から脱出。

救命ボートにのりこみ、そこで二人の男(嵐と蝉丸)と出会う。

彼らも記憶を失っており、自分たちがなぜ船にのっていたのか分からない。

混乱する状況の中で牡丹だけ環境に適応した動きしている。

4人は猫の形をした島に上陸し、生活を始めた。

2話~3話

7SEEDS計画の概要を知った嵐は恋人の花と出会うことが困難なことを思い知り、絶望する。

ナツはここが海に囲まれた島ではなく、湖に浮かぶ島であることに気付く。

夏のBチームは自分たちの足跡をのこして島を去り、北東を進み長崎に到着する。

一行は備蓄庫がある7つの富士のひとつである大分の豊後富士をめざす。

無事に豊後富士に到着し、牡丹はとりあえずの根城とする。

3話~4話

花を諦めきれない嵐は一人東京へ向かうといい、ナツはそれに便乗し、ついでに蝉丸もついてくる。

東京を向かう途中、ナツ達は神戸富士を根城にしている秋のチームと出会う。

秋のチームは3年前から覚醒しており、蘭と秋ヲを中心とした村を築いていた。

ナツ達は蘭たちに一度捕らえられるが、脱出し、再び関東をめざす。

4話~6話

神奈川の荻野富士を発見。

東京へ足をすすめるも、その惨状をみて、嵐は再び絶望に打ちひしがれる。

冬チームの生き残りである新巻と出会う。

新巻に命を救われた嵐だが、15年前から一人で活動しているという彼を信用できず、ナツ達は彼を置き去りにし移動を開始。

宮城県の名取富士に到着し、船を発見

牡丹たちのいる九州へ戻ることを決める。

8話~9話,11話

道中、海を漂う女の子(ヒバリ)を救助し、秋のチームの跡地(神戸富士)に到着。

そこで花の置き手紙をみつけ、嵐は花の生存を知る。

花が辿ったルート

1話

花たち春のチームは救命ボートを繋いだ筏を拠点にし、巨大昆虫と格闘しながら生活をしていた。

花は春チームのナビゲーター柳の仲間を省みない強引なリーダーシップに苛立ちを感じている。

春チームは一度、島を離れようと試みるも悪天候に見舞われ失敗し、巨大昆虫の群れに囲まれてしまう。

柳を犠牲にし、なんとか窮地を脱する。

2話

卵を産み付けられ操られた柳の誘導で巨大昆虫の巣に入ってしまう。

柳の最後の言葉から自分たちは東京の地下で眠らされており、ここは関東近海であることを知る。

危機を脱した花たちは7つの富士をめざす。

5話~6話

春チームは神奈川の荻野富士に到着し、ナツの手紙を発見。

備蓄庫を拠点にして生活を始めた。

新巻は春チームと出会い行動を共にする。

花は青いデロデロしたものに感染してしまう。

命の危機に瀕し自暴自棄に陥った花は春のチームを離脱する。

巨大魚に襲われたところを新巻とハルに救われ、合流。

花たちは猫の形をした島に到着し、嵐の生存を知る。

花は髪を切り、嵐を捜索を決意。

秋のチームの村に立ち寄り、手紙を残す

7話

豊後富士を通過し村を離れ洞窟で暮らす秋のチームと合流。

そこには巨大な地下シェルターがあり、そこで花は父親の正体を知る。

7話~12話

地下シェルターから出ると夏Aチームと遭遇。

花たちと秋のチームは、夏Aチームと対立。

コウモリの一件で一時和解するも花の正体を知った安居は彼女に敵意を向けるようになる。

共同生活をおくりながらも花と安居の関係が悪化していく。

涼は安居の精神を安定させるために花をなき者にしようと画策し、崖を降りる花の命綱を断ち切る。

なんとか生き延びるも、安居と遭遇してしまい、気が動転して花は川に落ちてしまう。

安居は激流の渦に飲み込まれそうな彼女を見捨てる。

花は力尽き、激流に飲み込まれてしまう。

スポンサーリンク

7SEEDSの感想・解説

パート1を見終え、とにかくキャラクターの心情を描くのが上手い作品だと感じました。

登場人物たちの性格がよく差別化できており、一人として似ているキャラクターがいない。

蝉丸のように底抜けに明るいキャラクターもいれば、十六夜のように理想と現実の間で苦しみ自分のあり方を探るキャラクターもいる。

この作品はナツと花を中心とした物語ですが、周囲にいる人間の物語もシッカリと作り込まれていてオムニバス作品のようにも見える作品なんじゃないかと思います。

少し残念なのは、時間と距離が把握しずらいところでしょうか。

W主人公で日本列島の関東地方と九州地方からスタートしている物語ですが、日本全土を舞台にしているわりに随分と距離感が短く感じました。

作品の見えない部分で移動時間などが経過しているのでしょうが、そこを省略して人間ドラマに重きを置いているせいか、随分とポンポン進むなぁという印象をうけました。

人間ドラマが面白いのでさほど気にはなりませんが、筆者は冒険が少なくサバイバル感が物足りないと感じてしまいました。

とくに作中で一番気になったのは猫の形をした島です。

花はどうやってあの島に到着したのでしょうか?

3話でナツは島の周囲は海水に囲まれているのではなく淡水、つまり湖に浮かぶ島だということに気づき、島から脱出しています。

しかし、6話では猫の形をした島の周囲は海水になっています。

雨期で水かさが増して海水入りこむルートが出来たということでしょうか?

だとしても、ろくな準備もしないで飛び出した救命ボート一隻で神奈川から九州まで南下することは不可能な気がします。

であれば、逆に猫の形をした島が移動しているのでしょうか?

神奈川周辺で花が上陸し、青いデロデロの治療をしている間にゆっくりと九州地方へ移動したのかもしれませんね。

猫の島の謎はかなり引っかかっていますが、筆者はこの6話が結構好きです。

花が嵐の生存を知り、髪を切って精神的に変身を遂げるシーンですからね。

嵐の生存を知り、髪を切る。

これがこの物語の状況説明から葛藤への場面転換点、いわゆるプロットポイントになるかと思います。

花は不安から開放され、夢は夢ではなく、一つの目標となった。

同時に、まるでその目標を妨害するかのように次々と事件が起きはじめます。

髪を切ったことで放浪の旅は目的の旅へと変わり、そして思いもよらない真実の数々が花の葛藤と対立を生んで彼女を苦しめるのです。

スポンサーリンク

まだ残されている謎

花の父親の真意

彼はなぜ自分の娘と恋人を7SEEDSに選抜したのでしょうか。

そもそも、花が本当に彼の実子であるかどうかもまだ分かりませんね。

花の存在自体が7SEEDSとは違う計画の一部である可能性もあるんじゃないかと思います。

死神の正体

作中で最も怪しそうなのは百舌です。

花の首を締めるシーンでそのように印象付けられています。

ただし、これはミスリードで、彼はナビゲーターとしての仕事をこなしただけかもしれません。

むしろ死神は花で、百舌はその抑止力や監視者としている。という風に考えることもできるかと思います。

死神は死神の自覚があるか、ないか。

その差で正体が変わりそうです。

物語の終着点の予想

どんな結末であれ、とりあえずは花と嵐が出会うのは決定事項かと思います。

この作品はサバイバル生活をテーマにしていますが、終末世界の模様やその世界に至るまでの謎よりもそこで生活する人間模様や感情に重きを置いているような気がしました。

なので、もしも花と嵐が出会った場合、ナツや新巻の複雑な恋愛模様が描かれるかと思います。

案外、そのまま恋愛アニメの装いが強くなってサバイバル空間で誰がくっつく、くっつかないみたいな恋愛劇になったりして(笑)

それはそれで面白そうです。

スポンサーリンク

続編2期(シーズン2)の可能性

シーズン2はあると思います。あって欲しいです。あってください。

花が川に流されて終了では、さすがに納得がいかないので(笑)

嵐と花が再び出会い、幸せになることを筆者は望んでいます。

そこから展開されるであろうナツや新巻の葛藤も是非とも観たいものです。

原作ストックはある?

どうも、当サイト運営者の小鳥遊です。

原作漫画のストック的には続編制作が可能なのか、加筆させていただきます。

7SEEDSの原作漫画は、全35巻で完結済みです。大作ですね!

そんな中、アニメ全12話でどこまで進んだのかと言うと…

原作ファン曰く、16巻の半分ぐらいまでとのこと。

つまり、ストックは約19巻分。

ストック的にはシーズン2も問題なく制作できそうですね。

シーズン1より駆け足で進めれば、シーズン2で完結までいけるかも?


ただ、基本的に漫画原作のアニメは全12話で4~6巻分進めることが多い事を考えると…

残りの約19巻分を1クールに収めるのは相当無理する必要がありそうです。

というか、そもそも今回全12話で16巻分も進めていること自体がおかしいですからね笑

原作ファンの感想を見回ってみたら「ダイジェストだった」という評価も複数見当たりましたし、相当物語を端折っているのでしょう。


私も3巻まで読んでみましたが、大筋は同じなものの、確かにカットされている部分が多いように感じました。

アニメ版を見ていて気になった細かい点も原作では丁寧に説明されているので、かなり読みやすく面白かったですね。

ネット上での原作ファンのアニメ評価があんまり良くないのも納得でした。

また、アニメにはなかったシーンや、展開が違っているシーンも多かったので、比較もかなり楽しめました。

少女漫画原作ということで、普段読まない方には癖が強い絵かもしれせんが、面白いのは間違いないので是非おすすめしたい漫画です。

▼電子書籍だと3巻まで無料で読めます ※7/5現在

お得な電子書籍サイト

NETFLIXアニメの傾向から考える

続いてNETFLIXアニメの傾向から、シーズン2の可能性を考えていこうと思います。

7SEEDSは、原作漫画あり&テレビ放送なしの独占配信というわけで、同じ立ち位置の過去作品にシーズン2以降があったのかで判断してみましょう。

なお、2017春アニメ以前のデータが見当たらないので、2017夏アニメ以降のNETFLIX独占アニメを参考にします。

○→続編あり
△→完結
×→続編未発表

原作あり&テレビ放送なし
 ULTRAMAN →シーズン2制作決定
 聖闘士星矢 →複数シリーズ制作
 ソードガイ The Animation →シーズン2あり
△ DEVILMAN crybaby →シーズン2なしだが完結

対象作品は少ないものの、完結まで作られている作品以外は全て続編が作られています。

というわけで、NETFLIXの傾向からすると7SEEDSの2期はかなり期待できそうです。

ただ、ULTRAMANと聖闘士星矢は評判の良さ、ソードガイはシーズン1配信の約1週間後に続編が決定したということで元から2期が決まっていた疑惑があったりするので、安心は出来なそうですね。

ついでにその他の独占配信アニメを含めて考えてみましたが、11/19作品が続編ありでした。(完結済みの作品は除外)

全体で考えても半分以上の作品に続編があるということで、やっぱり7SEEDSの2期は期待できそうですね。

ちなみに、内訳は以下の通りとなります。

原作あり&テレビ放送あり(未完結作品の5/8が続編あり)
× Back Street Girls -ゴクドルズ-
 バキ →2期制作決定
△ Fate/EXTRA Last Encore →完結。Fateシリーズは続いている
 ハイスコアガール →2期制作決定
× 奴隷区 the Animation
△ ピアノの森 →2クール放送して完結
 ヴァイオレット・エヴァーガーデン →劇場版決定
 からかい上手の高木さん →2期あり
× クジラの子らは砂上に歌う
 賭ケグルイ →2期あり
△ Fate/Apocrypha →完結。Fateシリーズは続いている
原作なし&テレビ放送あり(未完結作品の1/4が続編あり)
△ キャロル&チューズデイ →現在放送中
× revisions リヴィジョンズ
× イングレス
× 天狼 Sirius the Jaeger
 LOST SONG →本編その後の朗読会イベント後、媒体不明の「LOST SONG 新たなる歌姫」発表
△ ひそねとまそたん →完結
△ 重神機パンドーラ →完結
原作書籍なし&テレビ放送なし(未完結作品の2/4が続編あり)
× リラックマとカオルさん
× HERO MASK
 B: The Beginning →2期制作決定
 アグレッシブ烈子 →2期あり

シーズン2への期待

とりあえず、はやく花と嵐には再会してもらいたいですね。

いちゃつく二人にヤキモキするナツと新巻の姿が目に浮かびます。

安居と花の対立は決定的になりました。

取り残されたハルと新巻はどのような行動にでるのでしょうか。

本作はサバイバルよりもそういった人間関係の対立や葛藤が面白い作品なので、次回も期待して観れそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする