魔法少女特殊戦あすか2話感想・考察・解説!敵は『魔法少女』なのか?

約束。互いに取り決め、違える無きこと。

どうも! 魔法少女特殊戦あすか担当、ロシアスキーです!

さて、あすかは今回2話目ですがぁ……。

うむ、なるほど。そう来たかぁ……って感じですね!(どんな感じだ)

では、語って参りましょう。

スポンサーリンク

魔法少女特殊戦あすか 2話あらすじ

前回のラストが気になってたのですが。

今回、その気になってた部分をすぱすぱっ、と解説してもらえて助かりましたね。

以下、あらすじでございます。

魔法少女として、再度戦ったあすかだが。それはあくまでも特別なこととして考えていた。

身の回りの存在を助けることはあっても、部隊に戻ることはしないと誓うあすか。

日常に戻り、友人との生活を謳歌するあすかであったが。

運命は、それでもあすかを翻弄していく……。

という具合でございましたね。

ではでは、キーポイントを語って参りましょう!

スポンサーリンク

敵は『魔法少女』なのか?

今回、敵である謎の組織のボスっぽい存在、クイーンの漏らした一言。

魔法少女特殊戦あすか 2話 クイーン

©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

我々は、悪い魔法少女である』という言葉……。

これについて少し考えてみたいと思います。

まず気になる点は、積極的に行動していた、アビーちゃんについて。

アビーちゃんは、あすかたち同様、謎のマスコット的キャラを従えていました。

魔法少女特殊戦あすか 2話 アビー

©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

このマスコットを連れている、という点から考えるに。アビーちゃんは魔法少女である可能性は高いと思います。

恐らくですが、あのマスコットは魔法少女にとってのお約束。魔法少女であるためのサポート的な存在かと。

となった場合、まず敵の組織に魔法少女がいる、という所までは間違いないということで考えていいとは思いますが。

少なくとも、敵の中には男性も居たんですよね。

つまり、敵=全て魔法少女、という可能性は低い。……いや、男でも魔法少女名乗れる世界だ、っていうなら話は別ですがw

ただ、ボスであるクイーンが魔法少女である、っていう可能性は高いんじゃないかと思いますね。

あすかを知っているような様子から考えるに、認識阻害が効いていないということ。

更に、今回ハロウィン級のバケモノを提供したということは、魔法少女の過去の戦いを知っている可能性が高い。

後は、アビーちゃんが魔法少女であるとすれば、そのアビーちゃんを従えている以上、アビーちゃんよりも強い……。

もしくは、頭抜けて切れ者だとか、じゃないとボスたりえないと思うんですよね。

だったら、凄腕魔法少女だ、って考えた方が自然かな、と思いますね!

結論として、敵組織は『魔法少女が率いた悪の組織であり、魔法少女を有している』という感じでしょうか。

つまり、この魔法少女特殊戦あすかのクライマックスは、魔法少女対魔法少女の戦いになる、と!

……っていっても、まだ2話なので。更にその裏に大ボスが! なんて可能性もあるのですが……。

まぁ今の所は、敵と展開についてはそんな感じの予想でいいのかな、と思いますね。

スポンサーリンク

ハロウィン級について

お次は今回戦った敵。ハロウィン級冥獣についての考察を。

魔法少女特殊戦あすか 2話 冥獣

©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

今回登場したのはいわば、ハロウィン級冥獣改、とでもいうべき存在だったのですが。

まずその『ハロウィン級』という単語についてなのですが。恐らくはまぁ、等級というか、敵の格をしめす単語なんでしょうね。

ハロウィン級というのがどれほどの強さの敵であるのかは不明ですが……。

私の予想では、ハロウィン級はそんなに強い敵ではないのかな、という予想でございます。

なぜかと言いますと、今回登場した夢源くるみちゃん。ソロで戦っていたのですが……。

魔法少女特殊戦あすか 2話 くるみ

©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

そもそもくるみちゃんは公式HPによると、魔法少女の『医療・尋問・拷問』たんと……ヲイ待て後半二つw

ま、まぁつまり、くるみちゃんって後衛担当なんですよね。

そのくるみちゃんが、ある程度ソロで戦えて、あわよくば勝利を狙えた、という点から考えるに。

ハロウィン級は結構下級な相手なのではないか、と私は予想したわけです。

今回は改良型だからくるみちゃんは後れを取っておりましたが。既存のハロウィン級なら勝ててたっぽかったですしねー。

まぁ、ディストニア戦争後、くるみちゃんが成長した可能性もあるのですが……。

でも、後衛がいきなり前衛に匹敵するほど強くはならないとも思うんですよ。

そういう観点から、ハロウィン級は割りとザコ敵だったのではないか、と思いますね!

……と、言っても。その戦闘能力は魔法少女以外にはかなりの脅威なんでしょうが。

後は、このハロウィン級改そのものについてなのですが。

敵組織はどうやってこいつを、プレゼントとして提供できるようにしたのか、っていうことですよねー……。

まぁ、ストレートに考えるのなら。それこそがクイーンの能力……の一つ、って所でしょうか。

冥獣を大人しくしたり、従えたりできる能力、とか……。

あるいは、敵組織にそういうのを研究してる部門があるのかもしれません。

冥獣を従わせることができる装置、みたいなものが開発されている、とか。

まぁこの辺りは物語が進むにつれて明らかになるでしょうが。

要するに、あすか達は敵魔法少女だけではなく、今後出てくるであろう冥獣たちとも戦わなくてはいけない、というのは確定でしょうね。

更に言えば、世界情勢なども加わり、かなり面倒な事態になってくる感じですかね……。

正直な所、国家間の問題は現実世界でも面倒極まりないことなのだ……。

国家間に真の友人は居ない』。フランス元大統領、シャルル・ド・ゴールの言葉ですねぇ……。

希美ちゃんのお父さんについて

あすかの友人でもある、陸上部少女、牧野希美ちゃん。

今回そのお父さんが出てきたのですが……。

魔法少女特殊戦あすか 2話 父

©深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会

いやぁ、このお父さん関連の描写。よくもまぁアニメにできたよなぁ……。

さて、このお父さんは公式HP曰く、『公安の外事情部』という所で働いているみたいなのですが。

それってどんな組織? ってことですが。

これって多分、現実で言うところの『公安外事課』のことですよね。

こちらはWIKIさんの情報をざっくりまとめますと。

外国諜報機関の諜報活動、国際テ口、戦略物資の父性輸出、外国人の不正滞在などの捜査を行う課』とのこと。

もっといえば、外事課・外事情報部ってのがあって~、と。難しいお話になるのですが。

いわゆる、各国でいうところの諜報機関に近い存在らしいんですよね。

……なので。今回描写されたような活動は、まぁ。していないと思われます。

……表向きは、ですが。そりゃあ裏の事情なんてのはわかりませんからね?

でもまぁ、一応日本国憲法内には、日本での拷問は絶対禁止、と明文化されていて。拷問を行った公務員は逮捕されるらしいです。

しか~し、一説によると日本でもこの拷問っていうのはまだこっそりと残っている……なんて噂も……。

ま、真実は知らない方がいいでしょうが……我々の生きている世界にも光あれば闇もある、ってことで。

このあすかという作品の世界において。世界情勢、国家間の関係性などがどの程度の物なのか、にもよりますが。

外事課が過激に動かなくてはいけない、という側面はあるようですね。

それもこれも、国際犯罪や、冥獣絡みの事件。そして魔法少女という存在が絡んでいるからこそ、でしょうか。

……やっぱり、魔法少女っていう存在は、良い物である、ってばかりじゃなさそうだよなぁ……。

スポンサーリンク

魔法少女特殊戦あすか 2話感想

さて、あすかの2話の感想なのですが。

……おいお~い。1話よりも本気じゃないのぉ……。

正直、私こういうの若干苦手なんですよね……。

え? 何? ロシアスキーグロだめなの?』って思われるかもしれませんけど。

そういうこっちゃないんです。こう、サラッとやられるのがキツいんです。

来るぞ来るぞ、やばいのが来るぞ! って分かってて、それで最高にダメージでかい様に盛り上げてからドーン! だったらいいんですよ。

その、呼吸するようにショッキングな物を、しかも無慈悲に描写されるとね……。

この世界ではこれは日常茶飯事です』って言われてる気がして……ツラい……。

でもまぁ、そういうことなんでしょうね。この世界は、魔法少女が戦い続けなくてはいけないような世界である、と。

ほんでもって、そんな世界に悪巧みをする組織があって。

悩みまくる主人公が仲間と再会し、さらに悩みつつ運命の歯車が回っていく……。

いやぁ、面白いですねぇ。個人的には、まだまだ力を溜めている感じっぽいので。

ここから来る戦い、絶望。その辺りに期待してしまいますね!

ただまぁ、現状は割りと地味な部分も見受けられるので……。

次回辺り、どっごーんという絶望が欲しいですね!(絶望は大丈夫っていうか大好物なのです)

魔法少女特殊戦あすか感想・考察・解説記事まとめ
『魔法少女特殊戦あすか』の記事を毎話更新していきます。 どうも、ロシアスキーです。 この度、『新...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!最新アニメの感想を話し合えるアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

以上、ロシアスキーでした。次回もよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんばんは ひろです。
    2話にして、ダークな展開でしたね。これ、クイーンがラスボスなのでしょうか。
    私はもうひとひねりあると嬉しいのですが。
     血しぶきがどうも苦手ですが、頑張って次回もみてみます。
    また来週よろしくお願いします。

    • rosiasuki より:

      ひろさん

      コメント、ありがとうございます!

      非常に重く、ダークな展開でしたね!
      クイーンがラスボスか、についてですが。
      私的にはそれで間違いないかな、と思っております。
      尺の都合的にも、そこを捻る意味もないのかな、と思いますね!