俺ガイル完(3期)6話感想・考察・解説!結衣が八幡を助ける理由とは?【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(はまち3期)】

皆々様こんにちは。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(以下『完』)担当のgatoです。

前回は八幡が雪乃を助けたい本心を語り、自分達らしい「勝負」という関わり方で手を貸すこととなりました。

雪乃も八幡のアイディアを受け入れ、彼女らしさを取り戻すことができました。

ただ、雪乃と八幡のやり取りを見て、意外にもいろはの感情が揺らぐことに…。

さらに今回はそこに結衣も入っちゃったようですが、一体どうなったか振り返っていきましょう。

原作未読者によるネタバレなし初見考察です。(アニメは全シリーズ視聴済み)

原作ファンの方は初見勢の考察にニヤニヤしながら読んで頂ければと思います。

※コメント欄でのネタバレも厳禁でお願いします。

スポンサーリンク

終点へ

『完』、第6話、八幡

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

個人的に冒頭の八幡といろはの会話で出てきた台詞は今回のエピソード、あるいは今後のエピソードを象徴するものだと感じました。

その台詞とは八幡が言った「終点は必要だったんだ」です。

いろはが提案したプロムは、図らずも奉仕部の面々がこれまで抱えていた問題を大きく刺激しました。

雪乃が抱える家族の問題、八幡と雪乃の関係、結衣が胸に秘めている感情などといったものですね。

これまで通りの日常が続いているならば、これらの問題は日々の慌ただしさの中に紛れたかもしれませんが、今回はそうはいきません。

何より雪乃が自分の蟠りに決着をつけると宣言した以上、八幡と結衣は必然的に問題と向き合わざるを得なくなります。

そして向き合うのならば、結論を出さなければならなくなるわけです。

『続』の結末で「奉仕部のままでいられない」という八幡達の不安が立ち上ってきましたが、今回のエピソードで少なくとも八幡(そして後述する結衣)は自覚的に「終点」を意識していることがうかがえます。

これは「奉仕部の終焉」を八幡達が意識しているといえるかもしれません。

実際、奉仕部は八幡や雪乃が問題を抱えているからこそ関わることになったものですが、プロムが上手く片付けば問題は解消される。

おまけに導き手を担った平塚は離任し、八幡と雪乃が問題を解決して関係性に変化が生まれれば、必然的に結衣もまた変化せざるを得なくなる。

この状況は、もはやかつての「奉仕部」がなくなってしまうといっても過言ではありません。

他方で、少なくとも現段階では八幡が将来的な終点に対して悲観的に捉えている描写がないので、彼なりに前向きに終点を受け入れていそうですね。

ただ、その終点には自身が抱える雪乃への感情や結衣を失恋させる現実など、色々厄介な要素がくっつているのですが、それに八幡がどう対処するかまでは、現段階では読めない状態です。

すでに鈍感では済まされない領域に踏み込んでいるのですが…それを自覚した八幡がどう動くのか、注目したいところですね。

スポンサーリンク

いろはの素顔

『完』、第6話、いろは

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

前回の記事ではいろはが八幡へ人知れず恋情を抱いているのではないか…的なことを色々記しましたが…。

俺ガイル完(3期)5話感想・考察・解説!いろはは八幡のことが好き?【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(はまち3期)】
皆々様こんにちは。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(以下『完』)担当のgatoです。 前回は雪...

今回のエピソードを見ていると、いろはそこまで強い恋情を八幡に抱いている印象はなかったですね。

まぁこのタイミングで四角関係なんて作ったら、ややこしいことこの上ない(笑)

今回はいろはがプロムを企画した動機について語られていました。

てっきり葉山絡みかと思っていましたが、実際は平塚や八幡を始め、お世話になった多くの先達を送り出すため…、正確には送り出さないという後悔をせず、「精々する」お別れを実現するためでしたね。

何これ、ただの良い子やん!って感じの回答でしたけど、彼女らしいといえば彼女らしいです。

葉山に恋をしたり、八幡達に関わったりと、いろはは先輩との間で色々あった人物でしたし、自分の「区切り」をつけることも兼ねて、ちゃんと送り出せるプロムを決行する…自分都合を上手く入れ込む辺りが特に彼女らしい(笑)

また、八幡が口にした「終点」という台詞を引き合いに出すなら、いろはの行動もまた彼女なりの「終点」に向かうためのものと解釈できそうです。

先輩との間にあった色んなことを引きずらず、ちゃんと終点を迎えさせてから送り出す…といった具合に。

ところで、いろはの八幡への好意ですが、個人的に全くゼロではなかったと思っています。

もちろん葉山への恋情ほどではなく、「もしかしたら好きかも?」というレベルだったのでしょうけど。

恐らく八幡と雪乃の関係性を見せられて、いろはの中で無意識に抱き始めていた「もしかしたら」が叶わないことに気づいたからこそ、前回いろはは苛立ちを見せていたのでしょう。

まぁ端的にいってしまうなら「告ってもないのにフラれた」みたいな感じでしょうかね。

スポンサーリンク

選ぶか、選ばざるか

『完』、第6話、戸塚

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

八幡が雪乃を「勝負という形で助ける」ために思いついたプランは「さらに悪い選択肢を提示することで元々の企画を相手に選ばせる」、俗にいう「ダブル・バインド」みたいなやり方ですね。

学校側がプロムをやめさせたいとまでは考えておらず、保護者側も本音を隠しながら異議申し立てをしている以上、「やらない」という選択肢が明確に提示されていない状況を逆手に取っているというわけです。

つまり「やらない」という選択肢が自粛程度のレベルで表現されていないため、正々堂々と「やること」前提で話を進められるうえに、悪い対案を出すことで元々の企画を選ぶ方向に誘導しやすくなるという感じです。

この八幡のプランは、これまで彼がやってきた「あえてヒールに回る」という手法の延長線上にある一方、これまでとは決定的に違う一面があります。

それはある程度作り込んだ対案は八幡一人だと提示できないという点です。

それなりに実効性がある対案を出すなら、一人だけで企画しても説得力を持たせられないため、どうしても八幡以外の人間の助力が必要になります。

そうなると、これまでのように八幡一人がヒールとして立ち回って解決…みたいなやり方は必然的に成り立たなくなります。

この点は八幡が自ら提案したことも含め、かなり大きな意義があります。

これまでの八幡はボッチであるキャラクターを利用し、「自分一人が犠牲になればいい」を地でいくやり方を行ってきましたが、それは自分の問題を放置し、周囲を傷つけるものでした。

しかし今回は徒労がわかっていても誰かを巻き込まねばならず、周囲との信頼関係がなければ成立できないプランです。

つまり、ボッチのままの八幡では絶対的にできないプランになっているわけですね。

信頼できる人間がいることを自覚し、彼らの助けを得ることは過去の八幡にはできないでしょう。

今回のプランはボッチから脱却した八幡だらこそできるわけであり、彼の成長を感じられるものだといえます。

ただ、このプランをしたところで雪乃の母親は「やらない」という選択肢をより明確に提示して強引に突破してきそうな印象…。

その時はどう対処するか見ものですね(多分雪乃が主役になりそうですが)。

言葉にしてほしい

『完』、第6話、八幡

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

対案を提示するために八幡と結衣は戸塚達を呼んで協力を依頼しますが、個人的にその際の戸塚とのやり取りが印象的でした。

戸塚は協力にあたって八幡の想いを問いただしますが、この「言葉にしてほしい」という構図は前々回から続いているものです。

つまり八幡は何度も自分の胸の内にある想い(主に雪乃への)を言語化させられているわけですね。

個人的にこれはかなり重要なことだと思っています。

そもそも『俺ガイル』は独白が多く、とりわけ八幡はボッチというキャラクター性もあって周囲に本音を明かす場面は限られています。

誰かと対立してもヒールを徹底して話を流すこともあり、自分の想いを言葉にすることと彼は相性が悪いといえます。

ただ、まぁ状況の影響もあるとはいえ、今回はこれまでとは考えられないくらい八幡は自分の気持ちを言葉にしています。

自分の気持ちを素直に明かし、ちゃんと相手に受け入れてもらうことで誠実な信頼関係を築き上げる…。

この八幡の行為は彼が求めてやまない「本物」を手に入れることに直結しているのではないでしょうか。

欺瞞をせずに周囲に素直に自己開示する在り方こそ、この後のエピソードで八幡が手に入れる本物の一端を示しているのかもしれません。

他方で、さきほど触れた「鈍感では済まされない領域」と八幡のこの振る舞いが関わっているような気もします。

言葉にせず、その場の雰囲気に合わせてズルズル延ばしたり、自分の中で芽生えている他者に関わる気持ちに気づきながらも提示しない…つまり「言葉にしないこと」は、思いもよらない事態を招いてしまうことにもなりかねません。

ただ、「言葉にしないこと」は延命の手法としては使えます(それこそ結衣のように)。

それでも、八幡はそれをしない。

つまり八幡は「言葉にすること」で自然と延命という退路を断っているともいえそうです。

それでも結衣は

『完』、第6話、結衣

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

八幡と雪乃の関係性が進展したことで揺らいでいる結衣ですが、やはり彼女も「終点」に向けて動き出すことになりました。

結衣は(やっぱり)八幡に手を貸すことになりましたが、それは「最後の思い出を作ること」という彼女なりの終点を迎えるためなのかもしれません。

結衣の独白から察するに、既に結衣は八幡と雪乃が結ばれる未来を見ていて、同時にその未来を迎えることを覚悟しているのでしょう。

それでも結衣は八幡の側にいることを選んだわけです。

この行為もいってしまえば「仲の良い3人の奉仕部」をでっちあげる欺瞞ですが、決定的に違うのは結衣が終わりを理解していること(受け入れているとはまだいえませんね)。

何より、結衣は八幡と雪乃がくっつくという現場を一番間近で見てしまうリスクを、この行為は孕んでいます。

ただ、それでも結衣は八幡の側にいることを選びました。

それは結衣が自身の本音に素直に従ったからでしょう。

傷つくとわかっていても、諦めるとわかっていても、本音に従う…。

これは図らずも、家族と向き合う覚悟を決めた雪乃に重なるものでもありますね。

スポンサーリンク

『俺ガイル完』第6話感想

『完』、第6話、手と手

©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

「いかに雪乃を助けるか」という課題が終わり、続いて「いかに終点を迎えるか」という課題が提示されたエピソードでしたね。

第6話は1クールの折り返しとして、重要な転換点になっているといえるのではないでしょうか。

個人的に結衣が傷つくでも、諦めるでもない別の終点を迎えてほしいと願うばかりですが…。

さて、次回は対案を作るために八幡が色々動くようですが、予告には懐かしい顔がちらほらと…。

一体どんな話になるのか、期待ですね。

俺ガイル完(3期)感想・考察・解説記事まとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(はまち3期)】
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする