あかねさす少女7話考察・解説・感想!ユウの目的&優の理想(イデア)

エ口ユウちゃんのギラギラした視線が気になってしょうがない…

ごきげんよう。あかねさす少女考察担当の模造紙です。

前々からちょい百合っぽい少女同士のキャッキャウフフを匂わせていましたが、露骨な押し倒し描写が衝撃過ぎでした! 笑

放送前にPVを見る限りではもう少しシリアスなストーリー展開になるのかと思いきや…ギャグアニメ枠なんだ!と思いを改めるに至った今日この頃です。(個人的にはこういうノリって好きなんですけど)

それにしても7話のストーリー、非常にキレイにまとまっていて良かったですね!

クロエちゃん…めちゃめちゃいい子やんけ…!!

というわけで、今回も気になったポイントについてサクっと語って参りましょう。

スポンサーリンク

クロエもイコライズの地平に達した

1人の少女につき2話配分というわけで、トントン拍子に今回クロエもイコライザー化することに。

彼女が抱えていた葛藤は『1人で居られなくなること=弱さ』と認識していたことでした。

確かにクロエほどに博識で独立心の高い少女なら、1人の能力で十分やってのけられることばかりでしょう。逆に他人が介入することで足踏みさせられたりもどかしく感じることもありそう。

そんな彼女が、『1人よりもできることが増えた』『¨1人¨になっても帰る場所があるから大丈夫』という境地に達するのは、かなり人間的にも大きく強く成長していると言えますよね。

頼り切ったり依存し過ぎるのは良くないものの、役割分担したり分業化すること自体は複数人いるからこその醍醐味って感じですもんね。

自分ではない誰かの手助けを得て、心からの「ありがとう」を述べるクロエがとても印象的でした。

そして戦闘が終わった後、何か言おうとして口を開きかけたけど止めるシーン――きっと「ありがとう」を言おうしたのではないでしょうか。

しかし言いかけて辞めたのは、言葉だけでなく感謝の気持ちを行動でもって示そうとしたからなのかなと感じました。

あかねさす少女 クロエ

©Akanesasu Anime Project

最後、中学生日記みたい(笑)でしたけど、これまでは1人で居たパーソナルスペースである屋上に友達を深く招き入れたことがクロエが強くなって前に踏み出したことを物語っているようでした。

スポンサーリンク

エ口ユウの目的を再考察

シリアスカもまだまだ謎に包まれた人物で秘密も抱えていそうですが、それ以上に思惑が読めないのはエ口ユウですよね…!!

今回こそは少しでも真意が語られるのではないかと期待していたのですが…謎は深まるばかりなのでもう一度エ口ユウの行動について整理してみました。

①明日架ラヴ

ラジオネームが『ラブラブアスカ』だったり明日架を見るねっとりとした視線、スカートめくりや今回に至っては押し倒してしまうなど、明日架に本気で想いを寄せているのは間違いなさそうな気がします。

エ口ユウの世界の明日架は、何者かに奪われたとのことなのでエ口ユウの手の届かない遠い存在になってしまったか、はたまた命の灯が消えてしまった等が考えられます。

ただ、その『本気の想い』が愛情なのか友情なのか、それとも憎悪など負の感情なのかは定かでありません。

愛憎は表裏一体でもありますし、別フラグメントの明日架に拘るあたり結構拗れた性癖の持ち主なのかも…と思わせる節もあるんですよね…。

②イコライザー化している

前話で初めてエ口ユウもイコライザーに変身しましたが、どうやらシリアスカとは異なる変身アイテムを用いているんですよね…。

これが単なるシリアスカとは別のフラグメントの住民だから故なのか…それとも未来の人間だからなのか。

しかしイコライザー化しているという点においては、エ口ユウもイコライズの地平に達している、つまり未成熟な自分を脱して理想に近づいたということになります。

現実世界の優は未だイコライザー化していませんから、いわゆる優等生ポジションのトラブルメイカーの幼馴染や友人たちを制御する常識人的な立ち位置にいると言えます。

何が言いたいかというと、優とエ口ユウって真逆なんですよね。

さらに言うと、公式サイトのキャラ紹介でも

『優しいって言われたくて優しくしてるんだよ。』

引用:あかねさす少女公式サイト

と優についてのキャッチコピーが当てられています。

これらの要素を踏まえると、優って「自分はこうあるべき」とか「私の周囲から期待されている行動はこうだ」とか常識にのっとり良識ある立ち居振る舞いをしなければ…という、良くも悪くもイイ子のスタンスを貫いているんですよね。

しかも本人も自覚があって徹している?と思わせるというか…

つまり、凝り固まった優等生像や大人にとって都合のいい子を優本人もわかっており敢えて振舞っているように見えるんですよね。

エ口ユウの行動を見ながら、呆れかえったり「アイデンティティが崩壊」と評しているので、現在貫いている優の人格を確立している要素を真っ向否定している存在=エ口ユウという解釈でいいのではないでしょうか。

優がイコライザー化するには…

そこで優の理想である「なりたい自分」はなんなのかという話ですが、それこそがエ口ユウのように周囲を気にしない突拍子もない奔放な振る舞いができることなのかなと。

周囲の目を気にして「イイ子の自分」を脱ぎ捨てることこそが、当の本人が気付いていない理想なのかもしれません。

ただ現在の優とエ口ユウでは相当の性格差があるため、かなりの荒療治を為さないとイコライザー化は厳しそうではあります。

優が楔になってエ口ユウと同化するとしたら…

優本人は無自覚で、本当はエ口ユウみたいに奔放に振舞えたらと思っているとしたら…優編はエ口ユウの世界で楔になる展開がありそうですよね!

と同時にエ口ユウの思惑や真意も明らかになるのではないでしょうか。

③案内人は表面上…?

エ口ユウが明日架たちを別フラグメントに誘う案内人として立ち回っていることは

あかねさす少女4話考察・解説・感想!ユウとシリアスカの関係
黒沢ともよさんの七変化すごいなー!(語彙力) あかねさす少女考察担当・模造紙です。 さて、多くの視聴者の予想通り4話...

▲以前の記事でも触れたのですが。

イコライザー化させるためだけに明日架たちに執着しているとは思えないんですよね。

日常の関わり等ではグイグイ関与してくるのに対し、肝心のクラッター退治の場面に姿を消すことからも、戦闘に居合わせることができない理由があるのかもしれません。

シリアスカとの会話から戦闘の顛末を知っている様子なので離れた場所からクラッタ―退治の一部始終を見ている可能性は大いにあります。

にしても、わざわざ周波数を教えて別フラグメントに明日架たちを先導するくらいなのに、いざバトルで手助けゼロというのは違和感ですよね。

前述したようにエ口ユウも変身できるのは判明していますから、戦えるのは確かです。

戦えるけどもクラッターとは刃を交えることは不可能なのか、それともシリアスカを始めラヂ研メンバーが戦闘中に何か別の為すべき目的があるからなのか。

今回にしてもホワイトゴートのサーバー島に渡りはするものの、戦闘直前でどこかにバックれるって怪しい動きしてますよって白状しているようなものですよね?笑

その怪しい動きが明日架たちの利益になるものなのか、それとも害を及ぼす行為に繋がるのか果たして――。

スポンサーリンク

あかねさす少女7話感想

全体的なストーリーの構成がとても良かったです。

あかねさすだけじゃなく、昨今のアニメすべてに言えることですが、残念ながらもっと尺があればさらに掘り下げた面白い物語になっただろうに…。

そもそもなぜAIに支配されるに至ったとか、事細かな洗脳方法のくだりとか。

あとAIで支配された世界だからこそ、それを逆手にとった頭脳戦があればなお緊迫した展開で盛り上がったと思います。

そして手紙。突破口になるアイテムかと思いきや、ふっつーにAIに警戒&妨害されてましたね。手紙のくだり要らなかったんじゃ

かなり独特で興味をそそられる世界だっただけに2話で終わっちゃうのは残念ではありますが、それぞれの少女の内面の問題に則した旨いキャラクター設定が生きていると思います。

奈々編の頃は、悩み直面→フラグメント移動→困難を乗り越えてイコライザー化の繰り返しは単調になって飽きるかもしれないと懸念していましたが、その心配は無用でした!

エ口ユウもシリアスカの笑顔にハートを射止められたようですし、また次回以降物語が大きく動きそうな気配です。(にしてジュンとするって表現、アニメで初めて見たんですが…笑 キュンじゃないのか…)

そして個人的にはイコライザー化したクロエに付いてきたクマ型のAIがボリノーク・サマーンにしか見えなくて大爆笑でした!笑

それでは次回もお会いできますように!

あかねさす少女の感想・考察・解説記事まとめ
あかねさす少女の記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    今回 クロエ編後編 でしたが、ほぼ予想通りの展開でしたが
    あのクマにはわらってしまいました。
    次回は、ユウ編ですが、エ口ユウが優とどう絡むのか。それからまだ登場していない弟君はどう絡んでくるのか。 後半戦で謎が明かされていくのを期待しています。
    それではまた来週よろしくお願いします。

    • mozoushi より:

      >ひろさん
      こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます。
      そうですね。ほぼ予想通りの展開で新鮮な驚きがそろそろ欲しいところではありますが…。
      弟君がかなり重要キャラを匂わせているに関わらず、これまでスル―されているのが気になりますよね。
      そろそろでっかい爆弾が投下されて謎が解明されていくのを期待です!!