あかねさす少女の感想・考察・解説記事まとめ

あかねさす少女の記事を毎話更新していきます。

あかねさす少女3話考察・解説・感想!黄昏の王の正体を予想
3話にして!めちゃめちゃ!!シナリオの密度が濃くなりましたね…!!(真顔) 実は2話が残念作画でこの先は失速待ったなし...
あかねさす少女2話考察・感想!フラグメント(並行世界)について整理
作画もうちょい頑張ってくれ…!!(涙目) ごきげんよう。『あかねさす少女』考察担当の模造紙です。 今回もヒロイン...
あかねさす少女1話考察・感想!アスカの目的&弟の今日平について
姿形がほとんど同じなのに見事に二役をこなす黒沢ともよさんに全てを持っていかれた『あかねさす少女』第1話…!! ごきげんよう...
【見逃し厳禁!】2018秋アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第30回】
どーも、視聴したアニメは1300本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者のぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"ア...

ごきげんよう。模造紙です。

このたび個性豊かな5人の少女たちが織りなす、不可思議なパラレルワールドを舞台としたオリジナルアニメ「あかねさす少女」を担当させていただくことになりました。

こちらの記事では、「あかねさす少女」の各話について考察・解説した記事をまとめていきます。

以降は公式HPや公式Twitterの情報をもとに、放送開始前の現時点で特に見どころになると感じたポイントについて綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

舞台はとある地方都市

あかねさす少女 舞台 街並み

©Akanesasu Anime Project

主人公たちの故郷は、とある地方都市とされています。

ですが、モデルは石川県金沢市だそう。海沿いの雅な街というイメージがピッタリ合致したからだとか。

確かに金沢って独特の雰囲気があります。

金沢城や兼六園など有名な観光地もありますし、経済効果も高いかなり開けた地方都市じゃないかと。(私が最後に訪れたのは8年ほど前ですが駅前とかオシャレでした!けれど城下町的な古風さも併せ持つ味わい深い街だと思います。)

また、今どきのJK像から想像されるイメージには程遠い『鉱石ラヂオ研究会』や、作品タイトル「あかねさす少女」の『あかねさす』という枕詞からも、古き良き美しいレトロ感を取り入れつつ、日常と並行世界という対極の異世界を上手く描いてくれそうで期待が高まります。

スポンサーリンク

アニマックス開局20周年記念という豪華プロジェクト

何といってもスタッフ陣の豪華さには目を見張るものがありますね。

▲詳しくはPVでご確認ください!

特にキャラクター原案に桂正和さんが参加していることで、視聴決定した方も少なくないのではないでしょうか。

桂正和さんといえば『電影少女』や『I’’s』をはじめ美少女恋愛漫画の第一人者。

とにかく青春してる女の子が眩しくて、着衣なのに香るエ口スに悶えたことを覚えています。

美少女の生き生きとした表情や躍動感のあるポージング、登場人物の纏う制服やコスチュームの愛らしさも魅力的に描く神ですよね…!!

そんな桂正和さんがキャラ原案ってだけでも御の字なのに、加えてコンセプトアーティスト&キャラ原案で浅田弘幸さんとなれば、ビジュアル的には超盤石体制と言えます。(というか、どちらか一方の御仁で十分じゃないのってレベルの布陣で凄すぎ…)

浅田弘幸さんの代表作は『I’ll』や『テガミバチ』など。来年アニメだと手塚治虫原作アニメの「どろろ」のキャラ原案も担当されるそうです。

PVを見る限りでもおふたりの得意とする分野が巧みに合わさった素晴らしいデザインになっています。

シナリオ原案には、あの『パンチライン』の打越 鋼太郎さんを迎え、アニマックス開局20周年企画にただならぬ気合を感じずにはいられません…!!

スポンサーリンク

【あかねさす】とは?

作品表題についた『あかねさす』ですが、これは短歌に見られる修辞の枕詞(まくらことば)。

遠い昔、中学時代に古典の授業で習いました…笑

枕詞で有名なものだと『ちはやふる』とか『あをによし』『たらちねの』などがありますね。

『あかねさす』は漢字表記だと、『茜さす』。

かかる言葉は「日」「昼」「紫」「君」などで、本来は「少女」という単語に対しては使われません。

ちなみにPV中で並行世界にトリップ(?)した主人公たちが出会う、パラレルワールドのヒロインは「あかねさす我」と言っているので、私たちの住む日常とは異なるパラレルワールド的には、別の歴史が紡がれているので「少女」でも「我」でもOKってことなのかな?

あかねさす少女 アスカ

©Akanesasu Anime Project

『あかねさす』単体の意味合いとしては

茜色に照り映える、照り映えて美しい

という意があるそうです。

今は「あかね」といえば夕日を思い浮かべる人が多いでしょうが、昔の人は朝日を連想したのではと言われています。

響きに風情が感じられて、どこか女性をイメージさせますね。

この『あかねさす』というワードがどのように作品に絡められるのか…気になるところです。

並行世界への扉のカギについて

PVからの情報で判断すると、4時44分ラジオの周波数御神木、そして諸々の条件が重なり合ったことでパラレルワールドへのゲートが開かれたことがわかります。

4時44分といえば、都市伝説や学校の怪談なんかで定番のワードですよね。

(ちなみに筆者の通っていた小学校では旧校舎の2階と3階の間の踊り場の鏡の前に4時44分44秒に立つと、どこか違う世界に連れて行かれるってヤツがありましたww真相は知りませんが 笑)

主人公もネットで拾った情報と言っていますし、元はよくある人伝の噂やネットで拡散されたオカルトの類なんでしょうね。

ラジオに関しても、ある特定の周波数だとタヒ者の声が聞こえるとか、DNAを修復する周波数があるとか、様々な周波数に関する都市伝説があるようです。

作品のコンセプトは、都市伝説や諸々のオカルトから着想を得て生まれたんですね。

6.33.0が主人公たちの住む世界とすると

並行世界のヒロインが主人公たちに「6.330の住人だな」という台詞があるのですが、主人公の手にするラジオの周波数は「0663.1khz」に設定されています。

あかねさす少女 鉱石ラヂオ

©Akanesasu Anime Project

▲これや

あかねさす少女 明日架 ラヂオ

©Akanesasu Anime Project

▲これですね

ということは、主人公の世界、そして並行世界の主人公とそっくり同じの少女がいる世界。

それ以外にも複数あるいは無数の世界があると考えられます。

主人公と瓜二つの並行世界のヒロインはどうやら自由に並行世界を行き来できるように見えるので、その能力を生かしていくつもの世界を渡って害獣と闘っているのかも?

並行世界は、ifの世界――もしも○○だったら…という可能性や選択肢によって未来が変わった世界なので、本質は同じだけど環境や生い立ちによって変化した「わたしだけどわたしじゃない自分」と出会うことにより、主人公たちに及ぼすであろう影響も気になるポイントです。

――これはわたしたちが初めて「わたし」と出会うまでの物語。

というPVのフレーズからも、思春期の少女たちの心の不安定さや、「今じゃない自分を夢見る自分」を青春時代に思い描くことをテーマにしているのかなと思いました。

まぁ、青春時代じゃなくても、リアルが退屈すぎて別世界や別次元に想いを馳せるなんて大人も多いですが、思春期は特に根っこの部分を拗らせてるものですから…。

スポンサーリンク

あかねさす少女放送前感想

本文内では触れませんでしたが、スマホゲームと同時稼働という点でも話題にあがっているようですね。

スマホゲーム由来のアニメ化とか、アニメで火がついてゲーム化なんてケースはよくありますが、同時にスタートするパターンはどうなんでしょう?まだまだ数少ないのでは?

アニメだけではなくスマホゲームもプレイすることで味わえる旨みもあるでしょうし、二つを同時に連動させることでファンを熱狂させられるといいですよね。

また主要人物5人を演じる声優陣も、今をときめくそうそうたるメンバーでキャラビジュアル、美術や劇伴以外にも、声の演技でも存分に楽しめること間違いなしでしょう。

こちらの私と、並行世界のわたしとの演じ分けも見どころのひとつですので、注目していきたいと思います。

個人的には、EDが徳永英明さんの超名曲『壊れかけのRadio』のカバーという点にも興味深々で、10代の和島あみさんが歌い上げる思春期の心の機微に注目しています

「あかねさす少女」は2018年10月1日よりスタート!視聴したらゴリゴリ考察していきますね~!!

それでは、ぜひまた初回記事でお会いできますように!

【見逃し厳禁!】2018秋アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第30回】
どーも、視聴したアニメは1300本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者のぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"ア...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1300作品以上!当サイト運営者のぶさんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしているのぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今回...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする