LOST SONG6話感想・考察!反響装置内の歌の力は誰のもの?

クロワッサンはサクサク派、鳥類です。

新キャラのドクター・ヴァイセン、良いキャラしてましたね!

声優さんの演技もとっても上手くて、沈んだ研究所のシーンは辛かったですね。

演技が上手いといえば、今週のルード王子のシーンはぞっとしましたね。

「お前、誰だよ」の温度の無い声は人を人とも思っていない狂気が感じられました。

兵器や戦争について踏み込まれていて、かなりヒントの多い見どころのある6話でした!

スポンサーリンク

ドクター・ヴァイセンの発明品について

今回は情報が多かったので、考察を始める前にドクターの発明品について少し整理してみます。

ドクターの発明品はフィーニスの命を削ることなく歌の力を人の役に立てるため開発したもので、それを王都軍に奪われ兵器利用されています。

反響装置

黒い小箱。歌の力を特殊な材質の箱の中に閉じ込めて、反響させ続けることで半永久的に歌の力を保存する。

LOSTSONG 6話 反響装置

© MAGES./LOST SONG製作委員会

当時の状況を再現すれば過去を閉じ込めることも可能とのことですが、ここはよくわかりませんでした。

リン達の世界は例えば元素なんかの代わりに、歌や音でできているということでしょうか?

歌奏兵器

反響装置に閉じ込めた歌の力何倍にも大きくする。ラッパが2つ付いた戦車の形。

LOSTSONG 6話 歌奏兵器

© MAGES./LOST SONG製作委員会

ヘンリーの足や伝令兵が凍ったのは反響装置に閉じ込められた水(+風?)の歌の力だったんですね。

飛空船

未登場。作中でも有名な模様。

スポンサーリンク

王都軍は侵略を狙っている

砦を取ったことで戦争は終結する。とコルテは言っていましたが、バズラ将軍の様子を見るに話はそう簡単ではなさそうです。

恐らくコルテの言った終結は賠償金が取れるレベルの終結であって、最前線の灰の町に戦力を集めていることからもバズラ将軍は相手国の侵略支配を見据えているように感じられます。

それにしてもなぜ荒廃している灰の町で星歌祭を開くのでしょうか? 歴史的に意味があるのでしょうか。

灰だらけの町で歌うなんて喘息になってしまわないか心配です……

バズラ将軍はリンが特別なことを知っている?

今回ヴァイセンの口から明確に特別だと語られましたね。

描写からいってもリンだけは歌の力を使っても平気なことは確実なようです。

ここで気になるのは執拗にリンに追っ手をかけているバズラ将軍についてです。

バズラ将軍は魔法の歌を歌うことができる人間を探しているのではなく、特定の『歌の女(=リン)』を探していると考えられないでしょうか?

私も4話でリンの祖父タルジアとバズラ将軍の関係を考察していた頃は、単にバズラ将軍は幼少期のリンが魔法の歌を歌えることを知って追跡を指示したのかと考えていました。

LOST SONG4話感想・考察・解説!耳打ちの内容&奇跡の歌の代償の差
ついに4つ目の有料動画配信サイトに加入しました、鳥類です。 今回からNetflixオリジナル作品のLOST SONG(ロス...

でもリンが特別であることを知っていたなら、他の候補でなく彼女だけを執拗に捜索していることにも納得がいきますね。

リンの存在を知った時からこの計画をスタートしていたなら、用意周到さにも納得がいきます。

使用に制限のあるフィーニスで大規模な戦争を仕掛けるのは無謀ですもんね。

反響装置に力をこめるとき命は削られないのか?

反響装置については先ほど整理した通り作中で説明がありましたが、歌の力をこめているのに歌っている当人は命が削られないのでしょうか?

ドクターの口ぶりでは命を削らないための発明品、とのことでしたからもしかしたら一度に複数こめられるなどで効率が良いのかもしれません。

歌の力のメカニズムは詳しくは語られていませんが、大気中に逃げてしまう分の力も余さず閉じ込められればかなり効率がよさそうです。

スポンサーリンク

反響装置を製造しているのは灰の街の女性?

もし反響装置に効率よく力を閉じ込めるとするならば、灰の町にあった無響室の環境はかなり適していそうです。

無響室は外からの音が入らない点、出ていった音が反響しない点が優れています。

純粋な歌の力を抽出する場所としてはこれ以上ないでしょう。

また、戦争に利用されることを心底嫌がっていたフィーニスが、4話で出てきた大量の反響装置に協力するとは考えられません。

あれほどの装置を作っているのであれば、6話以前に描写があった方が自然です。

反響装置を作っているのは灰の町の女性なのかもしれません。

灰の町の女性の正体は?

灰の町の女性の推理については現時点ではかなり難しいです……

完全な新キャラでないとするとありそうなのは

フィーニスまたはリンの血縁者

これが一番普通といえば普通ですが、歌の力が遺伝性のものであるのかは全くわかりません。

ただリンとフィーニスには緑の瞳という共通点があるので、もしかしたら遺伝性のもので、なおかつリンとフィーニスも姉妹(または血縁者)という可能性もありますよね!

アレア・ゴルト王女

前回、ポニーの正体はアレア・ゴルト王女ではないかという仮説を立てさせていただきました。

LOST SONG5話感想・考察・解説!ポニーの正体は王女説
ルード許すな、慈悲は無い。カラオケ最低点は68点、SONGの才能がLOSTしている鳥類です。 前回の記事で予想した通り、耳...

今話を見る限りポニーが王都の深い関係者であることは間違いなさそうですが、無響室の女性がアレア・ゴルト王女の可能性もありますよね。

過去のフィーニスまたはリン

過去を閉じ込められる反響装置の定義する過去がどの程度の物なのか非常に難しいですが、灰の町の女性が過去のフィーニスやリンである可能性も考えられます。

いずれにせよ明かされるのが楽しみな伏線の一つです!

フィーニスとヘンリーはやはり悲恋なのか

NetflixはOPとEDを飛ばしてくれるので第1話以外はつい見逃してしまうのですが、前回のヘンリーフラグ回収説もあって今回EDをじっくり見てみました。

結論:フラグってレベルじゃない

空の彼方や、忘れないこの愛など不穏なキーワード。

極め付きに泣き崩れるフィーニス。

……ヘンリー、良い奴だった。

歌詞的にはヘンリーがフィーニスより先にいってしまうのは間違いなさそうです。

短い時間でよくここまで燃え上がったなという感じもしなくもないですが、ままならないのが恋愛ですからね

ぶっちゃけ辛さしか感じられませんが、まだ! まだ1話冒頭があるから! 希望は捨てない……。

スポンサーリンク

LOST SONG 第6話感想

ヘンリーとフィーニスへ

もっと隠れられるところでいちゃいちゃしろよ!

森の中でばったり×3組(6人)はちょっと笑いました。元々ばればれだったんでしょうけど。

笑うと言えばルード王子は見たのシーンですね。

LOSTSONG 6話 ルードは見た

© MAGES./LOST SONG製作委員会

こっちみんな。

砦制圧のシーンもなかなか良かったですね、敵の剣を奪って使っちゃうのはロマンがあります。

欲を言えばもっと混戦なら混戦っぽいごっちゃり感が欲しいですが、ヘンリー無双の見せ方なので今回はこれが良いのかもしれませんね。

前回は馬車に持っていかれた感想でしたが、今回Twitterの方はどうなっているでしょうか?

やはりみなさん先の展開が気になるようですね。

先行配信とBSが混ざり合って中々拾いきれずすみません……。

他にもこんなご感想がありました。

それ、クロワッサンですよ!(小声)

歌は段々音が増えて豪華になっていますし、毎回本当に楽しみですよね。

ヤック・デカルチャー! 以上鳥類でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする