さらざんまい6話感想・考察・解説!愛と欲望の違いとは

感動の最終回だった…!!

え、これラストじゃないの?…というかまだ折り返し地点なことに困惑している、さらざんまい担当の模造紙です。

激動の5話から1週間、20分強の尺に惜しげもなく捻り込まれた濃密な展開、まさしく神回と言っていいでしょう!

無駄に長尺の歌や踊り、これまでのわけわかんない展開すら今回のクライマックスをさらに盛り上げる起爆剤だったとしたら…神構成過ぎて震えるんですが!しかも、イクニ監督ならきっとそうに違いないと思えてしまうのがスゴイところです…!!

本作の前半戦のまとめとも言える今回、これから重要になっていきそうなポイントについて掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

今のケッピは何者なのか?

カワウソ王国との攻防虚しく、惜しくもカッパ王国は敗れケッピはその生き残りであることが明かされた今回。

カッパ王国の欲望エネルギーは根こそぎカワウソ陣営に奪われ、帝国はさらなる欲望搾取のために人間界にターゲットを移したという人間にとってははた迷惑な事実も判明しました。

毎度のことながらCパートにとんでもないもの色々ぶっこんで来るのはやめて欲しいwww

おそらくCパートはカッパvsカワウソの明暗を分けた最期の闘いであり、カッパ王国の本拠地にレオマブの2人が突入したシーンなのでしょう。

2人が「見つけた!」と叫んだ眼前の人物は、本来の姿のケッピと見てよさそう。

さらざんまい ケッピ 人型

©イクニラッパー/シリコマンダーズ

▲立ち姿のシルエットだけでイケメンっぷりが予想されますね…!!

その後のカットではカッパ本拠地の建物から煙の塊?が逃げていくような描写もあるため、

さらざんまい 過去回想

©イクニラッパー/シリコマンダーズ

ケッピの内側の“欲望が割れた状態”になって人間界へ脱出を図ったという意味なのかもしれません。

逆に、王子としての最後の力を振り絞って己の欲望の塊のみを具現化したのかケッピである…とも想像できます。

しかしながら、ケッピがわりと健気で一稀たちの力になってくれていいヤツで欲深い悪者には見えないため、こちらの線は薄いと感じています。むしろ今回の扱いとか不憫でしたよね(笑)

本来の姿を保持できない程に力は削がれたものの、気持ち悪い七変化が可能なくらいの不思議な能力は残っているのでしょう。

また唯一“希望の皿”が生み出せるという特殊能力は今後の話の要となるのは間違いないでしょうから、ケッピの生存がレオマブに確認された今、次回以降の緊迫ムードにも期待するしかありません。

スポンサーリンク

愛と欲望の違いについて

カッパ陣営に捉えられた春河でしたが内側に秘められているものが「愛」と判定されたことでシュレッダー処分されかける羽目に。

つまり帝国の稼働エネルギーとして欲望は必要であるが、愛は不要であるということ。かと言ってわざわざ返却対応する義理もないためサクッと無かったことにしちゃおうというところでしょうか。

さて、この愛と欲望ですがこれらは非常によく似ています

しばしば恋愛において愛と欲情の違いや、愛と恋の異なる点などは話題にあがりますが、結局のところ個々の認識や状況によっても差異が生じるため非常に曖昧で明確な違いは示しづらいというが正直なところだと思います。

よく言われるのが愛とは見返りを求めないつまりは自己犠牲だという考え。

すべての人間に対してキリストが与えるアガペー(無償の愛)が有名ですが、これこそが本作においてもシュレッダー行きとなる純粋な愛を示しているのではないでしょうか。

▼2話の考察記事でも愛と欲望については少々触れていたのですが

さらざんまい2話感想・考察・解説!一稀が春河とつながりたい理由
カワウソイヤァが色々とヤバい…! ウテナのセルフオマージュに震撼した、さらざんまい担当の模造紙です。 衝撃の1話から...

「欲望」とはすなわち“愛した相手に愛されたい”という意味もあって、まさに一稀が春河に対して、そして春河が一稀に向けていた感情も欲望に比重が傾いていたのだと推測できます。

サッカーを諦め、サラの女装をして償うから、代わりに春河とつながらせて

大好きな兄の大切な人を傷つけたけど、兄に似ているアイドルを応援するから、お願いだから一緒にいて笑って

様々な経緯を経た末にお互いの感情が絡み合い、こじれた関係をより複雑にしてしまったのでしょう。

大切な相手が幸せならそれでいい。笑顔が見たい。

そんなシンプルな境地こそが本作品における「愛」なんでしょうね。

客観的には一稀を捨てたように見える生みの母親も、結果として「幸せな家族から一稀を奪わない」という愛を注いだ点も皮肉ですね。

愛あってこそ希望の皿を使うのか?

人間は狡いので、やはり何かをしたら相手にもそれなりの見返りを望みます。

これまでは、主人公3人が希望の皿で叶えたい願いごとがあるという軸で話が進行していました。

欲望が昇華したもの=愛だとすると、希望の皿を自分ではなく誰か大切な相手のために使うことや託すことが最終的な着地点になるのかもしれません。

ラストは希望の皿での願いを、ケッピの望みのために使うという優しい結末なのかも…と予想しておきます。

スポンサーリンク

電話の相手は誰なのか?

さて今回特に気になったのが、ケッピのセルフ電話のくだりです。

さらざんまい ケッピ 電話

©イクニラッパー/シリコマンダーズ

突如電話形態になり、自分への電話を受け取るケッピでしたか一体誰からの電話だったのでしょうか?

カッパ王国の生き残りだとケッピ本人も言っていますから、彼の知る限りの王国側の生き残りは自分以外誰ひとりとしていないことになります。

唯一、ケッピと同類なのかもと思われるのは前話で人外であることが発覚したサラです。

実は2人は裏でつながっていて連絡を取り合う仲、もしくはケッピが一稀たちにも内緒で人間界に送り込んでいたスパイという可能性もあります。

もしくは本当にセルフという線も捨てきれません。

つまりドッピオ的なひとつの肉体に複数の人格というアレなのかも(ジョジョ5部)…!!

例の帝国軍の襲撃がもとで人格が別れた、または新しい人格が生まれたとか…はさすがになさそうですね(笑)

スポンサーリンク

さらざんまい6話感想

つながりたいから、あきらめない”というポジティブな転換で前半戦を締めくくってくれました。控えめに言って、凄くいい6話じゃなかったでしょうか…!!(興奮)

よくあるセオリーに則ったアニメ作品なら、終盤クライマックス付近で綺麗にまとめて来たなって感じの流れですが、まだ5話残ってるとか…本当にこの先どうなっちゃうの?!

まずは一稀&春河のつながりにおいては当初一稀が望んでいた形ではないでしょうが希望ある未来が見えつつあるため、これ以降は帝国サイドとケッピの件、そして悠の問題を解決する展開になっていきそうですね。

そもそも燕太は“一稀のため”という想いが根底にありましたし、一稀の現状が良い方向に向かったことで彼の望みも達成されたことになりそう。

カワウソ陣営のレオ&マブは、Cパートを見た感じだとレオを庇ってマブがタヒんでしまい、(今回ケッピも提案していたように)尻子玉の移植と機械の心臓を得たことで復活した形になるのでしょうか。

さらざんまい 過去 マブ

©イクニラッパー/シリコマンダーズ

とすると、やはりレオの願いは“マブを元の体に戻すことなのかもしれませんね。

あと、何気ない両親の会話で「(一稀とサラは)言われてみれば少し似ている」と入れちゃうあたりが絶妙だなと。

春河がサラに執心していたそもそもの理由を映像やモノローグで過多に説明するのではなくて、こういう聞き逃しちゃいそうな場面にサラリと挟むのって実にイクニ監督らしい!

それでは次回もお会いできますように!

さらざんまい感想・考察・解説記事まとめ
『さらざんまい』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. めい より:

    こんにちは。
    今回でやはりカッパ王国のプリンスはケッピで確定でしょうか。
    マブ説もとても面白いと思ったのですが!
    最後の場面、私はケッピは愛と欲望の二つに分かれてしまったのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
    現在のケッピは愛の方で、ケッピ自身ではなく「誰かの願い」を叶える皿を出せる。(「自分の願い」を叶えるのは欲望)
    で、欲望の方はカワウソ側にいるのでは…それがカワウソイヤァの場面で出てくる目の正体かな、と思っております。
    セルフ電話(笑)もですが、ケッピが封印?されていたことも気になります。
    吾妻サラの番組のテロップのローマ字部分に「プリンスが見つかった。感動の再会。でも変わり果てた姿」というようなものがあったので、ケッピとサラは密かに連絡を取り合っていると思います。
    今後どうなるのか、ますます面白くなっていきそうですね!

    • mozoushi より:

      めいさん

      コメントありがとうございます!
      そうですね。ケッピも王子で間違いないのでしょうが、やはりめいさんの言われるように別れてしまった別のプリンスも存在するのだと思います。
      ケッピとサラ周辺がまだまだ謎ばかりなので、最終話までにすっきり解明されればいいですよね。
      今後の展開もとても楽しみです!

  2. ひろ より:

    こんばんは ひろです。
    今回 最終回さながらの展開でしたね。カッパとカワウソの戦いであり 欲望と愛の戦いでもあったと思います。次回以降の主人公たちのふるまいはさてどうなるのでしょうか。
    次回も楽しみになってきました。また来週よろしくお願いします。

    • mozoushi より:

      ひろさん

      コメントありがとうございます!
      愛と欲望は似て非なる物という哲学めいたテーマも絡んで来ましたね。
      まっさらで濁りの無い愛ってそれこそ何もかも投げ打った自己犠牲や命を代償にということだと思うんですが、そう考えるとこの先の展開がかなり重いモノになりそうで恐ろしいです。