フェアリーゴーン2話感想・考察・解説!妖精たちの能力と元ネタ【Fairy gone】

こんにちわ。宇佐水 凡策です。

フェアリーゴーン第2話の考察と解説を行います。

今回のお話では、冒頭でマーリヤとフリーの過去に触れつつ、フリーの部隊のメンバーや主要人物になるであろうウルフランなど、新たな登場人物が物語に参入してきましたね。

また、第2話では妖精達が激しいバトルを展開しました。

そこで、ここでは主人公達のバックストーリーと妖精達の能力と筆者が考える妖精達の元ネタになってであろうおとぎ話を紹介いたします。

スポンサーリンク

Ⅰ第2話のバックストーリー

第2話までに明かされた登場人物達のバックストーリーを考察してみましょう。

フェアリーゴーンではメイン主人公をマーリヤに据えており、基本的な視点はマーリヤを中心に物語が描かれています。

マーリヤの心情を描く上で、第2話冒頭では、その対比としてもうひとりの主人公であるフリーというキャラクターの心情を吐露させています。

彼らはそれぞれ違った経歴を持ち、その過去は決して幸福なものではありません。

しかし、彼らの不幸に対する認識は違っていました。

ここでは、マーリヤとフリーのバックストーリーを考察しつつ、彼らがその過去をどのように認識しているのかを考察していきます。

ⅰマーリヤはツイていない

マーリヤは自分はツイていないと感じています。

なぜなら、彼女と関わる人は次々と不幸になるからです。

彼女の両親はマーリヤが生まれたときになくなっており、育ての親も8年前にファナチカの地で失っています。

彼女は災いの子と呼ばれていました。

彼女の出生の秘密は一つの大きな謎ですね。

マーリヤの特異体質となにか関係があるのでしょうか。

また、彼女は任務中に狩人のような技能を披露していました。

おそらく彼女の育ての親の仕込みでしょうが、その過去に触れることはあるのでしょうか。

フェアリーゴーン 八年前のマーリヤ

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅱフリーはツイている

フリーは自分はツイていると感じています。

なぜならば、自分には妖精使いの適正があり、命の危機に瀕しても親しい人を犠牲に自分だけは生き残れたからです。

だからフリーは忌々しいほどに自分はツイていると感じています。

彼の特徴のひとつに首を触る癖があります。

フェアリーゴーン 首を触るフリー

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

この癖は、心理的にストレスや不安をつよく感じている人に多い癖だそうです。

今のところマーリヤと会話する際によく出ている癖ですが、今後この癖がでる前後の彼を観察をするとなにか面白い発見があるかもしれませんね。

また、フリーの過去で登場した隻腕の男との対決もあるかもしれません。

フェアリーゴーン フリーの剣

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

スポンサーリンク

Ⅱ登場人物の妖精の能力とモチーフ

第2話は妖精同士の迫力あるバトルがひとつの見所でした。

ここでは、各妖精の能力とモチーフについて考察していきます。

ⅰマーリヤの妖精「アッシュクラッド」

妖精の名はアッシュクラッド。

名前に灰を冠することから、この妖精が第1話タイトル灰かぶりの少女を指す存在なのではないでしょうか。

灼熱の腕で対象を焼きつくす能力有しています。

モチーフはグリム童話の灰かぶりだと思いますが、灰かぶりのストーリーとアッシュクラッドの能力は関係ないかもしれません。

もしかしたら、後半でアッシュクラッドがお姫様に変身したりして。

フェアリーゴーン アッシュクラッド

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅱフリーの妖精「レッドフッド」

レッドフッドは狼の姿を模した妖精です。

能力は爪や牙に素早い攻撃と咆哮による衝撃波です。

第2話のタイトル狼の首輪とはレッドフッドのことでしょう。

この妖精のモチーフは名前から見るとグリム童話の赤ずきんのように思えますが、筆者はイギリスの昔話三匹のこぶたの可能性もあるんじゃないかと思っています。

馬車のような乗り物を吹き飛ばすほどの威力を持つ咆哮と家を息で吹き飛ばす狼が被るからという単純な理由ですが(笑)

グリム童話で統一するならば、やはり赤ずきんが有力ですね。

のちのち猟銃を持つマーリヤに撃たれるなり腹を裂かれるなりされないといいのですが。

フェアリーゴーン レッドフッド

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅲクラーラの妖精「トメリーズ」

彼女の妖精はフェアリーゴーン界のゆるキャラになるでしょう。

超可愛いですね。たまらんです。

能力は偵察と潜入に特化しており、クラーラはトメリーズの視界を共有することができます。

その特殊な目は妖精器官を見分けることができる優れものです。

モチーフはグリム童話のカエルの王子様でしょうね。

お姫さまの寝所に潜り込むシーンから偵察と潜入の能力になったんじゃないかと思います。

フェアリーゴーン トメリーズ

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅳセルジュの妖精「ブリンツテイル」

トカゲのような姿をしている彼の妖精は尻尾の部分を射出する能力を有しています。

その能力は遠距離狙撃です。

モチーフはかなり悩みましたが、筆者はグリム童話の夜うぐいすとめくらとかげなんじゃないかと思います。

うぐいすから目を借りパクされたトカゲの話なのですが、トカゲはその恨みから木に潜みうぐいすのたまごを狙うようになるという物語です。

目が不自由なため、トメリーズの目との連携が欠かせない、ということなんじゃないかと。

フェアリーゴーン ブリンツテイル

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅴウルフランの妖精「フィッチャー」

ウルフランの妖精は禍々しい姿をしています。

能力は刃物と化した6本の腕で相手を切り刻みます

モチーフは第2話のタイトル白鳥の羽根からアンデルセン童話のみにくいアヒルの子を想像された方もいるかもしれません。

ですが、この妖精のモチーフの出典もまたグリム童話でしょう。

その童話のタイトルはずばりフィッチャーの鳥

まんまですね。

フィッチャーの鳥という物語は、悪い魔法使いが娘を攫い無理やり結婚をしようとするところから始まります。

何不自由のない生活を約束する魔法使いですが、約束を破った娘には罰として体をバラバラに切り刻んでしまうのです。

そんな悪い魔法使いから賢い娘が鳥に化けて逃げ出して退治するという物語です。

ウルフランのフィッチャーはこの悪い魔法使いと娘が化けた鳥を混ぜ合わせたものなんじゃないかと思います。

タイトルの白鳥の羽根とはフィッチャーの刃のことでしょう。

フェアリーゴーン フィッチャー

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ⅵ人工妖精

第1話でマーリヤが反応した鎧は、人工妖精の鎧でしたね。

人工妖精の製法は不明ですが、統一戦争時に兵隊役として活躍していたようです。

現在では、反社会組織の裏取引に使われているようです。

フェアリーゴーン 人工妖精

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

スポンサーリンク

Ⅲフリーとウルフランの面白い対比

気づかれた方も多いと思いますが、フリーとウルフランには面白い構図があります。

それは、二人の得物と妖精の能力がリンクしている点です。

フリーの得物は二刀流、ウルフランの妖精能力は六刀流

フェアリーゴーン フリーとフィッチャー

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

ウルフランの得物はかぎ爪のようなグローブ、フリーの妖精能力は爪と牙

フェアリーゴーン ウルフランとレッドフッド

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

この構図になにか意味があるかは不明ですが、なかなかに熱い設定だと思います。

スポンサーリンク

Ⅳフェアリーゴーン第2話感想

今回はバトルメインで非常にテンポの良い構成でしたね。

フェアリーゴーンは台詞の応酬が小気味よく、観ていて気持ちの良い作品だと思います。

次回は、ヴェロニカのエピソードにメインになりそうです。

筆者の予想では、次回のタイトルもなんらかのグリム童話をモチーフにしたタイトルで、それはその話のメインとなる妖精を指しているのではないかと思います。

非常に楽しみです。

Fairy gone(フェアリーゴーン)感想・考察・解説記事まとめ
『Fairy gone フェアリーゴーン』の考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    考察楽しみに読ませていただいております。グリム童話が元ネタは納得です。
    マーリアがついてないと思い、フリーがついていると思っている展開でしたが、結局マーリアも自分だけは生き残っているのでフリーといっしょで「ついている」のではないでしょうか。同じ境遇でも前向きにとらえるか後ろ向きにとらえるかの違いだと思いますが、この違いが今後の展開の伏線になっているようなきがします。
    あと赤ずきんだとすると、「おばあさん」が今後でてきるかもしれませんね。
    また次週よろしくお願いします。

    • Bonsaku より:

      >ひろさん
      楽しんでいただけて光栄です!
      最初は世界の様々な民話から妖精を持ってきているのじゃないかと思っていましたが、観ているとグリム童話に統一されているようですね。
      グリム童話の原典をモチーフにしているとしたら、かなり凄惨な描写が多いので、フェアリーゴーンの妖精が少し不気味な姿をしているのも納得です。
      狼が登場する童話はかなり多いのでレッドフッドが本当に赤ずきんがモチーフなのかは悩ましいところですが。
      赤ずきん→レッドフード→レッドフッド、なのかな?
      赤ずきんを被った狼になってしまいますが(笑)

      おばあさん!
      妖精に進化要素があったらお腹から出てきそうですね。。。

      来週もよろしくお願いいたします!