ゴジラS.P感想・考察・解説記事まとめ【シンギュラポイント】

アニメ「ゴジラS.P」の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。

ゴジラS.P2話感想・考察・解説!ラドンが落下した理由を考えてみる【シンギュラポイント】
こんばんは。眼鏡は顔の一部じゃない、全部だ! ライターの雨琴です。『ゴジラS.P』を担当しております。 前回は謎...
ゴジラS.P1話感想・考察・解説!ミサキオクの地下の骨の正体【シンギュラポイント】
こんばんは。眼鏡は顔の一部じゃない、全部だ! ライターの雨琴です。『ゴジラS.P』を担当しております。 最初の『ゴジ...

ごきげんよう。眼鏡は顔の一部じゃない、全部だ! ライターの雨琴です。

この度、東宝の歴史的怪獣特撮映画のアニメシリーズ『ゴジラS.P(シンギュラポイント)』を担当させて頂くことになりました。

こちらの記事では、『ゴジラS.P』の各話について考察・解説をした記事をまとめていきます。

以降は放送開始に先駆け、現段階で出ている情報および、今後の展開により考察に重きを置く可能性がありそうなポイントについて綴っていきます。

ゴジラ作品については日本版の映画29作とハリウッドのエメリッヒ版、レジェンダリー社版の1作目は視聴済みです。

特撮作品も大好きなのではりきって取り組みたいと思います。

それでは事前情報について気づいたこと感じたこと思ったこと考えたことをとりあげて参ります。

スポンサーリンク

抗えない未来(ゴジラ)を、覆せ

東宝の公式Youtubeで配信されている以下の動画3本と、公式サイトのストーリーページをもとに考察していきます。

▼ここには最新PVだけ載せておきます

キャッチコピーは「抗えない未来(ゴジラ)を、覆せ」のようです。

動画の中でも「破局」という言葉や「未来」という言葉が印象的に使われています。

1954年の最初の『ゴジラ』もそうですが、怪獣が登場する古今東西の作品では、圧倒的な破壊力の象徴であることが多いです。

故に抗えない未来は破局であり、ゴジラであるという連想になっているのでしょうか。

あくまで抗えない未来を「壊せ」とか「倒せ」でないところにも個人的に注目したいです。

特撮映画のゴジラの撮影では、あくまで主役はゴジラという考えを徹底するために、ゴジラの着ぐるみをまとった演者を「大物俳優だと思って扱え」なんて声をかけあうそうです。

この作品のゴジラも抗えない未来でありつつあくまで打倒するのではなく覆すものとして提起されているのは、ゴジラに対するリスペクトが感じられます。

スポンサーリンク

ゴジラだけじゃない! 怪獣続々登場

動画の中でもチラ見せでたくさんの怪獣が登場しています。みんな大好きヘドラのようなシルエットの怪獣もいたので私も楽しみです。

中でもラドン、アンギラス、ジェットジャガーは明確に名前を言及されていたので重要な役どころなのでしょうか。

ゴジラも作品ごとに設定が異なったりしますが、核実験などの放射能汚染により太古の恐竜の生き残りが変異したという設定がポピュラーかと存じます。

ラドンとアンギラスも概ね同様の設定を踏襲しています。ラドンはプテラノドン。アンギラスはアンキロサウルスといった具合に。

ゴジラ映画はゴジラ自体のドラマを描くものや、ゴジラに翻弄される人のドラマを描くものももちろんあります。

一方ゴジラとライバル怪獣たちによるプロレス興行的なお祭り騒ぎを楽しむ作品もありまして、怪獣がたくさん出てくる作品となると、そのお祭り感を楽しめるかも!? という期待もあります。

ジェットジャガーが活躍しそうな気配がビンビンしているのは往年のファンでも「そこをとりあげるか!?」といったところではないでしょうか。

スポンサーリンク

ユンと銘 二人の主人公

公式サイトのストーリーを読むと、二人の主人公がそれぞれ異なる場所で同じ歌を耳にするというところからお話がはじまっていくようです。

歌を象徴的に扱ったSFアニメ作品は『マクロス』シリーズや『メガゾーン23』に限らずたくさんあります。

ゴジラシリーズ的に印象的な歌はモスラの小美人が歌う『モスラの歌』でしょうか。

これも実際にチェックするまでわかりませんが、歌によって結びつけられた二人の研究者のバディ者になっていくのでしょう。

恋愛話に回収されると陳腐化しそうという懸念はありつつも、主人公が二人とも眼鏡をかけているのは個人的にとてもよろしいです。

スポンサーリンク

ゴジラS.P放送前感想

ゴジラの話をする上で、あえて『ウルトラマン』を引っ張ってきちゃうのですが。

一作目の『ウルトラマン』ってとりたててウルトラマン自身にドラマがないんです。

あくまで敵の怪獣や宇宙人側で毎回のドラマを見せていく。怪獣はただの脅威でなくドラマを背負うから魅力的です。

故にこのアニメに期待するのは『シン・ゴジラ』とは真逆の方向。

ゴジラや他の怪獣を災害として描き、それに対応する人間模様で魅せるのではなく。

それぞれの怪獣が背負ったドラマを魅せながら、最終話に向かって高まって大団円に至る、『ボレロ』のようなアニメとなることを期待しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする