BEATLESS(ビートレス)の感想・考察・解説記事まとめ

はじめまして!今期より参加させていただきます、汐川です。

BEATLESS(ビートレス)を担当させて頂くことになりました。

舞台は人型ロボットが当たり前のTHE・未来です。

イメージしやすい未来だからこそ、細かい設定って難しい…。

こちらの記事では、BEATLESSの各話についての考察・解説をした記事をまとめていきます。

以降は放送開始にあたり、登場したワード、展開に関わりそうなシーンなどについて書きます。

原作未読なので、推察しながら楽しみたいと思います!

汐川はそもそも横文字(英語ですらない)が苦手で……「ヤバイ横文字めっちゃ多い…(震え声)」

だからこそ、分かりやすくお届けしたいと思います!

スポンサーリンク

BEATLESSの感想・考察解説記事まとめ

BEATLESSの記事を毎話書かせて頂きます。

記事を投稿したら更新しますので、ぜひチェックして下さいね!

BEATLESS1話の感想・考察・解説!レイシア級hIEの能力とは?
どうも、汐川です! BEATLESS始まりましたね~! 早速ですが横文字とハイテクのレベルが高すぎて戸惑いが隠せ...
BEATLESS2話の感想・考察・解説!hIEのアナログハックとは?
どうも、BEATLESS担当の汐川です! さてさて、1話では主人公・アラトとレイシアが契約を交わして……というのがメインで...
BEATLESS3話の感想・考察・解説!hIEと人間の違い
どうも、BEATLESS担当の汐川です! 前回はhIEの能力・アナログハックを、レイシアの街中モデルデビューで説明されたの...
BEATLESS4話感想・考察・解説!ケンゴにこだわる紅霞の目的とは?
どうも、BEATLESS担当の汐川です! さて、4話は一気に加速したような気がします。 前回の謎がいくつか解けたな!...
BEATLESS5話の感想・考察・解説!ケンゴがhIEとアラトを嫌う理由
どうも、BEATLESS担当の汐川です! いやはや~、4話はケンゴがまさかのテ口参加!っていうところでヒエーッとなって終わ...
BEATLESS6話の感想・考察・解説!メトーデに紫織が必要な理由
どうも、BEATLESS担当の汐川です! さて、5話はなかなかヘビーな回で、色々考えさせられるお話になってました……。...

スポンサーリンク

BEATLESSとは?

BEATLESS タイトル

原作は長谷敏司さんという方の小説なんですね(お名前も初めて知った……)。

22世紀。人型ロボット・hIEが、当たり前に社会に参加している世界。

あっちにもこっちにも人型ロボットがいるわけですね、未来すごい。

BEATLES 人型ロボット

↑瞳が機械っぽい。これが人型ロボットでしょうか?

さて、とりあえずこの世界はものすごく技術が発達している、という認識で大丈夫でしょう今のところ。

で、そんな人型ロボットの中でも規格外にすごい(人間よりすごい)5体の美少女たち――レイシア級hIEが戦うらしい。

それぞれ特化した能力があって、相手の性能を求めて戦う――ということは、勝ったらどうなるんや。

SFというジャンルだけど、戦闘もあるならバトルシーンも見どころですね!

とりあえず!汐川が現段階で「ワ~オ……(震え声)」と思ったのは、こちら。

「モノ」が「ヒト」を超える知性を得たとき、「ヒト」が「モノ」を使うのか、「モノ」が「ヒト」を使うのか。

出典:Wikipedia

こう言われると、ものすごくヒヤッとする話じゃないですか?

人工知能(AIってやつですね!)が発達してるんだよ~すごいんだよ~!というのは、なんとなーくテレビとかで言ってるの聞いたことある!!

ってことは、そのうち現実でもあっちこっちに(めっちゃ頭良い)ロボットがいる……なんてこともありえるのでは……?

自分が使っていたはずのモノに、逆に使われるっていう。

「この世界って私たちが経験する未来かも…?」と思うとちょっと怖い話じゃないですか?

BEATLESSの世界観について考えてみた

意識することないと思いますが、「モノは人に使われるもの」と当たり前に考えてますよね。

そもそも人間の生活を便利にするために必要とされてモノが生まれるから、そう思うのは自然だと思いますけどね。

頭の良い人たちがピコン!とひらめいて、「こういうのあれば、もっと楽にできるで!」と色々発明してくれたおかげで、今すっごく便利な生活ができてるわけです。

汐川が今これを書くのに使っているPCもそうだし、読んでくれているあなたが今使っている端末もそうだと思います。

会ったことのない人と簡単にコミュニケーションが取れたり、買い物ができたり、写真が撮れたり動画が観れたり……できることを挙げたらキリがないですよね。

とにかく現代はむちゃくちゃ便利で楽しいぜ!!

で、「便利だな~」と思うモノをガンガン使っていくのは良いことだと思うし、必要なことでもあると思います。

でも、それは人間が使う(=モノを制御できる)側だから思うことだと思うんです。

知性=考える力があるから、私たちは考えてモノを使ってる。

「これはこうやって使ったら便利だな~」とか、逆に「これはこう使ったら危ないからやめとこ!」とか。

使うも使わないも人間の自由だし、自分の都合でモノを自分勝手に使える(というか、できちゃう)。

でも!モノが人間を超える知性=考える力を持ったら、「これして」って頼んでも「やりたくない」とか言われるかもしれない。

ありえることだと思うんですよね、モノが「そんなことしたくねえ!!嫌だって言ってんだろ!!」って言い出すの。

そしたら「ヤダ」って言うだけならかわいいもんで、「うるせえ黙ってろ!!」って口を塞いでくる(人間の行動を制御する)ことだってできちゃうでしょう。

だって人間より頭良いんだもん、しゃーないわ、そうなる。

そう考えると、BEATLESSの世界は“私たちが経験するかもしれない未来”って思えてきませんか?……なかなか不穏なものを感じます……平たく言うと怖い(震え声)

現時点で気になったことまとめ

hIEという名前

BEATLESS hIE

横文字が苦手だと自己申告しましたが。

hIEっていうのが、人型ロボットの呼称。

ヒューマノイド・インタフェース・エレメンツでhIE。

……なるほどさっぱり分からねえ……!!(迫真)

・・・・・・。

さて。こういう時、役に立つモノ・辞書。

humanoidは名詞のhumanに接尾辞のoidを足して、“人間みたいな(人間に似てる)”って意味になる。

interface“コンピューターと人間の接点として機能するもの”らしい。

element“要素・原理・元素”だそうです。

……なるほど(よく分かんない)。

とりあえず検索しよう。

ってことでhumanoidを検索したら、「なるほど!(多分分かった)」。それがこちら。

アンドロイドが概ね人造人間などの造られた存在に用いられるのに対して、ヒューマノイドは造られた存在だけでなく自然発生したもの(人間に似た生物)にも用いられる。

どれだけ人間に似ていればヒューマノイドと呼ぶか、といった定義は事実上存在せず、その扱いは作品によってまちまちである。

出典:Wikipedia

人間に似た生物(自然発生したもの)にも使われる言葉って言われると、elementの意味“原理”「おやおや…?」と思えてくる。

モノと区別すると、人間は確かに“自然発生したもの”って言えると思います。

部品とか組み合わせて造るんじゃなく、人間の体から生まれるものですからね。

そしてそれは元から決まっていること=原理なら、humanoidとelementsが名前に入るのは納得できるんですけど……。

汐川が「おやおや…?」と思ったのは、「人型ロボットって言ってるのに、ヒューマノイドなんだ」っていう。

単純に“ロボット”って聞くと血が通っていない機械っていうイメージが強いから、言葉の意味をそれぞれ考えると、「ロボット(機械=モノ)だと思ってるのに、“humanoid”を使うんだ」っていう。

それで最後にelementsって付けられると、hIEを造った人は何を考えて名付けたのかな?って思いました。

なんか矛盾してないかな?って感じるんですね。

レイシア級hIEたち

さて、最初にちょっとお話ししましたが、hIEでも規格外にすごいレイシア級hIEっていうのが5体いるんですね。

5体ともそれぞれジャンルの違う美少女で、持っている能力も5体それぞれ違います。

そんでもって、このレイシア級hIEちゃんたちはめちゃくちゃ高性能のものすんごいAIに作られたらしい。

だから能力がとんでもなく高くて、高性能なんでしょう。

で、hIEの名前の話をさっきしましたよね。

そこで汐川はまた「おやおや…?」と思いました。

公式サイトを見て気になった単語が3つ。

「hIE」「人型ロボット」「アンドロイド」なんですが、humanoidの意味を考えると「アンドロイド」って単語が出てくること自体モヤモヤする……。

「自然発生したもの・元からあるもの」と呼んでる(名前を付けている)のに、アンドロイド=造られたものって認識なの?っていうモヤモヤ……。

そしたら、「そういえばレイシア級hIEちゃんたちはなんでみんな女の子の姿なの?なんで????」ってなってきました……。

ぱっと思いつくのは、女性=生み出す=自然発生っていう方程式。

ってことは、そもそも「人型ロボット」をhIEって名前にした人(製作者としておく)は、hIEを“ロボット”とは思ってないのかな?っていう。

名付け親(製作者)はhIEを“生物”として造り出したから、hIEって名前にした。

まぁ学習する知性が備わった時点で、もうそれは使われるだけのロボット(=モノ)ではなくなると思うんですけどね。

でもなんで相手の能力が欲しいの??

そして、5体のレイシア級hIEちゃんは、お互いの能力を求めて戦っているんだそうで。

美少女たちが戦うってだけでものすごく胸が熱くなる……かわいい女の子大好き。

で、思ったのが「相手の能力を求めて…ってことは、勝ったら相手の能力を自分のものにできるってこと??」っていう。

そうしたい理由はなんだ?と考えてみると、「5つの能力を一つにしたら、完全な存在になる」とかそういうことかなと。

その“完全な存在”っていうのはなんなのか分かりませんが、とにかくhIEとして進化できるってこと!という結論。

レイシア級hIEが完全体になったらヤバイのでは?

レイシア級hIEの美少女ちゃんたちは、一つ(完全体)になりたい。

でも、もし彼女たちが一つになったら、人間にとってはヤバイ事態になるのでは??と思いました。

それぞれの道具としての役割を見てみると……。

type-001・紅霞:「人間との競争に勝つため」の道具

type-002・スノウドロップ:「進化の委託先」としての道具

type-003・サトゥルヌス:「環境をつくるため」の道具

type-004・メトーデ:「人間を拡張するもの」としての道具

type-005・レイシア:「人間に未だ明かされざる」道具

って書いてありました。

レイシア級hIEちゃんたちは、めちゃくちゃ高性能のものすんごいAIが生み出したって話をしましたよね。

「AI(人工知能)が生み出したってことは、やっぱり普通のhIEとは違うんだろうな~~」とかのんびり考えてたけど、このキャラ説明見て白目になった。

「人間との競争に勝つため」の道具とか、いやそもそも競争するつもりあるんかい!!!!って思いませんか?

しかも勝つつもりである(震え声)

これは使われるモノとしての考え方というか、存在の仕方ではないですよね。

でもその一方で、「人間を拡張するもの」って道具もある。

これは「人間が進化するってことかな?」と思いました。

そしたら悪いことでもなさそう。

そして「進化の委託先」ってのもあるから、hIEなのか人間なのか、とにかく進化はするっぽいぞ…。

「環境をつくるため」の道具は、この進化のために必要な環境をつくるってことだろうなと。

それで「人間に未だ明かされざる」というのは、「進化について・または進化によって得るものを人間は知らない」ってことじゃないかな?

この辺りが汐川は気になります。

うーん、横文字が苦手な汐川からすると、現時点のモヤモヤですでに頭パンクしそう!!

謎ばかりであるッ!!!!

アナログハックって完全にヤバそう

BEATLESS アナログハック

さて、これは重要キーワードだなっていうのが、公式サイトにあったアナログハック

意味を読んだら……ますます“アンドロイド”にモヤモヤし始める汐川。

考えるよりも速く、視覚をはじめとする五感で感情が動いてしまうという意識のセキュリティホールを狙い、人間の“アナログ的な” 意識を“ハッキング(誘導・改変)することを、アナログハックという。

この作用を利用するため、hIEは人間の“かたち” をしている。

出典:TVアニメ「BEATLESS ビートレス」公式サイト

見た目が似てるってだけでも安心するので、hIEが人間の姿をしてるのはいいと思うんですけど。

でも、人間の意識を誘導・改変するとか言われると、「その必要があるから、あえて人間の“かたち”をしている」ってことだよね…?とか疑心暗鬼に陥って、大きな目的があるようにしか思えないじゃないですか!!!!

「じゃあその大きな目的が明かされれば、hIEの存在そのものの謎も解けるのか!」とひらめきながらも、デジタルでもう怖いことはいっぱいあんのにアナログもダメになったらどうすんじゃい~~!!!!とデジタルハックの恐ろしさにガタガタするしかないですね(震え声)。

スポンサーリンク

BEATLESS放送前感想

さて、現時点で汐川が気になったことをまとめてみましたが、やっぱり横文字がいっぱい並ぶとむずかしい……!

絶対に考察のしがいがある作品だと確信してるんですけど、何しろ横文字が苦手な汐川……。

……正直色々ゎカんなぃ……。

とりあえず、公式PVに登場するキーワードを覚えておこうと思います。

SFものってそれだけで難しい(横文字がいっぱい)と感じるんですが、このBEATLESSについては前情報の段階で「とにかく観たい!」と即チェックしました。

リアルでもアンドロイドとかAIとかいう単語を聞くようになって、その存在はもうみんなが知ってます。

そんでもってその能力はどんどん成長してるらしい。

BEATLESS レイシア

BEATLESS=鼓動していない(心臓がない)=生き物としての命、つまり魂がないロボット

思えばタイトルもよくできてますね……。

もうモノが使われるという当たり前(無意識)の常識はひっくり返ってる、と捉えていいんだと思います。

モノが自分で考えて自発的に行動するようになってるってことは、人間の言うことに疑問を持った時、それを聞かないことも選べるし、「うるせえ!黙ってろ!!(物理)」っていうのもできちゃうんでしょう。

これは……今こそ観るべきアニメ!!!!

そもそも女の子たちがかわいいので、それだけで汐川の期待値は高めなんですが……真面目な話(?)「これ観たら、これから経験する未来の予習できるんじゃない????」という感想。

だからこそ「????」というこのモヤモヤを解決するため、しっかり視聴する次第であります!

とりあえずまず1話を観て、正確に世界観を把握したいのではよ放送してくれ~!気になるんじゃ~~!って感じです。

原作未読の皆さん、汐川と一緒に頑張りましょうね!

既読の皆さんはふわっと応援して下さい!

ちなみに現時点での推しはメトーデちゃんです。

クールな雰囲気の美人さんが大好き。

これは推すべき(確信)

それでは、また1話の考察・解説記事でお会いしましょう!汐川でした~~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする