東京リベンジャーズ19話感想・考察・解説!消えたバジとキサキの3番隊

こんにちは。くらむBONです。

この記事は東京リベンジャーズのアニメ19話について、原作未読アニメ勢が考察していくシリーズです。

19話では血のハロウィン抗争が開始され、バトル展開が熱い回でした。

タケミチが根性で未来を変える意思が発揮されて、トーマン各隊のケンカシーンが描かれ一見ファンサービスに優れた展開なのですが、肝心の部分が抜け落ちているようです。

今回のテーマはマイキーの十字架と、消えた3番隊について考察します。

原作既読の皆さんは未読ライターが前情報一切なしで考察する様子をお楽しみください。

スポンサーリンク

血のハロウィン抗争とマイキーの十字架

東京リベンジャーズ 19話 相棒 千冬

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

トーマンとバルハラの雌雄を決すケンカが2005年世界で始まり、タケミチはミッションの目的であるバジを守るために姿を探しますが、見つかりません。

とにかく、ケンカに勝たないと何もできないことを感じたタケミチは、弱いながらもミツヤや相棒の千冬の力を借りながら抗争に参加します。

まずは今回の血のハロウィン抗争を振り返りつつ、気になった部分を考察していきましょう。

この記事はネット上の原作考察などを入れない形で、アニメ作品初見の所感のみで考察を進めますので、考察部分に関しては個人的な意見としてとらえていただければ幸いです。

へなちょこタケミチ

東京リベンジャーズ 19話 タケミチ ミツヤ

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

構成員の人数差や年齢層による体力差から劣勢になったトーマンの士気を取り戻したのは、へなちょこ不良少年タケミチの雄たけびでした。

ケンカ自体は弱くて戦力にはならないタケミチですが、ヒナやみんなを救いたい一心で抗争を終わらせる意志を発露します。

ぐるぐるパンチで抗争の中に飛び込んでいく様はカッコ悪かったけど、不良少年漫画ぽくて良いシーンだったと思います。

ここでタケミチの未知なる力が覚醒して俺Tueeeee展開になっていたら、興ざめしてしまうので、弱いけど気持で行動しているところがタケミチに共感できる所なのでしょう。

ドラケンvs半間

東京リベンジャーズ 19話 ドラケン

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

マイキーと一虎の対決が始まってドラケンの相手は半間となり、数で勝るバルハラがタイマンなどするはずもなく、ドラケンはハンデを背負ったまま抗争で暴れる展開。

半間は「だりぃ」せいか、のらりくらりとドラケンとケンカしながら、何かを待っている様子です。

ドラケンは一人で戦況を変える働きをしますが、半間個人には決定打が与えられませんでした。

半間を見ているとしゃにむにドラケンにケンカで勝とうとしている感じがしないので、これは遅滞戦術なのではないかと考えられます。

2017年世界でドラケンが語ったキサキの策で、2005年世界の半間に与えられた役割はドラケンを足止めして、マイキーに一虎を56させる時間稼ぎをしているのではないでしょうか。

マイキーの十字架と一虎

東京リベンジャーズ 19話 カズトラ と 対峙する マイキー

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

マイキーは抗争が始まってしまっても、どこかで一虎と和解できるのではないかと考えていたようで、もう一度語り合う道を探していたのでしょう。

一虎が家庭環境で背負った闇を理解していたからこそ、兄の仇である一虎に有利な証言をして、トーマンに戻ってくることを期待していたマイキー。

シンイチロウ事件の闇に飲み込まれた一虎が、もうマイキーの知る一虎ではないと知ったマイキーは一虎を一撃で沈めてしまいます。

2017年世界の血のハロウィンの顛末でドラケンが語った、マイキーの背負った十字架とは兄シンイチロウのことだけなのでしょうか?

キレたマイキーの様子からマイキーには二面性があって、仲間への執着(愛情)を持っている理性的な部分と、手に入らないものは破壊してしまう衝動的な行動に出ていることから、マイキーの精神も壊れてしまっている印象を受けました。

シンイチロウの事件はマイキーの精神が壊れるキッカケの一つになっている感じがします。

スポンサーリンク

消えたバジと3番隊

東京リベンジャーズ 19話 マイキー 身代わり

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

これまでの抗争でトーマンの勝利条件であるバジの姿がなく、キサキの手駒3番隊の描写が全くないので不穏な雰囲気。

可能性としてバジは潜入がバレていて、既に「キサキ・一虎」によって始末されてしまっているパターン。

または、茶番の結末に向けて3番隊を温存しているキサキを警戒して、姿を隠していたバジが後から登場するなどが考えられます。

2017年世界でタケミチが見た記憶ではキサキの特攻服が奇麗なままで、とても抗争に参加していたようには見えないことから、戦力を温存していると推測。

気絶した一虎をマイキーが56してしまうとミッションが失敗に終わってしまうので、タケミチの行動と姿を見せていないバジに期待がかかります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ第19話感想まとめ

血のハロウィンの戦況はタケミチの雄たけびで、トーマンが息を吹き返して一方的な展開にならずに済んだようですが、タケミチのやることはこれからが本題

これから、マイキーに一虎を56させずにキサキの計画を阻止しなければならないので、タケミチのハードルが非常に高い設定になっています。

「みんなを救うためには抗争を終わらせなければいけない」と考えているタケミチ。

やはり姿を見せていない、バジに与えられている役割が重要なのかな。

このミッションでタケミチが取りこぼしのない未来へとたどりつく事が出来るといいなと思いつつ、解決できないキサキとの決着についてはまだ先がありそうな予感。

みんなを救うミッション「血のハロウィンの結末」に期待がかかります。

ではまた次回で。

ばいばい。

▼東京リベンジャーズの記事はこちらにまとめてあります

東京リベンジャーズ感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
アニメ「東京リベンジャーズ」の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする