プラネット・ウィズ11話考察・解説!愛と正義&作品のテーマについて

「家事手伝わない」の破壊力…(笑

11話を見て笑ったり泣いたりと大忙しだった、プラウィズ担当のわせです。

いや~、さすが最終章!!

宗矢とのぞさんのただならぬ雰囲気ににやにやしたり。

先生と閣下の共闘に胸を熱くしたり。

楽園の民の涙にもらい泣きしたり…。

本当に濃い30分間でしたね…!

それでありながら、小瓶の砂の正体やのぞさんのテレパス属性など、疑問点もきちんと回収してくれたという…!

神回かよ!!

今回はクライマックス直前ということで、作品のテーマについても切り込んでいきたいと思いますので、最後までお付き合いいただければ幸いです^^

スポンサーリンク

今回明らかになった新情報(11話編)

まずは、11話で新たに明かされた情報を整理していきたいと思います。

あとはラスト1話を残すのみということもあり、今回の放送で疑問点をかなり解消してくれていましたよね~!

いや~、すっきり~^^

5年の間に起きた変化

前回(10話)ラストで成長した宗矢とのぞさんの姿が映されましたが、11話では他の登場人物たちからも各々変化が見て取れましたよね。

5年後の主要登場人物の肩書きは以下↓の通りです。

先生:ネビュラ武官

銀子:ネビュラ武官補佐

宗矢:ネビュラ武官補佐(+大学生)

のぞさん:ネビュラ臨時テレパス部隊員(+大学生)

白石:ネビュラ武官補佐(+ネビュラテレパス部隊員)

虎居:ネビュラ臨時武官(国民安全管理局特殊防衛課・課長)

紅華・葉介:ネビュラ臨時武官(国民安全管理局特殊防衛課)

晴海・美羽:ネビュラ臨時武官(+会社員)

根津屋:ネビュラ臨時武官(+家事手伝わない

~~~~~~~~~~~~~~
岳蔵:他界(タヒ因→餅をのどに詰まらせた)

うぅ…;;岳蔵さん…;;

5年前は封印派、穏健派、グランドパラディンと3陣営に分かれていた登場人物たち。

大学生だったり、「家事手伝わない」だったりとそれぞれ別の肩書きを持ちつつも、5年後は「ネビュラ」の所属員として一つに結束していましたね…!

胸アツすぎます!!

グランドパラディンの面々の「臨時」という肩書きからも見て取れるように、あくまで「竜問題」を解決するまでの一時的な措置なのでしょうが、敵対していた勢力が一つにまとまるっていうのは…なんともグッときますよね~!

OPのラストカットもちゃんと5年後バーションに差し替えられていて、演出の細かさが光りました…!

プラネット・ウィズ 11_17

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

▲隆と岳蔵さんがいないのがちょっと切ない…(涙

のぞさんに催眠テレパスが効かなかった理由

7話では、JK白石さんのテレパスが全く効かなかったのぞさん。

こちら↓の記事内でもその理由をあれこれ考察させていただきました。

プラネット・ウィズ7話考察・解説!宗矢が肉を食べられない理由
「JK白石さん、イケるやん…!!」と思わずにやにやしてしまった、プラウィズ担当のわせです^^ 前回の6話ではセクシーコスチ...

5年後ののぞさんがテレパス使いになっていたことから察するに、過去に白石さんのテレパスが効かなかったのも、のぞさんがテレパスの素質を持っていたからだったのでしょうね。

ちょうど同じ7話で、白石さんが宗矢に向けて発したテレパスを銀子が妨害していましたし、テレパス能力の持ち主は他人のテレパスを跳ね除けることが可能なのだと考えられます。

竜&小瓶の砂の正体

竜の正体は竜じゃない、だと…?(驚愕

プラネット・ウィズ4話考察・解説・感想!竜の正体&愛の進化
こんにちは! 晴海ちゃんと美羽ちゃんの友情パワーに号泣待ったなしだった、プラウィズ担当のわせです(涙 まさしく愛のパ...
プラネット・ウィズ6話考察・解説!隆の砂化と小瓶の関係性
こんにちは… 隆(所長)の退場に地味にダメージを受けた、プラウィズ担当のわせです… どうしてこうなったー!!(号泣 ...

竜の正体や小瓶の砂についてはこれまでにも何度か考察してきましたが…やっと真実が明かされましたね~!

竜の正体は、「楽園の民の生き残り」でした。

竜と小瓶の砂についての新情報は以下↓の通りです。

・竜の正体は、楽園の民の生き残り

・100万年前、「肉体を捨て存在の次元を上昇させる」という種族の選択を拒み、たった一人で念動装光を重ねて巨大化した結果、現在の竜の姿になった

・その影響で、現在は本来の姿や出自、記憶などを失くしている

・楽園の民の弟

隆の記憶を保持

・地球がネビュラに襲われると知り、自身の念動装光を粉にし、素質あるものに与えて力を目覚めさせた(=竜自身が「隆として」地球に砂をもたらした)

個人的には、赤字の「隆の記憶を保持している」という情報が今後活きてくるんじゃないかな~とにらんでいます…!

以前楽園の民は、「この姿(=宗矢の兄の姿)は君が勝手にそう認識しているだけ」「物質的存在ではない我々には特定の姿形は無い」と言っていましたよね。

さらに、「その姿(=宗矢の兄の姿)やめろ」と言う宗矢に対して、「君が会いたい人の顔をしているはず」と返していました。

このことから推測するに、楽園の民は、「見る者が会いたいと思っている相手」に見えるということだと思うんです。

つまり、隆として地球で過ごした記憶が竜に残っているなら、竜の目に映る楽園の民は「宗矢の兄の姿」ではなく、「岳蔵(=会いたい人)の姿」をしているんじゃないかと…!!

プラネット・ウィズ 11_8

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

▲最終回で岳蔵さんの再登場、ワンチャンあるのではないでしょうか…!!

楽園の民の目的

対竜戦の後に、楽園の民がラスボスとして登場か…?

なんて密かに怪しんでいたんですが…楽園の民が宗矢に近づいた理由はとてもシンプルなものでしたね。

楽園の民としての立場うんぬんではなく、「弟を持つ一人の兄」として純粋に弟を救ってもらいたかっただけだったんですね…。

ラスボスか?なんて疑ってごめんよ…

スポンサーリンク

テーマ1:愛とは「許すこと」

かつて、宗矢が戦う動機は「復讐のため」でした。

そして先生や銀子、のぞさんや根津屋先輩など大切な人が増えていき、「地球を守りたい」という気持ちへと変化していきました。

5年後、宗矢の戦う理由はさらに形を変え、今度は「竜を許す」ことを目的に戦いに挑むことに。

…こう振り返ってみると、主人公である宗矢の成長物語としてもストーリーが展開していたことに改めて気づかされますね~!

この宗矢の内面の変化こそが、愛の進化そのものなのではないでしょうか。

今回の11話で多用されていた「許し」というキーワードは、EDでも用いられているんですよね。

許し合えるから 愛し合えるの

このフレーズがサビに使われているあたり、プラウィズの世界でいう「愛」とは「他者を許すこと」なのかなぁと思います。

そしておそらく、「許し」というのがプラウィズの大きなテーマの一つでもあるのでしょうね。

宗矢は竜を許し、銀子に許された

本当に見所の多かった今回の11話ですが…その中でも、宗矢と銀子の屋根上トークのシーンは特に印象深かったですよね(号泣

シリウス人の生き残りとして銀子にリエル襲撃を謝り、復讐していいと告げる宗矢。

しかし銀子は、「君には立派な愛がある」と返します。

さらには、こんなセリフまで…!

家族としてこんなに誇らしいことはない。君は僕の自慢の弟だよ。

んああああああ!!!!!銀子ねぇさん~!!!!!(大号泣

その後の宗矢の「ありがとう、姉さん」ってセリフも最&高でした…;;

(そして、そんな2人のやり取りをそっと見つめる先生も素敵!!)

確かに、リエル人として元々備わった穏やかな気質や、愛の進化種族を目指しているという事情も「復讐はしない」という結論に少なからず影響しているのかもしれません。

でも、きっとそれだけではないと思うんですよ!!

これまでも銀子は、姉のような立場で宗矢を暖かく見守ってきました。

先生に反抗的な態度を見せる宗矢を叱ったり。

のぞさんが宗矢に「戦わなくていい」「私が守る」と告げる様子を見て、「よかった…」とつぶやいたり。

プラネット・ウィズ 10_1

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

心から宗矢を大切に想い、本当の姉弟のような気持ちで見守ってきたことがひしひしと伝わってきます…!!

ちょうどOPに、

誰かを許せるとき 誰かに許されてる

という一節がありますが、そのまんま今回の宗矢に重なりますよね。

竜を許そうとした宗矢は、銀子にも許された。

OPのこのフレーズは、11話の宗矢を表していたのかもしれませんね…!

OPといいEDといい…プラウィズの世界がこれでもかー!!と凝縮されていて、本当にたまりません(感涙

封印装置のメッセージも「許し」?

「許し」と言えば、1話で虎居さんが封印装置を撃破した際のメッセージは「お前を許す。」でしたよね。

ちなみに、その他のメッセージは、

「弱くてもいいんだよ。」(美羽

「誰もあなたを恐れていないよ。」(晴海)

「何も悔いることはない。」(岳蔵)

でした。

こう並べてみると、封印装置のメッセージは人類を封印するための甘い言葉ではなく、自責の念であったり、過去のトラウマであったりから解放するための「許しの言葉」のように思えてきますね。

そもそも、封印派が地球人を封印しようとしていたのも、地球人にシリウスのような道を歩ませないため。

その方法が正しいかどうかはさておき、根本に「地球人を救いたい」という気持ちがあったのは事実ですよね。

大規模封印後に目覚めた人たちは(宗矢の呼びかけ効果もあり)平和な社会を築いていて、宗矢いわく、それは「封印派が優しい夢を見せてくれたから」とのこと。

そう考えると、封印装置はまるっきり悪の兵器というわけではなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

テーマ2:正義は他人に押し付けるものではない

さて、愛と同じくらい…もしくはそれ以上に作中に登場してきた「正義」というキーワードについても考えてみたいと思います。

今回、楽園の民が竜に呼びかけるセリフの中に、

正義は誰も許しはしない、許しなくして愛はなし、愛なくして魂なし

という言葉があったんですよね。

ここからも読み取れるように、プラウィズの世界では「正義」はあまり良いものとして扱われていないんですよね。

そもそも、竜がシリウスを攻撃したのも、「リエルを侵略した悪い奴らには正義の鉄槌を下してやるぜ~」みたいな正義感によるものですし^^;

そういえば、宗矢も「正義は鉄下駄ほど役に立たない」って言ってましたし…!

さらにいうと、名前に「正義」とついているジャッジメント先輩は、中二病キャラという自身のアイデンティティは保ちつつも、自分の価値観を他人に押し付ける様子は見られないですよね。

このジャッジメント先輩のキャラ付けにも、「自分の正義は他人に押し付けるものじゃないよ~」というメッセージが暗に込められていたりして…?

どんなに正論であろうと、周りを無視して貫こうとすればそれは正しいことだとはいえないし、孤独にもなる。

一人では生きていけないのだから、自分自身の正義に固執しすぎてはダメ。

プラウィズ内における正義の位置づけが低いのは、そんなメッセージ性によるものなのではないでしょうか。

サイキックとテレパスの対比

愛と正義。

この2大テーマをプラウィズ的に表現すると、「正義」は利己的なものであり、「愛」は利他的なもの、といえるのではないでしょうか。

これって、サイキックとテレパスの関係にも当てはまりそうですよね。

サイキックは念動装光の源にもなっていますし、どちらかというと「攻撃するための力」というイメージです。

対してテレパスは、「誰かと繋がるための力」だといえるのではないでしょうか。

宗矢とのぞさんが訓練していた「テレパス待ち合わせ」も、相手の思考を読む(予想する)という内容でしたよね。

このサイキックとテレパスの対照的な位置づけも、愛と正義というテーマになぞらえたものなんじゃないかと…!!

スポンサーリンク

プラネット・ウィズ11話の感想

すっとばした5年間、見せてくれ~!!

のぞさん→宗矢の呼び方が「宗矢くん」に変わったのはいつなのか知りたいし、宗矢が晴海&美羽に柔道の稽古でしごかれまくる話も見たいし、紅葉さんと葉介が髪を切った時期も知りたいんですけどー!!

ただ、このテンポの良さがプラウィズの素晴らしい点でもあると思うので、その辺りはあれこれ楽しみながら想像して補おうと思います!笑

あと、個人的には、ラストの「あいつ、兄ちゃんだったのか」という宗矢のセリフが深いなぁと思いました。

プラネット・ウィズ 11_15

©水上悟志・BNA・JC/Planet With Project

それまで宗矢にとって楽園の民は、「兄ちゃんの姿をした偽者」みたいな位置づけだったと思うんです。

ただ、今回「弟思いの兄」という一面があらわになったことで、宗矢は楽園の民に対して、実の兄に通じるものを見出したんじゃないかと。

兄の容姿、尚且つ兄に通じる内面を併せ持った相手として楽園の民を見たことで、宗矢の中で「復讐」「兄の仇を取る」という当初の目的が本当の意味で昇華されたのではないでしょうか;;

それからもう一つ。

記事内でも書いたように、大体の伏線や疑問点は回収されたと思うのですが…まだ“あのキャッチコピー”が回収されていないんですよね。

「幸せだったことを、俺は忘れない」

この言葉には、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

きっとその答えも、最終回を見終える頃には見えてくるはず…!

広げた風呂を敷畳み切れるか不安になるアニメも多い中で、プラウィズに関しては「きっと大丈夫」という謎の安心感がありますよね~。

「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」という次回タイトルからして、気持ちよく物語をまとめてくれるだろうと期待せずにはいられません…!!

登場人物たちが幸せなラストを迎えられるよう祈りつつ、最終回の放送を待ちたいと思います。

あー!!終わってほしくなーい!!

それでは、また12話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

▼当サイトでは他多数の作品も考察しています!

【見逃し厳禁!】2018夏アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第22回】
どーも、視聴したアニメは1000本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者のぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"ア...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者のぶさんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしているのぶです。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今回...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは ひろです。 いつも考察楽しみにしています。
    今回 竜の生い立ちも判明していよいよ最終決戦に向けてクライマックスになってきましたね。最終回では、隆とおじいさんも一時的な復活をするのではないでしょうか。
    全員集合して 大円団でおわりのような気がします。
    来週の最終回よろしくお願いします。

    • わせ より:

      >ひろさん

      いつもコメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      隆と岳蔵じいちゃんの復活、ぜひ見たいですよねー!!(´;ω;`)
      2人を含め、登場人物たちみんなが幸せになれるよう願ってやみません。
      宗矢たちがどんな結末を迎えるのか、最後まで一緒に見届けられれば嬉しいです!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  2. kuirou より:

    ラスト1話、
    楽しくみましょう。

    • わせ より:

      >kuirouさん

      はじめまして(^^)
      コメントありがとうございます!

      ついに今夜から最終回が順次放送されますね…!
      放送が終わってしまうのは寂しいですが、ラスト1話一緒に楽しみましょう!!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)