デカダンス4話感想・考察・解説!カブラギの苦悩について考えてみた

さぁ変革の時。

どうも、ロシアスキーでございます!

デカダンス』、第4話の放送が来ましたねー。

さぁてどんな展開になるのやら、と期待してみたらまた衝撃。

ホント、翻弄されてるわぁ……とにやけつつ、語ってまいりましょう!

スポンサーリンク

デカダンス 第4話 あらすじ

訓練に出かけていたナツメ、カブラギの二人はデカダンスへのガドルの襲撃に巻き込まれることになってしまう。

その混乱によってパイプが戦場へと飲み込まれることになり、ナツメはパイプを追う。

カブラギもまた、ナツメを追うのだが、すでに戦闘は開始されていた。

カブラギの言葉を聞き入れず、戦場へと飛び込むナツメ。

最初こそ、ガドルとの戦闘に混乱してしまっていたナツメだが。

すぐさまカブラギのアドバイスを思い出し、見事に戦えることを証明してみせる。

その戦い方を見ていたクレナイにより、『かの力』にスカウトされることになったナツメ。

そんなナツメにエールを送るカブラギであったが、仲間であるミナトから衝撃の事実を聞かされることになる。

新イベントであるガドルの巣の攻略。それは、攻略不可能のイベントである、というのだ。

ギアはともかく、タンカーたちは当然そんなことは知らない。

ナツメの身を案じるカブラギは、ナツメに今回の出撃は控えるように、と言うのだが……。

といった感じで……。

なんでしょうな。見事と言いましょうか。

2話3話と、前向きな感じで話を進めておきながらこの展開……!

まぁやきもきするのですが……!

要点について語ってまいりましょう!

スポンサーリンク

イベントから見るタンカーの扱いについて

まず語りたいのはこちら。

新イベントの内容から見るタンカーの扱いについて』でございます。

……まぁ正直分かってはいたんですけれども。

サイボーグたちはタンカー(っつーか人間)のことはもうそれこそ『原住生物』か『資材』かってくらいにしか見てないですねぇ。

まぁコレに関しては「そらそうだわなぁ」って感じなのではありますが。

とはいえそれがたとえばフギンとか。そういう管理側のサイボーグ「だけ」がそう言ってるそう考えてるならいいんですけど。

どうにもサイボーグは全体的にそう考えているようなんですよねぇ。

というのも、カブラギに対して話しかけていたミナトは。

デカダンス 4話 ミナト

©DECA-DENCE PROJECT

今回デカダンスに巻き起こる新イベント『ガドルの巣攻略』について……。

攻略不可能イベントであり、多くのギアがリタイアし、そこで往年のランカーたちが復帰する」という展開を狙ってのものだ、と言っていました。

デカダンス 4話 ランカーたち

©DECA-DENCE PROJECT

ただそこでミナトはタンカーについては全く言及していなかったんですよねぇ。

……ってのは、やっぱりタンカーについてはそもそも考える必要がない、ってことの表れだと思うんですよ。

でもそりゃあそうなんですよね。だってデカダンスってサイボーグのための娯楽施設なんですから。

サイボーグにしてみりゃあ「そこにいるだけ」の人間になんぞ気を配ってなんていられないですよね~。

つまるところ、サイボーグはあくまでもサイボーグたちを主体としていて。

それこそ人間が動物に対して抱くような……。

「命として、我々が上位である」みたいな感情を抱いているのでしょうね。

とはいえ、逆に言えばそこに置いてナツメを気にかけるカブラギは他のサイボーグとは一線を画した存在、ってことにもなりますよね。

……と、ここまで改めての再確認としてサイボーグの人間へのスタンスについて語ってまいりましたが。

やっぱりこれは、今後人類側がサイボーグの存在とデカダンスの真実に気づいたとき。

かなりの全面対決は回避できないのではないかなぁ、って感じに見えちゃいますよね。

そうなったとき、カブラギとナツメはどんな反応を見せるのか……。

ちょっとワクワクしますけど、不安もありますねぇ……。

……あと、デカダンス運営に一つだけ言っておく。

クリア不可能のイベントとかふざけてんじゃねぇぞぉぉぉ!」w

デカダンス 4話 新イベント

©DECA-DENCE PROJECT

(これは運営にイベント修正の署名活動待ったなしですわw)

スポンサーリンク

カブラギの苦悩

続いて語りますはこちら。

カブラギの苦悩』についてちょっと語っていきたいと思います。

今回見事にカブラギは主人公的ムーヴをしておりましたねぇ……。

デカダンス 4話 カブラギ

©DECA-DENCE PROJECT

ミナトから新イベントの事実を語られ、それにより出る被害について気づき……。

ナツメに対して情の湧いてしまっているカブラギとしては、なんとかナツメを守りたいものの……。

当然ではありますが、ナツメに世界の真実を語ることなどできず、ついつい言葉や態度を荒げてしまう……。

デカダンス 4話 消沈

©DECA-DENCE PROJECT

正直、見ていて非常に心の痛いエピソードではあったのですが。

これについて思うのは、『作り方が上手いなぁ!』っていうことですね。

このカブラギの苦悩に関してなのですが。

ナツメたち、この世界に生きる『人間』は当然世界の真実は知らない。

しかし我々視聴者は2話で世界の真実を知っている訳ですよね。

それゆえに、カブラギの気持ちは痛いほどに分かるし、それを伝えられないのも納得できてします。

(もしもカブラギがナツメに真実を語ってしまった場合、ナツメがどんな反応をし、どう行動するかも予想できません。

 その場合……最悪ナツメがその真実を吹聴してしまえば、デカダンス全体を揺るがす大事件になることが想定されます。

 そんなことになれば、サイボーグたちは人間に対して何をしでかすか分かりませんからね……)

でも当然、言葉にして伝えられない以上、ナツメにはカブラギの真意は伝わらない。

だからこそ、どうしてもすれ違ってしまうし、我々はそれを見守るしかない。

なのでそこでカブラギに対して視聴者としては感情移入してしまう、と……。

ホント、この構造は上手くできてますねぇ……!

……と、ここまではこのカブラギの苦悩についての『シナリオ面・構成面』について語っていきましたが。

実際のところ、このカブラギの悩みってのはどこかでしっかりと解決しない限り……。

カブラギの立場上、いつまでもカブラギについて回る悩みだと思うんですよ。

ただ上でも語った通り。カブラギはそれを簡単に語るわけにはいかないんですよね。

語るにしても、その時を待つしかない、と言いますか……。

これ、本当に上手いタイミングで語れればいいのですが……。

もしも、悪いタイミングで語ることになってしまったり。ポロッと意図してないタイミングで漏らされたりしたら……。

……って考えると、なんだか先行き不安ですよねー!w

なんにせよ、このカブラギの苦悩。

これは物語の重要なターニングポイントとして設定されているであろうことは間違いないでしょう。

カブラギがナツメに真実を告白するとき。それはどんなタイミングで、どんなことが起こるのか……。

ここは非常に重要なポイントでしょうね!

クレナイという女性について

続いて語りますはこちら。

タンカー最強の戦士・クレナイ』について語りたいと思います。

デカダンス 4話 クレナイ

©DECA-DENCE PROJECT

実際クレナイは1話時点でもかなりの実力を見せていましたが。

今回も最強の名に恥じない戦いっぷりが見れましたね!

まぁ~ナツメが憧れるのも分かるってもんですわなぁ……。

で、性格も非常に良いですし……。

なんでしょうか。まさにカリスマとでも言いましょうか。かなり人望もある様子。

……いやいや、何この完璧超人w

と、言っても。そんなクレナイもカブラギには頭が上がらない、というか……。

デカダンス 4話 ミーハー

©DECA-DENCE PROJECT

カブラギには憧れがある様子でございますがw

まぁその辺りはカブラギがトップランカーの一人だったことを考えれば、納得できる部分ですよね。

ただまぁ、戦う理由としてナツメに語った「カブ様に似合う女になるため」ってのは、本当かどうかはちょっと、ですがw

デカダンス 4話 理由

©DECA-DENCE PROJECT

このクレナイ、ナツメの戦いっぷりを見てスカウトすることを躊躇しなかったり。

悩むナツメに対してアドバイス、というか。ちょっとした後押しをしてあげたり……。

まさに予想通りといいますか。ナツメに対する先輩キャラとしての働きを見事に果たしているんですよね。

……だからこそ。ちょっと不安な部分もあるんですけれども……。

……まさかこの先輩ポジションのキャラであるところのクレナイ。

リタイアなんてしないだろうなぁ……!?

実際のところ、それすらありえそうなのがおっかない部分なんですよねぇ……。

個人的には、カブラギとのコンビネーションや、ナツメとの連携に期待したいところなので……。

クレナイには何とか最後まで生き残ってもらいたいのですが。どうなることやら……!

スポンサーリンク

デカダンス 第4話 感想

さて、ここまで4話について語ってまいりましたが。

その4話の個人的感想といたしましては……。

面白みが増してきたなぁ……!

いや、正直ここからナツメとカブラギの物語が穏やかなもので進み続けるとは思ってはいませんでしたが。

まさか早くも師弟の衝突があり、ナツメの身に危機が迫ることになろうとは……!

これはもう否応なしに次回への期待が高まるってもんですよね!

上でも語りましたが、カブラギサイド(サイボーグサイド)については視聴者は把握してしまっている。

しかし、だからといってそれはナツメの言動に対して「この分からず屋がぁ!」ってはなりにくいといいますか。

ナツメちゃんの境遇とかもカブラギは全部は知らないわけであり。

何なら、ナツメちゃんの心の中なんてカブラギはどこまで察せているのか、ってことになりますし。

その上で二人は別にいがみ合っているわけじゃなくて。

カブラギはナツメの身を案じているし、ナツメだってカブラギのことは尊敬している。

なのにすれ違ってしまっている。いや、すれ違わずを得ないこの状況。

なんでしょうねぇ……切なくも物悲しく、しかして美しい……。

……って感じ入ってばかりもいられないんですよねぇ。

実際のところ、この世界では人間はデカダンス内部で細々暮らすしかない。

それを受け入れている人間もいれば、そうでない人間もいる。

そんな、そうではない人間の代表格のようなナツメの動向は、いい結果をもたらすのか、悪い結果をもたらすのか。

まだまだ物語は4話目。ここからどうなるか、なんていうのはまだまだ未知数ですからねぇ……。

とりあえずは、次回はかなり大規模な戦いになりそうですから。目が離せませんね!

デカダンス感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
『デカダンス』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

以上、ロシアスキーでした! 次回もよろしくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする