HERO MASK(ヒーローマスク)感想・考察・解説!シーズン2(続編2期)はある?【NETFLIXオリジナルアニメ】

どうも、ロシアスキーです!

今回、NETFLIX独占配信美しき街を舞台にしたクライムアクション。

HERO MASK』の記事を書かせていただくことになりましたー!

実は私、クライム系の作品って好きなんですよねー。

個人的には『ミニミニ大作戦』と『スナッチ』がおすすめですねー。

と、横道にそれかけてるので。

ではでは、早速語って参りましょう!

スポンサーリンク

HERO MASK あらすじ

このHERO MASKという作品がどういった作品か、ですが。

公式サイトのイントロダクションはこちら。

刑事ジェームズ・ブラッドの前に現れた謎のマスク。

そして、それを持っていたのは、存在してはいけない人間だった。

マスクとは・・・一体・・・?

美しき街を舞台にしたクライムアクションここに開幕!

出典:HERO MASK 公式サイト

ということで。ちょっと簡潔に過ぎますかね。

改めまして私の方であらすじを説明させていただきますと。

SSC所属の刑事、ジェームズ・ブラッドは腕は確かだが、無茶の過ぎる刑事。

とある事件を解決した後、デスクワークをしていた彼は恩人である検察官、モニカが突如命を落としたことを知る。

モニカの同僚であるサラから知らされた一つの事実。

モニカは病気で命を落としたのではなく。何者かにコ口された可能性がある……。

真実を知るために捜査を開始するジェームズ。そんなジェームズの下に、とある人物が現れる。

それは、ジェームズによって逮捕された男、グリム。

グリムが手にしていたマスク。それは、ジェームズとサラを大いなる陰謀の渦へと導くカギであった……。

という感じで。いわゆる熱血刑事が検察官の女性と協力し、陰謀を暴こうとする、っていう感じですかね。

うん。こう書くと非常に王道の作風を感じますよね。

ではでは、続いて気になるポイントについて語っていきましょうか!

スポンサーリンク

あのマスクは一体なんだったのか?

物語の重要なファクターでありながら、その秘密が明らかになることはなかった『マスク』ですが。

HERO MASK マスク

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

あれはいったいどういうものだったのか。ここで考えてみたいと思います。

わかっているのは、マスクには『顔を変える』。変装機能のような力がある。

HERO MASK 変身

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

そして、マスクを装備することにより、超回復能力などを得ることができる。

と、いうようなことが明らかになっておりました。

これらの事柄から考えるに、あのマスクの正体には二つの可能性があります。

一つは、『超人的能力を与える』という力を持つ。

もう一つは、『人間の持つ力を増幅させる』という力を持つ。

この二つの可能性を考えた場合、マスクの持つ力に関しては……。

後者である、と考えることができると思います。

というのも、副作用として『急激な老衰』などが引き起こされているのを見ますと。

外から力を付与する、というよりはやはり内から力を引き出す、ということをしていると考えるのが自然かと思いますね。

他には、マスク自体に防弾性能もあったっけか。

例えば、作中見せただけでも、かなりの重傷が即時治癒されたりもしていましたし……。

ハリーなんかは、このマスクが欲しかったんだろうなぁ、ってのが分かりますねー。

ただ本当に、このマスクが作られた本当の目的、とかは不明なんですよね。『現状は』。

まぁ、こんなマスクがあって、しかも量産とかできれば。そりゃあ凄まじいことですよねぇ。

潜入捜査、緊急治療、超人兵団の作成。なんだってできちゃう。

……問題は、その最終的な目標地点が分からないってことですけど。

まぁまぁ、それは『今は』気にしなくてもいいかと。えぇ。

なんでかって? それはおいおい語るとしましょう。

とにもかくにも。このマスクはまだまだ謎の多い物体であり。

だからこそ、このHERO MASKという物語の重要なキーワードであった、ということ。

今回はそれを確認していただければ、と思います。

スポンサーリンク

スティーブン・マートランドについて

このシーズン1において、黒幕的ポジションにいたスティーブン・マートランドですが。

HERO MASK スティーブン

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

物語の最終幕において、残念ながらリタイア……したのかどうかは定かではないのですが。

まぁ、とりあえず暫定的にはリタイアということになりました。

このスティーブン・マートランドですが。最後に意味深な言葉を放ったり、意味深な行動を取っていました。

これが何を意味するのか、という所ですが。

ここで重要なのはスティーブンの過去です。

スティーブンについて調査していたサラは……。

スティーブンがある時期から人が変わったように会社の経営方針を変えたことを知りました。

……そう。人が変わったように、です。

最後の最後、パスポートを燃やしたスティーブン。

HERO MASK 身分

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

おそらくは目的はどこかへの亡命、もしくは逃亡。そして……。

こちらが本題でしょうが。身分を隠すことこそ目的だったのでしょう。

これがどういうことか、といいますと。私の推理にはなってしまうのですが。

恐らく、スティーブンは、スティーブン・マートランド本人ではない、ということです。

スティーブンがライブ・コーポレーションを乗っ取った時期から既に、スティーブンは別人。

誰かが、マスクを使ってスティーブンに成りすましていた、と考えられます。

マスクの機能を使えば変装なんてお手の物でしょうし。そもそもスティーブンが所属していた会社のメンバーは……。

今やライブ・コーポレーションの中枢には存在していません。

恐らくこの偽スティーブンこそ、マスク開発に大きく関わっていたのでしょうが……。

残念ながら、最終話でリタイアしてしまった以上、その真意やら目的やらは不明のままです。

ただ、もしもこの予想が当たっていれば。マスクの超回復能力により、生存している、という可能性はあるのですが。

……どうでしょうねぇ。まぁ、確立は五分五分、という所でしょうか。

あと気になる点としては、スティーブンの運転する飛行機が事故を起こした際。

それを、リチャードが見ていたんですよね。

警察官のリチャードが、なぜスティーブンの飛行機事故をタイミング良く見ていたのか……。

考えたくはありませんが、スティーブンはリチャードの手によって舞台から引き摺り下ろされた、という可能性もありますね。

何にせよ、謎を多く抱えていたスティーブンが、単純にリタイアしただけ、とはちょっと考え難いですね。

おそらくは、これは重要な意味を持つことなのだと思うのですが……。

HERO MASKの終わり方について

このHERO MASKは、全15話構成となっているのですが。

その最終話までを見ても、作中の謎はおおよそ半分。もしかしたら、それ以上残ったままになっております。

謎、というか。正確には謎と未解決の伏線、合わせて半分ほどしか明らかになっていない、っていうところですか。

これなのですが、これは別に、手抜きだとか、雰囲気を味わおうエンドっていうことではないんですよね。

この作品を見た人は分かると思うんですが。HERO MASKって、海外ドラマの様な作品なんですよ。

人物描写、次々に起こる事件、刑事・検察官の捜査、敵対組織の謎……。

情報の開示テンポ、会話のリズム、小道具、美術。

それらは、国内ドラマのそれというよりは、ハッキリ言って海外ドラマのそれです。

エピソード数も、12、13、24、26話のいずれにも該当しない15話構成。

これもまた、国内アニメの枠に収まらないそれと言えましょう。

さらにダメ押しとして、公式サイトのオンエア情報ページにはハッキリと。

パート1 (全15話)独占配信中』の文字が出ております。

昨今の海外ドラマは、人気があればシーズンを重ねるのがスタンダードです。

『24』、『プリズン・ブレイク』、『CSI:科学捜査班』などなど……。

つまりここから考えるに、今回の15話で描かれたのはHERO MASKのほんの序章に過ぎず。

一連の事件を経て、ジェームズとサラはモニカの仇を『一応』討てた、ということまでを描いただけなんですよね。

HERO MASK 結末

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

残された謎、伏線などは、決して放置された訳ではなく。

今後、明らかになるんだよ、という風に考えていいのでしょう。

終わり方もまた然り。

新たな登場人物が唐突に登場し、そしてまた、謎を呼び起こす終わり方。

HERO MASK 金色

© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

これもまた、海外ドラマにおいてはよくある手法です。

つまるところ私が何を言いたいのか、と言いますと。

HERO MASKはこの15話だけでは終わらないよっていうか、ここからが面白くなるよ! と。

そう言いたいし、恐らく開発側もそう言ってきているのだと思います。

故に、このパート1だけを見て、「意味わからん!」とか「え、これで終わり!?」と思っている方。

それはある意味当然ですし、本当にHERO MASKの物語の深淵にたどり着けるのは、この後からなんですよー、と私は言いたいですね。

マスクの謎。警察内部の不穏な空気。売却されたライブ・コーポレーションに残された情報。

ハリーの正確な目的。ジェームズとサラの今後の関係。謎の少女の瞳が意味するものは?

これら全てが、今後明らかになる。

そう考えると、ワクワクしてきませんか?

HERO MASK シーズン2(続編2期)について

で、肝心なのはそのパート2。いつやるの? 本当にやるの? って事なんですが。

これ、海外のHERO MASK視聴者の方々も気になってるみたいですね。

海外のファンの方々は、「やるに違いない!」っていう意見が大多数だったのですが。

さて、実際二期ともいえるパート2。やるのか。やるとしていつになるのか、という点ですが。

まぁ、恐らくスタッフさんたち側はやる気は満々でしょうね。

でなければ15話とか贅沢に使って、ここまで丁寧に描写したりとかしませんよ。

パート2やろうかな、どうしようかな? って考えなら、15話もあるんですからもうちょっと区切りいいところまでやるでしょうし。

これはもうパート2は想定されている、と考えるのが自然でしょう。

問題はその放送時期ですが。

この記事を書いている12月28日現在、情報はまったく見当たりませんでした。

ネッフリでの配信開始から25日間経っていて情報なし、という所から推理するに……。

おそらくは、もうちょっと間が空くのではないかなー、と私は考えております。

まぁ、2019年頭、ってことはないでしょうね。恐らく製作が間に合わないと思いますし。

だとすれば、早くても2019年春以降。もしかしたらたっぷり1年つかって来年の12月、って可能性すらあるかもしれません。

ただ、パート2はきっと来ると思います!

……いや、来てくれないと困る、ってのが本音ですけどw

このまま謎が残ったままじゃあ眠れないってのよ……w

スポンサーリンク

HERO MASK 感想

さて、このHERO MASKに関しての私個人の感想ですが。

いやぁ、すっげぇ面白かった!

まず全編通して作画がとにかくキレイ! 引き込まれる!

次に小道具や舞台の設定が丁寧! 全体のバランスが取れていて世界観が引き締まってる!

そして雰囲気とシナリオがバッチシ俺好み! こういう作風大好き!

総じて、非常に楽しめました! いやぁ……こういう作品もっともっと増えてくれねぇかなぁ。

全15話ということもあり、たっぷりじっくり楽しめたのも高評価ですね。

無駄な駆け足感も無いですし、とにかく丁寧さが伝わってくるんですよねー。

いや、ホントこの作品は、ネッフリオリジナルアニメ入門としてもいいんではないかと思いますね。

この冬、じっくり腰を据えて見るのをオススメしちゃいます!

で、この記事ではあまりネタバレ的なことは書かないようにしたのですが。

もしもこの作品を見た方で、「これってどう思う?」とか、「これについて解説して!」って方、いらっしゃいましたら。

ぜひぜひ、コメントくださいませ! 自分なりの回答にてお答えしたいと思います!

さて。もうまもなく冬アニメが来ますね!

そちらでも記事を書かせていただきますので、ぜひとも一読いただければ、と思います!

2019冬アニメは何クールで全何話?継続作品調査【アニ盛 第36回】
どーも、視聴アニメは1300作品超え!今季も全作品視聴予定の小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ...

↑冬アニメの情報はコチラから!

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

以上、ロシアスキーでした。また次作品の記事でも、よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする