ACCA13区監察課2話を考察・解説!ACCA成立の歴史と謎

こんにちは。熊人です。

関東で雪が降りました。

雪化粧がきれい……なのはいいのですが、寒がりなので正直勘弁願いたいものです。

ACCAの二話が放映されましたね。

前回では主人公ジーンはどこかつかみどころのない、しかしそれでいて魅力あふれるキャラでしたね。

そして彼のキャラがまだ小出し(というよりほとんど出ていない)なので、これ以降のストーリーで描写されるのかと思っていました。

まさかさらにわからなくなるなんて予想してなかったよ。

スローペースながら話が動き出した今回。

では、自分のできる限りの考察・解説をさせていただきます。しばしお付き合いください。

一応書いておきますが、自分は原作未読です。

アニメ派の方も原作のネタバレを気にせずにご一読いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

ACCAの世界の歴史

Aパートの最初でACCAの誕生経緯が説明されていましたね。

とりあえずその内容をまとめてみたいと思います。
1.この世界では国が13に分かれていた。
ACCA 歴史
これは今の自治区の数と同じですね。199年前の話のようです。

日本人である自分たちにはイメージがつかみづらいと思いますが、巨大な大陸がいくつもの国に分かれているヨーロッパとかを連想していただければわかりやすいです。

2.今の国王の曽祖父(ひいじいちゃん)が一つの国にまとめ上げる。

簡単に言えば天下統一みたいなものでしょう。

おそらくかなりの大きな争いがあったと予想。

3.今の国王の父(つまり先代の国王)の時に12の国が団結しクーデター勃発。

人が集まり国が出来、それが複数存在すれば争いが起こる。自然な流れです。

これに対して「おや?」っと思ったところがあったのですが、その点については後述。

4.先代の国王が各地区に地方自治を認めることでクーデターを収める。

先代の国王が各地区と話し合った結果、地方自治を認めるという結果に。

5.こうしてACCA誕生。
警察などを傘下にした民間組織、ACCAが生まれるわけです。

acca イチゴ
↑このジーンが可愛い

ていうかACCA民間組織だったんか……!

てっきり公務員かなんかだと思ってた。

スポンサーリンク

歴史に対する違和感

前述した「おや?」っと思ったところについて。

全部で13の地区に分けられていたわけですが、そのうち首都(?)以外の全地区が一斉に結託してクーデターを仕掛けた。

これっておかしくないですか? いや、おかしいことはないんですけど。

多少は首都の方側につく地区があっても不自然ではないと思うんですよ。

なのにこの歴史では「1対12」

首都側に味方となる地区は一つもありません。

これ、どうしてでしょうね。

そうなるに値するだけの仕打ちを他の地区に強いていたということなのか。

それともある特定の地区が念入りに計画を立てて他の地区を結託させたのか。

そしてさらに不可解なのはこのあと。

それを「話し合い」という手段を用いて解決したことです。

しかも地方自治を認めるという、「あくまで首都の方が優位である」状況を変えずにです。

「本当にそういう歴史だった」と言われてしまったらそれまでですし、この説明だけだったらここまで考え込みもしなかったでしょう。

しかしACCAという名前の由来、覚えていますか?

ACCA 鳥

ACCAとは組織結成した年に絶滅した鳥の名前のこと。

……どうでしょう? こうして文字に起こしてみるとどこか不気味といいますか、違和感を抱きませんか?

スポンサーリンク

ACCA13区監察課2話感想

サラッと謎を残していく今作。

それについて考え始めると違和感といいますか、語ることが尽きませんね。

ここでふと思ったのですが、この争いに「夕バコ」がかかわっている可能性を挙げたいと思います。

だから現代において高課税の高級品となっているのでは。

あとはもう一つの可能性は、ACCAという鳥類が絶滅した原因が「夕バコ」というもの。

どちらにしろダークでダーティーな話になるのは間違いなさそうです。

……なんて深読みしすぎた挙句、全部外したらこれほど恥ずかしいことはない。

おい、そこの原作既読者笑うんじゃあないっ!

こっちは結構真剣に考えてこれなんだぞ!

熊人でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする