プリンセス・プリンシパル3話の感想・解説・考察!ベアトリスの過去と声

こんにちは!くまこฅʕ•ᴥ•ʔฅです!

いやあ、プリプリいいねえ。ベアトリスが可愛すぎますね。(何度でも言います笑)

姫様!姫様~!(´;ω;`)って取り乱しているベアトリスがもう可愛すぎて、可愛すぎるしか言えません(笑)

ベアだけに熊さんみたいなふたつのお団子がもう可愛すぎますね。

3話はそんなベアトちゃんが大活躍の回でした!

前回考察した通り、1話だけが未来の出来事で、2話から順を追ってストーリーが展開されているみたいですね。

3話では、プリンセス&ベアトリスが仲間になったアンジェたちスパイチームは、共和国側から盗まれた紙幣の原盤を取り戻すミッションを受けます。プリンセスの立場を利用し、表敬訪問と称して飛行戦艦の内部に入り込むことに成功しましたが…?というストーリーでした。

それでは、3話「case2 Vice Voice」を考察していきましょう♪

スポンサーリンク

ベアトリスの秘密

3話ではベアトリスの衝撃の事実が明らかになりました。

機械狂いの父親に改造されていた

それは、ベアトリスが機械の体であること。

しかも元々は人間だったのに、機械狂いの父親の趣味で人体実験のように体を改造されてしまったことです。
プリンセス・プリンシパル 改造シーン

3話のタイトルでもある「Vice Voice」は、ベアトリスの喉から出る声のことを指していたんですね。

声帯を機械に改造されてしまったベアトリスは、急に喉から機械のような音声が出始め、慌てて隠れた場所で調整をしていました。
プリンセス・プリンシパル 喉を直すベアトリス

機械仕込みの人口声帯だから声を変えられる

アンジェの危機を救うため、咄嗟に自分の声を変えることで扉の向こうの兵士を欺いたベアトリス。
プリンセス・プリンシパル 変声機能を使うベアトリス

ベアトリスは、変声の機能を使うのは初めての様子でした。

自分の喉が変声可能なことを知っていたけれど、自分が機械の体ということに大きなコンプレックスを感じていたため、使おうとしなかったのではないかと考察できます。

1話(話の流れとしては3話よりも後のストーリー)でも、ベアトリスは変声を利用して王国のスパイ対策本部に電話をかけ、作戦を成功に導いていましたよね。

他にもベアトリスの機械の体にどんな機能が隠されているのか楽しみですね。

スポンサーリンク

ケイバ―ライトについて

物語に出てくるケイバ―ライトという言葉。

どういうことなのか、まとめてみます。

公式サイトのWORLDに書かれている「ケイバーライト」の解説はこうです。

科学者ケイバー博士によって開発された物質で、重力を遮断し周辺の空間を文字通り「無重力」することが出来る。王国の科学者たちは、このケイバーライトを蒸気機関の熱を利用して操る方法を研究し、浮遊し移動する機械を次々と生み出した。ケイバーライト飛行戦艦による空中艦隊は、その代表例である。

つまり今回出てきた飛行戦艦は、ケイバ―ライトの力を利用して飛行しているということです。

また、アンジェが緑の光を纏いながら空中を飛行できるのもケイバ―ライトの恩恵です。
プリンセス・プリンシパル 飛行するアンジェ
アンジェが持っているCボールという手の平サイズの球体を操り、空中を飛行しているのです。
プリンセス・プリンシパル Cボール
公式サイトにあるCボールの解説はこうです。

アルビオン共和国諜報委員会が推進した「個人携帯型ケイバーライト移動装置」計画によって開発された、高濃度ケイバーライトを利用した個人型重力制御装置。
並外れた高濃度ケイバーライトであるため、巨大な蒸気機関の熱は必要ではなく、体温などの微妙な温度変化で重力を制御出来る。しかし、連続使用するとCボール自体が熱を放ち、冷却しないと制御不能に陥る。
国家予算を投じた巨額な兵器であり、共和国から認定された重要任務に従事する工作員にしか支給されない。その存在は国家の最高機密であり、共和国内部でも知る人はほとんどいない。

アンジェは重要な任務に当たるためにコントロール(共和国スパイの元締め)からCボールを支給されているということですね。

連続使用した場合は冷却しないと制御できないということを除けば、最強の武器です。

一方、ケイバ―ライトの力が強力すぎるゆえ、弊害もあるようです。

1話でエリックの妹エイミーがケイバ―ライト障害と言われていたように、正しく扱われずに漏れてしまうと人体に障害を残すなどの影響が現れてしまうようです。

アンジェの能力

ケイバ―ライトの恩恵を受けて大活躍しているアンジェですが、アンジェ自身が信じられないほど高い能力を持っています。

今回明らかになったのは、盗聴したたくさんの音声を聞き分ける力と、とんでもない記憶力の良さです。

聖徳太子のように盗聴の音声を聞き分け、原盤の在処を突き止めました。
プリンセス・プリンシパル 盗聴
今回は3種類の音声でしたが、放送後のラジオの解説では「聖徳太子ぐらいは聞き分けられる」とのことでしたので、10種類くらいの音声を一度に聞いて聞き分けることができるみたいですよ。

そしてそのあと、記憶力の高さを発揮します。

追い詰められたアンジェを救うため、ベアトリスが変声機能を使い、扉の中にいる少佐に成りすまして、事なきを得ます。

しかし不審に思った扉の向こうの兵士が「スチュアート軍曹であります。先日の件はどうなっておりますか?」とかまをかけます。
プリンセス・プリンシパル かまをかけた伍長
「先日って…?」と同様するベアトリス。

アンジェの指示により、「冗談はよせ。その声はヘンリー伍長だろ。ジェニファーにプロポーズするんだろ。行って手柄を立てて来い」と言い、兵士は納得して別の場所へ向かっていきました。
プリンセス・プリンシパル アンジェとベアト

盗聴していた内容を事細かに覚えていただけではなく、どの声がなんという名前の人物から発せられていたかを正確に記憶していたアンジェ。

素晴らしすぎる記憶力の高さですよね。

絶対に敵に回したくない逸材ですね。

スポンサーリンク

「プリンセス・プリンシパル」3話感想

いやあ…。ベアトリスの体にもびっくりでしたが、アンジェの能力の高さにもまたビックリです。

ドロシーの色仕掛けも炸裂してましたね。最強すぎるプリンシパルチーム!

来週は、まだ詳細が描写されていない「ちせ」の正体が明らかになる展開かなあと思っています。

日本人で忍者の設定みたいなので、どんな人物なのか楽しみですなあ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする