アイドル事変アニメ10話を考察・解説!桜庭がCherry7を出した真意

議員バッジの考察も挟み、こんにちは。

アイドル事変担当のジャム君です。

最近のジャム君、パソコンでATOKという日本語入力ソフトを使っているんです。

お仕事でもパソコンを使うことが多いので、便利なんですよね。

そうしたら、とんでもない事実が発覚。

入力文字数が酷く多い!

お仕事は一気にやるものではないなと思う、ジャム君なのでした。


まあ、アイドル事変とは何の関係もないんですけどね!
いや、一部関係してはいますけど!

話をアニメに戻しましょう。

前回は、Cherry7(チェリーセブン)と呼ばれるアイドル議員で総理大臣の座に就いたことがある議員のサポートをしていた謎の4人の正体が明かされました。

アイドル事変アニメ9話を考察・解説!桜庭の笑みと夏美の心
花粉が酷く、目よりも鼻に来ているジャム君です。 今回もアイドル事変の考察と解説、行ってみましょう! 前回は、楼凱党が本格...

せっかくアイドル議員の支持率を高めようと躍起になっているというのに、桜庭のスキャンダルもどきの邪魔まで入り夏月が落ち込む酷い有様に。

打倒Cherry7を目指し、アイドル議員どうしで党派の垣根を越えた超党派を結成しユニットを結成するのか、選抜で代表チームを戦わせるのか、というところで終わっています。

今回は、モヤッとを解消した超党派を結成したSMILE♥X(スマイルキス)とCherry7の対決。

そして何やらまだ企んでいる桜庭や楼凱党幹部の動きに注目の回です。

夏月はちゃんと、活動再開できるのでしょうかねぇ……

スポンサーリンク

もう疲れちゃったよ 靜…

SMILE♥X(スマイルキス)のメンバーとして、打倒Cherry7(チェリセブン)を目指す夏月たち。

テレビに出演してのCherry7を超えるという意気込みを伝えることや、もちろんレッスン自体も時間を惜しみません。
アイドル事変 レッスン
この行動が、後の桜庭や楼凱党の動きの伏線になっているのですが、この時点ではまだ気づきませんでした。

よくよく考えたら、「そりゃそうだ」という行為を受けるだけなんですけれどもね。

ですが、アイドル議員のこのような行為やCherry7とパフォーマンスバトルをすることに怒りを隠せない国民はたくさんいます。

事実、ヒロイン党本部にも抗議の電話は大量にかかってきており、夏月はまたも落ち込んでしまいます。
アイドル事変 夏月 落ち込む
落ち込んでいる夏月をよそに、靜は「絶対に勝たなきゃ!」とますますやる気を見せています。

夏月はそんな靜の言葉にも負担を感じているようです。

そして、幸恵の勧めもあり、新潟の実家やスタジアム建設の現場関係者のところに顔を出すことにしました。

靜の言葉は正しいのか

靜が夏月にかけてきた言葉は、正しいことを言っているのでしょうか。

なにボケッとしてるの? 私たちは勝たなきゃいけないのよ! もう一回最初から!
逆風を跳ね返すためにも、絶対に勝たなきゃ!
言い訳は聞きたくない、私たちはCherry7に勝たなきゃいけないの! アイドル議員生命を賭けて、みんなヒッシなの! 今日はもう出てって、時間がもったいないから。

アバンからずっと、「勝たなきゃ」と言い続けているんですよね。

勝たなければいけないという点では、靜の言葉は一貫されています。

ですが、夏月の言葉も「言い訳」とし言う前から聞く耳も持ちませんでしたし、とてもとても周りのメンバーの言葉を素直に受け入れているとは思えませんね。

もちろん勝つためのポジティブな意見であれば聞く耳を持つのでしょうが、ネガティブな意見はそいつの「言い訳」に過ぎず、我関せずを貫いた結果が夏月の帰省に繋がったのではないでしょうか。

アイドル議員として圭吾に認められ嬉しいのはわかりますが、一直線すぎて振り返るのを忘れる靜は、以前オーラで多数のアイドルたちを傷つけ身勝手に逃げてきた時から、変わっていないように感じますね。

ただ、今回口は悪いですが、靜は夏月のことをちゃんと思っています。
アイドル事変 靜
事実、「今日は出てって」と夏月をレッスンから追い出した後に、思うところがあったようですからね。

夏月を追い出して靜は何を思ったか

夏月をレッスンから追い出すことになってしまい、何やら思うところがあった様子の靜。

さて、何を思っていたのかと言いますと、正直まだ確定したことは言えません。

ただ、こんなことを思っていたんじゃないのかなという予想は立てられます。


まず1つ目としては、夏月ならもっとできると思ったということ。

アイドル議員になってから今に至るまで、ドジなところは多々ありましたがアイドルとしては靜が認めるほどには成長してきました。

幸恵が勝手にしたwith結成当時は全然認めてなどいませんでしたが、猫ノ島のライブで靜の夏月に対する印象は大きく変わっています。

であるにもかかわらず、靜が思ったほど夏月がレッスンについてこないイラ立ち。

そんなイラ立ちや国民からのバッシングのストレスのはけ口として、夏月にぶつけてしまったのではないでしょうか。

そんな後悔の念ですね。

そしてもう1つは、夏月がこのまま来なくなったらどうしようということ。

その後のレッスンで靜はちなつに指摘されていましたが、夏月はレッスンもちなつに変わってもらえばいいレベルの存在なのかと。
アイドル事変 ちなつ

あっさりしてるのね。あなたにとってあの子、その程度の存在だったんだ。
私たちの時と同じ、仲間を簡単に見捨てる……

これはグサリとくるセリフなのではないでしょうかね。

これは言い訳でも何でもない、打倒Cherry7に向けたポジティブな意見です。

靜が一蹴して聞き流すことは絶対にしません。
ましてや、抜けてきた賛来党議員であり、最初から超党派を組まない案を出してきたちなつの言うことですからね。

だからこそ、その場で争いが生まれSMILE♥Xがこれ以上分裂するのを阻止するためにも、瑞希が止めに入ったのでしょう。

スポンサーリンク

SMILE♥X vs Cherry7

いよいよ始まる、SMILE♥X(スマイルキス)とCherry7(チェリーセブン)の生ライブパフォーマンスバトル。

ですが夏月は、三平が慌てて実家を訪れるまでテレビをつけようともしません。

夏月が落ち込んでいるのがわかっているおばあちゃんも、あえてテレビをつけることはしませんね。

三平にテレビをつけられ生ライブを見ると、そこに飛び込んできたのは本来夏月がつけるはずだった赤いリボンの衣装を身に着けステージに立っている靜。
アイドル事変 靜 衣装
これは靜だけではなく、SMILE♥X全員が同じ衣装を着けてくれています。

本来「一人一人に決められた色があるの」と言っていたとおり、全員違う色のリボンがついているはずです。

ですが、テレビに映っていたのは赤いリボンとは泣かせるじゃないですか!
アイドル事変 SMILE♥X 衣装
ちゃんと靜は夏月のことを思ってくれていました。
もちろん、ほかのアイドル議員たちも。

このリボンの衣装を使ったことにはしっかりとした意味が込められていると思います。

靜は夏月のことを嫌って言ったわけではないということ、そしてステージに立てていない夏月の代わりにリボンが出演していること。

わざわざ個別の色がついた衣装があったのに変えてくるなんて、SMILE♥X全員で同じリボンになるよう靜が頼み込んだのではないでしょうか。

桜庭の会見

SMILE♥X(スマイルキス)とCherry7(チェリーセブン)のパフォーマンスバトルは、3,600万票のうち1,950万票を獲得したSMILE♥Xの勝利で幕を閉じました。

どんな投票数だよ!

というツッコミはさておき、大きな壁であるCherry7を倒せたのは事実。

これでめでたしめでたし、といかないのが楼凱党が嫌がらせを行ってくるニッポンなのです。

パフォーマンスバトルが生放送で行われた後、桜庭総理は会見を開きました。

そこで桜庭の口から出たのは、驚くべき事実。
アイドル事変 桜庭 会見

派手なパフォーマンスにごまかされてはいけません。
どれだけ素晴らしいパフォーマンスをしても、それは一時の偕楽です、まやかしに過ぎません!

パフォーマンスでは問題を解決することも、真の意味で国民の生活を豊かにすることもできないのです。
むしろ、彼女たち自身のために行っていると言えるでしょう。

実際アイドル議員はパフォーマンスに熱中するあまり、ここ数週間政治家としては何ら活動できておりません!

そこで、アイドル議員禁止法案について皆さまに是非を問う、国民投票を実施することといたします!

ちょっと待ちなさいよ、アイドル議員。
税金持っていって、政治家としての活動をしていなかったですと?

この税金ドロボーめ!!

まんまと桜庭たち楼凱党にはめられました……

なぜ国民投票なのか

さて、桜庭は会見でアイドル議員禁止法案の是非を問う国民投票を実施することを口にしました。

桜庭がCherry7を出した真意、意味とは何だったのでしょう。

国民投票など行わなくても、アイドル議員はここ数週間議員活動をおろそかにしていたのですし、議会に禁止法案を提出すればいいお話。

そもそも、アイドル議員が全員出席していたところで、立法を阻止するだけの議席数は確保できていないことでしょう。

ニッポンの政治制度が現実世界と同じならば、ですけれどもね。

ではなぜ、わざわざ桜庭たち楼凱党は国会だけで完結させず国民投票をさせるのか。

答えは簡単です。
強硬姿勢で立法させるのではなく、これが国民の真意だとアイドル議員たちに引導を渡すためです。

それに強行的に立法させてしまっては、アイドル議員を支持する層からは不評を買います。

どっちが好きでも嫌いでもないような無党派層に対しても、強硬姿勢を見せてはいい印象を与えないでしょう。

現実の日本の政治のニュースを見て、強行採決が行われている時など印象最悪ですよね。

確かに民主主義で議員が選ばれ議席を割り当てられてはいますが、強行採決できる議席があれば議論をし尽くさなくても何でも採用してしまうのなら考え物ですよね。

ニッポンでもそれは同じです。
楼凱党有利な法案ばかり可決することもできるのでしょうが、それは信用を損なうので今までもしていません。

だからこその国民投票なのです。

パフォーマンスにかまけて議員活動しないなら、アイドル議員なんていらないでしょう?

それは議員ではなく、ただのアイドルです。

Cherry7を出してきたのはそういう罠だったというわけですね――

スポンサーリンク

アイドル事変10話感想

国民投票で決着をつけさせられるとは、さすが楼凱党幹部も動いているだけあって大がかりですね。

ですが、桜庭の言うとおりパフォーマンスに熱中して数週間も議員としてまともな活動していないのなら、どの世界でも文句を言われて当然レベルでしょう。

ただ…ちゃんと伏線はあったと思いますよ。
ほら、夏月が新潟に行っていたじゃないですか。

スタジアム建設の現場関係者と関係修復していましたし、桜庭は夏月のことをスルーしすぎてそこまで目がいっていなそうです。

意外と夏月に酔っ払って怒りの電話をぶつけてきたおっちゃん辺りが中心になり、「夏月ちゃんがちゃんと活動してたぞ!」と抗議してくれる展開になるんじゃないでしょうかね。

夏月の家まで来てくれた時、ちゃんと電話のことも和解していましたから。

物語も大詰め、残りわずかとなりましたが、アイドル議員たちは生き残ることができるのか!

次回、国民投票の行方を見守っていきたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする