ゴールデンカムイ32話感想・考察・解説!漢字や文字の暗号はミスリード?

こんばんは。毎度お馴染み流浪の売文屋、雨琴と申します。

『ゴールデンカムイ』第三期を担当させていただいております。原作未読故平にご容赦。

前回は杉元と谷垣が遭難しかけたことで、ロシア人の灯台守の夫婦と出会ったり、キロランケ一行の目的地がアレクサンドロフスカヤ監獄に決まったりしましたね。

そうした動きを受けて今回は『人斬り』ということで、今まで大きな動きを見せなかった土方陣営がメインのお話でした。

と言いつつ、杉元やアシリパさん周辺の言動にも気になる点がチラホラ。

気づいたことや感じたこと、思ったこと考えたことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

杉元は何に気づいているのか

今回冒頭、鶴見中尉が暗号解読についての所見を述べるシーンから、杉元一行も暗号について言及する場面がありました。

杉元は何かに気づいている様子です。

鶴見中尉の発言から、暗号解読はどの時代においても困難であったことがわかります。反面ウイルクの娘のアシリパに解ける程度のものであることも示唆されました。

杉元の回想からはアシリパさんが文盲であることが明かされました。

アシリパさんの台詞にあったようにアイヌは文字を持たない、音声言語だけの民族です。

アイヌ語を解読した金田一先生のその手法の話なんかも面白いのですが、ここでは割愛して。

ウイルクの手掛けた暗号には漢字が書かれています。

しかしアシリパさんが意味を理解していないところをみると、これらの漢字や文字の類はすべてミスリードを誘うためのものではないでしょうか。

図画として認識できる部分が暗号や地図のメインで、文字は目くらましと考えると、自然な気がします。

スポンサーリンク

人斬り用一郎

新たな囚人の行方を土方たちがつきとめました。

幕末に思想を持って「先生」に従って人斬りをくり返し、捕縛され拷問にかけられた男、用一郎。

もろに岡田以蔵の要素を投影されたキャラクターですが、この作品では土方とともに、あの時命を落とさずに歳を重ねていたらというifストーリーが描かれている印象です。

故に土方の生き方と対比されていて、あの時のまま時が止まって若くあり続ける土方と、根室にたどりつきアイヌの女性を愛し人間として生き直した用一郎。

思想に生き裏切られた用一郎と、それを取り締まる側だったが用一郎たちの方が正しかったと見識を改めることになった土方。

土方もまた時代に裏切られながら北海道独立の思想を持つに至ったわけですね。

▼対比される土方と用一郎

キロランケは何を待っているのか

キロランケ一行は鯨鍋を食べながらアレクサンドロフスカヤ監獄にいるソフィアとの対面について。

250人の囚人を一度に脱獄させるため、灯台にある爆薬を使う。灯台に爆薬があることは前回のお話でも言及されていましたね。

キロランケには何かタイミングが重要なようで、何かを「待つだけ」と言っていました。

海の方角が描写されていましたが、何かが来るのでしょうか。悪兆で「後ろから来る」と占われていましたし、キロランケの過去の仲間とも考えましたが連絡をとる手段がなさそうですし。

渡り鳥の到来とか季節的な何かですかね。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ32話感想

刃物の光を向けられることで覚醒する用一郎の描写が鬼気迫るもので、京都の町とオーバーラップする演出も見応えがありました。

アシリパさんの「杉元のオソマじゃなきゃいやだ!」発言に対する白石の台詞をキロランケがどう評価するかなど、目配せが欲しかったところもあります。

かつて「チタタプ」と言ってくれなかった尾形が「ヒンナ」と言った件も、本当に尾形の内心は読めないです。

次回は『革命家』ということで、用一郎の話を引きずるのかと思いましたが、おそらくソフィアたちのことですね。

鳴り物入りで登場するわけですからソフィアがどう描かれるかに期待が高まります。

『ゴールデンカムイ』シリーズのふり返りはこちらで。

ゴールデンカムイ(アニメ)感想・考察・解説記事まとめ
ゴールデンカムイの記事を毎話書かせていただきます。 記事投稿したら更新いたしますので、どうぞチェックしてください!...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする