宝石の国3話の感想・考察・解説!ナメクジが友好的な理由とは?

こんにちは、3話より「宝石の国」の考察記事を書かせていただけることになりました、哲太です!

個人的には最初の記事ですので、作品全体の魅力について少し触れさせていただきますと、やはりそこはフルCGで映像化された鮮やかなアニメーションかな、と♬。

宝石の国三話_序文

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

周囲の人からは「美麗CG」と評されていて、CG・映像クリエイターの総合誌『CGWORLD』の表紙を飾るなど注目を集めています。

この美しい世界観の中で、宝石たちの「成長」「友情」、そして「戦い」を描いた本作品。

今回は、そんな「宝石の国」に登場したナメクジについての考察を、改めて作品を振り返りつつ進めて参ります

スポンサーリンク

月人たちの新たな戦略の可能性

宝石の国三話_第一パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

2話の終盤、宝石たちの中でもひときわ輝くダイヤをスルーして皆のいる学校のもとへ向かった月人。

宝石を装飾品にすることを好む彼らのこの行動から、いつもとは違う意図が感じられます

襲撃そのものはボルツの活躍により難を逃れましたが、月人たちの本当の目的はナメクジを宝石たちのもとに送ることではなかったのでしょうか。

このナメクジ、「月人が霧散しても残ったってことは、きっと月のものじゃないのよ」というユークの言葉からもその希少性が窺えます。

スポンサーリンク

次々に登場した宝石たち

3話の冒頭で(塩水を含んでいたいのでおそらく)海水の中に落ちてしまい、縮んでしまったナメクジ━━の姿にも驚きでしたが、学校を囲む水が意外に深かったことにもびっくりしました。w

宝石の国三話_第二パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

その後、フォスがナメクジと同化してしまったと勘違いしたダイヤがみんなと元に戻す方法を考えようとしますが、そこでフォスの人望の薄さが露呈……。w

ただ、この流れで28人いると言われている宝石たちがでてきてくれたので、ちょっとワクワクしてしまいました。

28人いる宝石たちの個性については事前考察記事でもスポットを当てていたところでしたので、ここで一旦ダイヤが訪れた宝石たちをピックアップしてみます♬

宝石の国の感想・考察・解説記事まとめ!戦う宝石たちの物語
皆さま初めまして、今回の秋アニメの一つ、「宝石の国」の記事を担当させていただけることになりました mabito です。 ...

♦︎レッドベリル

宝石の国三話_第二パラグラフ②

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

公式HPに、

服飾担当。宝石たちの衣服を全て作っており、生地制作からデザインまで無限の情熱をささげている。

とある通り、ドレスを作っていましたね。

♦︎(たぶん)スフェン

宝石の国三話_第二パラグラフ③

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

公式HPに乗っていないキャラでしたので、EDのキャストで分かった「生天目仁美」さんの声と見た目で推測しました。w

「机を直すため」に持っている大きなノコギリが気になります。

♦︎ゴーシェナイト(右)とモルガナイト(左)

宝石の国三話_第二パラグラフ④

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

こちらは1話でも活躍していましたね。

見廻組は、基本的にツーマンセルで行動しているようです。

♦︎ベニトアイト(右)とネプチュナイト(左)

宝石の国三話_第二パラグラフ⑤

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

公式HPのよると、二人とも真面目な性格みたいですね。

ネプチュナイトの愛称は「ネプちー」とのこと、可愛い!

♦︎ジルコン(右)とイエローダイヤモンド(左)

宝石の国三話_第二パラグラフ⑥

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

「宝石たちのお兄様的な立ち位置」の最年長イエローダイヤモンドに対して、ジルコンは「フォスの次に若い宝石」のようです。

ペアは、能力やキャリアのバランスで決められているのかもしれません。

♦︎(たぶん)ウォーターメロン・トルマリン(右)とヘミモルファイト(左)

宝石の国三話_第二パラグラフ⑦

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

こちらもEDのテロップから分かった、「原田彩楓」さん「上田麗奈」さんのお二人の声と見た目で推測。w

二人のキャラからはちょっと天然のような感じが伝わってきましたが、どうでしょうか。

月人の手に余り、そして━━

宝石の国三話_第3パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

結局、他の宝石たちから良いアドバイスをもらえなかったダイヤ。

最後はシンシャの一言からフォスの破片を集めることに成功します。

(シンシャはフォスのことを「嫌い」と言いつつ、かなり意識していました。

 きっとフォスのカンバスも大事に持ってくれていることでしょう。)

めでたくフォスの生還に成功したわけですが、この一連の流れで気になったのはナメクジが終始宝石たちに友好的な態度を示していたこと、そしてかなり自由な性格をしていそうなこと。

月人たちの使いであれば攻撃をしてきてもおかしくはないところ、ずっと楽しそうにしてましたね。w

私が考えるに、月人たちは奔放な(もともとは巨大なカタツムリの)存在が手に余ってしまい、宝石たちのところに落としたのではないかと。

3話の最後、ナメクジはフォスを食べちゃったことについて何か言い訳をしていますが、ここは「だって、お腹が空いていたから仕方ないじゃないか!」と弁解しているのかなと考えました。

ちなみにフォスだけがナメクジの言葉を理解できるのは、彼の体内で割れてしまった際、ナメクジの細胞の一部が混入してしまったからかもれませんね。

スポンサーリンク

宝石の国 第3話感想

宝石の国三話_第4パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

ナメクジは、かわい……くは見えませんでしたが、どこから愛嬌を感じるキャラですね♬

次回以降も登場することが予想されますが、もしかしたら物語の核を担う何かを握っているかも!

その場合、ダイヤにとても懐いていますが、フォスと行動を共にすることが多くなるのかな?

気になる4話のタイトルは、「魂・肉・骨」と本作品はじめての漢字のタイトルで、期待に胸が膨らんでいます♬。

「フォスの仕事の特性」「異端児シンシャの行く末」「金剛先生について」などなど物語全体で、見どころや謎が多い「宝石の国」。

この考察記事を通じて、一つひとつ解明できたら嬉しいですが、話が進むとまた新し謎が出てきそうな雰囲気も。w

でも、謎が多くて考えるポイントが多いほど深みが増し、どんどん作品に惹き込まれていくのも楽しい(←マゾ発言?)

惜しみつつも今日はこの辺で。

次週、またお会いしましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする