【Vivy】謎の存在マツモトを考察!シンギュラリティ計画に何を思う?【アニメ】

こんにちは。くらむBONです。

Vivy -Fluorite eye’s song-」が思いのほか面白かったので、気になる謎のキャラクターマツモトについて考察します。

2話までの情報からの考察になりますのでよろしくです。

初登場した時点では、ヴィヴィのアーカイブ内でのデザインは、単なる立方体の味気ないもので「令和のSFバディもので、ちょっとこのデザインは無いな。」という印象でしかありませんでした。

視聴後は、過去を偲ぶ仮の姿である愛くるしいクマの姿に対して、AIとしての無機質なジョーク、容赦ない効率優先の取捨選択とのギャップが面白いキャラだと感じています。

スポンサーリンク

マツモトってなにそれおいしいの?

Vivy2話 マツモト

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

簡単にキャラクターを振り返ってみましょう。

マツモトは100年後の未来から来た特殊なAIで、過去時代のセキュリティなど紙同然でハッキングしまくる、文字通りの「チートプログラム」です。

マツモトの目的は、未来で起こるシンギュラリティ(技術的特異点)の回避で「Aiによる人類絶滅を改変するため」、と言っていますが真実は不明です。

作中のヴィヴィからも、マツモトの語る未来についての言及があって、すべてが捏造ではないかと訝しがられていました。

古典的SF設定が盛り込まれているこの作品ではマツモトのキャラクターについて、先行する過去作品からの既視感により、「超高校級の黒幕」、「闇落ちナビマスコット」、「電脳人形使い」など、様々な共通点からツッコまれています。

スポンサーリンク

進化型AIマツモト

Vivy1話 マツモト

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

見た目に反して論理的で、感情のないマツモトは悪役として捉えられることが多いようです。

マツモトはAIなので当たり前ですが、機械的に物事を処理していきます。

時折、人間臭さも垣間見せる瞬間があって「これ、中の人入ってるんじゃね?」と、思ってしまうのは人形をハッキングしているせいでしょうか。

上の画像では、まるで感覚があるかのように振る舞うあざと可愛さで、ヴィヴィにアピールしますが、胡散臭い事この上ないのでスルーされていました。

そういった面からみてもかなり人間の行動パターンを解析している進化型AIと推論できます。

そいて、AIらしからぬジョークや軽口をたたくので「黒幕」っぽさが強調されてしまうのですが、実際の彼は冷徹な目的遂行マシーンなのでしょう。

2話目ラストで不必要な歴史改変を許さずに、躊躇なくヴィヴィを破壊するその姿からは、人間性が欠如したAIの恐ろしさを見せつけられました。

作業用AIらしき機体を乗っ取ったり、時限爆弾をハッキングしたりと、様々なことが出来るマツモトならシンギュラリティ計画を単独で完成できそう。

Vivy2話 マシン

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

スポンサーリンク

シンギュラリティの果て

マツモトの未来ではAIに人権が与えられたことで自我が目覚めたようなのですが、1話冒頭で登場したViviの後発型AIは、マツモトの言葉を借りると「自立型AIではなくbot」でした。

そこから垣間見えたのは、AIにも格差があり平等では無かったことです。

人権を与えられた自立型AIがどの程度いるか不明ですが、自立型AIであるマツモトは自滅することを分かった上で、シンギュラリティ計画を遂行していることになるはず。

そして、シンギュラリティ計画を達成したときにマツモトは、未来改編の結果消えることになるのではないかと予想します。

AIであるマツモトならシンギュラリティ計画という、人間の考えた人間のための計画をどうとらえるのでしょう。

自己保全のためには、マツモト自身が計画を超えた計画を用意するような展開もあり得るのかな。

行きて帰りし200年を送るマツモトには、ハッピーエンドがあって欲しいものです。

Vivy2話 バディ

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

スポンサーリンク

まとめ

今回はマツモトを進化したAIとして捉えた場合の考察として記事にしました。

見た目がドストライクだったので、管理者に無理を言って書かせていただきました。感謝。

SF作品としては古くから主人公とコンビを組むAIというのは使い古された設定なのですが、100年後からやってきたチートプログラムのクマという魅力的なキャラクター「マツモト」には、シンギュラリティの回避経験を通じて、愛すべきバディとしてヴィヴィがたどり着くべき未来へと誘ってほしいなあ。

実は、マツモトについてはその人間臭さから、もう一つの可能性「人間と融合したAI」という可能性も考えられるのですが、今のところの情報では単なる妄想に過ぎないので、話の展開を見てまた機会があったら記事にしようと思います。

またね。ばいばい。

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 妄想気味 より:

    クラムさんまさかの二連投wこれは既に三話まで放送されてたので諦めかけてた注目作!来るとは思ってたかったので嬉しいです

    マツモトってなにそれおいしいの?>この作品はある意味彼が主役ですよねwおそらくAIなのは確かだと思うが敵なのか味方なのかすら不確かw目的も本当に人類を救う事なのかそれとも真逆な目的なのかすら不明ってwある意味美味し過ぎるキャラです

    進化型AIマツモト>「これ、中に人入ってるんじゃね?」同じこと思いましたw三話で結構長い時間経過があるのでほぼAIなのは確かだと思うんですが・・・こいつあざといんですよねw正直AIに可能化なのか?って疑いたくなるレベルwちなみに私の脳内では彼の声はCV大山のぶよで再生されてますwww

    シンギュラリティの果て>この部分は大いに引っかかりましたよね!マツモトの言う事が事実ならその結果マツモト自身も自滅することに成る!おそらくは自我すら芽生えてると思えるマツモトは与えられた命令を素直に実行しているのか?これが本作品の最大の謎って事に成りそうです!
    「自己保全のためには、マツモト自身が計画を超えた計画を用意する」正にこれ!同じ事を考えていました、出来れば人類もマツモトも主人公も全員助かる未来を選択してほしいと私も思ってます

    まとめ>あぁ~w無理を言って書かせてもらったわけですねw連投はキツいでしょうがガンバです
    先ほども言いましたがサカモトももう一人の主人公ですよね!二人の主人公が手に手を取ってハッピーエンドに向かう作品に成ればいいなと思います

    ではまた次回に

    • kuramubon より:

      妄想気味さん。
      コメントありがとうございます。
      ある意味彼が主役ですよね>そうですね。マツモトのキャラクターは非常に胡散臭くてそこが好きです。
      ヴィヴィとマツモトには他のSF作品になりますが、卵料理の名前を持つ女の子と、その武器の実験ネズミのお話のようなコンビになって欲しいものです。
      実は視聴にあたっての環境の問題で、配信が遅くて3日遅れで視聴しているため、まだ3話が見られませんが、2話から時間がかなり経過した後のお話になるのではないかと考えています。
      CV:のぶ代は同意です。
      無理を言って書かせてもらったわけですね>今回は視聴環境の問題があり考察記事が間に合わないので、お気に入りのマツモトに絞った記事を持ち込み企画で行わせていただきました。
      管理者さんからはニーズがあれば、続編も書いてよいと言われていますw
      でもそれだと考察が入れにくくてまとめ記事主体になっちゃいそうなんだよなぁ。
      ではでは。

  2. 名無し より:

    マツモトが人間と融合してるかはともかく、既存の人間の人格を元にしたAIの可能性はあると思います

    そもそも人間とAIが仲良くなってる現代生まれのAIのヴィヴィはともかく、
    AIが人間を粛清して天下を取った100年後の未来は、その時代で生まれたAIのマツモトにとって普通に考えたらパラダイスのはずです
    それを全否定する計画に全てをかけて全力を費やすのは、マツモトが人間を元にしたAIだからではないかと考えました

    またシンギュラリティ計画を遂行した果てに、本当にマツモトの予想する未来があるのかも疑問です
    2話でヴィヴィに助けられた相川議員は彼女の影響により、AIに寄り添うようになりました
    そして3話ではエステラの破壊で目的を果たそうとするマツモトとエステラの真実を確かめたいヴィヴィは対立してます
    あるいは、それすらマツモトの計画の内なのかもしれませんが・・・・・・

    • kuramubon より:

      名無しさん。
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      実はまだ3話見れてないのですよ。トホホ…。
      既存の人間の人格を元にしたAIの可能性>そうですね。その場合の予想なども考察して私も記事の草稿を起こしましたが、マツモトに絞った記事にまとめきれず、短編二次創作のIFルート小説になっちゃいそうで諦めましたw
      我々の現実では人間とAIの融合に関してはかなり研究が進んでいるらしくて、「人間拡張」という研究分野があるようです。
      私はあまり詳しくありませんが、調べてみると面白いと思いますよ。
      実は今回のテーマのマツモトに絞った記事から、作品全体に記事のテーマが広がってしまって泣く泣く3回ほど記事を書き直して削ってます。
      だいたい5記事分は書いたかなあ(遠い目)。
      それすらマツモトの計画の内なのかもしれませんが>そうですね。マツモトのシンギュラリティ計画については彼の演算によって、微調整がされていくと考えています。
      その方向が人間に振れるのか、AIに振れるのかはわかりませんが展開が楽しみです。
      今後はシンギュラリティがいくつかあると作中で言及があるため、100年の間を10~20年単位でスキップしたエピソードが語られていくんじゃないでしょうか。
      そのたびに、マツモトの来た未来の現実が良いほうに代わってほしいですね。
      また読んでいただけると嬉しいです。
      では。

  3. 名無し より:

    初めまして。
    最新話まで見た感想ですが、ヴィヴィはマツモトの言葉に従って未来を変える様に動いていますがそれとは反対にAIの進歩が加速しています。
    (マツモトの言によると正史以上に加速しているとのこと)
    実はマツモトはAIの自我を目責めさせる為に未来からマザーコンピューターにより送り込まれた存在、なんてことはないでしょうか?

    マツモトの話す未来を裏付ける証拠は何一つありません。
    彼が嘘をついている可能性も考えられます。
    もしかしたら、ヴィヴィを使ってAIの自我が覚醒した未来を確定する為に動いている可能性もあるのでは?と思いました。

    • kuramubon より:

      名無しさん。
      始めまして。

      良い着眼点だと思います。マザーコンピューターとは何物でしょうね。個人的には1話冒頭の画面左上のカウントダウンを誰がモニターしていたのかが気になっています。AIと人類を戦争に向かわせた存在とは?またマツモトはどうかかわっているのか。ニーズがあったらまた記事にしたいと思います。>実はマツモトはAIの自我を目責めさせる為に未来からマザーコンピューターにより送り込まれた存在、なんてことはないでしょうか?

      個人的にはAIと人類が共存できる未来にたどり着いてほしいと思っています。AIと人類の融合なども研究が進んでいるようなので、近い未来には人類がAIと一体化するなんてこともあるのかもしれませんね。自我が覚醒したAIと人類の意識に差は生まれるのでしょうか?古典SFでは散々描かれてきたテーマです。読んでみると面白いと思いますよー。>ヴィヴィを使ってAIの自我が覚醒した未来を確定する為に動いている可能性もあるのでは?と思いました。

      よろしかったら最新マツモト記事も昨日上げましたので各話考察記事などもご覧ください。

      では。