幼女戦記アニメ1話を考察・解説!ターニャが持つ95式とは

こんにちは。2017年冬アニメの幼女戦記を担当させていただきます、ジャム君です。

原作は未見なのですが、どんなストーリーで進行するのか、キャラクター設定なのか、それでする考察や解説も面白いと思っておりますので、どうかお付き合いください。

今回は1話ということで、キャラクター関係や時代背景の描画がメインとなっていますね。
主人公がしてはならないような顔を見せていた気もしますが、これは気のせいではないようですよ。

果たして幼女戦記は、1話からどんな展開を見せるのか・・・
はじまりはじまり~

スポンサーリンク

キャラクター紹介

初回ということで、まずは簡単に今回登場した主要キャラクターの紹介から。

帝国軍戦線メンバー

ターニャ・デグレチャフ
幼女戦記 ターニャ・デグレチャフ
このアニメの主人公。
帝国軍二〇五強襲魔導中隊 第三小隊小隊長で、階級は少尉。
以下、ターニャと呼ばせていただきます。

ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ
幼女戦記 ヴィクトーリヤ・セレブリャコーフ
ターニャと同じ部隊に所属。階級は伍長。

アニメテロップでは、ミドルネームのイヴァーノヴナが省略されている。円盤にて、修正が入りそうな部分ではある。
以下、ヴィーシャまたは伍長と呼ばせていただきます。

帝国軍参謀本部メンバー

クルト・フォン・ルーデルドルフ
幼女戦記 クルト・フォン・ルーデルドルフ
作戦参謀次長を務めている。階級は准将。
以下、ルーデルドルフと呼ばせていただきます。

ハンス・フォン・ゼートゥーア
幼女戦記  ハンス・フォン・ゼートゥーア
作戦参謀次官を務めている。階級は准将。
以下、ゼートゥーアと呼ばせていただきます。

エーリッヒ・フォン・レルゲン
幼女戦記 エーリッヒ・フォン・レルゲン
戦務参謀次官を務めている。階級は中佐。
以下、レルゲンと呼ばせていただきます。

まあ、この3名は紹介テロップが出ているシーンなんですけれどもね・・・

ルーデルドルフ、ゼートゥーア、レルゲンの3名は、ともにミドルネームに「フォン」と名が付いているのが気になります。
しかし、ターニャの部下にも、ミドルネームが「フォン」な人がいましたね。
当時の流行りだったのかもしれません。

ただ、本部メンバーともあれば、利害関係が一致している人物の寄せ集めと言えるのでしょうね。

本部の作戦地図にチェスの駒が用いられていますが、これは兵隊を「駒」としてしか見ていない事の現れでしょう。

こんなだから、ターニャや伍長みたいに若いのが駆り出されるんじゃないですかね。

スポンサーリンク

敵を無事撃破してもなぜターニャは怒るのか

ヴィーシャ以外の隊員が、命令を無視して飛び出し敵を撃破した時に、ターニャは恐ろしい目をしていました。
幼女戦記 ターニャ 恐ろしい目
これは、ターニャの口から問題点の指摘がなされています。

ターニャ「軍隊とは組織、組織に必要なのは規則

そうです。ターニャが上官である以上、命令違反をするということは規則を破るということ。

そういう人間は、危なくて自分の部隊に置いておきたくないのだと思います。

当然ですよね。生タヒをかけた戦いなのですから、一歩間違えればそいつのせいで部隊が全滅ということもあり得るわけです。

ならば、規則を破った者には処罰があって当然なのです。

しかし、ターニャが見せた目は、怒りの目というより、哀れみの目に見えたのは気のせいでしょうか。

ターニャの持つ95式とは

幼女戦記 ペンダント
シュワルコフ中尉に、このペンダントを見つめられ、「その95式をもってしてもか」とターニャは言われています。

95式とは、ターニャが持つ銃の種類のことだと思われます。
その中でも、持っているのは、先端に槍と言いますかナイフが付いていることから、95式自動歩槍なのではないでしょうか。
幼女戦記 95式

今回は、敵陣に突っ込んでいき役に立ちましたが、支援がメインの場合にはあまり役に立ちそうもない武装ですよね。

そもそも何で空飛んでるの?

何も、ターニャだけが持つ主人公だけのレアスキルではありません。
幼女戦記 空を飛ぶ
伍長も飛んでいますし、敵さんだって機械に乗りながらでも飛んでいます。

歩兵も大勢いますので、しっかりと学ぶ必要はありそうですが、ある程度の素質があって学んでくれば、誰でも飛べる世界なのではないでしょうか。

航空戦力ばかり集めても、地上戦力ばかり集めても、バランスを欠いた戦力ならば勝ち目が薄れる戦い、というところでは、リアリティがあるような気がします。

ペンダントに込められた秘密

魔法を発動させ、チャンバーへと込めた時に、ターニャが持っていたペンダントが光っていました。
幼女戦記 ペンダント 歯車
どんどんと歯車が噛み合うように、魔法が充填されていくシステムなのでしょうか。

しかし、魔法を発動させてなぜペンダントが反応するのか、説明ができません。
シュワルコフ中尉が言っていたように、95式は持っていたようですが、ペンダントとは別個に思えます。
チャンバーに魔力を込める助けをしているのでしょうか。

凄まじい一撃をお見舞いできることはわかったのですが、魔法とペンダントとの関係が、まだハッキリと見えてきませんね。

スポンサーリンク

幼女戦記1話の感想

いやいや~
1話から、多くの謎に包まれておりますね!

特に、ターニャを取り巻く謎の多さと言いますか、闇の深さと言いますか、そんなものを感じ取れるものでした。

ターニャは、サラリーマンがどうとか、時代背景にそぐわないようなことも言っていましたし、今後の話で何を語っていくのでしょうか。

終わり際に、レルゲンが放っていた言葉も気になりますよね。

「あれは、幼女の皮を被った、化物です」

幼女戦記 化物
とは、来週が気になってしまうではないですか。

1話だけが特殊構成で、来週からは次週予告は入るのでしょうか。
それとも、今回のように終わり、毎週焦らされるのですかね。

なかなか、考察のしがいがあるお話ですね。次週が待ちきれません。
ターニャの言葉を借りるならば「アニメとは考察、考察とは忍耐力」

そんなわけで、次回もまた見に来てほしいぞ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    フォンは貴族を意味するヤツだったと思う……

  2. 名無し より:

    95式は<ネタバレ>かと…

  3. jamkun jamkun より:

    >>1様
    なるほど!
    ミドルネームの「フォン」は流行りではなく、貴族の意味があったのですね!

    とすると、参謀本部メンバーはもちろん、ターニャの部下2人も「貴族」様ですか。
    本来ならば、参謀本部に行けたのかもしれないと考えると、最後の笑みも、意味が変わってきそうですね。

    >>2様
    95式には、銃以外に何か意味があるのですかね。
    むむー、気になります!

    確かに、他の兵が装備している銃と大差はなさそうですし、シュワルコフ中尉はターニャが持つ銃を見て95式の話をしたわけではありませんからね。
    1話で語られなかった秘密は、何話で語られるのでしょうか…