宝石の国10話の感想・考察・解説!新種の月人の弱点と進化の理由

こんにちは、哲太です。

『宝石の国』では、フォスの進化と同じくらい月人たちの変化も顕著となってきましたね。

特に今回の10話ではまた新種の月人が攻めてきて、アクションの描写が豊富に描かれる興奮回でした。♬

戦う描写がカッコイイだけでなく“美しい”と感じられ、いつも気づいたら放送終了の時刻を迎えている本編も残すところ残りわずかとなってきました。

作品のクライマックスに負けぬよう、この考察記事も最後まで突っ走っていきたいと思います!

スポンサーリンク

私も勘違いしていたかも……

合金の両腕を手にれたことで著しく戦闘力がアップしたフォス。

そんなフォスに興味津々な宝石たちでしたが、唯一、ボルツの目の色だけが他と違っていると感じたことを書いたのが前回の考察記事でした。

宝石の国9話の感想・考察・解説!フォスの強さにボルツは何を思う
こんにちは、哲太です。 時折耳にすることがある「生まれ変わったら何になりたい?」という質問。 偉大な人物の名を答える...

もしかしたらボルツはフォスの力をあまりよく思っていないのかなと感じましたが、多分間違っていましたね。

宝石の国10話①

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

戦闘狂と周囲から噂されようとも、ただまっすぐみんなを守るために最善を尽くす━━そんなボルツの優しさを、同じダイヤモンド族であり年長者のダイヤが教えてくれました。

フォスもボルツから直接話を聞く中で、嫌な感情を受けるというよりかは誰よりも自分をしっかりと見ていてくれたことに率直に驚いた様子でした。

フォスはもともと、ボルツのこと悪く思っていませんでしたしね。♬

……ごめんなさい、ちょっと話がそれますが、そういえばダイヤってボルツよりも先に生まれていたんですね。

天然系の年長者……悪くないなぁ。笑

スポンサーリンク

もちろん、新しい月人との戦いにもスポットを!

序文の挨拶のところでもお話させていただきましが、斬っても霧散しない新種をはじめ、月人の進化も目覚ましいかぎり!

ここからは、今回のメインテーマでもある月人との戦いについても考察を進めていきたいと思います。

見た目からしてまず違い過ぎる

宝石の国10話②

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

ちなみに、従来の月人がこちら。

宝石の国4話_第二パラグラフ

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会


どうした月人?笑

斬っても霧散しない新種も大きかったですから、サイズは良いとしてもビジュアルの変化は無視できないレベル。

これまでは“斬る”こと自体はできていたのに、ボルツらの攻撃を容易に跳ね返していたことから硬度が一気に跳ね上がっているのも気になるところです。

またこれまでは弓や鎖などの武器を使っていた攻撃スタイルも、六本に増えた腕のゴリ押しに変化していました。

これだけ大きな変化が起きたとなると、従来の月人が急に進化したとは考えにくいですね。

月へと持ち帰った宝石、経過してきた長い月日、あるいは養殖しているというアドミラビリス族の影響で全く新しい月人が生まれたと考えるほうが妥当なのかもしれません。

もしくは、もともといた今回の巨大月人を、満を辞して解き放ってきた可能性、さらにその場合はフォスが手に入れた力を脅威に感じたとも考えられるのかな?

弱点がないわけではなさそう

手の打ちようがないのでは、と感じた序盤での劣勢を跳ね返したのは、なんとダイヤでした。

宝石の国10話③

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会


凶暴化したぶん知性が落ちていると思われう月人に対して一人で立ち向かい、一瞬の隙をつくことに成功しました。

なんで最後だけ攻撃が通ったのかなっと考えたのですが、よく見返してみるとラストの一撃だけは後ろからの攻撃でした。

最後は分散して復活し、まだまだピンチを逃れられたわけではありませんが、このあたりに攻略の糸口がありそう!

そのほかの気になったところも

こちらは月人と遭遇し、物陰に隠れているシーン。

宝石の国10話④

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

月人が何かに反応していることが分かりますね。

このシーツ、もしかすると金剛先生のものではないでしょうか。

これまでの月人が先生に度々迫るシーンがありました。

その理由はまだ明らかになっていないものの、今回も先生の気配が残っていたシーツに反応して月人が足を止めてしまったと考えた次第です。

あと気になったことがもう一点。

直接、月人との戦闘には関係しなかったところですが、ダイヤが命を賭して戦っているところでボルツが「兄ちゃーん!!」と叫んでいましたね。

宝石の国10話⑤

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

以前に考えたことがある宝石たちの性別について。

宝石の国6話の感想・考察!キャラの性別とアメシストの数字の意味
こんにちは、哲太です。 誰にでも年に一度おとずれる誕生日。 その生まれた月には、それぞれ“誕生石”と呼ばれる宝石が割...

「男性っぽい一人称は気になるけれど、宝石たちには性別の概念がないのかな」と考えていたのですが、今回のこの一件でだいぶ男性よりになりました。

うまくは説明できないけれど、女性の設定のほうが良かったなぁとダイヤのイチファンとして思っちゃいました。笑

スポンサーリンク

宝石の国10話の感想

すでに11話の予約も動画公開されています。

ショートムービーではありますが、気になるのはやっぱりフォスの全身が合金に包まれているところでしょうか。

また、完全に不定期登場となっているシンシャの活躍ももうちょっと見たいです。笑

うーん、フォスが頑張る理由は「シンシャの新しい仕事を見つけるため」だったはずが、最近はアレキのよりもセリフが少ない気も……。

あまり話さないことでむしろ存在が気になっているのですが、本作のもう一人の主人公とも言えるシンシャの登場がもうちょっと見てみたかったなぁと、この終盤にきてちょっと感じちゃっています。

でも次週は登場しそうですので、その際は当ブログでもしっかり取り上げていきたいなと。♬

それでは今回はこの辺で。

お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    最年長はイエローダイヤモンドではないでしょうか?ダイヤモンドが「イエローお兄様」と呼んでいますから

    • 哲太 哲太 より:

      ダイヤはボルツより年長者として書いておりましたが、確かに宝石たち全体ではイエローダイヤモンドが最年長ですね。♬