少女終末旅行11話の感想・考察・解説!ヌコの正体ってもしかして…

こんにちは、哲太です。

つにセミファイナルとなる11話が放送された『少女終末旅行』。

ヌコの愛らしさと、人間が生み出したものの恐ろしさ━━この相反する二つが描かれていて、特に後者については考えさせられてしまうストーリーでしたね。

特に“人間の過去の過ち”をフューチャーしていて、ぼんやり見ているだけではダメだなぁとつい思っちゃいました。

ヤバイなぁ、趣味に没頭している時でも働かせちゃうなんて、しまいには脳と体が労働組合に提訴しちゃうなぁ。

まぁ私の身体の組合長は私自身なんで、棄却しますけど。笑

……なんてしょうもない話はこの辺にして、今回も元気よく(そしてできる限り細かく、笑)考察していきたいと思います。♬

スポンサーリンク

ヌコの正体は━━

少女終末11話①

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

とりあえず猫ではない。笑

前回の考察記事で、ヌコが喋っていたわけではなくラジオから声が漏れていたと考えていました。

少女終末旅行10話の感想・考察・解説!ヌコ(猫)かわいい
こんにちは。 12月に入ると、クリスマスではなく、元旦でもなく、コミケの開催が気になりだす哲太です。 コミケでは...

でも、この11話でガンガン喋っていたましたね。笑

ユーリの口ぶりを真似して可愛さが増したので、予想外れたけどまぁ良し!

その性質について特筆すべきは火薬や貴金属類を食べたがるところだと思うですが、もしかしてロボ?なんて思ってしまいました。

少女終末11話①

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

※なんだかこのショットが気に入ってしまったのでもう一回。笑

前述した通り、主食がメカメカしいところ、また、ラジオが音楽の電波を再びキャッチした際に、その出どころを感知したことが理由です。(ラジオが急に反応したので、ユーリとヌコがぶら下がっていたあの機械は電波を受信する塔かもしれませんね)

また、電波の発信源である潜水艦(?)の中に入った際、体が変形していました。笑

少女終末11話②

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

もちろん本作はフィクションであるものの、これまで描かれた描写はリアルの世界の延長にあるのものだったと感じています。

それだけに、今回の無理に生態系の枠にとらわれず、自由度の高い人工的に……と考えたほうが妥当かなと思った次第です。

あるいは、チトが日記を書く際に以前に見た神様の銅像を思い出していたことが、ヌコの誕生に関係している可能性ありかな、と考えています。

スポンサーリンク

古い作品を思い出しました

今回最も大きな存在感を放った巨大ロボ。

少女終末11話③

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

ユーリに悪気はなかったにしろ、そのロボが積んでいた兵器で街を破壊して笑った時に見せたチトの怒り、これまでで一番本気で怒っていたように感じました。

で、その街が炎に包まれてしまったシーンですが、私は個人的に『天空の城ラブピュタ』の巨神兵を思い出してしまいました。

少女終末11話④

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

人が手に入れてはいけない力を手に入れてしまった瞬間と言いましょうか、悲しくて切ない感情が似ているように思います。

チトが怒りを爆発させてしまったのも、何か思い出したくない過去を思い出してしまったのか、または直感的にこれが危ない力であることを察したからこその行動だったのかもしれません。

広いなぁ

少女終末11話⑤

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

あ、間違いました、笑。こっちでです。

少女終末11話⑥

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

作中で描かれていた風力発電の場所なんですけど、めちゃ広です。

現在チトとユーリたちがいるのは3つ目の階層で、まだ一番下の階層にいた際の描写がこちらです。

少女終末旅3話_第二パラグラフ③

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

この一枚を見ると、上に行くほど段々と狭くなっているように見えたのですが、電車も通っていましたし、ある程度どころか一番広い可能性もありますが、そもそも全体像の描写が左側しか映っていないので、もう半分がもっと広大だったのかも。

巨大ロボが降ってきたのは多分、上の階層から━━その第四階層のことも知りたかったけど、あと1話しかないんですよねぇ……。

スポンサーリンク

少女終末旅行 第11話感想

OPアニメにもちゃっかり登場していたヌコ。

少女終末11話⑦

© つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

サビの部分で一緒に踊って欲しかったですけど、登場はこの1シーンだけでした。笑

さて今回の11話ですが、いつもだったらラストは毎回オチがついていたものの、次回がラストとあって回またぎの終わり方となっていました。

潜水艦の奥に何が眠っているのか非常に気になります、が、それがわかる=最終回なんですよねぇ。

実は2クール、なんてもミラクルもありませんが、2期の放送はいつしかあるかもしれない。

「あれか、DVDを買えばなんとかなるのか」と言っておいて結局買わない、“言うだけ番長”にならないよう一生懸命お金を稼ぐことを来年の抱負にします!

それではまた次回、最後の考察記事も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    このアニメ超好きです(゚∇^*)
    キャラ・世界観・音楽、全部好きで、
    自分が今まで観てきたアニメの中では間違いなくTOP10に入りますね。
    2期に関してですけど、自分も期待しています。
    が、原作が次の6巻で終わりそうな予感(【ネタバレ】)なので2期があったとしてもボリューム不足な感じになるかも。
    なので、あのボリュームであれば劇場版とかじゃないと無理かなと思います(可能性は低いので諦めモード;;)

    • 哲太 哲太 より:

      コメントありがとうございます。

      私も『少女終末旅行』大好きです。♬
      映画化は思いつかなかったのですが、視聴者が楽しめるよう色々と工夫してくれる本作ですから大スクリーンで見るのもとっても素敵かもしれませんね。
      ラスト1話ですが、最後まで考察のほうも頑張ります!