【ボールルームへようこそ】面白いのに円盤売上と人気が伸びなかった理由を考察!腐人気・首・動かない作画が原因?

ごきげんよう。模造紙です。

目標に向かって努力し邁進する若者の姿はとても輝いて魅力的ですよね!

スポーツや部活動といった題材の作品は、古くから漫画やアニメで扱われてきた定番かつ根強い人気の鉄板ジャンルと言えるでしょう。

若者が仲間と共に高みを目指す物語が放送されなかったクールを探す方が逆に難しいのでは?というくらい、世の中にはスポーツアニメや、部活動アニメが溢れています。

2017年。競技ダンスを題材にした物語のアニメ化が話題になりました。

その名は「ボールルームへようこそ」

昨年の放送アニメでは3本の指に入るくらいお気に入りの作品だったのですが、世の中の評価はそれほど高くなかったという不思議。

▼管理人・小鳥遊さんもこちらの記事で触れていましたが

宝石の国は円盤売上的にも続編2期に期待できそう【アニ盛 第5回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、週刊連載のアニメコラム"アニ盛"の第5回目! はじめ...

酷評というわけではなく、盛り上がりがイマイチ・話題には上るものの爆発的な人気には繋がらなかったという感じですね。

ただ、個人的にはもっと多くの人に見てもらいたいアニメだし、サクセスストーリーとしての単純な面白さや丁寧な心理描写が万人受けするのではと思っています。

2クール24話という十分な尺があったものの勢いがつかず人気が低迷した理由が気になったので、超個人的解釈な視点で考えてみました。

スポンサーリンク

盛り上がりに欠けた理由とは?

1. ダンスシーンが動かなかった

いわゆる止め絵が連発された単調なダンスシーン。

これは、早い段階からファンの間からも指摘されていたことで、華麗な演技とステップで見る人を魅了することを目的としているはずが、動きの限られた、まるで紙芝居のようなダンスシーンで躍動感や臨場感があまり感じられず残念でした。

ボールルームへようこそ 多々良 雫

©竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

それでも練習シーンはまだ動きのあるほうで、正装すると途端に動かず止め絵ばかりになるので、ドレスや燕尾服で動かすの大変なんだろうな…という大人の事情を視聴者も薄々察していたという 笑

2クール目に入るとダンスシーンが動き出す!

ところが、2クール目に入って主人公が高校に進学以降はこれまでと比較すると格段に動くように!

上記に書いたように序盤のダンスシーンのあまりの動かなさに、かなり早めの段階で視聴を辞めてしまったなんて人も多くいたと思いますが、2クール目からのキレのある動きとSEの演出は印象がガラリと変わると思うのでぜひ見てもらいたい!

思うに2クール目から少しずつ勢いが出だして、序盤とは比べようもない終盤のくるくるした動きは主人公の多々良自身の成長も示唆されていたのかなと思います。

最初は体の動かし方やテクニックも初心者なため、他人の踊りを部分的に切り取って捉えていた。

それが持ち前の観察眼と模倣性の高さでめきめきと力をつけてレベルアップし、自分とそれ以外のダンサーの動きを流れるような一連の動作として見ることが可能となった。

ようするに、初心者時代は紙芝居のような止まった視点だったのが、自身の成長で演技の細かい部分を組み立てて統合して捉えることできるようになり、最終的に流暢かつダイナミックな演技として表現されるに至ったのではないでしょうか?

ボールルームへようこそ多々良千夏

©竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

▲都民大会にいどんだ多々良と千夏の革新的なダンスは、2人の精神面の成長と結びつきが、結果的に互いの役割と気持ちを尊重する演技に繋がっていきます。

そもそも「ぬるぬる動く」だろうという期待値が高すぎたのかも……

ボールルームと比較対象にされやすいのが、フィギュアスケートをテーマとした「ユーリ!! on ICE

これまで普段アニメを見なかった若い女性にも、個性的かつ魅力的なキャラクターや映像美、ぬるぬる動く圧巻の演技パートが受けて一大ブームを巻き起こしましたよね。

フィギュアスケートと競技ダンス、演じる舞台は違っても審査員や観客を前にして、曲に乗せて全身を使った自己表現をするという意味で似通ったスポーツです。

ユーリが2016年の秋アニメ、ホールルームがそれから1年経たずにスタートしているため、どうしてもユーリのような動きあるアニメを期待して前評判が高く期待しすぎたというのもあるかもしれませんね。

2. 腐人気がイマイチだった

野球やサッカー、バスケといったスポーツを題材とした作品は、複数の男子たちがわちゃわちゃして何なら他校生も加わるため、腐が喜ぶカップリングが作り放題の、腐った女子御用達ジャンルと言っても過言ではありません。

男子部活動もので好まれるのは、一定の距離をおいた出しゃばらない女マネであって、公式で恋愛パートが挿入されるなんてあってはならない 笑

アニメ作品の人気のバロメーターとして視聴率以外には、円盤やグッズの売り上げが真っ先に思い浮かびますが、腐人気のある作品や、いわゆるキャラアニメはファンが関連商品の売り上げに貢献する傾向が強く、人気と実績が目に見えて分かり易いですよね。

ボールルームが振るわなかったのは、メインターゲットを絞り切れずにいたというのもあると思います。

社交ダンスという特性上、基本が男と女のペアですので腐が大好きな要素が公式からは感じとり辛く、ようは即物的な萌えがなかったのが人気が低迷した理由のひとつでは。

多々良と兵藤、仙石や賀寿など、腐の脳内をもってすれば成立はわけないのですが、パートナー女子がアクの強い個性全開の子ばかりだったというのもあって、別に敢えてって感じもありそう。

女子は本当に可愛くて頑張り屋で憎めない子たちばかりで、キャラクターの掘り下げが本当に丁寧で心理描写が細やかなんですよね。

多々良の成長物語としてのストーリー構成は素晴らしく、見せ場や盛り上がり部分もそれなりにあります。

相手のことがわからないとか息が合わないとか、ストーリー的にはペアもののテンプレを辿っているため、丁寧な心理描写が好きな人には合うと思うんだけどな。

スポンサーリンク

個人的には20代後半以降の女性と一部の男性に受けた印象

若い女性には残念ながらイマイチ手ごたえがなかったようですが(ユーリがドストライクだった層)、ストーリー重視で視聴する層にはなかなか好印象だったみたいですね。

あまりグッズや円盤を購入しない、今まで数多のアニメを見て来た純粋にストーリー展開に重きを置いてアニメを愛する層に受けたという感じかなぁ 笑

最後まで完走した人達からは評判もいいですし、続編希望の声もチラホラ聞きます。

実際、最終話のワクワクしか感じないおれたたENDは効果的で、2期があるとしか思えない終わり方でしたよね!

テンポの遅い部分や中だるみもあったため途中で切った人も多かったでしょうが、最終話まで見ることで完成する作品だと思いますし、これぞ主人公といった多々良の天性の才能と努力の積み重ねは嫌味がなくてキャラクターとして非常に魅力的です。

ブームになったアニメほどの派手さはないかもしれませんが、最終話まで放送された今、一気見するときっとこれまでと違った印象を受けると思います。

スポンサーリンク

ボールルームへようこその感想まとめ

スポーツアニメに分類されるとは言え、競技ダンスというこれまで脚光を浴びることのなかったテーマのため、放送前は果たしてどう転ぶのか未知の領域という印象が強かったです。

前評判がそれほど悪くなかったので、まさかここまで盛り上がらないとは予想もできませんでしたが……。

盛り上がってないけどまったくってわけではなく、一部ではきちんと評価されているし盛り上がっているので好きな方ご安心下さい!

アニメが終わっても細々とファンが居続ける、記憶に残る印象的な良作って感じかも。

首の長い独特のキャラデザはたしかに引っかかるところなんだけど、それで敬遠するのは勿体ないので見ながら慣れてとしか言えません 笑

ボールルームへようこそ 多々良

©竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

あの世界はあの首がデフォなんだと納得するしかない。

私は原作未読なんですが、漫画のほうも絵がキレイで評判が良さそうなのでいずれ読みたいところ。

アニメ2期については原作ストックがないため、まだまだ先と噂されていますが、円盤の売上が1巻830枚とか驚異の少なさ(!)なので続編は残念ながらあまり期待できないかもしれません。

面白いのに円盤売れないってのは、やっぱりアニオタの中でも主力購買層である腐やキャラアニメ好きのハートを掴めなかったからなのかな。

今は配信と言う便利な手法もありますし、円盤売上以外で続編への足掛かりを得てくれたらと切望するしかありません。

本当に、首が長いとか止め絵連発がネックになった人は確実に損しているので、騙されたと思ってぜひ見てみて下さいね。

刻刻の感想・考察・解説記事まとめ!止界の謎&佑河家の謎とは?
ごきげんよう。模造紙です。 この度、¨世界を止める¨止界術を行使する一族と、その前に立ちはだかる敵との攻防を描いた「刻刻」を担...
ポプテピピックの感想・考察・解説記事まとめ!公式も認めるクソアニメwww
ごきげんよう。模造紙です。 この度、主人公たちよりひと回り以上BBAの私が¨とびっきりのクソ4コマ¨ポプテピピックの考察記事を...
おそ松さん2期の感想・考察・解説記事まとめ!日本一有名な6つ子の帰還
ごきげんよう。模造紙です。 この度、三十路BBA子持ち主腐の私が、ハタチを超えてもクズニートの6つ子の物語「おそ松さん(2期)...

普段は▲のような考察記事を書いていますので、よければこちらもご覧くださいませ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする