よう実2期6話感想・考察・解説!櫛田の目的&Cクラスの裏切者

久々のブラック櫛田降臨……!!

こんにちは! よう実2期考察担当の模造紙です。

今回は裏桔梗にすべて持って行かれた回でした。ずっと天使モードで忘れそうになるけど櫛田桔梗ってこんな子やったわ……ゴクリ。

何となくだけど裏桔梗の声が1期に比べてより低くなった気がする。対して通常時は甲高くなってるような。気のせい?

櫛田が綾小路以外にも本性を現したり、堀北を退学に追いみたいというえげつない算段まで飛び出し、シナリオの動きが大きく見応えも十分でしたね。

今回は、櫛田の狙いとCクラスの内通者の正体を考えたいと思います。

ちなみに原作未読視点での記事執筆となりますので、ネタバレの心配はございません! 原作ファンの方は初見勢による考察を長い目で見守っていただければ幸いです……!
スポンサーリンク

ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season 6話おさらい

体育祭参加を途中放棄しようとする須藤の説得を試みる堀北。

初めは聞く耳を持たず場を去る須藤だったが、完璧な兄との複雑な関係にもがく現状を打破したい思いと、卒業まで支えるという強い訴えに絆され堀北への協力を決意する。

一方の綾小路は櫛田に裏切者の正体を告げ本人もそれを認めるも、スパイ行為と掲げる目的(堀北を退学させる)を諦めることはない様子。

終盤の見せ場であるリレーでは本気の綾小路と生徒会長の堀北兄との一騎打ちで大きく盛り上がる。

体育祭終了後の堀北、櫛田、龍園の一幕で、とうとう裏の顔を見せる櫛田。堀北を嫌う櫛田と土下座の追い打ちをかける龍園。そこに裏で糸を引くであろう暗躍者からのメールが届く。

紆余曲折ありながらも堀北はまた少しクラスメイトに心を開き、須藤という頼れる協力者も獲得したことで大きく成長。

まだまだDクラスが強くなそうな希望を予感させる終わり方でした。

個人のレベルアップとクラス全体の団結力が高まりイイ感じに飛躍が感じられた。

爆弾となる櫛田と一向に協力姿勢を見せない高円寺など不安材料は多いものの、今後も綾小路が良い具合に軌道修正するんでしょう(投げやり)

Cパートで龍園にメールを送り付けたのは綾小路で決まりだろうし、今後は堀北の後ろで糸を引く人物に龍園が迫る構図になるわけか。

にても6話は全体的にテンポ良いというより、やや駆け足気味な印象でした。細かい体育祭のルールとポイントシステムが影響するかと思いきやそうでもなかった。

スポンサーリンク

櫛田の狙いと裏の顔について

よう実2期 6話 櫛田

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

よくあるアニメの構成だとオマケ要素的なCパートが実質今回の本編でしたね……!!

裏の櫛田は久々過ぎて忘れかけてたけど相変わらずパンチが強い子!

櫛田の二面性

櫛田と言えば男女問わず好かれる人当たりの良さに、頭の良さ、運動能力値の高さと優れたスキルを持っています。

よう実2期 6話 櫛田

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

さらに可愛らしい顔貌にスタイルも良いとなると、おおよそ欠点という部分が見当たらない……!! というのが表向きで、実は堀北に異様な嫌悪を持っており隠れて悪態をつくというのが彼女の裏の顔でした。

アニメ1期序盤で裏櫛田は登場しており、今回めちゃくちゃご無沙汰だったわけですが、今回は強烈な敵意を持つ相手の堀北当人に対し、この裏の顔で対面したのは大きな動きでしたね。

そもそも相手や場面、場合によって態度を変えるのは誰にでもあるわけで、櫛田の場合はそのギャップが大きすぎる、なんかその豹変ぶりはおかしいやろってレベルなのが問題なわけです。

よくあるのが溺愛されたり甘やかされて育った環境だと“一番”が当たり前になっちゃうので自己肯定感や承認欲求がべらぼうに高い。で、成長するにつれて世界が広がると、実は自分はそんなに凄くないことを認識してしまうというやつ。

大体は一旦はへこむものの現実を見据えて折り合いをつけ軌道修正するわけですが、櫛田の場合は「皆から頼りにされて称賛される人気者の自分」は捨てられなかったということでしょうか。

ただ、綾小路からとっさに爆弾を投下されても表情を変えずに臨機応変に対応したり、事態を瞬時に判断して用意周到に立ち回る様子を見ると普通に頭の良い切れ者に思えるんですよね。

だから二重人格でなくて、あくまでも二面性。どっちも櫛田の一面っていうのが現状の印象だとしっくり来ますね。

表の顔は高校デビュー的なアレ?

どっちも櫛田の一面とは言いつつも、多少は演技というか繕っている部分もあるのでは。

櫛田の表の顔って出来過ぎてるんてすよねー。優等生過ぎ、周囲からの自分の見え方を意識し過ぎるている感が否めない。

なので入学のタイミングでさらに天使モードに磨きをかけて今に至るのではと個人的には見ています。

櫛田の狙いは口封じ?

よう実2期 6話 櫛田

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

櫛田の目的に関しては本人の口から「堀北の退学」だと語られました。

Dクラスの情報を龍園に渡していたのは、堀北の退学を促すための一手だというわけですね。

そして彼女には“退学にさせたい人リスト”という何とも物騒な一覧がある事実が判明。

今回、櫛田が裏切者ムーヴをしている事実を本人に突き付けたことで綾小路もリスト入りしてしまい、何なら堀北VS櫛田の場面に一緒にいた龍園も追加されたっぽい。

単純に考えると、櫛田の裏の顔を知っている人は口封じのため退学させるってことなんだろうけど、堀北に関しては櫛田が明かす前から一方的に敵視していたので、過去を知っているか否かもポイントのひとつになるみたいですね。

2人は同じ中学校

過去の因縁については、今回堀北が少し触れていましたね。

「あなたみたいな人が中学にいた」と。

よう実2期 6話 堀北

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

つまり2人同じ中学出身で面識があったと見て良さそう。

ただ堀北の反応か、櫛田の裏の顔を見てから中学時代の記憶に行きついたように感じられるため、「二面性のある同級生がいて何らかの問題行動を起こした」的な情報としてインプットされていたのではないでしょうか。

つまり、がっつり関わりがあったのではなく2人は単に同じ中学の同級生なだけで、櫛田のほうが一方的に堀北を意識しただけの関係かと。

超絶ブラコンで天才の兄に追いつくことしか考えず今まで走り抜けて来たと本人が言うように、周りにはそれ程意識を向けていなかったでしょうから、自分に大きく関与しない事件や問題事は歯牙にもかけていなかったのでは。

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

もしくは、櫛田の顔を見てわからなかったのって顔をいじっていたからって可能性もありそう。

または中学時代の櫛田は素行の悪いタイプで、今とは人相が違っていたので気付かなかった線もありそうです。

実際、女性はメイクでかなり印象が変えられるし他人に興味がない堀北相手なら簡単に騙せそうではあります。

一番ありそうな線は、櫛田が同じ中学出身とは知っていたけど二面性までは知らなかった、けれど、何らかの問題行動を招いた生徒の話は噂レベルで知っていた。(堀北ぼっちだから……)

それらが今回の櫛田の豹変と対峙して結びついたというところかな。

堀北に「あなたみたいな人」と表現されていた出来事については次回以降明らかにされるのでしょうが、櫛田としては過去の失敗をリセットしてキラキラした世界でやり直したいのでしょうか。

実際のところ「過去のあやまちを無しにしてやり直しできる」は難しいし、それが叶うのはおとぎ話やフワフワした創作の中だけだと思っています。よう実はフワフワしてないから多分櫛田は痛い目見るか、綾小路の手駒として利用されるかになるのでしょう。

余談ですが矢沢先生の「NANA」で昔そういうエピソードがあって、現実は過去の失敗の土台に積み上げていくしかなくて、全部取っ払ってやり直しやリセットは無理みたいな話を思い出しました。

櫛田は中学の苦い出来事をなかった事にしたくて過去を知っている人と裏の顔を知っている相手すべてを口封じのため排除しようとしているわけで、何それ頭おかしいって感想しか出て来ないんですけど……。

完璧兄に認めてもらうために駆け抜けて来た堀北と、周囲の羨望で承認欲求を得たい櫛田がどう変わるのかの比較がシナリオの柱のひとつになりそうですね。

スポンサーリンク

Cクラスのユダは誰?

物陰から覗いてるんかいというくらいバッチリのタイミングで龍園に送りつけられたメール。

龍園、櫛田、堀北、それぞれの作戦を出し抜きさらに上を行く人物の存在が匂わされましたね!笑

うん、まぁ綾小路なんだろうけど裏で全て糸を引く強者感バリバリで「お前は結局何者やねん」という所感しかないというか。 

綾小路無双というか圧倒的な力でねじ伏せる系の展開が続くのでその辺の根拠というか背景に関してもそろそろヒントが欲しいところです。

で、この場面で問題なのがCクラスに裏切者がいたよって話です。

現状で可能性があるのは伊吹か真鍋。

伊吹はサバイバル試験でDクラスと接点があり、そこから綾小路と繋がっているとか。

真鍋なら記憶に新しい軽井沢のいじめ現場の動画データを使いスパイ行為を依頼していたと考えられます。

よう実2期 6話 真鍋

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

個人的には、軽井沢を手駒にするためとは言え折角撮影した動画データをこのままお蔵入りさせるとは思えないので真鍋を脅迫して龍園の弱みを握ったに一票。

Cクラスはリーダーがあんな感じだし些細な件で瓦解し始めたらあっという間な感じがしますね。

軽井沢も腹に一物がある?

件の軽井沢ですが気になったのが、体育祭後に綾小路と堀北のイチャイチャ腹パンを横目にフェードアウトします。

よう実2期 6話

©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会

複雑な表情でそっと教室を去るんですよね。

これが単純に気になる相手が別の女子と仲良くしていて見るに堪えずに消えたのか、それとも何か別の思惑があってなのか。

もしかすると軽井沢も裏切者で別クラスに情報をリークしていたりスパイ行為をしている伏線なのかもしれません。

スポンサーリンク

ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season 6話感想

前回の予想が色々外れたなー。堀北兄も関与している説はバッサリでした!笑

堀北と櫛田は個人的に接点というより同じ中学という大枠での繋がりっぽいし圧倒的櫛田の片想いって感じですね。

龍園とつるむことで一気に小者感も漂って来たしこのまま勢いが失速する流れなのかなぁ。

勢いと言えば堀北兄がライバルを得て浮足立ってた(ように見えた)のが印象的でした。何でも出来る完璧な天才は逆に張り合いがなくて孤独なんだろうなぁ。

それを一途に追いかける決して愚鈍でも出来が悪いわけでもない利発な妹も推せる……!

あの兄を持つからか実は果てしなく妹気質なんですよねー堀北って。(忘れがちになるけど)

綾小路が皆の前で実力の片鱗を見せたことで取り巻く環境やクラスメイトからの目にも変化が生まれそうです。

それでは次回もお会いできますように!

▼よう実2期の全記事はこちらにまとめてあります!

よう実2期1話感想・考察・解説!船上試験のルールまとめ【ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season】
「ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season」の記事を毎話更新していきます。(1話の記事を読みたい方は下にスクロール) ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では多くの選択肢があるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4800作品以上

見放題アニメの数は、4800作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、Amazonプライムビデオ、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 非公表
備考 全体の見放題作品数も非公表

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 内緒 より:

    ルールとポイントシステムがハッキリしないのは私もモヤモヤしてますがw盛り上がってきましたね!久々のブラック櫛田登場です!そして根拠はまだないのですが龍園とⅮ組の戦いももしかしたら決着がつくのではないかと!?と個人的に妄想爆発気味な今日この頃ですw ・・・なんて言うか龍園の化けの皮が剝がれ始めてる気がするんですよね

    櫛田の二面性>これは二重人格の類では無いってのには賛成ですおそらく異常に高い演技スキルの類なんでしょうね!そして表の顔は高校デビュー的なアレ?ってのも同意見です、ちなみに高校入学前は二面性は無くブラックモードが標準だったと考えています、堀北が裏の顔を見るまで気がつかなかったのはその為だったと思ってます

    ここからは意見が分かれます、櫛田二重スパイ説を推してるので嫌ってはいるが恨んでるってのは半分ぐらいは演技だと考えます

    櫛田二重スパイ説の根拠>正直言って櫛田の言動には引っかかる点が多いんですよね

    1 前の試験では優待者だと明かしたはずなのに地球は結果1だった
    2 今回の試験も情報をリークしたはずなのに狙われたのは堀北だった、全情報を受け       
    取っていたら普通は須藤を狙いません?出場種目の多い彼をリタイアさせる方がb
    3 本当に堀北を退学に追い込みたいなら白状するのも綾小路や龍園も敵に回す様な真似はリスクでしかない
    4 痴漢冤罪の件を持ち出して綾小路の口を塞ごうとしたがあれはおかしい、これ現行犯じゃないと脅しのネタにならないw時間が経ってしまうと指紋がついてる事のみでどう言う状況で付いたのかの立証は難しい
    5 前にも言ったがガチ裏切りはリスクが大きいので簡単に白状しちゃうのは不自然

    以上の点から櫛田は綾小路からの指示で動いていて渡した情報も吟味されたもの、目的は龍園から情報を引き出す&嵌める事だと予想します、綾小路も追い出す宣言は龍園への二人と敵対してますアピールw

    Cクラスのユダは誰?>イジメ動画で脅したか櫛田が録音したかのどちらかの可能性が高そうですかね

    軽井沢も腹に一物がある?>彼女の前で他の女(堀北)とイチャついてたから腹を立てたのでは?w

    ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season 6話感想>前に堀北に対して「1期では彼女の比較的に良いところしか描かれていなかった」と言いましたが実は龍園もそうなのでは!?って思いが凄く強くなってきたてりします!脅しとかハッタリの使い方が上手いだけで考察力や計画性は低い?彼の行動ってアクシデントを想定してない節が見受けられる気がするんですよね;
    妄想ですが土下座に拘るのは不良が入学早々に番長に挑むみたいなノリで生徒会長に挑み返り討ちw土下座させられて恨んでるが勝てないので妹に意趣返し;ってな情けない真実すらあり得そうでw実は親は893でボディガードの黒人は親がつけたってオチだったら百点満点のバカボンで笑えるんだがw
    「堀北兄がライバルを得て浮足立ってた」これってもしかして綾小路が黒幕やめて表に出る意思表示なのかな?思ってたりします、小者の龍園に嗅ぎ付けられそうな時点で裏に隠れてるのも限界かな?って気もしますしね

    正直言って小者臭がしてきた時点で龍園の役目って終わった気がするんですよね!物語としては四天王の中で奴は最弱ポジなわけだしw一ノ瀬&有栖川を倒さなきゃ勝利は無いわけですしねw求心力の無い恐怖支配にも限界が見え始めてきた気もするし彼もそろそろお役御免で退場かな?思ってますw

    ちなみにですが実は堀北兄ってシスコンなんじゃ?思ってたりしますw厳しいのは愛情の裏返し?彼女が成長したら盛大にデレるんじゃないかと思ってますw

    • mozoushi より:

      内緒 さん

      いつもコメントありがとうございます。
      久々のブラック櫛田降臨は滾りますね~!
      二重スパイ説は非常に興味深いです。
      確かに櫛田の動きは不可解な点も多いので納得できる情報が今後供給されるといいですね。
      中学時代はブラックモードが標準ってのは私も考えたんですが、演技力が高いとは言え進学で180度違うキャラを確立するのは難しい気がして。
      個人的には表の顔はずっとニコニコしてて実はどす腹黒いみたいなテンプレのいい子ちゃんなのかなと思っています。

      話数が進むにつれて濃く掘り下げがされてどんどん面白くなってきますね。
      これからも楽しみです。

  2. ゴレイヌ より:

    ふと思ったのだが櫛田さんってブラックが素の彼女で高校で今のキャラをメインにしたとしたら何であのキャラにしたんだろうか?

    模造紙「櫛田と言えば男女問わず好かれる人当たりの良さに、頭の良さ、運動能力値の高さと優れたスキルを持っています」このキャラってなんか一ノ瀬さんに似ている気がする

    似せたのだとしたら憧れにせよ恨みにせよ彼女とも何らかの因縁があるのでは?と思った

    • mozoushi より:

      ゴレイヌ さん

      コメントありがとうございます!
      人当たりが良く上手く立ち回れれば人間関係でのメリットが大きいからでしょうが、その分、精神的負担も相応の失う物もあって普通はやれませんよね。
      素がブラックだとしたらメンタル強靱すぎますよね……!!

      そうですよね。
      何となく一之瀬とキャラが似てるんです。お手本があればキャラを作るのも簡単だし、彼女とも過去に接点があった説はアリかもです!

    • 内緒 より:

      これは前につぶやいた「櫛田がなぜストレスを貯めながらもブリッコしてるのかの方が気になってたりします!」の答えに当たりそうな意見ですね、一之瀬が白櫛田のモデルになってる可能性か!メタ的な意見を言うと普通はここまであからさまなキャラ被りって作者なら避けるだろうと考えれば逆に意味があるかも!伏線?である可能性大とも考えられますよね、当たってたとしたら櫛田と一之瀬絡みで一波乱ありそうですね