プラネット・ウィズ10話考察!岳蔵じいちゃんが封印派に攻撃した理由

「幼年期の終り」が気になりすぎて思わずアマゾンでポチッとしてしまった、プラウィズ担当のわせです!

(といいつつ、まだ30ページほどしか読めておりませんが…汗)

いやぁ~今回のラスト、驚きましたね…!!

4、5年後、だと…?(驚愕

確かに、それくらいに竜が目覚めるって言ってましたけど、まさか10話のラストにぶっこんでくるとは!!

イケメン宗矢くんと、まるで人妻のような空気をまとうのぞさんと…ひやああああ~!!!!!

本当にプラウィズは毎回引きがうまいな~と感心してしまいました。

そして、まんまとスタッフさんたちの思惑にはまり、続きが気になりすぎて身悶えております…!

つ、続きを早くくれぇ…(吐血

穏健派と封印派の戦いに一区切りついた、今回の10話。

いつものように諸々考察していきたいと思います!

スポンサーリンク

先生と閣下の関係性について

前回記事▼では、次回予告の「カレルレンとラシャヴェラク」という言葉から、先生と閣下がクローズアップされるのでは?と予想させていただきました。

プラネット・ウィズ9話考察・解説!カレルレンとラシャヴェラクとは?
テラキャットぉ… ハンマぁぁぁぁぁぁー!! 「虎居さん主人公力高いわ~」なんて言っていた先週の自分を殴りたい、プ...

クローズアップどころではなく、先生と閣下のメイン回と言っても差し支えないほどの目立ちっぷりでしたね!!

まずは、その2人(2匹?)について考えてみたいと思います。

「カレルレンとラシャヴェラク」は2人の名前

前回記事でも触れたように、カレルレンとラシャヴェラクは「幼年期の終り」という小説の登場人物の名前です。

そして、どちらも地球にやってきた宇宙人組織(オーバーロード)の一員なんですよね。

そのため、先生と閣下の立ち位置(=ネビュラの一員)と重ねて、「カレルレンとラシャヴェラク」というタイトルにしたのかと思いきや…

なんと、先生と閣下の本名だったというまさかのオチでした!

ちなみに、先生が「ラシャヴェラク」さんで、閣下が「カレルレン」さんとのこと。

「幼年期の終り」におけるカレルレンとラシャヴェラクの紹介は、以下のようになっています。

カレルレン=オーバーロード:地球総督

ラシャヴェラク=オーバーロード:心理学者

出典:地球幼年期の終わり(アーサー・C・クラーク著)

※「幼年期の終り」は出版元や訳者を変えながら何度も刊行されています。「地球幼年期の終わり」もその一つです。

地球側と交渉する地球総督であるカレルレンの名を持つ、閣下。

そして、心理学者であるラシャヴェラクの名を持つ、先生。

「地球を支配下に置く、抑制する=封印派(閣下)」「相手の心に寄り添い、気持ちを尊重する=穏健派(先生)」という観点から考えると、このネーミングはぴったりだなぁと思います!

先生と閣下、お互いへの想い

ネビュラ内で対立する派閥に属する者同士として、これまで敵対していた先生と閣下。

プラネット・ウィズ 10_7

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

▲戦闘シーンのCG、すごく気合い入ってて興奮しました!

でも、時折「実は仲良しなんじゃ…?」と思えるような描写もチラホラ見られましたよね。

閣下に至っては、先生が封印から復活したと知ってしっぽをふりふりしたり、竜討伐に向かう先生に「タヒぬな」と告げたり…。

そんな閣下が今回の戦闘シーンで口にしたのは、「尊敬している」という言葉でした。

さらに、

「誰であれ助けると言い、誰であれ信じ、いつでも命をかけて信念を行う。私もそんな貴様のように在れたらいいと思うよ」

とも言っていましたよね。

つまり、閣下は先生を尊敬し、憧れていたということ。

ただ、自分は先生のように信念に従ってまっすぐに突き進めないという葛藤もまた、閣下にはあったのでしょうね…。

だから、先生とは違う封印派に属し、サイキックを封印することでシリウスやリエルのような悲劇を回避しようとしたのでしょう。

また、そんな閣下の告白に対し、先生は、

「いいんだ。その為にお前が手を汚さなくても…」

と答えていましたね。

宗矢の「先生はお前(閣下)だって救いたいんだよ!」というセリフからもわかるように、先生は先生で、閣下をずっと気にかけていたのでしょうね。

目的を果たすためには、みずからの手を汚すことも厭わない。

そんな閣下を、敵対しながらも密かに助けたいと思っていたのでしょう…(号泣

今後は力を合わせて復活した竜に戦いを挑む形になると思うので、先生と閣下の共闘が見られるはず…!!

グランドパラディンの面々も協力してくれそうですし、最終戦は全員合体した姿が見られるかも…?

スポンサーリンク

なぜ竜は50年間発見されなかった?

さて、最終決戦の話題に触れたところで、ラスボスになるであろう竜についても改めて考えてみたいと思います。

竜については色々と小出しに情報が解禁されてきましたが、今回も新情報が追加されましたね!

なんと、シリウス滅亡の罪によって時空追放刑に処された竜は、時空を越えて50年前の月面に墜落し、休眠状態にあるとのこと。

なんてこった…!!

ただ、この情報によって、

・竜の生まれ変わりである隆が、若かりし日の竜造寺夫妻の元にやってきたこと(隆が赤ん坊の頃=何十年も前の出来事)

・竜がシリウスを襲い、時空追放刑になったこと(宗矢の姿形が今と大差ない=わりと最近の出来事)

という矛盾が解消するんですよね。

竜と隆の時系列を整理

時系列にそって整理すると、

①竜:シリウスを襲い、時空追放刑になる(宗矢の姿形が今と大差ないことから、数ヶ月~1、2年?ほど前のことだと推測される)

②竜:時空を越えて50年前の月面に墜落

③隆(赤ん坊):若かりし日の竜造寺夫妻の元へ

④竜:月の裏で休眠状態へ

↓(この間50年)

⑤隆(グランドパラディンのリーダー):宗矢との戦闘に破れ砂化(※今ココ!

↓(4、5年後)

⑥竜:休眠より目覚める(※おそらく11話はこの辺りからスタート!

このような具合じゃないかと…!!

50年間竜が発見されなかった理由

さて、この時系列を踏まえて、「なぜ50年もの間、竜は発見されなかったのか」という点について考えてみたいと思います。

プラネット・ウィズ 10_16

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

▲ありえん…!!なんて閣下もだいぶ混乱した様子でしたね^^;

以前6話で隆と戦った際に閣下は、隆のサイキックの波長、正義と武力に対する偏執的思想などから、「隆は竜の生まれ変わりなのでは?」という考えに至っていましたよね。

また宗矢も、隆から一番竜の気配がすると言っていました。

この2点から考えるに、隆は竜の思想や概念の結晶のような存在だったのではないでしょうか。

「リエルを侵略しようとしたシリウスを滅ぼしてしまおう」という考え方は、いわば「竜を竜たらしめていたもの」…つまり、「竜の核」そのものだと思うんですよね。

つまり、その核の部分がまるっと竜の体から抜け出て、人間の形になったものが隆なんじゃないかと…!

だから、核を失った竜は50年もの間眠りについていたのでは。

そして、竜を竜たらしめる「核」を失った竜の肉体は、他者(ネビュラ含む)から「竜」として感知されなかった…というのが事の真相なんじゃないかと!

そう仮定すると、竜が目覚めそうになっているのにも、隆が砂化したことと関係がありそうですよね。

隆が砂化したことで「核」が竜の肉体へと戻り、竜の目覚めへと繋がったのかも…?

ちょうど楽園の民が宗矢の前に現れたのも隆が砂化した後でしたし、タイミング的には整合性が取れると思うんですよね。

スポンサーリンク

岳蔵が宗矢を討たなかった理由

先生と閣下の激闘に負けず劣らずアツかったのが、岳蔵さんの乱入シーンだったんじゃないかと…!

「息子の仇~!」と叫びながら念動装光で作った巨大な刀を振り下ろした先は、宗矢ではなく閣下(封印派)でした。

宗矢ではなく、封印派を攻撃したのは…

本人が申告していたように、隆に直接手を下したのは宗矢なんですよね。

しかも、岳蔵は「知っとるわい!」と返していました。

プラネット・ウィズ 10_10

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

宗矢との戦闘の末に隆が命を落としたと知りつつも、封印派に矛先を向けた理由。

それは、封印派が隆の「世界を守る」という世界制服にも似た思想を助長したからなのではないでしょうか。

8話で紅華が、初めて隆が尋ねてきた当時を回想するこの▼シーン。

プラネット・ウィズ 8_2

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

隆の隣には、すでに白石さんの姿があるんですよね。

つまり、グランドパラディンの結成には、封印派が絡んでいたということになります。

封印派が隆の前に現れなければ、隆は世界制服じみた思想に染まらなかったかもしれない。

そうすれば、命を落とすこともなかったはず。

そんな考えから、封印派に一矢報いてやろうと考えたのかもしれませんね(号泣

紅華への影響

しかも、この岳蔵さんの行動は、宗矢たちに有利に働いただけでなく、同時に紅華さんの心も動かしていたんですよね。

「一緒に兄さんのところへ逝こう」なんて今回も深い闇紅華への愛を炸裂させていた葉介…お前ってやつは…(震え

その場では「考えとく」なんて答えた紅華さんでしたが、息子を想い戦う岳蔵を見て、その考えを改めていました。

そういった意味でも岳蔵さん渾身の一太刀は、重要な意味を持っていたのだと思います。

うーん、最終的に竜がまた眠りについて隆が復活する、なんて展開になりませんかね…?

竜造寺親子の再会、ください(真顔

世界が平和になったのはなぜ?

ED直前に挿入された、のぞさんのモノローグ。

そこでは、「世界規模の意思消失事件(=9話の地球封印未遂)以降、武力紛争や犯罪が減少して、地球が平和に向かい始めた」と語られていましたよね。

以前銀子は、「封印装置は人々に優しい夢を見せ、その代償に心の飢えや希望を奪う」と言っていました。

実際に、封印装置の眠りから目覚めた後の根津屋先輩は、どこか魂が抜けたようにも見えました。

けれど今回の大規模封印から目覚めた人々は、それまでと変わらない様子でしたよね。

しかも、武力紛争や犯罪までも減少したという…!

この違いはなぜ生じたのでしょうか。

宗矢が閣下に言った「きっとこの星の人たちは間違わない、みんなあんたたちに優しい夢を見せてもらったから」というセリフから考えるに、優しい夢がいい方向に作用したということなのでしょうか…?

一度心が満たされたことにより、人に優しくできるだけの余裕を持てるようになった、ということ…?

確かに、不満ばかりだと人を攻撃したくなるでしょうし、反対に幸せを感じられていれば人に優しくしようという気にもなりますよね。

う~ん、でもいまいち腑に落ちない…。

「きっとこうだよ!」という考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントにて教えていただければと思います!

スポンサーリンク

プラネット・ウィズ10話の感想

鉄下駄、アゲイン!!

いや~、まさか先生まで鉄下駄で勝利するとは…!

こりゃあ、竜との戦いも最後は鉄下駄フィニッシュになるのでは!?

ドンパチ派手に戦ってからの内部進入!そして最後は拳と拳(片方は鉄下駄ですがw)のぶつけ合い…これよこれこれー!!

王道最高です!!(号泣

個人的には、戦闘後に両宇宙船の目に涙が浮かんでいたシーンにグッときました…!!

のぞさんの「お疲れさま、黒井くん」のセリフの直後のシーンですので、よろしければ確認してみてください!!

それから忘れちゃいけないのが、ジャッジメント先輩の復活ですよー!!

プラネット・ウィズ 10_2

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

わーい!待ってましたあああああ!!

ただ、次回は5年後に時間が飛ぶはずなので、ジャッジメント先輩はすでに中二病を卒業してしまっているかも…?

できれば最後までこのキャラクターを貫き通してもらいたいです!

そしてラスボス戦ではちゃんと戦っている姿も見たいな~と(笑

また、今回はいつも以上に宗矢+先生+銀子の絆にじ~んとさせられました;;

以前とは違い、今回は素直に根津屋先輩を友達だと認められた宗矢。

その様子を見た銀子のあたたかな視線と、先生の頭なでなでがもう…(感涙

プラネット・ウィズ 10_3

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

竜との戦いが終ったら、3人はバラバラになってしまうのでしょうか…。

次回のタイトルは「竜 アズラバラクラ」とのこと。

残り2話ですし、やはり次回は竜との決戦の話ですかね…?

これまでのように竜とも拳(鉄下駄)でアツい対話を交わし、気持ちよく和解してくれることを祈りつつ…次回の放送を楽しみに待ちたいと思います。

それでは、また11話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

▼当サイトでは他多数の作品も考察しています!

【見逃し厳禁!】2018夏アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第22回】
どーも、視聴したアニメは1000本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは わせさん ひろです。
     クライマックスになってきましたね。ジャスティス先輩が復活していました。そんなに簡単に復活したら封印の効果ないんじゃね? と思います。
    竜については、時空をこえていたのですね。 今後、隆(所長)も復活するのではと思っています。 ひょっとしたら、宗矢の兄も復活するかもと思っています。
    それではまた来週 よろしくお願いします。

    • わせ より:

      >ひろさん

      いつもコメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      ジャッジメント先輩、ついに復活しましたね!
      確かに、先輩が復活するまでの過程がわからないので、なんだか簡単に復活してしまった印象を受けますよね(^^;
      おそらく宗矢の呼びかけが関係しているのだろうとは思いますが、先輩の復活までの葛藤や心境の変化もできれば見たかったな〜と思いました!

      隆や宗矢の兄ちゃんが復活してくれたら胸アツですね!(´;ω;`)
      ぜひそんなハッピーエンドを迎えてもらいたいです…!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  2. 6.28 より:

    プラウィズ10話考察 お疲れ様です。
    「きっとこうだよ!」の件に付きまして、
    作り手のイメージとは異なると思いますので、
    「きっとこうだよ」では、ないのですが、(私の勝手な考えです)
    細かい事 抜きにして、ザックリとした話として・・・
    もし、世界中が共産主義になれば、戦争は なくなるのでは?
    また、
    もし、世界中が民主主義になれば、戦争は なくなるのでは?
    この様な仮説から(⇒ おいおい!)
    世界規模の封印(この時、世界中の人々は、同じ方向を向かされた)
    その後、封印失敗(同じ方向を向いている状態で、向かせる力は消えた)
    この状況から始まる社会って、もしかして イイ感じ じゃない?

    ⇒「ちょっとぉ(怒)、仮説から結論に至るまでの過程、飛躍してますよねっ!
      いや、そもそも仮説自体、ぶっとんでますよねーっ!」

    • わせ より:

      >6.28さん

      いつもコメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      おお…!なるほど!!
      封印により、世界中の人々は同じ方向を向かされた…!
      確かにそれならば争いは起こらないはずですよね!

      しかも封印失敗により、無理やり同じ方向を向かせている状態は解消されている…というのもポイントですよね。

      6.28さんがおっしゃるように、今の地球の状態は平和な社会に近づくために理想的な形なのかもしれませんね…!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  3. ぼっさん より:

     こんにちは。
     毎週記事を読むのを楽しみにさせていただいております。
     のぞさんのモノローグの件、自分も関心があったので今回初書き込みさせていただきました。

     まず、根津屋先輩の目覚めと大規模封印からの人類の目覚めは、おそらく違うものだと思われます。
     根津屋先輩の場合、封印が成功し、心の飢えや希望が失われた状態で目覚めました。
     一方で地球封印未遂の時は、人々は宗矢の力を借りつつも、自分達の意志で目覚めました。
    つまり、大規模封印から目覚めた人々は、どちらかと言えば1話の虎居さんなどのように、自分の意志で優しい夢に別れを告げて目覚めた人達だと思われます。

     仮に地球封印が成功していれば、人類はみなシリウス星人のように弱者を侵略することもなく、また紅華さんの兄のように傷つけられる人もいないまま、優しい夢を見続けたと思います。
     しかし、封印は失敗したので、人類は渇望を抱え続け、紛争や犯罪が残りました。
     ただし、この封印を破った人々は、自分の意志で優しい夢を捨てた人達であるため、自身の渇望に対してある程度客観視できるようになったのではないでしょうか。
     記憶違いでなければ、一部の人々は自身の渇望に囚われたまま、眠り続けていたと思います。
     宗矢の言う「間違った」がシリウス星人を念頭に置いていると思われるため、「間違う」とは自身の渇望に囚われることと解釈してよいのではないかと思われます。
     客観視できた人々も、時には渇望をコントロールできずに争いや悪事を引き起こすが、あまりにも大きな渇望を抱えた人や自身の渇望に無自覚な人間がいなくなったため、比較的紛争や犯罪が減ったということではないでしょうか。
     わせさんのおっしゃっているように、一度心が満たされたことにより、人に優しくできるだけの余裕を持てるようになった、という理論と根本では変わらないのですが、そこに客観視という論点を導入したいと思いました。

     関係はないかもしれませんが、夢は一人で見るものですよね。
    優しい夢は、自分一人の渇望が充足した世界と捉えることも可能ではないでしょうか。
     根津屋先輩の場合、優しい夢によって渇望が完全に満たされたため、目覚めてからの他人と生きる世界の中で、完全に無害な存在と化した。
     地球封印時の優しい夢においても、自分の渇望が充足した世界から外に出ることを望んだ人々が、宗矢の手を握った。
     「間違わない」とは、独善的な世界を出て、他者と関わりながら生きることを選択する、という解釈も成り立つような気がします。
     この解釈でも、銀子の言う「愛の進化種族」の概念とも整合するはずです。
     「間違わない」がこのように同定できるなら、宗矢の「きっとこの星の人たちは間違わない」という言葉は、独善的な世界(優しい夢)とその希求を放棄する(夢から覚める)機会を閣下が与えてくれたから、と理解してもよいのではないかと思います。

     あと、これは完全に私見になりますが、今回ジャッジメント先輩として帰って来られたのは、封印装置に敗北した以前の根津屋先輩が地球封印の際再び封印され、宗矢の呼び掛けによって渇望を取り戻したからだと考えています。
     グランドパラディン全員に言えることですが、第2部の戦いを通じた精神的な成長を少なからず感じていて、ジャッジメント先輩も10話では厨二発言の後に必ず自分を客観視するような発言を入れていますよね。
    なので個人的には、5年後も実年齢に見合った客観視を入れつつも、ジャッジメント先輩として参戦してくれると信じています。

     以上長文失礼しました。(((^_^;)

    • わせ より:

      >ぼっさんさん

      はじめまして(^^)
      コメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      いつも記事を読んでくださっているとのこと…とても嬉しいです!(´;ω;`)

      おお…!なんと!!
      「根津屋先輩の目覚めと大規模封印からの人類の目覚めは別物」説!!
      興味深いです…!

      自身の渇望を客観視できるようになったから、という点がすごくしっくりきました。
      根津屋先輩の封印という出来事自体、もしかしたら今回の大規模封印との対比のためにあったのかもしれませんね…!

      ぼっさんさんがおっしゃるように、第二部はグランドパラディンのメンバーたちの精神面の成長が見て取れましたよね!
      ジャッジメント先輩のセルフつっこみも「自分を客観視できるようになった」という点において、成長の証といえると思います。
      ジャッジメント先輩含め、5年後に登場人物たちがどう成長しているのか楽しみですね!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)