フェアリーゴーン9話感想・考察・解説!マーリヤの葛藤の始まり【Fairy gone】

こんにちわ。宇佐水 凡策です。

一週お休みさせていただきました。

まずは前回、第8話のダイジェスト。

黒の妖精書は問題なく手に入れました。

統一式典も旧型人工妖精が暴走しましたが、無事終わりました。

つまり、第8話ではなにもなかった!

統一式典でプロットポイントが訪れるかと思いましたが、見事に外しましたね。

どうやら、統一式典そのものがただの伏線だったようです。

それでは、今週の放送ではどうだったでしょうか。

結論から言いましょう。

めっちゃ面白かったです。

そして、ここから更に面白くなりますよ。

スポンサーリンク

Ⅰインサイティング・インシデントは統一式典

状況説明の第一幕から葛藤の第二幕へのポイントがプロットポイントです。

そして、そのプロットポイントを誘発するポイントをインサイティング・インシデント(誘引する事件)といいます。

筆者はインサイティング・インシデントを新型妖精の暴走だと予想しましたが、どうやら違ったようで、人工妖精の信用の失墜とシュヴァルツの出世がそれだったみたいです。

この一連の出来事によって、統一ゼスキアはいま防御力がかなり下がっているように見えます。

今まで警備を任せていた人工妖精が活動を停止し、妖精武器の護衛という名目でドロテア部隊は分断されていますからね。

シュヴァルツは統一式典の一連の騒動により間接的に国内の戦力を弱体化し、同時に妖精武器取得による自身の強化を行ったということになるのではないでしょうか。

なんたる策士。

筆者が想像していたプロットよりもスケールの大きなプロットでした。

作品によるこういう裏切りは何回味わっても美味しくいただけます。

フェアリーゴーン シュヴァルツ

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

スポンサーリンク

Ⅱプロットポイントは列車の襲撃

プロットポイントの特徴には、主人公の状況や価値観の変化というものがあります。

今回のお話、マーリヤ達が乗る列車が襲撃されるシーンで明確にそれが出てきました。

具体的には、列車の襲撃からマーリヤの回想(育ての親とのエピソード)とドロテアの敗北、そして味方のオズが目の前で退場するまでがプロットポイントにあたるかと思います。

この一連の出来事によって少し前向きになっていたマーリヤの価値観が「不幸の少女」へと再び逆戻りしてしまいました。

ここがフェアリーゴーンのプロットポイントで間違いないでしょう。

フェアリーゴーン マーリヤ

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

スポンサーリンク

Ⅲオズの妖精考察

久しぶりに妖精考察ができます。

今回は、わずか数分で物語世界からの退場が確定した、オズの妖精エアレーについて考察しましょう。

能力は突進。超シンプルですね。

元ネタは、オズという名前からオズの魔法使いを想像しそうですが、エアレーはヨーロッパの伝説に登場する想像上の生き物のことです。

ここにきてグリム童話にこじつけることが困難になりました。悔しい。

エアレーは中世ヨーロッパの紋章獣として用いられており、見た目はイノシシの牙、二本の長い角、ライオンの尻尾と、獣が複合的に混じり合った姿をしています。

フェアリーゴーンでは牛とライオンが混じったような姿をしていますね。

オズの魔法使い出てくる臆病なライオンの要素も入れているのでしょうか。

フェアリーゴーン オズ

©2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

スポンサーリンク

Ⅳ フェアリーゴーン9話感想

次週からいよいよマーリヤの葛藤の第二幕が始まります。

そろそろ作品のコンセプトも見えてきそうです。

具体的に起こる事件は、シュヴァルツの謀反が表面化してくるでしょう。

人工妖精の信用性を失わせ、ドロテアに打撃を与え、妖精武器まで手に入れているのです。

ここで攻めなきゃいつ攻めるって状況ですよね。

一方、物語の核となりそうなレイドーンはこのまま息を潜めたまま1クールを終えそうです。

ヴェロニカも活発な動きはしないように見えます。

黒の妖精書の謎などは2クール目に流し、不幸の少女マーリヤの葛藤と解決を1クール目で行うのではないでしょうか。

とにもかくにも、物語はここから一気に転がりだすことでしょう。

かなり楽しみです。

Fairy gone(フェアリーゴーン)感想・考察・解説記事まとめ
『Fairy gone フェアリーゴーン』の考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    今回 列車襲撃で今後の展開を暗示させる回でした。マーリアの今後も気になります。
    また来週よろしくお願いします。