天狼12話(最終回)考察・感想!2期の可能性&残された謎【シリウス】

うぅぅ…予想していたとは言え、ミハイル兄さんの最期に慈悲がなかったことに茫然自失な天狼 Sirius the Jaeger担当の模造紙です。

シリウスの匣がすっごい万能感を醸し出しているので、実はミハイル兄さん返り咲きEND?とワクワクしていたのですが、淡い期待はあっさり打ち砕かれました(青筋)

さて3カ月に渡る物語も今回で終焉を迎えましたが、終わってみると無難にまとまった「いい最終回だった」という印象でした。(悪い意味じゃないですよ!)

それでは最終話の今回も、気になった箇所や残された謎について考察を進めて参りたいと思います。

スポンサーリンク

シリウスの匣とは結局何だったのか?

はいー!! こ れ で す よ ね !!! (真顔)

思い返すと放送前の事前記事からシリウスの匣に関しては予想を巡らせていたのですが

https://animedeeply.com/mozoushi/sirius-the-jaeger/16370/

▲放送前記事はこちらです!

放送前はシリウスの匣の中身や何ができるのかについては言及していませんね…解錠する人物争奪戦になると予想していて、それが涼子お嬢さまかなと思っていたのですが、普通に末裔のユーリィでした 笑

どちらかというと、話のキーは匣の在り処とユーリィに目的を定めさせるところにあったという。

自分メモも兼ねて(←)シリウスの匣に関して整理しておきたいと思います。

シリウスの匣の隠し場所

南樺太の岩山の中に造られた、シリウスの聖地と言われる場所に封印されていました。

https://animedeeply.com/mozoushi/sirius-the-jaeger/18913/

ユーリィ&ミハイルの父・アレクセイが世界と家族を守るために、自ら生贄となり封印を施していたんですね。。

元々はシリウス一族の隠れ里であるドックヴィルに安置(おそらくは王族の墓所で守られていた)のでしょうが、日本軍から派遣された赤坂大尉から『列強諸国がシリウスの匣を狙っている』との情報を得たことで、5000年という永い歳月をシリウス一族と過ごしたシリウスの匣を里の外に持ち出すに至った経緯がありました。

シリウスの匣を解放するの今のタイミングじゃないとダメだったのか…という野暮な疑問が頭を過ぎりますが、それはまぁ父親を呪縛から解き放ちたかったからだし…。

でもエフグラフと闘って勝利してからでも匣の封印解くのは遅くはないと思うんだけどな…ちょっとこのへんは展開に説得力が無くて無理やり感がある気がしますね。

シリウスの匣の使い方

これに関しては11話&最終回で、エフグラフとユーリィが身を持って示してくれているわけですが。

これはもう食べ物ですね! 笑

正確には、己の体内に取り込むことでシリウスの匣の力が浸透するという感じでしょうか。

ただし、膨大すぎるパワーに肉体が耐えられないとエフグラフのように暴走、逆に匣に乗っ取られてしまうという。

天狼 エフグラフ

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

ウィラードも言っていましたが、用途によっては神にも悪魔にもなれる、でも強大すぎる匣の力はヒトでは抑えることが不可能だと。

それを受け、対となる匣が誕生したわけですが、これには前回立てた予想通り抑制効果があった模様。

ただし匣の力が猛威を振るった場合に制御するとか無効化するのではなく、シリウスの匣と融合させることで常人でも扱えるレベルに安定させるって具合みたいですね。リミッター的な。

天狼 シリウスの匣

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

古代シリウス一族はシリウスの匣そのもので使えていたみたいですが、使いこなせていたかは別として、これは古代人は狼の血が濃いから(ヒトから遠く精神力も肉体も強靭だった)単体でも使用可能だったのかも。

人間との混血化が進んでヒトに近づいていくにつれ、匣の力に飲まれる危険が増すと察知したから故の、対の匣の登場だったのでしょう。

『古門書には5000年の間一度も使われた記述がない』とされていますし、神聖視されると共に絶対に一族の外に出してはいけないレベルの危険アイテムして認識されていたのがわかりますね。

そもそもシリウスの匣は何処から来たもの?

まったく作中で明示されず残った最大の謎。

同様に対の匣に関してもですが、一体どこからやって来たものなのか?

シリウス一族の起源もはっきりと描かれませんでしたし、狼と人間が交わって生まれた種族なら「人狼」でいいのに敢えて「天狼」と表記するということは…。

もしかしてルーツは宇宙や異世界だったのではと考えざるを得ません…(混乱)

天から降りて来た天界の民が起源だから天狼…とか名乗ってるんじゃ(大混乱)

何でもできるスペシャルアイテムが何の試練も無く湧いて出て来るわけないですし、超進化を遂げた違う星の古代人種がシリウスの匣をもたらしたとかなのかな…。

シリウスの匣をなんでシリウス一族が持っていたのか

これは↑上記で既に『シリウスの匣がどこから来たのか』と絡めて考えていますが、シリウスが種族として繁栄する以前から匣はあったと一族に存在していた考えるべきでしょう。

違う星とか超発展したオーバーテクノロジーを有した種族が、匣を持って地球に移住し、シリウス一族の始祖となったのかなぁ。

シリウスの匣で何ができるのか

何でもできるらしい…(迫真)

ウィラード曰く、神にも悪魔にもなれる力だそうなので、万能感が半端ないのですが、実際何ができるのかあやふやで終わっちゃいましたね。

まぁ、曖昧な代物っていうのがある意味真実とも言えなくないのでしょう。

エフグラフは匣と同化した途端、己の肉体に湧き上がる叡智に恍惚したのか一気に小者臭が漂っていましたが。

本来の吸血鬼の力が増幅したのは間違いなさそうですし、それこそエフグラフも暴走せず自我を保てていたとしたらタヒに至る病の根絶も可能だったかもしれません。

具体的に匣で何ができるのかに関しては明らかにされないまま、アレクセイもミハイルも退場しちゃいましたし。

匣で何を為すことができるのか――ユーリィの旅はそれを探る旅でもあることが、匣の正体が明確にされなかった理由なのかもしれませんね。

対の匣と融合したことで、MAXの力は発揮できなくなったのでしょうが、抑制力が働いたことで人間でも使えるかもしれないわけで、まだまだ匣の存在が世界の脅威であることには変わりありません。

ある意味、封印されたままのほうが世界の安全は確証されていたと言えなくもないですが…。

スポンサーリンク

シリウスの匣を宿したユーリィの今後は?

これまでのシリウス王家の人間も、父も兄も歩めなかった第3の道に足を踏み出したユーリィ。

対の匣と融合させたことで、ユーリィの体内に取り込んでも現時点は暴走せずに済んでいるようでしたね。

天狼 ユーリィ ウィラード

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

ただ、ウィラードに「暴走したらコ口して欲しい」と伝えている点からも抑止力も存外アテにならないみたいで、吹っ切れたユーリィの表情とは裏腹に危険を伴う人生であることは確かなようです。

そして最大のデメリットである、匣を持つことで世界中の多くの陣営から狙われる点ですが…これはまぁ、ウィラード一行が影ながら守って手助けしてくれそうですし、余程の世界情勢に影響力のある大国の捕虜とかにならない限りは大丈夫なんじゃないかと。

唯一怖いのが時代背景であり、作中の舞台は昭和初期とされていることです。

つまり数年後には第二次大戦が勃発するタイミングということです。

伊庭少佐はシリウスの匣について「いつまで経ってもエゴをぶつけ傷付け合う愚かな人間には扱えるものではない」と称していますし、人間の手に渡ったところで有用な使い方はされないのでしょうがね…。

天狼 伊庭少佐

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

そのエゴや欲で争いを止めない人間が強大な力を手に入れちゃったとしたら…もしドイツやソ連あたりも狙っていたとしたら…と考えて背筋が寒くなっちゃいました。

この先に世界規模の大戦が控えるなかシリウスの匣を列強諸国や様々な陣営が狙うこと自体が、人間同士の醜い諍いへの揶揄とも取れてなかなか上手い時代設定だったんだと感心しました。

スポンサーリンク

真のヒロインは誰だったのか

放送開始前は涼子お嬢さまがヒロインポジションかと思っていたのですが…なんだかよくわからないまま最終回を迎えてしまいました。

というわけで最後に真のヒロイン考察を真面目にやっておこうと思います。

大穴:タマーラ

▼エピローグ、完全にタマーラENDでしたよね! 笑

天狼 ユーリィ タマーラ

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

唐突なユーリィのヴァンパイアをも救いたい発言といい、飛行船内で結果的にとはいえエフグラフから助ける形になったことといい、普通にフラグが立っていたという。

ほら…ユーリィってば幼女好きだから…。

ちゃっかり道中一緒に行動してるっぽいし、タマーラはエフグラフの派閥だったから穏健派の年寄りたちの元には居づらいってことなのかな?

最後、てっきり塵になって消えちゃったのかと思ってたのですが(病のせいか、それとも朝日を浴びたせいで)

天狼 ユーリィ タマーラ

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

姿が消えた後のユーリィのこの表情を見ると違うような気もしますね。

天狼 ユーリィ

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

▲爽やかすぎる…

灰だとおもっていたエフェクトは窓を開けてタマーラが飛んで出て行った時に、外から入って来た雪だったというオチでしょう。

消えた&消えていない。どちらとも取れる凝った演出でしたね。

ここに来てのタマーラの可愛さといじらしさは、これまでの悪行を帳消しにしてしまうレベルでした!

対抗:涼子お嬢さま

公式ヒロインはお嬢さまなんでしょうね。

ただ、序盤からパーソナルスペースが異常に狭くてグイグイくる性格や、ストーカー気質はヒロインとしてはどうなのかっていう。

結局、最後までユーリィには相手にされていませんでしたしね。

11話でユーリィに武器を渡した時の名前呼びで、ようやく少しは心許せる相手として認識してもらえた感じでしょうか。

涼子お嬢さまの武器は猪突猛進なアクティブさなので、経営学を身に付けてレベルアップしたらユーリィにも違う印象を与えるでしょうし、今後に大いに期待できるキャラです。

まだまだ振り幅が大きく成長しそうな子なので場合によっちゃ化ける可能性は高いですよね。

涼子お嬢さまと言えば1話の直江家の英国風花壇での場面、「見た目が美しくても肥料の与え過ぎで根が腐りかけてる…」みたいなユーリィとの会話があって、それが今回の最終話での「目に映るものがすべてではないということ、異なる世界をどのように見つめればよいかを教えてくれた」に繋がるのが気持ちよかったです。

天狼 涼子

© Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger」製作委員会

ある意味、物事の捉え方の真理ですもんね。

本命:ミハイル兄さん

主人公の兄ですが完璧にヒロインポジションに収まっていましたよね。

彼の行動原理すべてが弟を危険な目にあわせず守ることでしたから。

散りざますら美しく涙を誘うとか、これは今後もずっとユーリィの心の中で生き続ける不動のヒロインとしか言えないでしょう。

こういうヒロイン2000年代のアニメで結構見たような気がします。

2期の可能性

シリウスの匣をすべて背負って出発したユーリィ…。

というわけで物語の引きとして続編が十分ありえる終わり方だったと思います。

ですが、シリウスの匣の全貌が明かされず敢えて曖昧にしているんだとしたら、無理に続きは作らずこのままのほうが逆に綺麗なまとめ方とも言えますよね。

1話から引っ張って結局わからずじまいだったわけで、でも主人公が目的を新たに踏み出して周囲の面々も憑き物が落ちたような清々しい顔をしていて、かなり良い収束具合だと思うんです。

伏線がすべて回収されたわけでもなければ、それこそ謎はいくつも残っていますが、希望の持てる光ある未来を予見できるENDであるからこそ続編は蛇足感すら漂います。

私はかなり楽しめたので、この〆方で良かったですね。というわけで、個人的には2期はないんじゃないかと考えています。

スポンサーリンク

天狼最終回の感想

今回、TOKYO MXにおいては当日いきなりの放送取りやめという事態で、ネット界隈がざわついていましたね!

納品ミスや納期遅れってわけではなさそうなので、単なる放送コードや規制にひっかかったって理由なんでしょうね。確かMXって納期は遅かったはず。

しかし何の描写が一体ひっかかったのか…多分スプラッタ的なアレなんだろうけど今までも似たようなシーンはあったのによくわかりません。

地上波ってエ口には比較的寛容な気がするんですが、血グ口やえげつない描写は何でここで規制?ってのありますよねーよくわかりません。

▲ちなみにMXの放送日決定したみたいですね。差し替え箇所気になるので誰か教えてください。

そして全体を観終えての総評ですが…良く出来た佳作だったなぁという感想ですね。

放送中も散々色んなところで言われてましたが、事前評判がそこそこ良かったわりにはイマイチ盛り上がりに欠けましたよね。

ストーリーも演出も良かったのに、それこそアクションや劇伴は今季アニメで5本の指に入るんじゃないのってくらい秀でていたと思います。

ただ何故か盛り上がらず…笑

思うに、良くも悪くも王道で多くの人の予想を逸脱しなかった定番のストーリー展開だったってのが一番の理由でしょうか。

何というか…非常に優等生的な作品なんですよね。アニメ関係の仕事を志す人は見ておくべき教本としてあげていい作品なんじゃないかと。

気持ちよく期待を裏切ってくれる創作物に慣れていたり、奇をてらった設定の作品に溺れていると物足りないと感じるのかもしれませんね。

ともあれ私は考察担当していたことで、かなり突っ込んだ見方や様々な角度からのキャラ分析もしてみたりで楽しめたほうだと思います。

夢中になって全12話完走出来たのは確か…良い作品に出会えたと制作陣には感謝しています!

それでは拙い内容でしたが、天狼考察記事はこれにてお終いです。

来季も別アニメを考察して参りますので、良ければお読みいただければと思います。

それではまたいつかどこかでお会いてきますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ななし より:

    (細かくてどうでもいいかもですが)タマーラはロイヤルズなので病気で灰になった可能性はありますが、陽の光で消えることは無いはず…

    • mozoushi より:

      >ななしさん

      コメントありがとうございます!
      確かにおっしゃるとおりですね~。
      下位種吸血鬼ならともかくタマーラは太陽光で消滅はないのかも…
      ご指摘ありがとうございます(^^)