宝石の国9話の感想・考察・解説!フォスの強さにボルツは何を思う

こんにちは、哲太です。

時折耳にすることがある「生まれ変わったら何になりたい?」という質問。

偉大な人物の名を答えるもよし、人以外の違う生き物を答えるもよしの、夢が溢れるクエッションですが、渇望していた“力”を手にいれたフォスにこの問いをすると、なんという答えが返ってくるでしょうか。

さらなる力を手に入れられる何かか、それとも宝石以外の何か、あるいは力を手に入れる前の自分の可能性もあるかもしれません。

新しい春を迎え、状況も変わりつつある『宝石の国』9話を視聴した今回は、中々思うように進まないフォスの新しい力を中心に考察を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

合金を備え、手に入れた新しい戦闘スタイル

8話の考察でも少し触れさせていただいた、新しい両腕を手に入れたことで得た力の使い方。

宝石の国8話の感想・考察・解説!宝石の生まれ方とフォスの新しい腕
こんにちは、哲太です。 なんだかんだあったけれど、まだ宝石たちが月に連れて行かれてしまう描写がなかった『宝石の国』。 ...

実際にフォスと月人との戦いが描かれた今回の9話を見て分かったフォスの新しい戦闘スタイルについて、より踏み込んで考えたいと思います。

攻撃アクションはあくまで“剣”が主流か

8話では合金を硬直化させて月人を倒すシーンがあったので、今後はあまり剣に頼らなくなるのかなぁなんて思っていました。

しかし実際には、合金は月人の側に近づくための補助的な役割を担い、直接攻撃はあくまで剣を使っていましたね。

宝石の国9話①

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

自由度の高い形状から、直接攻撃しても威力を十分発揮できるようにも感じますが、もしかするとフォスはアンタークの最後の戦いで残った刀を使うことに意味を感じているのかもしれませんね。

防御力は宝石たちの中でも随一!

“攻”の次はもちろん“守”について。

先述した流動的な形状をうまく使い、広範囲からの攻撃を防ぐの役割を担うフォスの黄金の力。

宝石の国9話②

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

あくまで私の見立てではありますが、新しく手に入れた腕の本領はその守備力の高さにあるように思います。

腕を広げることはもちろん、ヒールも合金で構築することで下からの防御もバッチリ!

いろんな特性を持った宝石たちがいますが、こと守備力に関してはトップの性能を持つようになったのではなかろうかと思います。

デメリットを挙げるとすれば……

攻守どちらにおいても大きな力を発揮できるようになったフォス。

冬の見回りで戦いになれたお陰か、自身の分身をつくれるまで技能が上達していました。

宝石の国9話③

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

高いバランスを維持していると思いますが、それでもあえて弱点を挙げるとすれば、重量が増したことでせっかく上がった俊敏性が発揮しづらくなったことでしょうか

先生曰く、腕がけでなく体内を合金が巡り、そのぶん重さが増してしまったみたいです。

ただ、前回アンタークが連れ去られそうになったところで見せたダッシュ━━あれは十分な速さを備えていたと思うので、タカが外れた時は無類の強さを発揮してくれそうです。♬

あとは、戦う上での弱点ではありませんが、やっぱりまた記憶が抜け落ちているもよう。

宝石の国9話④

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

「シンシャって、誰だっけ?」と言い放ったこのシーンは、とても切なくなりました。

スポンサーリンク

ニュータイプのフォスと宝石たちとの関係

別人に近いくらい、大きな変化を遂げたフォス。

春が訪れ、目を覚ました宝石たちとの関係にも変化が生じているようです、

最強の座を奪われた感覚になったかも

新しい物好きと言いますか、広い心を持っていると言いいますか。笑

大多数の宝石たちは、フォスの新しい姿に興味津々でした。

宝石の国9話⑤

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

ただそんな中、渋い顔をしていたのがボルツです。

宝石の国9話⑥

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

コンビを組むダイヤモンドをはじめとする、多くの宝石たちを守ろうと最前線に立ち続けてきたボルツにとって、フォスの強さはあまり良いものに感じていないように映りしました。

ただ、これまでずっと強者として奮闘を続けてきたボルツ。

強くあることの苦労を知っている分、もしかしたらフォスの今後を心配しているのかもしれませんね。

なんだかんだ言ってやっぱり心配

さて、お次は久々のセリフを放ったシンシャについて。

宝石の国9話⑦

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

相変わらず、つれない態度ですぐに立ち去ってしまいました。

ですが、夜の見回りを基本にしているシンシャが陽の高いうちに訪れきたことから、なんだかんだフォスを気にしている様子が窺えて嬉しかったです。♬

この体つきはやはり

最後は金剛先生についても少し。

宝石たち同様、その誕生について多くの謎が残っている先生。

今回の9話において、そんな先生の背中が一瞬見えるシーンがありました。

宝石の国9話⑧

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

フォスが先生の破れた先生の服を直そうと提案した際の一幕。

初めて体つきが見えたシーンかと思うのですが、筋肉のつき方が人間の男性のそれと酷似しているようには見えませんか。

とすると、先生はやはり「肉」「骨」「魂」の三つに別れたはずの人間が、元の姿に戻った人物なのかも……。

スポンサーリンク

宝石の国 第9話感想

アニメを見ていると、たまに「血の涙」のように普通とはちょっと異質な涙を流すシーンを見ることがあります。

しかし、『宝石の国』で初めて流れた涙は金の涙でした。

宝石の国9話⑨

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

散りゆく運命の命について嘆いたのか、それともアンタークのことを思い出したていたのか━━いずれにしても、宝石として新たな感情が芽生えたからこその涙だったのだと思います。

「これは古代生物の欠陥」だと言い放った先生。

この「古代生物」とはきっと人間のことで、やはりナメクジの王が話してくれた伝説が本当だったことの裏付けがまた一つ増えてしまいました。

体内に水分を有していないからこそ普段は流すことのない涙ですが、それが可能となったフォスの進化によって、『宝石の国』の描写がまた深みを出していくように感じます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする