宝石の国5話の感想・考察・解説!王だけ月で正気だった理由とは?

こんにちは、哲太です。

唐突ですが、『宝石の国』にも度々出てくる「宝石の硬度」についての豆知識を一つ。

この硬度とは「叩いて割れるかどうか」ではなく、「ひっかいたときの傷のつきにくさ」だそうです。

ちなみに主人公・フォスは真珠と同じくらいの硬度とのこと。

すみません、あんまり本編とは関係ないのですが、何となく宝石について調べていたところに発見した知識だったので、ついつい書いてしまいました。

そんなこんな(?)で5話が放送されました本編では、ついにフォスが覚醒の時を迎えましたね。

彼女が得た新しい足についての他、今回も気になったポイントをいくつか考察していきたいと思いますので、どうかお付き合いのほど宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

宝石の国は島だった!?

宝石の国5話_第一パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

いなくなったフォスを探す際、みんなで囲んだ机の上にあった地図。

この地図のお陰で宝石の国の全体像をつかむことができました。

思ったよりも小さな島っというのが率直な感想でしたが、(先生を除いて?)28人の宝石たちが暮らすのには十分な広さかもしれませんね。

そして形がどこかに似ているなぁと思い調べてみると、クロワッサン島として旅行者から人気がある沖縄の水納島を発見!

ただ著者の市川春子先生は沖縄とゆかりがあるわけではなさそうなので他人の空似である可能性が高いのかなぁ……。

作品のストーリーと照らし合わせてみると、三日月と表現したほうが関連性があるかもしれません。

スポンサーリンク

王とフォスの最後の掛け合い

今回も何とか難を逃れることができたフォス。

しかし、トラブルの原因が原因だけに、フォスと王が今後友好的な関係を結ぶのは難しそうです。

最後になるかもしれない今回の2人の掛け合いから、

・アクレアツスが目覚めた要因
・王の特性

の2点について考察を進めたいと思います。

美味しい匂いとは

宝石の国5話_第2パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

めっちゃ目がクリクリしている……。笑

王の弟・アクレアツスの月人によって巨大化させられた見た目は、とてもチャーミングでした。♬

ある意味、フォスは彼のせいで捕まり、彼のお陰で新しい武器を手に入れられたわけですが、王からは『「食う」と「戦う」しか能のない』といきなり罵倒されてましたね。

一瞬で月人を追い払ったことからその戦闘能力の高さが窺えましたが、気になったのはもう一つの「食う」の部分について。

アクレアツス自身が「食べ物のいい匂いがした」と言っていたその食べ物は、これは状況から考え最初はフォスのことかなっと思いました。

ですが、宝石ってそこまで匂いのするものではないですし、だったらフォスが捕まった途端に暴れ出しちゃいそうなもの。

となると、もう一つの可能性である王が月人に焼かれてしまった際の焦げた匂いに反応したのかな、と。

「お姉さんが焼けて美味しそうとは何たる弟だ!」と叱ってやりたいですが、姉のピンチに反応した照れ隠しだったのかもしれません。

王だけ月人の催眠から逃れていた理由とは

宝石の国5話_第2パラグラフ②

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

前回の4話終盤から引き続き、儚げな表情が印象的な王。

彼女だけが月人の催眠から逃れられたのはなぜだったのでしょうか。

まず考えられる理由として、後々に利用するためにあえて催眠をかけなかったのかなと、思いました。

他にも王の知性の高さや、族長というポジションが関係している可能性もあるように感じます。

月人に目線を変えてみると、その催眠能力の属性条件に理由があるのかも。

ちょっと結論を立てるのは難しいですが、何とか王も弟のアクレアツスも無事に抜け出ることができましたので、今後は宝石たちと月人という戦いでだけでなく、王たちアドミラビリス族と月人との関係性にもスポットが当たっていきそうです

フォスが手に入れた新しい武器

宝石の国5話_第三パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

王がせんべつとして残していった、貝殻の角。

それが足として復活することができたのは名医・ルチルのお陰ですが、きっと王はそのこともよく分かっていたのでしょうね。

結果的に1/3の記憶と引き換えに圧倒的な移動速度を手に入れたフォス。

名前を忘れてしまったジェードのシュンとした表情がかわいそうであり、またちょっと可愛かったですね。w

そして(意外にも?)レッドベリルがフォスのことをとても気にかける、優しい人柄だったことが分かりました。

新しい足の核を成している鉱石「アゲート」について調べてみると、諸説ありましたがその一つとして『大地に根付くというテーマを持つ石』という意味合いもあるそうです。

あの瞬足は、大地から自然エネルギーを得て強く蹴り出すことで得られているのかもしれません。

ちなみにですが、あの縞模様は実際のアゲートの形状に由来しているようでした。

スポンサーリンク

宝石の国5話の感想

フォスが月人にとらわれているところからスタートしたこともあり、若干静かな雰囲気で進んだ今回の5話。

シンシャもフォスを見つけた際、本当はみんなのところに駆け寄りたかったのかもしれませんが、特異体質ゆえにその一歩を踏み出せなかったのでしょうか。

ただそんな中で、クスッと笑えたのはボルツのこちらのシーン。

宝石の国5話_最終パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

いつもは気丈に振る舞っているボルツが、先生の肩で完全にダウンしているのが可愛らしかったです。

先生といえば、その声を吹き込んでいる声優の中田譲治さんがMCの本作ラジオ番組「宝石の国ラジオ 〜金剛先生がお呼びです!〜」をやっていることをご存知でしょうか。

茅野愛衣さんや佐倉綾音さんなど、宝石たちの声を務めるキャストの方々をゲストに迎えて、作中では見られない先生の楽しそうな声のトーンを堪能できますので、ぜひのぞいて見てください。♬

それでは今日はこの辺で。

また次週、お会いしましょう。♬

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする