十二大戦11話の感想・考察・解説!戦いの結末と子(ねずみ)の能力

ごきげんよう。

おせちは数種類のみ作る派の模造紙です。

と言っても、数の子や栗きんとん、黒豆、煮物とあと1点か2点くらい。すべて買うと高くつくし多く作り過ぎても家族の好き嫌いもあって余らしてしまったりと、毎年頭を悩ませています。

本音は、通販やデパ地下おせちで済ませて楽したい(笑)

さて、十二大戦11話。

丑の当番回と思っていたんですが、確かに状況判断や冷静な分析という意味合いではめちゃめちゃモノローグはありましたが、肝心要の過去回想や今に至る過程などは語られずでした。

前回の丑&寅の切ないエピソードがあったためか、心情的には丑を応援したい心持ちが強く、まさか駆け足でしかもAパートで決着が着いてしまうなんて!!

前から思ってたけど、尺の配分が独特というかアンバランスというか。

断罪兄弟に2週使うなら、卯や丑の回想をやって下さいよと声を大にして叫びたいです(笑)

スポンサーリンク

丑は戦場で出会った少女を覚えていた

ただし、正しさを問うてきた「純粋で素朴な少女」を記憶していたのであって少女=寅の戦士という結び付きまでは至らなかったようです。

前回の丑の態度を見る限りでは、まったく記憶にかすりもしていない雰囲気を出していたので、全然覚えてないだとこの野郎!と思いながら見ていましたが、そうですよね。いくら数多くの一般人を救出してきたとしても、記憶に残るようなやり取りがあるなら、すべてを忘れてしまうわけがないんですよね。

十二大戦 丑

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

結局、素朴で純粋な少女が屈強な十二支の戦士であるはずがないという思い込み実は人の顔を覚えるのが苦手wやらかした感満載の寅のコスプレ衣装など、いくつかの要素が重なったために、丑は寅と過去に会っていたと認識できなかったことになります。

正しいことをしようとしてした丑と寅

十二大戦のルール上は敗者であり、命を落とすことになってしまいましたが、己の信念である「正しさ」を貫き通したことで、ある意味、丑&寅は勝ち組として生を全うしたのではないでしょうか?

思想も信念も闘う理由も明確に持たず、戦士として請けた仕事をこなすなかで、強さを誇示し続けていた2人。

最終的には、ネクロマンチストの眷属とされることに抗い、自分の終わりを自身で決定することになりました。

十二大戦 丑

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

力はあっても、中身が虚ろであった彼らがただ一点のみ拘り続けた「正しさ」を貫いて散っていった様に、最期まで戦士として生き抜きたかった心の強さが感じられました。

同じく屈強で最高ランクの戦士・申の結末は…

申の戦士・砂粒。彼女もまた、平和を目指す強い思想を持ちながらも途中脱落してしまいました。

しかも申は、卯の眷属となり最強の手駒として、十二大戦の流れを左右する重要なポジションに位置づけされてしまいます。

平和を願っていた彼女が、狂気に満ちたネクロマンチストに使役され、血も涙もない戦略にいいように使われてしまうのは皮肉としか言いようがありませんでした。

十二大戦 丑 申

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

まさか、卯のつぎはぎパーツの中から現れるなんて思わないですよね!

十二大戦 申

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

▲しかし、彼女の凄いところは、子に「ネクロマンチストの操り人形になったら自分をコ口してくれ」とあらかじめ言っていた点。

そして、十二大戦終結の決定打となるアイテムの存在を子に教えていたことでした。

▼未お手製の特製手榴弾!予想が当たりましたが、その威力が最早、小型の核並みというw

十二大戦

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

十二大戦10話の感想・考察!丑が寅を忘れた理由&寝住はどこへ?
ごきげんよう。模造紙です。 十二大戦10話。これまでの展開とがらりと雰囲気を変え、まるで違うアニメを見ているかの如く切ないスト...

高い志を持ちながらもゾンビ化され、不遇な最期となった申でしたが、卯の存在が世界にとって脅威であるといち早く察知し、用意周到に対策を講じていた事実に溜飲が下がりました。

十二大戦に登場した女性は、方向は違えどみんな一本筋が通っていてカッコいいですね!

スポンサーリンク

十二大戦の生き残り勝者が決定!優勝は子の戦士・寝住(ねずみ)

案の定というか、見ている人はかなり前の段階から気付いていただろうけど、干支逆順の法則性にならって敗走していることから、最終的に残ったのは寝住でした。

猛者揃いの中、なぜ子の戦士が十二大戦を勝ち抜けたのかというと、彼の持つチートすぎる能力が最大の理由です。

干渉力ハンドレット・クリック

えっと、記述はこれであってるかな?

十二大戦4話の感想・考察!寝住タイムリープ(ループ)してる説
ごきげんよう。先日の台風で、居住地域に避難指示が出た模造紙です。 山の麓住みなため、土砂崩れや浸水害がヤバいです…!台風で荒ぶ...

▲これまでの考察記事で寝住は十二大戦を繰り返しループしていると何度か予想を立てていたのですが、どうやら時間跳躍しているわけではないようです。

大戦終了後、ドゥデキャプルから勝利者へのインタビューの要請を受けますが、これを拒否して何度もループを繰り返す描写を見て、リゼロの「タヒに戻り」を連想したのは私だけではないはず(笑)

十二大戦 子

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

ですが、その後の寝住の解説で、時間そのものを飛び越えたり、世界を再配置しているのではなく(サクラダリセットのような)、未来視型のシュミレーション能力であることがわかりました。

100通りを未来視できる

タイムリープ(時間跳躍)能力ではなく、あくまでも並行世界の「if」を瞬時に100パターン未来視して、その中から任意で選択するというのが子の戦士の能力です。

十二大戦 子

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

※原作未読なので、アニメで提示された情報のみの判断になります。

分岐地点をセーブ

→100通りを未来視(可能性を脳内シュミレーション)

→セーブ地点から1つの選択肢を実行

というのが、ざっくりとした流れです。

あくまでも仮想シュミレーションであり、現実で体験して途中脱落したからセーブ地点に戻っているわけではないのですね。

ですが、限りなくリアルに近い体験型シュミレーションという印象を受けるため、身体的にも精神的にもかなりの重圧がかかるのは確かなようです。

彼が終始眠そうで気だる気にしていたのは、この能力を行使していたためでしょう。

子の能力は万能ではない?

十二大戦 子

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

未来視で見た分岐のうち1つを選択実行できる能力ですが、それが正解か間違っているかはわからないため、最終的には生存ルートがゼロという可能性もありますよね。

100通り未来視して全部タヒんだら、未来は閉ざされるという絶望感半端ない……

短期の危険予知には優れているけど、長期目標を達成する意味合いでは重要な選択項目を間違うと最悪の結末になってしまう危険性もあるため、便利な能力ではあるけど万能性には欠けると言えます。

他の戦士に「どこかで見たような…」と感じさせていたのは?

時間が巻き戻っていたり、寝住が時をかけていないのなら、なぜ他の戦士が既視感を覚えるのが不思議です。

未来視でシュミレーションしたのみなら、寝住の脳内のみで完結していますから。

それでも複数の戦士に「知っているような」と思わせるのであれば、彼が能力で未来視したが選択しなかった分岐軸「並行世界」の記憶が入り混じっているのかもしれませんね。

少しの行動の違いで発生する「if」の世界で受けた寝住の印象が、少なからず確定されたルートの記憶に影響されていると考えられます。

スポンサーリンク

十二大戦11話の感想

めちゃめちゃ駆け足で十二大戦が終わってしまった…!!

あと1話何やるんだろう…と思ったけど、後日談と寝住の願いについて語られるんでしょうね。

というか、寝住の能力がチートすぎて他の戦士が気の毒になるレベルですね(笑)

劇中でアドバンテージの話を丑がしていましたが、元々の優位性に差がありすぎなのは確かだと思う。

十二大戦放送前もバトルロイヤルと銘打っていたため異能力バトルかと思ってたら、蓋を開けるとかなり普通の人間が混ざっていた驚きといったら(笑)

丑や寅、未、午なんて、ただの人間だけど、努力や才能、武器、改造で力を得た超人ってだけですもんね。

卯や子のチート異能力と同じ土俵で戦うとか、分が悪すぎにも程があるよなぁ。

卯と言えば、彼も結局のところ過去や人となりが不明のままになりそうで残念すぎる。

想像(妄想?)を膨らませた薄い本が、冬の祭典で沢山飛び交いそうな予感がします(笑)

それではまた次回!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする