サマータイムレンダ11話感想・考察・解説!朱鷺子の思惑と澪への感情【アニメ】

しおりちゃんがロリハバアになるなんて……!!

こんにちは。サマータイムレンダ担当、和歌山出身の模造紙です。

見かけと口調のギャップが過ぎて影しおり生存の衝撃が吹っ飛んだサマタイ11話。

無邪気で天真爛漫でおしゃまな元のしおりちゃんを知った今では変貌っぷりに唖然とするしかなく辛い。

続々と関係者がヒルコ洞に集結、窮地を逃れた慎平たちの前に現れた意外な人物など緊迫ムード高まる要素が今回も目白押しでした。

ラスボス直前で別行動していた仲間が終結する流れアツいよねーそんな悠長なムードじゃまったくないですけどね!

今回は朱鷺子の思惑、ハイネの右目が慎平に渡った経緯を掘り下げて考えたいと思います。

※ 登場人物の影の表記については、「影〇〇」という形で、名前の前に影をつける記載方法で統一しています。

ちなみに原作未読視点での記事執筆となりますので、ネタバレの心配はございません! 原作ファンの方は初見勢による考察を長い目で見守っていただければ幸いです……!
スポンサーリンク

サマータイムレンダ11話おさらい

前回に引き続き、ループ4周目の7月23日。

タカノス山の廃病棟の地下に侵入した慎平らは、自然発生した洞窟に辿りつき、赤ちゃん型の影の集団の襲撃にあいます。

一方、影しおりに誘われた澪と凸村、ただならぬ気配を察知したひづると根津の2人も地下へ潜り込みます。

その後、ひづると根津は倒したはずの影しおりと遭遇。さらに四本腕の影も現れ絶体絶命の危機に。

襲撃を退けた慎平らは珊瑚やいそぎんちゃくが生息する海をプリントしたと思しき空間へ出るもやって来たのは意外な人物――窓の妹の朱鷺子でした。

彼女の目的は影潮の捕獲であり降参を促します。真実を知るべく朱鷺子の指示に従って赴いた先では、因縁の相手であるヒルコ様ことハイネが待ちかまえていました。

毎回感じるけど、この作品は登場人物みんな頭の回転が速く行動力があるためか、じれったさが少なくストレスフリーで見られるのが素晴らしいですよね。

そして相変わらずの引きの強さと言ったら。

腹の虫を響かせ輸血の点滴を受けながら舌なめずりをする幼女というアンバランスな光景。

サマータイムレンダ 11話 ハイネ

©田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

色々とフェチが詰め込まれている感が無くもないけど、それが気にならない程ワクワクしちゃう展開がある意味スゴイ!笑

とりあえず今回は負け確としても、重要な情報が供給され考察が捗る回でした。

スポンサーリンク

朱鷺子の思惑と澪への感情

祭りの夜バッドエンドでの何か秘密がある発言や、前回の澪に対する気になる言動など朱鷺子は思惑があり暗躍してそうだと予想はしていたので、やっぱりそうかという感想。

▼10話の記事はこちら

サマータイムレンダ10話感想・考察・解説!廃病棟の赤ちゃんとヒルコ様の謎【アニメ】
“潮を装備する”というパワーワード……!!! こんにちは。サマータイムレンダ担当、和歌山出身の模造紙です。 前回...

落ち着き払い肝の据わった態度を見ていると、父親を手伝って後ろ暗い悪行に加担していたのは結構前からと推察できます。

彼女自身「望んで動いている」との発言もあり、己の置かれた状況を受容して動いている様子。

ただ、“澪にだけは知られたくない”との気持ちは強固なようで完全に納得しているわけではなさそう。

サマータイムレンダ 11話 朱鷺子

©田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

バレたら嫌われる、汚い自分を知られたくないという思いを秘めているのでしょう。

その感情が友情なのかそれ以上なのかは敢えて言及する必要性は感じませんが、大切な存在で守りたいってのは代えがたい事実っぽいですね。

あと、見たまんま朱鷺子は短慮ではなく賢い子って印象ですが、だからこそ父親の指示に抵抗なく従っているのも違和感なんですよね。

おそらく悪事に加担をせざるを得ない事情があり、ありきたりだけど人質を取られているとか餌をぶら下げられているのかなと。

澪の安全の保証の線も考えましたが、澪周辺の人が犠牲になったら傷つくのは同じだし道を外す行為に手を染める理由としては弱い。

だとすると家族の延命とか蘇生とか誕生とか、人智の及ばない領域に救いを求めての線もあるのでは。

前回のヒルコ様の木像の腹部の膨らみで子宝祈願の件があったけど、あれが生命を意図的に作りだす伏線だとすると、生まれてきたはずの家族や没した大切な人の蘇りのためにヒルコ様の目的に手を貸している可能性もあります。

朱鷺子はバッドエンドで「こんなん聞いてない」的発言があった点からも最終的に島が壊滅する悲劇を知らされておらず、話せば理解を示しこちら側に寝返ってくれそうな人物ではありますよね。

影潮の正体や敵の黒幕に関しても知っていそうだし心強い味方になりそうです。

糸目キャラの開眼時の強キャラ感といったらないですね。

スポンサーリンク

竜之介の体とハイネの右目の関係

今回めちゃくちゃ気になったのが14年前の事件と竜之介の体の行方について。

14年前の事件とは、当時中学生だったひづるの弟・竜之介が不可解なタヒを遂げ、禄に調査もされず荼毘に付された件です。

これまでは、他サツの可能性があるにも関わらず事故の翌日に焼かれてしまった潮の件と似通っているという程度の内容が語られていました。

竜之介の影は生成されていたのか、ひづるや家族は影に襲われたのか、どうしてひづるは竜之介の人格を持つようになったのかなど、南方家の行く末に関しては触れられていません。

今回、14年前の真実が垣間見える意味深な内容が影しおりや四本腕の影から多く語られました。

ひづるは二重人格ではない

「ひづるの中に入っていた」や「人格と記憶だけ」という台詞から、ひづるは二重人格ではなく竜之介の人格と記憶がデータとしてひづるの肉体に入り込んだ結果が今の状態であると解釈できます。

つまり、逃避行動や状況判断を適切に取るためにひづるが望み生み出したわけではなく、竜之介の中身(人格と記憶)がひづるの体に入り込んだ感覚でしょう。

ひとつの肉体に2人の精神が同居したイメージか。

サマータイムレンダ 11話 ひづる

©田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

以前の記事で憑依系説を唱えていたのですが当たらずとも遠からずと言ったところですね。

何故竜之介の人格が姉の体に宿るに至ったかというと、ここからは予測ですが14年前に竜之介の影が生成され、何らかの経緯で肉体と中身が分断。

中身(記憶と人格)がひづるの体にプリントされたってことでしょうか。どういう仕組みなのかはわからんけど。

竜之介の体の行方は

「体はどこに行ったのか?」は敵陣営が危惧していた様子からも、14年前にひづると影の間でひと悶着あったようですね。もしかすると根津さんもかな。

さらに気になるのは「母の右目を奪い去った体のほうは」という発言。

サマータイムレンダ 11話 四本腕の影

©田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

字面どおりに受け取るなら、竜之介がハイネの右目を奪い去ったと解釈できます。

今回の流れだとハイネが影しおりを外界を自由に動くための依代としているのが分かるので、竜之介の「またごっこ遊びなのか」「小早川しおりの体を使って」の台詞から同様のことを過去に行ったことがうかがえます。

ようは、14年前は竜之介の影を依代にしたのではないか。

だが、ひづるの妨害を受けた末に、竜之介の記憶や人格はひづるの体へ、体はハイネの右目を宿したままどこかへ行ってしまったということでしょうか。

繋がる先は影潮誕生か

現状、ハイネの右目の能力が慎平に渡っているとなると必ず経由地があるはず。

可能性が高いのは、潮をコピーした影。つまり影潮になる以前の影です。

中身が分断されたことで何のデータも持たないハイネの右目を持つ空っぽの影の器となり、年月を経て潮をコピーし影潮に変化した流れでしょうか。

ひづるが竜之介の影(中身はごっこ遊びをしていたハイネ)と遭遇し戦ってから14年、空っぽの影の器がハイネに見つからず身を隠せていたのも不思議だしまだまだ影の生まれた背景やハイネ周辺には謎があります。

影潮に対して、朱鷺子が壊れているから探しにくいと言っていた点からも、欠陥のある影は探知が難しいのでしょうか。だから自身の一部であったとしても位置情報の取得が困難だったのかな。

整理すると、

影竜之介を依代とし外界で活動していたハイネ

察知したひづるの邪魔にあい体と中身が分断される

竜之介の人格と記憶のデータはひづるの体へ転写

ハイネの一部(右目)を残したまま影の本体は行方知れずに

つい最近まで休止していた影が動き出し砂浜で潮をコピー

影潮が誕生(ハイネの右目の力を保持)

その後、まだ作中で経過が明らかになっていませんが影潮が慎平に右目の能力を渡すイベントが発生するのだと考えられます。

スポンサーリンク

サマータイムレンダ11話感想

朱鷺子は澪にバレるのを怖がってたけど影しおりが誘導しちゃってたし居合わせて気まずくなるパターンだろうな。

澪は菱形兄妹のどちらからも特別な感情を向けられてるってことか。これはこれでギュンギュン来る展開ですよね……

菱形医院でハイネへの食餌を用意し捧げる仕組みっぽいけど明らかに怪しい看護師も気になります……!! 看護師の名前が“根来”という和歌山で馴染み深い苗字に緊迫シーンなのにほっこりしてしまった。

あっさりラスボスと対峙しちゃったし、腹を満たしたハイネに手を下されて4周目はおしまいな感じかなぁ。

とにかく敵が数段上手過ぎて、今のままだと全滅エンドでループする展開しか見えない。まだ1クール残っているとは言え有効な打開策が見つかる気がしないんだけどどうなるのこれ。

懸念なのが影潮の消耗ですがオリジナルがいないから回復の道は閉ざされたって解釈でいいのかなぁ。イレギュラー要素満点の彼女の場合、抜け道がありそうな気もするけども。

そして今回も四本腕の影はモザイククレジット……ひょっとすると島民の中の誰かの人格や記憶を持った影って種明かしも無くはないのか。

慎平たちに対する語りかけが馴れ馴れしいのが引っかかるし、何より「慎平君」呼びなんですよね。明らかに知人やんっていう。

思い浮かぶのは、1クール目終わりそうなのに未だあまり出番のない雁切(神社の宮司)だけど、和歌山出身の声優さんが黒幕的ポジション担当するのって町おこし的には微妙な心持ちになるなー。うん。ないわ。

それでは次回もお会いできますように!

▼サマータイムレンダの記事はこちらにまとめてあります

サマータイムレンダ感想・考察・解説記事まとめ!原作ネタバレなし【アニメ】
サマータイムレンダの記事を毎話更新していきます。 ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では多くの選択肢があるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4800作品以上

見放題アニメの数は、4800作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、Amazonプライムビデオ、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 非公表
備考 全体の見放題作品数も非公表

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする