クジラの子らは砂上に歌う3話を考察!オルカの真の目的とは?

こんにちは、哲太です。

先日放送されました「クジ砂」の3話、本作品のターニングポイントとなりそうな衝撃的な話でしたね。

……残念ながらサミもなくなってしまい、その上タイシャを含む多くの泥クジラの人々の命が失われたことは残念でなりません。

「こんな世界は、もうどうでもいい」というタイトルが示す通り、チャクロたち残された者の心には大きな傷が残ってしまったことでしょう。

なくなった人たちの冥福を祈りつつ、今回はリコスの兄・オルカの真の目的について、3話の描写を顧みつつ考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

泥クジラの場所がわかったのはなぜ?

クジ砂3話_第一パラグラフ

© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

今回の惨事を招いた外の世界の人たち、彼らはなぜ泥クジラの場所がわかったのか。

その原因はやはり、リコスにあると言わざるを得ません

リコスを見つけた外の兵士によると、彼女に与えられていた任務は「ファレナを殲滅すること」。

道中で襲撃を受けたとも言っているので、その「襲撃」の発端についても気になるところです。

私の憶測ではありますが、リコスの仲間が息絶えたのは何らかの要因からヌースがリコスたちに共に戦うよう指示を与え、仲間割れが起きてしまったからではないかと

感情を喰らうヌースですから、逆に人に感情を与えることもできたのではないかと考えました。

もともと、ヌースが人間に対して友好的な態度を示していたとは思えませんし、リコスやそこの外界の人たちも知らない世界の理に従って同士討ちするよう仕向けた可能性があるように感じています。

結果的にリコス一人が生き残ってしまい、その戦いの記憶すらもヌースに吸い取られてしまう、その後彼女の隊の異変に気付いた本体が船を探しにきた過程で泥クジラを発見したのでは、という予想を立ててみました。

先述の世界の理についても、話が展開していくにつれて判明していくように考えています。

スポンサーリンク

アパトイヤではない、外の世界の人たち

クジ砂3話_第二パラグラフ

© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

総指揮官のオルカは、2話の描写からリコスとともに入隊したアパトイヤの兵士かと思っていましたが、チャクロと同じく記録を取ることに重きを置いていて、またその描写で「寛容」という言葉を使っていました。

全体の指揮もとっており、どうやらしっかりと感情を持っているようです。

また、今回初登場となったリョダリはアパトイヤの一人のようにも感じますが、かなり残ギャクな性格の持ち主でもあることが、稚拙な言動から感じ得ました。

外の世界の住人、特に隊に属する者の多くはアパトイヤだと思いますが、中核を担う人物はその限りではないもよう。

2話のリコスの話でもありましたが、一部の狡猾な人格の人たちが争いを引き起こしていることが、一層窺えましたね。

褐色の肌でしたので、同じ人種の人たちが泥クジラに攻めてきていることは間違いない、しかし、外の世界は広いゆえに国家間での争いは絶えないのでは、とも考えています。

前回の考察記事で「外の世界の人たちは、“サイミヤ”を操れる人が少ない」旨を書いていましたが、兵士たちはガッツり使っていたので、こちらは予想を外してしましました。

ただ、戦い方についてや世界観についても色々と考えさせていただいているので、一度覗いていただけると幸いです。

クジラの子らは砂上に歌う2話を考察!外の世界と泥クジラの違いとは?
こんにちは。哲太です! 早速ですが先日放送された「クジ砂」の2話についてのお話を。 2話では全体的に「人の感情」にス...

オルカの目的は、巨大かつ深淵なものか……

クジ砂3話_第三パラグラフ

© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

オウニが捕虜から聞いた外の兵士たちの目的は、リコスの船を回収することだと言っていましたが、それだけでリョダリの言う「総督」になれるとは思えませんでした。

やはり、泥クジラの人たち(ファレス)の殲滅も重要な任務になっているのではないでしょうか。

(泥クジラはファレスだと言うことは、そろそろ認めざる得ないですね……)。

ただ、その総督になって国を操ることもオルカの真意ではないと言っています。

彼の本当の目的について私が立てた予想は、ヌースの力を利用し、世界をさらに混沌としたものに変えようとしている、です。

そのために罪人と呼ばれる泥クジラの人たちの存在が邪魔になっているのかなと。

この世界に絶望している感情はオウニとどこか同調しているように思えますので、もしかすると今後、この二人が結びつくようなことが起こり得るかもしれません。

また、外の世界と泥クジラの人たちについて考えた、第1話の考察記事の内容。

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)の感想・考察・解説記事まとめ!
こんにちわ、今回の秋アニメの一つ、「クジラの子らは砂上に歌う」を担当させていただけることになりました哲太です。 本記事では...

この内容に少し改良を加えさせていただきますと、泥クジラの人たちにはより強いサイミヤを操る力を持った者がいる、それを戦うために使わないことを罪と言っているのではないかと今は考えています。

その力を持っているのは、もしかしたら━━チャクロ……。

スポンサーリンク

クジラの子らは砂上に歌う 3話感想

今回の襲撃に際し、沈黙を続けた長老会。

なきタイシャが言っていた、「やがて知らされる、泥クジラのと世界とのつながりと歴史」が、この惨事に大きな関係性があるのでしょう。

「クジ砂」、面白のは間違いないのですが、話しているとちょっと暗くなってしまいましたね。

そこでちょっと趣向を変えてのお知らせなんですが、本作品のOP・ED主題歌が共に10/25にリリースされます♬

OP主題歌:RIRIKO 『その未来(さき)へ』

ED主題歌:rionos 『ハシタイロ』

上記の動画サイトで、本編には収まりきれなかったフルサイズを視聴できますので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、私はこの記事を書いている際、ずっと流していました、どちらも最高です!

それでは今日はこのあたりで。

泥クジラの人たちが、一体どんな答えを出すのか━━まだまだ先が気になる4話の考察記事で、またお会いしましょう。

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする