グランベルム2話感想・考察・解説!アンナと水晶とロサの関係性

こんにちわ、宇佐水 凡策です。

まさかの満月の朝帰りから始まった2話。

今回は戦闘シーンはなく、もう少し世界観について、突っ込んだ説明がされました。

かといって物語が進展していないわけではなく、満月の心情がとてもキレイに分かりやすく描かれていた回だと思います。

本当に美しいプロットの物語だと筆者は思います。

ここでは、魔術師の子孫の特徴とサブキャラクター達の関係性、主人公満月の人間性について語って行きたいと思います。

スポンサーリンク

2話あらすじ

満月が目覚めると新月の部屋に全裸で寝ていた。

家族に朝帰りの言い訳をする満月、新月は地場を操り事を納める。←チェックポイント①

新月は満月がグランベルムに途中参戦したことに不可解に感じており、満月の記憶を消そうとするが、失敗する。

満月は新月にグランベルムに関する説明を受け、魔石の処分には保留する。

一方、グランベルムの敗者となったロサはアンナの屋敷を追い出されてしまう。←チェックポイント②

新月が満月の学校へと転入してくる。

新月は満月の学校での態度に疑問を感じる。放課後、満月は自己承認ができずにいる自分を新月に吐露し、プリンセプスを目指すことを告げる。←チェックポイント③

スポンサーリンク

チェックポイント①魔術師の子孫の能力と魔石

グランベル② 満月②

©ProjectGRANBELM

魔術の子孫は魔力がなくとも地場を操る程度の術を使うことができるようです。

その術は、人の気持ちを鎮めたり、記憶をけしたり、まだ開花していない花を開花させたり、とかなり汎用性が高そうですね。

ぶっちゃけ、プリンセプスにならなくても日常生活を楽しく暮らせそうですが、彼女たち魔術師の末裔はその能力よりもプリンセプスというアイデンティティにこだわりがありそうです。

プリンセプスになるためにマギアコナトスを呼び出しグランベルムを行う。

そのためには魔力を有した魔石が必要なようです。

しかし、満月は魔石をどうやって入手したかを知らない。

1話で満月はマギアコナトスから放たれた光に打ち抜かれ魔石を手にしています。

本来、魔術師の子孫が集まり、マギアコナトスを召喚するのであれば、そもそもグランベルム内で魔石を入手するというプロセス自体がイレギュラーになるということでしょう。

そもそも、なぜ満月はグランベルムの空間に入れたのか。

非常に気になる謎ですね。

スポンサーリンク

チェックポイント②アンナと水晶、ロサの関係

グランベルム② アンナと水晶とロサ

©ProjectGRANBELM

水晶とロサは魔術師の名家であるアンナの弟子という関係です。

グランベルムでも基本的にはスリーマンセルでのぞんでいるようですね。

早々に敗退してしまったロサは魔力奪われ、アンナの屋敷から追い出されてしまいます。
彼女の魔石は光を失い、ボロボロになってしまいました。

魔力と地位を奪われた彼女はどうなるのか、今後の展開が気になるところです。

グランベルムへの参戦は出来なそうなので、今後は日常パートで暗躍しそうな気がします。

ロサの葛藤も気になるポイントとなりそうです。

チェックポイント③自己承認ができない満月

グランベル② 満月

©ProjectGRANBELM

自分だけのオリジナル、特別な何かを手に入れて誰かに気付いてもらいたい。

満月の欲求は、普遍的で共感できる方は多いのではないでしょうか。

満月はこの場に自分がいなくても誰も困らないではないか、自分がまるで透明人間で無視されてしまう存在なのではないかと恐れています。

そして、他者からの承認を求めるあまり、自立することができないでいる。

この作品は、そのあたりの心理描写とても上手に描かれていると思います。

満月は学校でいじめられているわけではないという設定も好印象です。

周りの人間はみんな良い人だけど、どこか自分を認めることができない。

その些細な葛藤というのは共感しやすく、視聴者の日常でも感じることのできる葛藤だと思います。

この葛藤から生じる満月の人間性がこの作品のコンセプトに大きく関わっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

グランベルム2話感想

わかりやすい脚本なだけでなく、会話のやりとりやテンポ、台詞の構成なども丁寧に作り込まれていて、脚本と演出がとても良い作品だと思います。

次週では、新月と因縁のあるアンナとのクローズアップされそうです。

満月や新月だけでなく、その周辺にいるキャラクターたちも徐々にクローズアップしていけたらと思います。

それでは、次週もよろしくお願いいたします。

グランベルム感想・考察・解説記事まとめ
『グランベルム』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が不定期でYouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする