プラネット・ウィズ9話考察・解説!カレルレンとラシャヴェラクとは?

テラキャットぉ…

ハンマぁぁぁぁぁぁー!!

「虎居さん主人公力高いわ~」なんて言っていた先週の自分を殴りたい、プラウィズ担当のわせですー!

宗矢くん、本当に立派になって…!(母の目

何だかんだ言って毎週アツいプラウィズですが…今回はさらに激アツでしたね;;

自分なりの「戦う理由」を見つけた宗矢くん。

その口から、名言が出るわ出るわ…!

仮面を外して「ネビュラソルジャーじゃない、黒井宗矢だ!」って名前を名乗るシーン、胸が震えましたー!!

「考察なんて野暮なことは言うまい…」「考えるな、感じろ…」と心の中でもう一人の自分が囁いているのですが(←

今回も張り切って考察進めて参ります!!

スポンサーリンク

名言に見る、宗矢の心境の変化

宗矢の「正義なんか下駄ほど役にはたたねぇ」、先生の「運命とは結果、やれるだけやった後に語るもの」などなど、これまでにも印象深いセリフがいくつも登場したプラネット・ウィズ。

繰り返しになりますが、今回の9話…本当に名言のオンパレードだったと思うんですよ(涙

そして、9話の名言には、宗矢の心境の変化が色濃く表れていたように感じました。

この小見出しでは、それぞれの名言を振り返りつつ、宗矢の精神面にフォーカスしてみたいと思います。

「俺は、俺が味方したい人たちの味方」

5話で岳蔵と対峙した際、宗矢は「誰の味方で誰の敵か」と問われていましたよね。

そのときの宗矢の答えは「俺は俺が味方したい人の味方で、俺が倒したいやつの敵」という内容でした。

今回、このときの回答と同じようなセリフがまた出てきたんですよね~。

しかも、1回ではなく2回も!!

1回目:のぞさん

最初に口にしたのは宗矢…ではなく、なんとのぞさんでした。

ふさぎこむ宗矢にのぞさんは、「地球人も宇宙人も関係ない」「私は私が味方したい人の味方」と語りかけます。

そして、そのとき宗矢はハッとした表情を浮かべていましたよね。

プラネット・ウィズ 9_18

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

そりゃあ驚きますよね…だって、5話で宗矢がこのセリフを口にしたとき、のぞさんはその場にいませんでしたから。

つまりのぞさんのこのセリフは、宗矢の過去の言葉をなぞったのではなく、自分自身の言葉だったということですよね…(号泣

宗矢はきっと、自分と全く同じことを考えていたのぞさんに驚き、そして心を揺さぶられたと思うんですよぉぉぉぉ;;

公式HPのイントロダクションでも同様のセリフが引用されていますし、おそらく「味方したい人の味方」はプラウィズのテーマの一つなのでしょうね…!!

2回目:宗矢

そして、その後宗矢も再びこのセリフを口にしています。

かつて岳蔵に問われたように、虎居さんに戦う理由を尋ねられる宗矢。

その答えは、

「ここには俺を守ろうとしてくれた人や俺を助けてくれた人たちがいる。俺は俺が味方したい人たちの味方だ。そんだけだ」

というものでした。

「今を共有する人たちに救われ続けてる」

さらに宗矢はこうも言っています。

「どんなにつらくても過去は過去だ。帰る故郷がないって現実が俺の居場所だ。俺は今ここにいる。ここにあるのは今だけだ。今を共有する人たちにずっと救われ続けてるってわかったんだ」

そ、宗矢~;;

ここで言う「今を共有する人たち」とは、のぞさん(=俺を守ろうとしてくれた人)、先生や銀子(=俺を助けてくれた人たち)のことですよね。

宗矢は「帰る故郷がない」という現実を受け入れ、現実(=今の居場所)を生きる決心をしたのでしょう。

これまでの宗矢の戦う動機は「竜への復讐」…つまり、「過去のため」に戦っていたんですよね。

ただ、今は「大切な人たちを守るため」…つまり、「今を生きるため」へと戦う動機が変わったということがこのセリフから伺えます。

「この星のみんなは間違えないでくれ」

また、宗矢が封印された地球人たちに向かって呼びかけるシーンも印象的でしたよね。

プラネット・ウィズ 9_7

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

このときのセリフは、

「俺の星は…俺たちは間違えた。でもこの星のみんなはどうか間違えないでくれ」

というものでした。

うーん、これも上の2つに負けず劣らずグッときますね…;;

このセリフって、宗矢が「今」に目を向けるようになったからこそ出たものだと思うんですよね。

「関係ない」「俺の星じゃない」といった言葉を口にしていたことからもわかるように、以前の宗矢は地球の危機を「我が事」としてとらえてはいなかったんですよね。

先生と銀子に言われて仕方がなく戦っている、といった様子でした。

その宗矢が「この星のみんなは間違えないでくれ」と訴えた。

それは、これまでのぞさん、先生、銀子(+オカ研部長やジャッジメント先輩)と地球で過ごした時間があってこそだと思うんです。

地球で生きる「今」を大切に思えるようになり、地球が宗矢の新たな居場所になりつつある。

だからこそ宗矢は、他の地球人のことにも目を向けられるようになったのでしょう。

かつてシリウスは、自分たちの私利私欲のためにリエルを侵略しようとした結果、竜に滅ぼされました。

その点でシリウス人は(全員ではないのでしょうが)自己中心的だったといえます。

そのシリウス人の生き残りである宗矢が、他者のために働きかけた。

これって、かつて先生が願ったように、宗矢の中で「愛の進化」が起こったことになるんじゃないかと…!!

しかも、このときの宗矢は「目を覚ませ!」と一方的に自分の考えを押し付けるのではなく、「現実に戻りたい人は手を挙げてくれ」と相手の意思を尊重していたんですよ!!

以前白石さんが「地球人とシリウス人の精神的成熟度は同じくらい」なんて言ってましたし、地球人たちが「愛の進化」を遂げる日も近いのでは…!?

スポンサーリンク

岳蔵が肉ではなく蕎麦を食べていた理由

「肉だけがワシの楽しみ」なんて言っていた岳蔵さんが…

ステーキハウスで一気に3万使う岳蔵さんが…

蕎麦を食べている、だと…?(震え

プラネット・ウィズ 9_3

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

「こんなジジィに油っぽいもん食わすな」なんて…岳蔵さんらしくない…。

一体なぜ、岳蔵は肉を食べなくなってしまったのでしょうか。

予想1:子ども(隆)を失くした悲しみが原因

家に訪ねてきた職員さんたちいわく、隆は行方不明という扱いになっているようですね。

岳蔵は「知らん」なんて答えていましたが、本当のことを知っているのでしょうか…?

宗矢が教えていなければ、岳蔵も隆がどうなったのかまだ知らないということですよね…。

真実をすでに知っていても、知らなくても、子どもがいきなりいなくなるというのは…やはり親としてはつらいですよね。

「親不孝もん…」

と一人つぶやく岳蔵の背中のなんと寂しげなこと…

うわあああ!!書いててつらくなってきた…(大絶望

つまり、隆を失った悲しみにより、好物の肉が喉を通らなくなってしまったのではないかというのが「予想1」です。

予想2:サイキックを使う必要がなくなったから

隆なき今、岳蔵には戦う理由がありません。

実際、しばらく戦闘シーンには登場していませんよね。

実は、このことが本件とも関係しているのかも…?

戦わない=サイキックを使う必要がない。

そう考えると、岳蔵が肉を食べていたのはサイキックを使うためだったのでは…?

他の生物の命を取り込む(=肉を食べる)ことが、サイキック発動のための条件だったりして…。

スポンサーリンク

「カレルレン」と「ラシャヴェラク」とは?

次回10話のタイトルは「カレルレンとラシャヴェラク」とのこと。

プラネット・ウィズ 9_16

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

かれるれん…?

らしゃべらく…?

気になって「カレルレン」「ラシャヴェラク」とグーグル先生に聞いてみたところ、どうやらこれらは「幼年期の終り(または「幼年期の終わり」)」という小説の登場人物の名前らしいということが判明しました。

物語のモチーフは「幼年期の終り」?

「幼年期の終り」のあらすじ

『幼年期の終り』(ようねんきのおわり、Childhood’s End)はイギリスのSF作家、アーサー・C・クラークの長編小説。

1953年に発表され、クラークの代表作としてのみならず、SF史上の傑作として広く愛読されている。

「人類の進化」というテーマ、「宇宙人による人類の飼育」というアイデアなどは、この作品において総括された。

その影響力は、SF内部に留まらず純文学やサブカルチャーの世界にも及んでいる。

出典:Wikipedia

ほーん…?(よく分かっていない

でも、「人類の進化」というあたりがプラウィズに通じる気も…?

気になるあらすじですが、ざっくりまとめると

20世紀後半のある日、人類は突然宇宙人(オーバーロード)の支配化に置かれることになる。

人類はオーバーロードと共存しつつ平和で豊かな生活を享受していたのだが…

うん、SF!!

ちなみに、「カレルレン」「ラシャヴェラク」はどちらもオーバーロードの一員だそうです。

オーバーロードとは、「知の発展の最終形態でありながらも、それ以上は進化しない種族」とのこと。

そして、オーバーロードの上にはさらに「オーバーマインド」という存在がいて、そちらは「超自然的な精神性の発展の最終形態」らしいんですよね…(よく分かっていない

そして、そもそもオーバーマインドが地球にオーバーロードを遣わせた目的が、「人間をオーバーマインドと一体化させるため」だったそうな…。

んんん???

VIRMかな!?

ダーリン・イン・ザ・フランキス20話考察・解説!VIRM(ヴィルム)の正体と目的を整理
「一体何が起こってるの…?」というイチゴちゃんのセリフに激しく同意した、ダリフラ担当のわせです。 VIRM(ヴィルム)...

(もしかしたらダリフラのVIRMも、この「幼年期の終り」に着想を得て誕生したのかもしれませんね…!)

だんだん読んでみたくなってきた…!!

「幼年期の終り」にプラウィズを重ねると…

さてさて、なんとなくあらすじを把握した感じですと、いろいろとプラウィズの世界観と重なる部分があるような印象を受けました。

「幼年期の終り」の陣営をプラウィズに置き換えてみると

人類=地球人

オーバーロード(知の発展の最終形態)=ネビュラ

オーバーマインド(超自然的な精神性の発展の最終形態)=楽園の民

という感じでしょうか。

特に、「ネビュラは楽園の民によって作られたらしい」という点と、「オーバーマインドはオーバーロードの上層組織?」という点には通じるものがあると思うんですよね…!

ちなみに、世の中の声をツイッターで調べてみたところ、9話放送前(10話タイトルが公表される前)にもすでにプラウィズと「幼年期の終り」の関係性に注目している声がちらほら出ていたよう…!

ひええ~!みなさん、鋭すぎか…?

「水上作品」という観点から考えると、「幼年期の終りがモチーフっしょ~」と思わせておいてかーらーのー!ラストどんでん返しー!!みたいな展開もあり得そうですよね!

つまり、カレルレンとラシャヴェラクは…

先ほど述べたように、「オーバーロード(知の発展の最終形態)=ネビュラ」と置き換えるのが正しいとすると、10話タイトルの「カレルレンとラシャヴェラク」はネビュラの一員…つまり、先生と閣下を指しているのではないかと考えられます。

とすると10話は、先生と閣下のメイン回…?

過去回想を含め、これまでにもちょいちょい2人の絡みはありましたが、10話ではさらにがっつり2人にフォーカスしたお話になるのかもしれませんね…!

穏健派と封印派という異なる派閥に属する者同士として、いがみ合っているように見える2人。

ただ、今回閣下は先生が封印から復活したと知って、しっぽをブンブン振って喜んでいましたよね!笑

プラネット・ウィズ 9_8

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

さらに、過去回想シーンでは、竜を止めに向かおうとする先生に対して「せめてタヒぬな」なんて言っていましたし…!

なんだかんだいって、2人は仲良しなんですかね…?

スポンサーリンク

プラネット・ウィズ9話の感想

【悲報】葉介の闇、想像以上に深かった

プラネット・ウィズ 9_15

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

前回記事▼で「葉介、いろいろと怪しい」みたいな考察をしたのですが…怪しいどころじゃなかったー!!

プラネット・ウィズ8話考察・解説!小瓶なしのサイキック覚醒と代償
他にも色々重要なシーンがあった気がしますが…最終的に温泉シーンしか覚えていなかった、わせです! いやぁ、もう、紅華さん...

世界を飲み込むほどの大きな愛…やべぇ(震え

ただ、今回の一件で紅華と葉介の関係にも何かしら変化がありそうですよね。

紅華さん、「いろいろごめん」みたいなこと言ってましたし…!

考えようによっては、「ごめん=あなたの気持ちは受け取れません」とも取れますが^^;

紅華も葉介もお互いにいろいろと吹っ切れて、回想シーンの頃のように髪を短くしたりして…?

プラネット・ウィズ 9_1

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

▲今週も紅華さんの作画が神がかってました…ありがたや…

さて、葉介が封印に失敗したことで、閣下たち封印派が地球に持ち込んだ封印装置はついにゼロになってしまいました…!

ラストで宗矢が「封印派の親玉降りて来い!」なんて叫んでいましたが、封印装置なき今、封印派にはもう宗矢たちと戦う理由はないんじゃないかと思うんですよね…。

今まで敵同士だった穏健派・封印派・グランドパラディンの3陣営が手を取り合って、竜を倒す流れになるんですかね??

そしてラスボスは楽園の民???

残り3話でどう風呂敷をたたんでくれるのか気になります…!

気になるといえば、ジャッジメント先輩もそろそろ戻ってきますかね?

封印装置で穏やかモードになってしまった紅華さんが復活したということは、ジャッジメントも元に戻っているはず!!

ジャッジメントの大復活含め、次回の放送を楽しみに待ちたいと思います!

それでは、また10話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

▼当サイトでは他多数の作品も考察しています!

【見逃し厳禁!】2018夏アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第22回】
どーも、視聴したアニメは1000本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者のぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"ア...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者のぶさんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしているのぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今回...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. アニメ好き名無しさん より:

    「俺は俺が味方したい人たちの味方だ。そんだけだ」
    今回のこの台詞で涙が出てきちゃいました。
    この台詞、以前に言った「倒したいやつの敵だ」というのがないんですよね。
    宗矢君にとって葉介は敵ではなくて、同じ悲しみを持った止めたい人なんでしょうね。
    月の裏側にいる竜とも、宗矢君ならわかり合えるんじゃないかと思いたいです。

    • わせ より:

      >アニメ好き名無しさん

      はじめまして(^^)
      コメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      いや〜、宗矢くんのセリフしびれましたよね!!(´;ω;`)

      アニメ好き名無しさんがおっしゃるように、宗矢にとって葉介は同じ境遇の者同士であり、敵ではないのでしょうね(号泣
      今後葉介たちとも共闘していく流れになるのでしょうか…!

      愛の進化パワーで竜とも和解してくれたら…と願ってやみません。

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  2. 6.28 より:

    プラウィズ3話考察 お疲れ様です。
    封印の世界を 人々は 何故 拒絶したのか(手を上げるシーン)
    もう少し掘り下げて欲しかったです。

    対立するニャー先生が、封印から復活した事を、
    尻尾振って 喜んでる ワン閣下。
    まったく~ ツンデレさん なんだから~。

    • 6.28 より:

      コメント記載に誤りがありました。
      誤:プラウィズ3話考察 お疲れ様です。
      正:プラウィズ9話考察 お疲れ様です。
      すいませんでしたー。(ぐらんぶる調)

      • わせ より:

        >6.28さん

        いつもコメントありがとうございます!

        6.28さんがおっしゃるように、封印された人々が復活するまでの流れはわりとあっさりしてましたよね(^^;
        みんなすんなり手を挙げてくれましたし…!

        閣下がしっぽをブンブン振り回すシーン、和みました〜
        まったく、ツンデレさんですよね!笑

        貴重なご意見ありがとうございました!
        また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  3. ひろ より:

    わせさん いつも楽しくよませていただいております。
    話も最終決戦になりそうな雰囲気ですね。
    皆復活してきていますが、ジャスティス先輩の復活はあるのでしょうか。
    封印されてしまったので、サイキッカーの能力もなくなってしまったと考えると復活はないかもしれません。
     次回以降の放送が楽しみです。それでは来週よろしくお願いします。

    • わせ より:

      >ひろさん

      いつもコメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      ついに最終決戦!というかんじの雰囲気ですねー!
      物語も佳境に入ってきましたが、引き続き一緒に楽しみましょう!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)