SAOオルタナティブGGO8話考察!フカ次郎に緊張感がない理由

こんにちは!はれこです!

SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン(以下、SAOAGGO)第8話です♪

グレネードランチャーが炸裂しました!!

今回はレンもフカ次郎も輝く良い回となりましたね。

グレネードの特性を生かした戦法も素晴らしかったです。

そんなわけで、フカ次郎ちゃんがいきなりブービートラップに引っかかるという一瞬ヒヤッとする展開でしたが、序盤は無事に乗り切りました!

序盤のやり取りを振り返りつつ、今後の展開を予想していきましょう!

スポンサーリンク

今回のピンチの原因

今回のピンチの原因は、緊張感の違いでしょう。

フカ次郎ちゃんはあいにくこのゲームにそぐわない緊張感で挑んでいます。

SAOAGGO Fuka Leg

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

…まあ、直前にアイス食べ過ぎちゃうくらいですからね。

しかし、このレン・フカの緊張感のギャップはおそらく今までプレイしていたゲームの世界観の違いによるもので、結構仕方がないものだと思います。

まず、このGGOというゲームはサツ伐とした世界観とそれに伴う緊張感が魅力のゲームです。

プレイヤー同士も必ずしも味方ではなく、時には撃ち合いになることも珍しくありません。

それに対してフカ次郎の今までプレイしていたアルヴヘイム・オンライン(以下、ALO)はどちらかと言えばファンタジックな世界観で、かなり平和なゲーム。

視聴者目線の我々はずっとこの世界観を見ているのでフカの行動にヒヤっとする場面も多いですが、フカちゃんはそんな平和な世界から来ているので、このGGOの緊張感に慣れるのはちょっと大変なのかも。

今回ブービートラップに引っかかってしまったことで少しマインドが変わったかなとは思いますが、この緊張感の違いが後にチームLFを苦しめなければ良いですね…。

SAOAGGO Fuka Damage

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

もう1チーム優勝候補?

バレットラインを出さないチームがもう1チーム現れました。

SAOAGGO Shary Team

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

緑髪の女の子・シャーリーと呼ばれていた子のいるチームです。

SAOAGGO Shary Nanimono

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

「やったぞ!初戦果だ!」

と、チームのメンバーが言っていたので、あまり戦いに慣れているようにも思えません。

でもバレットサークルなしで撃てるということは狙撃には慣れているのでしょう。

エムさんの前回の戦い方を見てバレットサークルなしで狙撃するのを練習した人達…という見方もできますが、単に狙撃を極めている人…クレー射撃の選手などという可能性も考えられますね。

もしかしたら、今回参加しているチームに何か因縁があるのかも…ピトさんとか?

スポンサーリンク

最初に当たる優勝候補チームは?

それぞれの位置関係を整理しましょう。

SAOAGGO Map Check

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

LF:住宅エリア

PM4:岩壁地帯(LFの逆サイド)

SHINC:都市エリア(レン達から見て南に8kmの位置)

メメント・モリ:山岳地帯(雪)

シャーリー:山岳地帯(麓に近い)

レンちゃん達は狙撃されるのを一番警戒しているのでなるべく市街地などを経由して進むでしょう。

よってすぐにメメント・モリやシャーリーさん達に当たる可能性は低いと思われます。

なので、最初にいきなりSHINC…ちびっこアマゾネスチームに当たると予想しますが、2人だけのチームがいきなりこのチームに当たるのは結構きついですよね。

それか、シャーリーさん達は麓に近い位置に陣取っているようなので、未知のチームとの対戦ということも考えられそうです。

スポンサーリンク

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン8話感想

冒頭にも言いましたが、今回はレン・フカ両方に見せ場のある素晴らしい回でした!

SAOAGGO Ren Miseba

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

グレネードランチャーをあの正確さで当てるとは、フカ次郎素晴らしいコントロール

SAOAGGO Fuka Nice Play

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

最初こそ緊張感に欠けるミスをおかしていましたが完全に挽回できるだけの活躍っぷりでした。

このフカ次郎ランチャーは前回参戦組には知られていないので、強襲にはもってこいですね。

アーチ型の弾道がやはり役に立ちました。

コントロール抜群の爆弾の雨あられ…こえー!

SAOAGGO Granade Rain

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

今回は優勝候補同士のぶつかり合いはありませんでしたが、来週以降はどうなることか…。

そして、7チームに囲まれたPM4は…まあきっと全滅させるのでしょうが、どんな方法で全滅させるのか楽しみです。

何気にピトさんの戦闘スタイルも未知数ですし、ピトさんがどんな武器で挑んでくるのかも分からないので、楽しみにしましょう。

SAOAGGO Pito Gaisen

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス GGO Project

てか、仲間の皆さん、「そういう契約ですので」って言ってたので、金で雇われた人達なんですねぇ…。

どんだけ金あるんだ!

もう8話なので、もう半分以上過ぎてしまいました!

第2期もあるのかなぁ…

【SAOオルタナティブGGO】2期制作の可能性&続編に繋がる効果的な応援方法をどこよりも詳しく紹介!
どーも、当サイトの運営者のぶです。 かわいいキャラたちによる銃撃戦と厨二心をくすぐる設定で人気の"SAOAGGO"こと「ソ...

今後とも応援していきたいです!

あと、前回の記事でもお知らせしましたが、アニメ語りチャンネルもスタートします!

▼詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしているのぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今回...

ぜひ、チャンネル登録してお楽しみくださいね♪

また次回も一緒に楽しみましょう♪

考察コメントもお待ちしてます!

ではでは♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. Patandi より:

    hareko, thank you ever so for you post.Much thanks again.