闇芝居5期6話の感想・考察・解説!オカエシサマの本当の意味

どもども!みなさま、いかがお過ごしですか?

闇芝居担当monyoです!

私事ですが、ここ最近ですね、失恋をしたんですよ。ショックは特に受けていないですが。

なぜかといいますと、想い人は仕事柄一緒にいること多いことから、成就するつもりが全くなく、想いを消すために、早く彼女作らないかなぁっと思っていた存在でして。

ここ最近久々に会ったら、彼女がいました。

基本的に自分のことを考えず、人のことしか考えてないので、略奪愛とか一切考えていないので、今も心中穏やかに、むしろそのカップルの話をニヤニヤしながら聞いています。

こういう失恋もありだなと思った私です。

みなさんの失恋は悲しみや恨み・怒り…etcばかりですか?

なんか変な質問で終わらせてしまいましたが、私の話はこの辺で。

女のいろんな姿をおもしろ怖くしたアニメ・闇芝居。

今回は、どんな女の醜い感情が出てくるのでしょうかねぇ??

では、はじまりますよ?

スポンサーリンク

第6話 「オカエシサマ」

オカエシサマ7

この物語は

「失恋し、悲しみにくれる女子高生が彼氏を取り戻すために、奮闘する」

というお話。

スポンサーリンク

オカエシサマの意味

オカエシサマ3

親友のリエコに彼氏を取られてしまったユカ。

たまたま手に取った恋愛bookに書いてあった「オカエシサマ」を興味本位でためします。

願い事は「ともくんが私のところに戻ってきますように」

その次の日、彼氏は戻ってきました。最悪の事態を起こして。

なぜオカエシサマは、彼氏を取った友人・リエコを消したのでしょうか。

彼の心を、ユカに戻せば、友人も彼氏も戻ってきて、円満だったろうに。

まぁ、人生そう甘くないですよね。「2兎を追うものは1兎をも得ず」とも言いますし。

恋愛おたすけbookに載ってあった漫画には、

「彼氏の心が自分に変わる」「相手は消えない」という感じに漫画に描かれてましたが、

なぜなのでしょうか。

それは、オカエシサマの意味がそもそも違うからではないかと考えます。

恋愛おたすけBOOKに載っていたから、「彼氏が帰ってくる」と思ったのでしょうが、

本来の意味は、「彼氏を取った相手に対して、自分の恨みを返す」のではないでしょうか。

誰だって最愛の人を取られたら、その相手を恨みます。

今回ユカの恨みの対象は、ともくんを取ったエリコでした。

オカエシサマにしたお願い「ともくんが私のところに戻ってきますように」

これはユカにとって本心だと思いますが、その本心の裏には、

エリコへの恨みがたくさんあったのではないかと考えます。

そのため、エリコは恨みを返され、帰らぬ人へ。そして、ともくんはユカの元へ。

しかし、「人を呪わば穴二つ」

ユカは、自分に呪いを返されます。それは、帰らぬ人となったエリコ。

オカエシサマ5

なぜ、帰らぬ人となったエリコがいたのかは、わかりません。

自分を帰らぬ人にしたことを恨み、幽霊の状態で、その場に現れたのかもしれません。

エリコは昨日のユカと同じ時刻に、オカエシサマに願いをします。

その時間にお願いをするということは、ユカのオカエシサマへのお礼はいえないということ

オカエシサマは、あくまで儀式

始めてしまったものは、ちゃんと最後までやらないといけない。でなければ、自分に戻る。

それは、どの儀式でも同じです。いわば、こっくりさんと同じようなものです。

ユカは、エリコの妨害により、儀式は終えることができなかった。

また、エリコのお願いがユカへの恨みだとすれば、ユカの末路は…。

言わなくても察しはつきますよね。

最後になったグロい音は、オカエシサマへの代償と恨みの重さからではないでしょうか。

この物語で一番かわいそうな人

オカエシサマ2

この中で一番かわいそうな人って誰だと思います?

私は、ともくんだと思います。

自分の彼女の友人を好きになり、彼女を振って友人と付き合いだしたことは、

あまりよろしいことではありません。

まぁ、人の心なんてどう変わるかわかりませんが、一概に悪いとは言いがたいですが。

しかし、2日に渡り大切な人を2人もなくした悲しみは、どれほどつらいものか。

オカエシサマ4

エリコが帰らぬ人になったときも、ユカに対し、泣きすがるように落ち込んでいました。

ユカが帰らぬ人になったとき、彼はどのように落ち込んだのでしょうか。

誰にすがり、誰になきついたのか。

いっそ気がふれて廃人になったほうが、彼のためなんじゃないかと思います。

なぜ、かわいそうなひとが、彼女達ではないのか。

それは、お互い勝手に奪い合って恨みあって自滅しているから です。

人の想いなんて永遠に続く保証なんてありません。

奪い奪われるなんて恋愛にとってつきもの。

私の彼氏をとったあの女が悪い。と被害者女子はたまにいますが、

いつ彼氏はあなたのものになったのですか?というのが私の意見。

人間なんて、誰のものでもありません。その人の気持やその人自信はその人のもの。

結婚等などをしているならまだしも、まだまだ高校生。心変わりなんでいくらでもありえる。

オカエシサマなんかに手を出す前に、自分のもっと魅力的にしなさい。と思いました。

かなり個人的な意見が入っていますが、誰もが思ったのではないでしょうか。

私は、帰らぬ人たちよりも、残された人たちの方がかわいそうだと思うので。

だって、

帰らぬ人達を待ち続けることほど、途方もなく叶うことのない願いはないでしょう?

どんなに願っても、それは限りなく不可能で、叶うことなんかないのですから。

スポンサーリンク

闇芝居5期第6話感想

オカエシサマ6

今回は、女の欲望がみちみちてましたねぇ。

あんだけお互いやってやり返すといっそ清々しいといいますか。

ユカがあの時ともくんをすぐに諦めていればこんなことにはならなかったのに。

女というのは、本当に嫉妬深く醜い。

女の自分が一番それをわかってはいるんですが、本能的にやめられないんですよねぇ。

恨みこと・妬み・嫉み…汚い欲望が出まくる生き物なんですよねぇ。女性は。

この物語をみて、そう感じました。

怖かったかというと、怖くはなくラストがグロかったなという感じ。

それでは、今回はこの辺で。

おしまい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. パぺマぺ より:

    これぞまさに人を呪わば穴二つ・・・・・恨み妬みは世の中あるが人間の感情って難しくて恐ろしいものはないですね。ちなみに巷説百物語で一番恐ろしいのは人間というで言葉がありますこれも同じですね

    • monyo monyo より:

      コメント、ありがとうございます!返信が遅くなり申し訳ありません。
      確かにそうですね。本当に恐ろしいと思います。自分もそれをもっていて、わかるからこそ、本当に怖いです。
      人間というのは醜く怖く時に優しく暖かく、いろんな面を持っていて怖い存在ですね。自分がそう思っているからこそなのですが。
      そこがまた面白いとも思うのですけれども。