十二大戦1話の感想・考察・解説!ルール説明&亥と卯の能力(スキル)

ごきげんよう。模造紙です。

公式サイトとPVを見て、アクションメインでバトル中の戦略や駆け引きがメイン構成かと解釈していましたが、どうやらこれは語り部の背景と回想に重きをおく展開なのかな?

1話は、台詞での説明と脳内モノローグが主にストーリーが進行していきましたが、初回の語り部であった異能肉【亥】が只ひたすら喋りっぱなしで、ある意味凄いアニメでした…!!!

まぁ、説明が物語の主軸になるのは西尾維新らしいといえばらしいのですが。(良くも悪くも)

バトルロイヤルがテーマの物語なので、1話の今回はルールのおさらい及び、干支の戦士たちの中で能力が明らかとなった【亥】と【卯】の戦士の特殊能力(スキル)について触れたいと思います。

スポンサーリンク

十二大戦のルールまとめ

時代と地点の設定は不明

発展した都市部の描写や、【亥】の妹が学校に通うシーン、登場人物の本名が「姓+名」の日本人表記を思わせることから、とりあえずは現代パラレル日本という認識でよさそう。

何処かの大都市群の廃ビルが会場

一夜で住民の姿が消え、ゴーストタウン化したとある50万規模の都市部が舞台。

十二大戦を主宰するスポンサーの権威により、ごっそりと人間が消えてしまった…とすると、なかなかに怖い、またレベルの高さがうかがえます。

事前記事で考察したように、潤沢な資産を持っている権力者がバックにいる可能性が一層濃くなりました。

十二大戦の感想・考察・解説記事まとめ!生き残り優勝者を予想
ごきげんよう。模造紙です。 この度、干支の名を宿す12人の戦士のバトルロイヤル「十二大戦」を担当させて頂くことになりました。 ...

生き残り優勝者を選び出すルール

最後に生き残った勝者への戦利品

どんな願いでも、たったひとつ叶えてもらうことができる

副賞として、大会開始前に飲み込んだ猛毒の結晶である宝石の解毒剤を手にできる

勝利条件

十二大戦 異能肉

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

大会開始前に戦士たちが飲み込んだ、猛毒の結晶である宝石を12個すべて手に入れる。

宝石を手に入れる方法

人間の胃酸と反応して溶ける仕組みで、爆破など物理的な破壊方法で傷つけることは出来ない。

つまり、人間が飲み込んでしまった宝石を集めるためには、開腹して取り出すのが最も簡単で手っ取り早い方法である

ちなみに、この猛毒は人間の胃酸で溶けていき個人差はあるもののおよそ12時間で命を奪ってしまう劇薬である。同時に12時間経過してしまうと、体内で溶け切って結果として消えてなくなり、(12個すべて入手の勝利条件を満たせず)この時点で優勝者が発生しないことになる。

タイムリミットは12時間

宝石を飲み込んでから12時間以内に決着がつかない場合、すべての戦士がタヒぬ結末もあり得るということ。

とすれば、生き残って勝者となるのはたった一人ということになり、残りの11人は体内から宝石を取りだされて失血タヒしてしまうと考えるのが妥当でしょう。

12時間という縛りと、自分の体内で毒の溶解が進んでいるという理由から、他の戦士たちがコロしあって人数が減るのを待つという選択をするのは、あまり懸命ではないと言えますね。

実は服毒していない、という戦士がいるなら話は変わってきますが。果たして――。

スポンサーリンク

初戦【亥】vs【卯】の戦士のスキルと戦法

サッ気を感じたのち、崩れ落ちた床。

階下のフロアに着地したと同時に、鉢合わせした異能肉【亥】と憂城【卯】。

磨き抜かれた体術や、策謀や頭脳戦が勝敗を左右するのかと思いきや、思いっきり特殊能力(スキル)を駆使した戦闘になるみたいですね。

亥の能力「湯水のごとく」【ノンリロード】

両手に構えた機関銃から無限に弾を乱射できるというスキル。

卯との戦闘で、

回避、弾切れブラフ、奴の手番、寄せ、ノンリロードによる無限射撃、詰め

と、勝利への道筋を計算して思考しています。

十二大戦 異能肉 憂城

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

弾切れで銃が使えなくなったと見せかけ(ハッタリ)、卯をこちらに引き寄せて、まさしく「湯水のごとく」無限に放たれる射撃の的にし勝利を得ようという算段だったのですね。

ですが、亥が知らなかった卯の特使能力によって、彼女の計画は泡と消えてしまうわけです。

卯の能力「タヒ体作り」【ネクロマンチスト】

お友達が欲しい寂しがりやのウサギさん…と言うと可愛らしく聞こえはいいのですが、十二大戦の憂城【卯】は、コ口した人物のタヒ体を自分の意のままに操る特殊能力を持っていました。

そして、大会開始前にコ口していた断罪弟【巳】をお友達として操作し、異能肉【亥】の動きを止めさせて止めを刺し勝利を得ました。

最後、憂城の目アップからのブラックアウトの引きは、卯の狂気と異常性を視聴者に印象付ける演出でした。

十二大戦 憂城

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

亥はこのまま憂城のネクロマンチストに支配されて、お友達として【卯】【巳】【亥】はチームを結成する流れなのでしょう。

この十二大戦、徒党を組んで孤立している戦士を叩くのが最も効率が良いので(余程のチート能力を持っていない限り)、ゾンビ量産システムの【卯】のネクロマンチストは、ある意味すごく十二大戦向きの能力とも言えますね。

お友達以外の戦士を排除したあとは、お友達のお腹から宝石を取りだせば優勝できるわけですから。

まぁ、そう上手くはいかないでしょうけども…。

前回覇者の後継者、亥が巳の気配を察知できなかった理由

勝利の算段を立てて油断していた

ゾンビのためサッ気がなかった

以上の2点が考えられます。

巳もタヒ後、操られているとは言え、器は十二支の戦士なので戦闘スキルは従来に近いものを持っているはずです。

十二大戦 異能肉 断罪弟

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

それに加えて、気配も消えているとなると亥が反応できずにいたのも無理ないのかもしれません。

干支の逆順で語り部の過去回想、脱落する展開?

1話目、十二支の最後である【亥】の過去回想と戦闘。そして生き残れず敗者となったことを思わせる引きで終わりました。

そして次回は、【戌】の戦士・怒突のお話なので、十二支の逆順でメイン語り部が毎回交替、戦闘の導入があり勝敗が決する…という流れが濃厚ですね。

語り部となった戦士が、そのまま脱落していくのかどうかは不明ですが、12話という尺でたったひとり優勝者が生き残る結末に辿り着くとなると、十二支の戦士ひとりずつ1話ごとに語り部となる回想回を割り当てて、最後は12話の語り部=優勝者という構成になるのかもしれません。

スポンサーリンク

十二大戦1話の感想

十二大戦、タイトルだけ見て十二国記のスピンオフかなんかだと思ったのは私です(笑)

バトルロイヤルという宣伝をしていたので、てっきりガッツリ闘う場面が大半を占めるのかと思っていたら、回想8割バトル2割くらいで拍子抜けしました。

え、もう勝敗決しちゃうのっていう。

そして変態うさ耳憂城のスキルは便利ですね。倒した相手をお友達にできるっていうのも画期的なのですが、ゾンビシステムにより中の人も脱落してからも出演できるという素晴らしさ!(何気に声優陣が豪華なので、無駄遣いにならなくてよかったなと)

憂城はなんであのビジュアルにしたのでしょうか…。恥ずかしすぎる格好なのに、動きが可愛いのは反則やろ(笑)

異能肉【亥】のお姉さまは、元来の性格と長女のプライドから、妹を快楽サツ人者に仕立て上げて心身ともに壊してしまったわけですが、女の嫌な部分がめちゃめちゃ描かれていて見ていて少しウツになりました。

十二大戦 異能肉

©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

どこにいっても、女の妬み嫉みは恐ろしいですね!気を付けよう←

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする