イド:インヴェイデッド9話感想・考察・解説!ミヅハノメの機能と飛鳥井の能力が近しい件【ID:INVADED】

皆々様こんにちは。

『イド:インヴェイデッド』(以下『ID』)担当のgatoです。

前回はジョンウォーカーに関する情報を探るために百貴(ももき)のイドに秋人と富久田(ふくだ)が潜入しました。

酒井戸(さかいど)と穴井戸の凸凹コンビはどこか微笑ましかったですね(笑)

しかし百貴のイドの中には秋人と同様にミヅハノメのコクピットがあり、おまけにそれは謎多き女「飛鳥井木記(あすかいきき)」のイドにつながっていました。

さらにラストで百貴がいった「全部罠だ」という台詞…。

何やらとんでもない展開になりそうな第9話ですが、果たしてどうなったのでしょうか?

早速振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

でっちあげの世界

『ID』、第9話、秋人と綾子と椋

©IDDU

前回の展開をそのまま踏襲するなら、今回の舞台は飛鳥井のイド…ということになりますが、実態は我々の予想の斜め上をいきました。

飛鳥井のイド…と思しき世界はこれまでのイドとは全く異なっていたわけです。

基本的に持ち主の主観性で構築される傾向があるイドですが、今回酒井戸…もとい秋人が入った世界は現実とほとんど区別がありません。

おまけに時系列は対マンに綾子や椋(むく)が命を奪われる直前の3年前。

まるで過去に遡ったかのような…タイムスリップを彷彿とさせますね。

さらに秋人が酒井戸として存在しておらず、記憶もそのまま持ち越されているという状態です。

これもこれまでのイドとは大きく異なっている特徴の一つですね。

秋人は「イドの中の架空のミヅハノメが作り上げたでっち上げの世界」と解釈していましたが…個人的にはもうプチパニック(笑)

これまでミヅハノメは思念粒子を元に個人の無意識(主観性)に基づいたイド(世界)を構築してきましたが、架空とはいえあれほど現実に即している世界を作り上げるとなると、もはや根底から機能が異なっているといえます。

いうなれば従来のミヅハノメが「精神世界の実現」だとしたら、この架空のミヅハノメは「過去の再現」になってしまいますね。

また、明らかに10分以上経過しているのに秋人が排出されていないところをみると、どうやらイドと架空のミヅハノメが作る世界は時間の流れ方も異なっていると推測できます。

いささか突拍子のない表現をするなら、あの架空のミヅハノメが作った世界は現実-イドそれぞれとも異なる第三の世界を構築しているといえるでしょう。

いや~どうしてこんな世界が存在するのかについては色々解釈する余地はありますが…個人的に二つの仮説が思いつきます。

一つ目は飛鳥井が架空のミヅハノメを利用して構築した世界という説。

描写をそのまま受け取っただけの解釈ですが、これってつまり飛鳥井は「他者のイドに入り口を作りつつ、別の世界を構築する」というとんでも能力を持っていることを示しちゃうんですよね…。

二つ目はミヅハノメに元々備わっていた機能という説。

元々ミヅハノメには謎が多いと語られていましたが、その謎の機能が今回発揮されているということ。

「なぜそんな機能があるの?」といわれると、ちょっと今の段階では答えられないことが多いですけど(笑)

ただ、この機能を「ミヅハノメの本来の機能」と解釈した場合、なかなかすごいことになる予感…。

もしそうだったとしたら、ミヅハノメが「思念粒子をベースに主観的な世界であるイドを形成すること」は副次的な機能に過ぎず、本来は「個人の過去の世界を再現する」ための装置ということになります。

だとしたら、ミヅハノメは連続サツ人鬼の捜査などではなく、より壮大な計画のために開発された…なんてこともいえそうになりますね。

そういえば先に飛鳥井のイドに入った聖井戸御代(ひじりいどみよ)こと本堂町(ほんどうまち)はどこにいったのでしょうかね。

順当に考えれば同じ世界にいるはずなんですが…。

もしあの世界が「秋人の過去」に合わせて構築されているなら、本堂町は彼女の過去に合わせて構築された世界へ飛ばされた…なんてことがあるのだろうか。

ただ、もしそうではなく、同じ過去の世界に秋人も本堂町もいるとしたら、あの世界が本当に過去の世界ってことになっちゃいそうな気がする(笑)

スポンサーリンク

夢の中の飛鳥井木記

『ID』、第9話、飛鳥井

©IDDU

前々回からピックアップされつつも、なかなか素顔が分からなかった飛鳥井ですが、今回でやっと色々話してくれました。

しかしその内容があまりに急展開過ぎて…(笑)

なんと飛鳥井は半ば強制的に相手に自分の内側にあるもの(思考、記憶、夢など)を届ける能力を持っているとのこと。

さらに夢の中では飛鳥井は命を落とさないと目覚めることができないとか。

う~ん…この能力が何を意味するのかはまだ不明ですが…彼女が他者と自身の内側にあるもの=無意識を共有できる(他者が入ってこれる)という点は無意識からイドを形成し、他者が入れるようにできるミヅハノメの機能とどこか重なっています。

少し安直な解釈ですが、夢が無意識が作り出す産物だとしたら、それはもはやイドの別形態といえます。

この観点をさらに突き詰めるなら、ミヅハノメの機能のモデルは飛鳥井の能力であるという可能性すら浮上してきそうですね。

また、前回の記事でも触れましたが、彼女は元々自サツ願望を持っていたとか。

イド:インヴェイデッド8話感想・考察・解説!百貴と飛鳥井の関係【ID:INVADED】
皆々様こんにちは。 『イド:インヴェイデッド』(以下『ID』)担当のgatoです。 前回は秋人と因縁のある連続サツ人...

なぜ自サツ願望を持つに至ったのかはまだわからないですが、勝山の自宅から百貴に助け出された際に飛鳥井は「シなせてください」と口にしていました。

つまり飛鳥井の夢は彼女の「シにたい」という欲望が反映されたものであり、その欲望を叶えるために連続サツ人鬼が度々やってくると解釈できそうです。

彼女が命を落とさなければ夢から覚めない理由もこの解釈とも繋げられそうですね。

ただ…色々解釈しても、彼女の過去に関する情報が少ないから上手く着地させられないな(笑)

まぁ「自分の内側にあるものが全て筒抜けになるため秘密を持てない」って状態になったら生きづらいことこのうえないでしょうし、それが原因で周囲の人間とのトラブルが絶えないのであれば、自サツ願望の一つや二つは生まれきそうなものです。

でも、どうして彼女が自分で命を絶とうとしないのかが不明です。

普通に考えるとそっちの方が手っ取り早いですしね。

それに飛鳥井は秋人に「自分を眠らせないでくれ」と頼んだり、「あなたを楽にしてあげますよ」という秋人の申し出を受け入れたりしていました。

これだけを見ると、飛鳥井は「まだ生きたい」という感情を持っているようにみえます。

言動がちょっと矛盾しているんだよなぁ…。

後、彼女の失踪の直前に起こった大量昏倒事件もまだ描かれていない…。

これらの疑問点がどう解明されていくかに、ひとまずは注目していきましょう。

スポンサーリンク

ミヅハノメと飛鳥井木記

『ID』、第9話、飛鳥井と秋人

©IDDU

今回登場した飛鳥井は3年前、つまりミヅハノメが開発される以前の人物だったため、具体的な関連性は不明でしたが…さきほどお伝えしたように彼女の能力とミヅハノメの機能はつなげることができそうですね。

そこで、ここでは「ミヅハノメの機能=飛鳥井の能力」という仮説をちょっと掘り下げてみましょう。

さきほども触れましたが、飛鳥井の能力とミヅハノメの機能は近しいものであり、彼女がミヅハノメのモデルになった可能性は十分に考えられます。

思念粒子を媒介に飛鳥井と同じ能力を他者に擬似的に適応している…という具合でしょうか。

…ここであえて突拍子のない仮説をぶち上げてみましょうか(笑)

もしかしたら、ミヅハノメは飛鳥井の脳を利用したバイオコンピューターみたいなものなのかもしれません。

その機械の中で彼女は眠り続けており(あるいは脳だけになっている?)、常に夢の中にいる状態になっているため、そこから目覚めようとしているのかもしれません。

だから思念粒子の検知にはサツ人鬼(飛鳥井の命を奪う人間)を指し示すサツ意が必要なのであり、だからイドの中で飛鳥井はかえるちゃんとして常にコロされ続けるのであり、だからイドの中に彼女のイド(?)につながるコクピットがあるわけです。

そして、この仮説を元に「なぜミヅハノメが作られたのか」にまで踏み込んでみるならば…。

さきほどお伝えしたように、ミヅハノメの機能は飛鳥井が目覚めさせることにつながっているといえます。

だとしたら、ミヅハノメが開発された目的はサツ人鬼を捜査するためではなく、彼らを飛鳥井につなげ、何度も夢の中でサツ人鬼に飛鳥井をコロさせ続けることで彼女を目覚めさせるため…なんてことがいえそうですね。

…我ながら結構踏み込んだな(笑)

これで外れたら恥ずかしい(笑)

スポンサーリンク

招くジョンウォーカー

『ID』、第9話、ジョンウォーカー

©IDDU

今回はちょっとした衝撃事実が明らかになりました。

これまで何度もイドの中で暗躍し、百貴がその正体ではないかとされたジョンウォーカーですが、なんと彼は飛鳥井の命を夢の中で奪った一人目だったのです。

そして彼が様々な連続サツ人鬼を彼女の夢の中に呼び込み、命を奪わせていたことも明らかになりました。

この事実からはさらに三つの仮説が派生しそうですね。

まず、ただの記号ではないかともいわれていたジョンウォーカーですが、飛鳥井の口ぶりを見ると、ちゃんと接触できる人物…つまり実在の人物である可能性が高くなります。

さらに彼が連続サツ人鬼メイカーをやっている理由。

彼は夢の中で飛鳥井の命を奪う過程で他のサツ人鬼を引き入れたとのことですが、恐らくその流れで飛鳥井の命を奪うために連続サツ人鬼を作るようになった…と考えられそうですね。

そして飛鳥井の能力があったとはいえ、ジョンウォーカーは誰かの夢=無意識の中に入ることができた、他者をその中に呼び込むことをしていた…。

つまり誰かの無意識の中に別の誰かを入れるという彼の行いはミヅハノメ的なんですよね。

だとしたら…ジョンウォーカーってミヅハノメの関係者だっていう説が有力になってきそうです。

ただ、気になるのがなぜジョンウォーカーが「飛鳥井をコロし続ける」のかという点です。

勝山や園田みたいなヤバい人間だったらそれまでですが、他の人間を引き入れてまで飛鳥井をコロし続けるもんですかね?

もしジョンウォーカーが単純な連続サツ人鬼だったら、勝山みたいに現実でもやりそうだし、何より彼女を独占しそうな気がします。

それに飛鳥井が「命を落とさないと夢から覚めない」という特性を持っていることを踏まえると、ジョンウォーカーは彼女を目覚めさせるためにコロし続けている…と解釈できそうですね。

さらにさきほどの「ミヅハノメ=飛鳥井」を流用するなら、目を覚まさなくなった飛鳥井のためにジョンウォーカーがミヅハノメを白駒と開発した…なんて可能性が出てきそうだな(笑)

そうなれば「飛鳥井を目覚めさせるために連続サツ人鬼でコロし続ける」ジョンウォーカーと「飛鳥井を楽にするために連続サツ人鬼をコロし続ける」秋人で対比できるんだけどなぁ…。

というか、詳細はわからなかったものの、ジョンウォーカーのモザイクなしの顔が初めて出てきましたね。

うーん…早瀬浦にしか見えない(笑)

後、余談ですけど個人的にジョンウォーカーって村上春樹を連想させるんですよね。

村上春樹の代表作の一つである『海辺のカフカ』にジョニー・ウォーカーという猫を片っ端から屠っている人物が登場するんですが、これがどこかジョンウォーカーに近い。

ジョニー・ウォーカーはウィスキ一の銘柄である「ジョニー・ウォーカー」のラベルの絵がモデルですが、ジョンウォーカーという名前はそのジョニー・ウォーカーの創業者の名前と一緒なんです。

参考画像

©Wikipedia

ちなみにラベルの絵の格好とジョンウォーカーの格好もほぼ一緒なんですね(上の画像の通り)。

…うーん、これは『海辺のカフカ』を読む必要が出てきそうだな(笑)

“対マン”勝山伝心

『ID』、第9話、勝山

©IDDU

前回は台詞もなくあっさり秋人に撃たれてしまった勝山ですが、今回はちゃんと台詞つきで登場、秋人と激闘を繰り広げました。

いやー紳士的な外見とは裏腹に、殴るのも殴られるのも好きなうえにメチャクチャ戦闘力が高い…。

後、なかなかの豪邸に住んでいるところをみると結構な金持ちのようですね…。

何はともあれ、秋人や飛鳥井の重大な関わりを持つ勝山ですが、今回の描写はそれを納得させるものでした。

さきほども触れたように、元々飛鳥井の命を奪う行為は夢の中で行われてきたものでした。

しかし勝山は自身の欲求のために、飛鳥井の命を現実で奪おうとしたわけです。

実際にあったかはまだ不明ですが、「顔剥ぎ」こと園田の台詞を念頭に置くと、この行為は「夢の中でだけ飛鳥井の命を奪える」という不文律を破っているわけです。

つまり勝山は夢の中での出来事を現実で実現しようとした…そしてこの行為が飛鳥井に大きな変化を及ぼすことになった…なんてことは充分ありえますね。

スポンサーリンク

『イド:インヴェイデッド』第9話感想

『ID』、第9話、秋人

©IDDU

いやー謎の「でっち上げの世界」に飛び込んだだけでも驚きですが、飛鳥井の登場で解釈多様性がガンガン広がったな(笑)

ただ、飛鳥井の存在で『ID』の物語の核心が見えてきそうな感じがしますね。

しかし、今回は飛鳥井と関係が深い思われる百貴の描写は少なめであり、また「全部罠だ」という発言の真意も不明なまま。

どうやら次回で新たに解き明かされる真相が出てきそうな予感…。

これは期待ですね!

ちなみに最近知ったのですが監督のあおきえいのTwitterで舞城王太郎が出した『ID』の原案でタイトルが『ALIEN THURSDAYYY』であり、「木曜日の名探偵」が木星Zを通じてイドに入る…という設定が明かされていたそうですね。

うーん、これワードだけ拾うと完全に『ディスコ探偵水曜日』もじっているんだよなぁ(笑)

『ディスコ探偵水曜日』のサブタイトルは『DISCO WEDNESDAYYY』だし、水曜日の探偵だし、キャラだけど水星Cってのが出てくるし…。

実はまだ3分の2くらいしか読んでないんだよなぁ…読み進めないと(笑)

『海辺のカフカ』も読むってなったら…キリがない。。。

▼前回までの記事はこちらから

イド:インヴェイデッド 感想・考察・解説記事まとめ【ID:INVADED 】
ID:INVADED(イド:インヴェイデッド)の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    うーん・・・正直な話これはちょっとやりすぎに思えるかな
    イドの中のイドの状態でも既にう~ん;って感じだったのにこれじゃな・・・
    これもう我々が現実世界だと思ってた場所すら仮想空間の可能性出てきちゃってる気が
    ブッチャケた話、名探偵の肩書持ってる人だけがプレーヤーで他の人達は全てNPCのVRゲームだったってオチだけは何としてでも回避してほしいところです

    • gato より:

      名無しさんコメントありがとうございます!

      >うーん・・・正直な話これはちょっとやりすぎに思えるかな

      まぁ第一印象はそうなっちゃいますよね(笑)

      僕も記事を書くまで「?」って感じだったので(笑)

      >これもう我々が現実世界だと思ってた場所すら仮想空間の可能性出てきちゃってる気が

      うーん仮想空間とまではいかなくても、現実世界を何らかの形で転倒してくる可能性はあるでしょうね。

      『ID』と近しい『ディスコ探偵水曜日』や、漫画の『バイオーグトリニティ』も時空を超えるみたいな超展開目白押しでしたし。

      まぁ、あっちほどカオスをぶち込んではこないかと思いますけど(笑)

      それに、全て仮想空間だった…なんて乱暴な片し方はさすがにしないかなぁ…と舞城王太郎には期待しています(笑)

  2. ton より:

    はじめまして
    いつも記事をありがとうございます
    楽しませていただいています

    gatoさんのいう通り飛鳥井の能力はミズハノメに似ていますね
    そこから

    飛鳥井の夢に次々と現れる殺人鬼⇆
    ミズハノメに次々投入される殺人鬼のさついの世界(イド)

    夢で何度も殺される飛鳥井⇄
    イドを迎えるたびに殺される役のかえるちゃん

    このことにも類似性があるのではと思いました
    ミズハノメにいる(?)かえるちゃんからしたら
    突然殺人鬼のイドに放り込まれて殺されることは
    夢に勝手に現れる殺人鬼となんだか似ている…?
    ジョンウォーカーは殺人鬼を作っているというよりは
    殺人鬼のを飛鳥井(またはミズハノメ)のもとに連れてくる存在…?

    これはなんとなくですがいなくなった飛鳥井の本体は
    構成員も触れられないというミズハノメの中心部にあるのでは?
    と思っていて、
    プロトタイプのミズハノメ=飛鳥井の夢で
    そこではかえるの死と名探偵という記号的存在にはならず、
    飛鳥井の死と捜査員という形だったとか…?

    ・ミズハノメの開発者、所長、やたらイドに詳しい松岡、百貴、あたりは
    プロトタイプの関係者?
    松岡が殉職者の弔いのときにこの三人ではそういうのはナシにしよう、
    と百貴と所長と自分を括っていたことがなんだか気のおけない仲間というよりは
    何かの裏事情(飛鳥井の行方、開発者の死の関係とか?)共有している集まり
    といった感じに見えてしまいました。

    ・百貴は警官に煽られるまで自分のイドの存在を知らなかったようなので
    殺人についてはグレーではないかなと思いますが(だれかをころそうとはした?)
    黙っているということは色々隠してますよね…
    かえるちゃん=飛鳥井ということは最初から知っていたはず…

    ・飛鳥井のイドへだれかを入れたくなさそうな百貴
    vs 是非とも入れたそうな所長
    ここの対立?はなにか根深い原因がありそうですね
    百貴がタイミングよく逮捕されたことも気になります…
    なぜか鳴瓢のイドにあるなら百貴のイドにもあるはず、とコックピットの
    存在を知っていたし、所長の怪しさ満点ですね笑

    ・鳴瓢と飛鳥井との関係も気になります
    酒井戸であるときにもかえるちゃんに死んで欲しくないと願っていました
    飛鳥井が夢で死に続けていることをある時は知っていたのでしょうか…
    なぜ飛鳥井のイドでは娘さんが被害にあっていないのかも謎です…
    そういえばタイマンは自宅にリングを用意などしていましたが
    娘さんは自宅…身に覚えのないというタイマン…
    タイマンの思念は回収しましたが中を見ていない…まさか犯人が別人…?という
    嫌な可能性をふと感じましたがそんなことを言い始めるともう全てが怪しく見える笑

    今が一番面白い時ではという気がして色々考えてしまいます
    長文にお付き合いありがとうございます
    次も記事を楽しみにしていますね

    • gato より:

      tonさんコメントありがとうございます!

      >飛鳥井の夢に次々と現れる殺人鬼⇆ミズハノメに次々投入される殺人鬼のさついの世界(イド)

      >夢で何度も殺される飛鳥井⇄イドを迎えるたびに殺される役のかえるちゃん

      ご指摘通り、これらも飛鳥井とミヅハノメの共通項の一つだと思います。

      一見するとミヅハノメは思念粒子の持ち主に影響されてイドを形成していますが、そのイドの存在意義は全てかえるちゃん=飛鳥井に向いていることが窺えますね。

      >ジョンウォーカーは殺人鬼を作っているというよりは殺人鬼のを飛鳥井(またはミズハノメ)のもとに連れてくる存在…?

      確かに彼の行動のきっかけは夢の中の飛鳥井の命を奪うために連続サツ人鬼を連れてくることでしたからね。

      ただ、その過程で潜在的に連続サツ人鬼の素質を持った人間を育てる方向にシフトした一面もあるのかなぁ…と思っています。

      井波と数田の件がそうでしたからね。

      >これはなんとなくですがいなくなった飛鳥井の本体は構成員も触れられないというミズハノメの中心部にあるのでは?

      全く同意ですね。

      僕もそのような観点でミヅハノメが飛鳥井を利用したバイオコンピューター的なものと解釈しています。

      >そこではかえるの死と名探偵という記号的存在にはならず、飛鳥井の死と捜査員という形だったとか…?

      あー、なるほど…。

      確かに飛鳥井の夢に入り込んでいた勝山や園田は夢の中はもちろん、現実でも記憶や自我を保持していました。

      もし飛鳥井がミヅハノメのベースなら、これはいささか不自然な状況です。

      まだミヅハノメの開発経緯が描かれていないのでなんともいえないですが、もしかしたら外部でも運用できるようにするため、なおかつ飛鳥井を秘匿するために名探偵・犯人・被害者という役者を用いた物語を作ったのかもしれません。

      つまり飛鳥井をコロし続ける世界を維持するために彼女を自然にコロせる舞台を作り上げたというわけですね。

      ちなみに「物語」という概念は舞城王太郎がちょいちょい使う概念です。

      >ミズハノメの開発者、所長、やたらイドに詳しい松岡、百貴、あたりはプロトタイプの関係者?

      あーなるほど…。

      確かにこの3人は色々裏がありそうですね。

      とりわけ百貴は飛鳥井を保護した人物ですから、ミヅハノメの開発に加担していても不思議ではありません。

      だからジョンウォーカーにされてしまったとも考えられますし。

      >かえるちゃん=飛鳥井ということは最初から知っていたはず…

      それは結構あり得そうですが…なんともいえないところです。

      飛鳥井=かえるちゃんなら、飛鳥井の名前が記されたコクピットに対してもう少し別の反応をしそうですが…。

      ただ、百貴と飛鳥井の関係性がまだ描かれてないのでまだなんとも言えませんね。

      >飛鳥井のイドへだれかを入れたくなさそうな百貴vs 是非とも入れたそうな所長

      確かに早瀬浦ってひたすら怪しいんだよなー(笑)

      まぁジョンウォーカーについて東郷と話し合っていたところを見ると、黒幕ではなさそうだけど…。

      あれも演技だったら何も信用できない(笑)

      >酒井戸であるときにもかえるちゃんに死んで欲しくないと願っていました

      元々秋人はかえるちゃんに椋を重ねていた節があったので、その延長線の感情かなぁと思っています。

      第9話でも綾子が自ら命を絶つ光景を見て泣いていたことを踏まえると、彼女のことも恐らくかえるちゃんに投影されていたのでしょう。

      それらのトラウマがあるからこそ、かえるちゃんにあの感情を向けているのかなぁと考えています。

      >娘さんは自宅…身に覚えのないというタイマン…

      単純に椋や綾子が襲われる前の時系列だから、二人が無事で勝山も彼女の存在を知らないのだと思っていましたが…。

      確かにそもそも論として、なぜ勝山が椋を襲ったのかは不明ですね。

      いくら常軌を逸していても、中学生をターゲットにするのはよくわからないんですよねぇ…。

      >次も記事を楽しみにしていますね

      ありがとうございます!

      なかなか難解さ・複雑さが増してきましたが、tonさんの言葉を励みに頑張っていこうかと思います(笑)

  3. さなえちゃんの古井戸 より:

    や~、ますます複雑になってきました。
    そして何だか、ここが賑やかになっていますね!
    私も、これまでのストーリーで不明点を再確認しつつ、今後を考えてみました。(長いです)

    「耐えきれない殺意が沸き上がってきたんです。その時に思った。俺には殺せる。だから殺したんです」(鳴瓢=第4話)。

    ●イドは、強い殺人願望で発生する
    ●イドに入れるのは、連続殺人犯だけ
    レクタ―博士の例を挙げるでもなく、殺人鬼の心理は殺人犯でないと理解できない(謎解きできない)から

    ●百貫は誰に殺意を抱いたためイドを生じさせたか
    自分のイドに誰かが入っていることを知り、百貫は、慌てて「早く出せ」「全部罠だ」という。ってことは、百貫は自分自身に殺意の思念がないのにイドがあるのは不自然だと考え、自分のものではなく、「罠だ」と考えた。

    ●百貫のイドになぜ偽ミズハノメがあるのか。そしてどうして井戸主が飛鳥井なのか。
    ●鳴瓢のイドはなぜ偽ミズハノメを生んだのか。そしてなぜ井戸主が飛鳥井なのか。
    そもそも飛鳥井は行方不明になっているはずだから、井戸主が飛鳥井であるのは不可解。よって、ふたつの偽ミズハノメは、飛鳥井のコントロール下にある。

    ●飛鳥井のイド(百貫版)は、鳴瓢の過去だった。
    鳴瓢は、飛鳥井と夢を共有している、と言ったが、正確には、鳴瓢の夢に飛鳥井が入っ入ったのでは? 飛鳥井のサイキック能力は、他人の夢にまで及ぶ。つまり、飛鳥井が何かを伝えたくて、百貫の偽イドを作り、偽ミズハノメを出現させ、誰か(この場合は鳴瓢)が飛鳥井のイドに潜るという手順を踏ませて、相手(鳴瓢)に自分について知らせたかった。

    ●酒井戸は、飛鳥井を楽にするために何をしたか
    イドの中のイドという条件では、自分が鳴瓢であるということを認識できるのはおかしい。よって酒井戸もイドが架空の世界を作った、と考えた。その上で、現実の世界でジョン・ウォーカーを捕まえることが飛鳥井を楽にさせることであると認識している。で、今できることとしては、顔はぎ園田を締め上げてジョン・ウォーカーのことを吐かせること。
    同様に、今できることは(架空の世界であっても)、妻と娘を死なせないこと。今のうちにタイマンをやっつけることが必要と思って行動している。

    ●飛鳥井はサイキックだった
    相手に自分の思考、記憶、夢を届伝えることができるが、自分ではコントロールできないように語っているが、現実では、知らず知らずのうちに、他人を操ることができるようになっている。百貫の偽イド出現など。能力アップはミズハノメ効果?

    ●飛鳥井は一度眠り始めると、(夢の中で)死なないと起きられない
    夢の中で苦しい思いをしたことがないのでわからないけれど、友人がプールで排水溝に足をとられて(まるでテルマエロマエみたいに・笑)溺死する夢をみたことがあるそうで、それはそれは苦しかったとのこと。「イドの中でも死んだ実感がある」くらいだから、夢の中の死も相当なの苦痛のはず。鳴瓢もそう言っていた。
    繰り返す死に耐えられないので、現実で死んで終わらせたいから、百貫に「死なせてください」と懇願したと考えられる。
    自殺願望は、飛鳥井のこうした特性から生まれた。「自殺未遂をしている」とクラウドに残された情報にもあった。

    ●昏睡事件
    もし眠り続けて目覚めないのなら、(夢の中で)死ぬことはない。偽イドでも眠らせないようにして欲しい、と鳴瓢に訴えていた。なぜなら飛鳥井にとって目覚めは死の体験の後に思ることだから。飛鳥井が「眠ったなら、目覚めたくない」と強く願った結果、サイキック能力が発動し、周りの人間が昏睡状態になる事件が発生した。

    ●飛鳥井を夢の中で最初に殺したのはジョン・ウォーカー
    (タイマンの逮捕以前は)ジョン・ウォーカーが飛鳥井の夢の産物かどうかは別の話として、彼も他人の夢に入ることができ、しかも他の人を連れてくることができた。
    タイマンの逮捕後、飛鳥井が百貫に助けられてからは、夢でなく、むしろ現実で自分を殺してくれる殺人鬼が現れるのを願うようになった。
    とはいえ、現実の世界で自分を殺して欲しい、死なせてほしい、ってのは、飛鳥井にとって現実より夢の方がリアルで切実だったんだね。だって、ジョン・ウォーカーとその一味に殺されなければ、彼女はずっと眠り続けることができるわけだから。だったら夢でジョン・ウォーカーを退治すればいいじゃん。要するに、繰り返し殺されることと一度殺されることでは、一度殺される方がましだったわけだ。

    ●「ミズハノメが作られた背景は?」から、始まる雑考●
    映画の『羊たちの沈黙』は連続殺人鬼の犯人について、レクタ―博士(この人も猟奇殺人鬼)にアドバイスを求める捜査官、ってのが冒頭にあったよね。ちょっとそれを思い出した。ミズハノメで犯人を見つけるってのは、それに似ているんじゃないかな。
    レクタ―に尋ねるかわりに犯人の思念に入る。だけど、ミズハノメは思念だから犯人や殺人者の動きを教えてくれるわけではない。だから謎を解き明かさなくてはいけない。それができるのは同じような、あるいはそれに近い強い殺人衝動と知性を持っている連続殺人犯、ってことだよね。

    白駒が精神科医だったかどうかは不明だし、飛鳥井との接点も今のところわからない&飛鳥井が開発にかかわっていたかどうかもわからない。でも、白駒を殺したのは、ジョン・ウォーカー(によって操られた人)だと思う。白駒は、どういう経緯かわからないけど、ミズハノメが飛鳥井の思念に共鳴していることを知り、殺人者を発見するどころか殺人者を作ってしまうことに気づき、開発中止、ミズハノメ破壊を決意するけど、ジョン・ウォーカー一味は、それでは困るので白駒を殺害した。こうなると、もともとは飛鳥井の夢からできたジョン・ウォーカーだけど、彼女の言いなりにはならず、強大な殺戮マシーン製造機になってしまっている。鳴瓢が「耐えきれない殺意が沸き上がる」と証言しているように。

    イドの中で、みんながジョン・ウォーカーに対して怯えるのは、「どうしようもなく強い殺意」の塊で、しかも誰もがわずかながらその片鱗を持っていて残忍さを気づかされるから、思わず身震いしてしまう。ジョン・ウォーカーは人間の形をしているけど、殺意の思念そのもののような気がする。人の形をしているのは、その方が他人を操りやすいから。

    墓掘り数田は、ジョン・ウォーカーと戦った。それは好きな井波をジョン・ウォーカーから守るため。井波を殺人鬼にしたくなかったから。確かに井波は主犯だったけど、ジョン・ウォーカーの影響を受けず、サディスティックな実行犯として数田が動いた。そうすれば井波が喜ぶから。井波は富久田との会話で「頭に穴が開いたおかげでわかりあえたような気がする」、と言っていたけど、数田はずっと前から井波のことをわかっていて、それを貫いたんだけどね。数田が死ぬ間際に井波はちらりとそれを感じたけど、それは穴のせいかどうか、どうしても本堂町に聞きたい様子。

    どうしても逃れられない考えを持つ人がいる。堂々めぐりにとらわれる人がいる。例えば、井波。井波は母を轢いた列車に乗り続ける。「なぜ母は自殺したんだろう」「人間にとって死とはなんだろう」と。鳴瓢は、壮絶な妻子の死から3年たっても逃立ち直れず、家族を守れなかった自分を罰し続け、贖罪し続ける。花火師もそうだ。地獄の美しさに心を奪われてからは、その地獄を何度も再現しようと爆破事件を起こす。多かれ少なかれ人間にはそういうところがあるものではないか。答えがない問題を考えること、後悔すること、心のオルガスムス、あきらめきれずにドツボにハマる。その堂々巡りを一点突破、風穴を開けたのが富久田。彼は自分自身と社会から解放されたと思っている。地獄(流砂)からの抜け出し方も知っていた。本来推理するべきなのに、鳴瓢イドの数字を「推理しなくていい」とあっさり無視して雷の中歩き続ける。彼に推理する気がないのは、推理しても意味がないと思っているから。実はその数字は、円周率で椋ちゃんが殺害された日なのだが。彼にとっては、大事なことだとは思えない。

    ところで、ギリシア神話では、”眠り”の兄弟は”死”。兄弟の母親は”夜。”眠り”には息子がいてそれは”夢”ということになっていることを思い出しました。そして芸術や中世哲学において、死も夢も現実世界や自我からの解放を意味する、と解釈されています。これはなかなか興味深いことだと思いませんか。飛鳥井は夢の中の死から解放されたいために現実での死を望んでいますが、それは彼女目線であって、彼女の夢そのものをぶち壊し、ジョン・ウォーカーを葬れば、万事解決すると思いますが。ジョン・ウォーカーが独り歩きしているようであれば、それは難しいですけど。

    『イド』において「解放」にこだわったているのは、穴井戸つまり知能指数の高い哲学者っぽい富久田です! 彼は、自分の頭に穴を開けて解放、閉塞感からの脱却を実現した人です。(百貫のイドでの酒井戸とのやりとりも、一昔前のアメリカの通販番組の進行役みたいなおバカっぽい態度をとってたね。あれも脱却したひとつの姿かな、と)。
    後半、重要なキーパーソンになる(具体的には穴井戸が事件解決に関わるのでは?)と思います。飛鳥井を開放してあげられるのは、実は穴井戸だったりして。酒井戸も彼によって解放されて対ジョン・ウォーカーの連合軍を作ったりして(笑)。そうなると、四面四角の正義を振りかざし、方法を選ばない(いや飛鳥井本人を始末するべきだとか何とか言って)聖井戸と対立するかも・・・。

    ●鳴瓢のイドの中の偽ミズハノメで飛鳥井のイドに入った聖井戸はどこに行ったのか。
    う~ん。本堂町は母と折り合いがわるいから、そこにいたりして。偽ミズハノメは飛鳥井のコントロール下にあるから、彼女は彼女の過去の中で飛鳥井と対面しているかもしれません。

    ●じゃあ飛鳥井はどこにいるのか。
    案外、すでに死んでいたりして。思念と強大な超パワーだけがミズハノメに残っていたりして。

    ●かえるちゃんは何?
    飛鳥井の良心とか希望(パンドラの函みたいな?)

    雑考していると自分の好きなパターンのストーリーにしてしまうので、ココは、みなさんの違った見解が読めて、とても面白いです。まさに”井戸端”ですね!

    これからもよろしくお願いします。地方の地上波で見ているので、コメント遅れてすみません。

    • gato より:

      さなえちゃんの古井戸さんコメントありがとうございます!

      >●イドは、強い殺人願望で発生する

      >●イドに入れるのは、連続殺人犯だけ

      基本的に『ID』では探偵とサツ人鬼をセットにする傾向があるので、「名探偵」としてイドを潜入できるのは連続サツ人鬼であることが第一条件となっていますね。

      この両者をどんなロジックで結び付けているのはまだ不明ですが、イドに関する諸条件は仰る通りだと思います。

      ただ、第9話を見て限り、「かえるちゃん=飛鳥井をコロし得る人物=サツ人鬼でなければイドに入れない」なんて条件もあるような気もします。

      もしミヅハノメの目的が飛鳥井を目覚めさせる=コロすことであるならば、この条件が探偵とサツ人鬼を結びつけているのかもしれません。

      >ってことは、百貫は自分自身に殺意の思念がないのにイドがあるのは不自然だと考え、自分のものではなく、「罠だ」と考えた。

      これも仰る通りですね。

      前にコメントで類似した内容のご指摘を頂きましたが、サツ意を持たない百貴に「サツ意の世界」であるイドが存在していることが不自然です。

      >よって、ふたつの偽ミズハノメは、飛鳥井のコントロール下にある。

      なるほど、仰る通りかと思います。

      飛鳥井がなぜ偽ミヅハノメを作り出しているかは不明ですが、彼女なりに名探偵へアクセスしようとしているのかもしれません。

      もしそうだとすれば、でっち上げの世界で飛鳥井が秋人の助けを受け入れたように、救われたいと思っているのかもしれません。

      >鳴瓢は、飛鳥井と夢を共有している、と言ったが、正確には、鳴瓢の夢に飛鳥井が入っ入ったのでは? 

      そ~きたかぁ~(笑)

      一気に話が複雑になりますね(笑)

      う~んでっち上げの世界の原理がまだ不明なうえに、あれだけ現実的な世界になっている以上、イドと見なすのは少し難しいかもしれません。

      ただ、秋人の人の弱みを的確につかんで自ら命を絶つように仕向ける行いは後天的に身に付けたもののようなので、彼が何かしらの能力を得ている可能性はあるでしょうね。

      >同様に、今できることは(架空の世界であっても)、妻と娘を死なせないこと。今のうちにタイマンをやっつけることが必要と思って行動している。

      秋人は現実で何人もの連続サツ人鬼に自ら命を絶たせていますが、そんなことをする心理も同じようなものかもしれません。

      つまり綾子や椋、飛鳥井のような被害者を出さないために加害者を徹底的に排除していく…みたいな。

      ただ、その心理は探偵的ではないものです(探偵は謎を解くことが至上命題)。

      そこが人名にドライな本堂町との差異として今後より如実に現れてくるかもしれません。

      >飛鳥井が「眠ったなら、目覚めたくない」と強く願った結果、サイキック能力が発動し、周りの人間が昏睡状態になる事件が発生した。

      なるほど、それはあり得るかもしれませんね。

      飛鳥井の願望が彼女の能力によって周囲の人間に強制的に共有されたからこそ、あの昏睡事件が起こった…という筋書きが一番あり得そうですね。

      >でも、白駒を殺したのは、ジョン・ウォーカー(によって操られた人)だと思う。

      有り得るかと思います。

      ただ、白駒がジョンウォーカーである可能性もちょっと感じていたり(笑)

      >強大な殺戮マシーン製造機になってしまっている。

      これがミヅハノメを指しているのであれば、ちょっと因果関係が狂っちゃう感じがしますね。

      確かにミヅハノメを利用することでパイロットのサツ意が増幅されているてらいはありますが、そもそも名探偵になれるのは連続サツ人鬼でなければなりません。

      明らかに連続サツ人鬼で完成されている(?)富久田が名探偵になっていますからね。

      つまりミヅハノメを利用できる者が連続サツ人鬼であって、ミヅハノメが連続サツ人鬼を生み出すという形にはならないでしょう。

      >答えがない問題を考えること、後悔すること、心のオルガスムス、あきらめきれずにドツボにハマる。

      あ~なるほど…。

      穴を空けられる前の状態(「閉塞感」)をそう解釈しましたか…。

      う~ん、理に適っている(笑)

      とりわけ秋人のイドでの穴井戸の振る舞いに対する解釈は非常に面白いですね。

      確かにあの円周率は椋が命を落としてからの時間経過を示していますが、それが秋人を「堂々巡り」にさせている問題の起点とも解釈できます。

      だけどそんな閉鎖性も穴を空けた穴井戸=富久田にとっては関係ない。

      だから彼はその堂々巡りに行き着く課題を推理しない。

      なぜなら穴の空いた彼にそんな堂々巡りは存在しておらず、それに囚われる理由がないから。

      すごいいい線いっていると思いますよ(笑)

      少し話を広げるなら、本堂町も同じような感じなのかもしれません。

      彼女にとって重要なのは問題の起点を見出すことであり、そこに囚われるわけではない。

      そんな彼女に対し、酒井戸=秋人はかえるちゃんやイドの住人を助けようと奔走してしまう。

      ある意味その行いはイドを支配する「堂々巡り」に自ら囚われていくことに等しい。

      舞城王太郎の『ディスコ探偵水曜日』のフレーズを引用するなら、「余計な文脈を読み込んでしまう」のが秋人なのでしょう。

      >ところで、ギリシア神話では、”眠り”の兄弟は”死”。兄弟の母親は”夜。”眠り”には息子がいてそれは”夢”ということになっていることを思い出しました。

      再び引用しますが、『ディスコ探偵水曜日』でもギリシャ神話を引用している場面があったりします。

      そこにつなげたのはかなり重要な糸口になるかもしれませんね。

      >飛鳥井を開放してあげられるのは、実は穴井戸だったりして。

      そうきたかぁ!!

      いや~…これは一本取られたかもしれない(笑)

      確かに飛鳥井が夢の中の、そして現実のㇱに囚われているのであれば、その閉塞感を解き放てるのは解放に拘る穴井戸かもしれませんね。

      むしろイドという形で持ち主の閉塞性を再現するミヅハノメと、片っ端から穴を空けることで開放していく穴井戸=富久田は対比になっているともいえるかも。

      仰る通り、穴井戸の存在感が一気に増しますね(笑)

      ただ、あの暴力的な解放をそのまま良しとして通すのは少しアバンギャルド過ぎるので、どこかで新しい対立項を出してくるかもしれませんね。

      >本堂町は母と折り合いがわるいから、そこにいたりして。

      なるほど、主観的な過去に戻されるのであれば、彼女はそこに行く可能性が高そうですね。

      >思念と強大な超パワーだけがミズハノメに残っていたりして。

      格好つけた言い方をするなら「魂」だけが残っているといった具合でしょうか。

      これはこれでありそうだからなんともいえない(笑)

      >飛鳥井の良心とか希望(パンドラの函みたいな?)

      個人的には被害者としてシステムに組み込まれてしまった飛鳥井と思っています。

      秋人に対する酒井戸、富久田に対する穴井戸と同じ原理ですね。

      >まさに”井戸端”ですね!

      座布団一枚!

      うまいなぁ(笑)

      >地方の地上波で見ているので、コメント遅れてすみません。

      お気になさらず!

      僕もすぐ返信できなくてすいません。。。

      また何かあったらいつでもお気軽に!

  4. 名無し より:

    gatoさんはこれまでの話数を振り返って誰がジョンウォーカーだと思いますか?

    • gato より:

      名無しさんコメントありがとうございます!

      >gatoさんはこれまでの話数を振り返って誰がジョンウォーカーだと思いますか?

      う~ん…難しい質問ですね(笑)

      正直まだ皆目見当がついていない(笑)

      当てずっぽうで申し訳ないですけど、何人か候補を挙げるなら…。

      外見だけでいうなら早瀬浦(笑)

      また、確実に二代目ジョンウォーカーがいることが前提になってしまいますが、白駒辺りも有力でしょうか。

      ミヅハノメの開発に飛鳥井が密接に関わっているのなら、開発者である彼が怪しくなりますからね。

      後、メタ的にいうなら国府(東郷のサポート役)

      なんか変なところでアップされていたシーンがあったから(笑)

      …こんな具合でしょうか。

      正直個人名を挙げるならこれくらいでしょうか。

      まだ決めてを見つけられていないのでこれくらいしかいえない…申し訳ありません。。。

  5. さなえちゃんの古井戸 より:

    地上波の10話は3月4日の午前1時半からだから、とーってもじれったいですー。
    このイライラをコメントで発散させよう(笑)!

    【聖井戸御代だけ、なぜフルネームか】
    穴井戸は、頭に”穴”を開けるから
    酒井戸は、本名の鳴瓢から。瓢はヒョウタンの意味で”酒”などを入れる
    この2人は苗字のみ。なのに、なぜ本堂町だけがフルネームで自分を認識しているか。
    ”聖”は、本堂町の絶対正義感(笑)から、と考えるけど、問題は名前もついていること。そしてその名前が”御代”であること。
    苗字だけ。ってのはやはり何かが欠落している、足りない、ってことかな?
    ってことは、本堂町は欠損がなく、しかもパーフェクト(=御代)ってこと?

    本堂町は、穴あきに特攻して(鳴瓢曰く「覚悟の自殺」)&イドを発生させてからなんだかより悪に対してシビアになった気がする。四角四面の正義というか、絶対正義。
    それは、鳴瓢やもちろん富久田とは明らかに違う。
    鳴瓢は、蔵に収監されてから教唆犯になったわけだけど、それはミズハノメの影響か、と考えられる。本堂町の絶対正義とは明らかに異なる。ま、もともとその素質があったんだと思うけど。

    鳴瓢のイドで円周率が出てきたことが気になった。椋ちゃんの殺害の日を示しているということだけど、円周率って無理数だっけ?無限に数字が続いて数字では表記できないんだったよね。でも現実に存在する。自然界って圧倒的に無理数の世界なんじゃないかな。だから現実社会で目指すべき正義は、円周率に似ている気がする。
    鳴瓢はそれをわかってる。家庭があってでも失って。社会人としての経験もある。でも本堂町には”円周率”は理解できないだろうし、存在すらわからないのかもね。社会になったばかりで世間知らずだし、年齢も若いし。”絶対正義”をよしとする、ってのが既に子ども。原因の一端は母娘関係にあるかもね。

    また本堂町は覚悟の自殺ができるほど性根が座っているともいえる。それは飛鳥井にはない部分。飛鳥井も自殺しようとしてるんだけど、確実な死を選んでない。本堂町ほど性根が座ってない。自我が目覚めてあのサイキック能力があれば仕方ないんだろうけど。

    聖井戸御代は、ミズハノメ的、あるいは本堂町的にはパーフェクトなんだろうけど、現実の世界は、自然があって感情があって、誰かを思いやることができる世界なんだから、円周率の世界なんじゃないかな。だから鳴瓢イドの円周率の出現や妻子への悔恨も同意する。穴井戸の一転突破も同意する(富久田の殺人じゃないよ)。だけど、聖井戸御代には同意できない。それは60歳近く生きてきた私の感想だけど。

    ミズハノメがどういう機能を持つものかわからない現時点では、断定できないけど、そんな推理もしてる、かな。

    • gato より:

      さなえちゃんの古井戸さんコメントありがとうございます!

      地上波のズレはやきもきちゃいますよね(笑)

      頂いたコメントにまとめて返信させて頂きます。

      >ってことは、本堂町は欠損がなく、しかもパーフェクト(=御代)ってこと?

      聖井戸が登場した際の記事にも書きましたが、ある意味一番ストイックに探偵をやれているのは彼女だけなんですよね。

      探偵は人助けをするわけではなく、とことん推理に集中する…それがあるべき姿なのでしょう。

      だから聖井戸はフルネームが揃っていると捉えていますが、彼女の存在はまだ色々解釈できる余地がありそうですね。

      >四角四面の正義というか、絶対正義。

      個人的には本堂町は正義感で動いているというより、「事件を解決する」ということに全振りした使命感で動いている印象ですね。

      彼女のマキャベリストな一面ってすごくドライなんですよね。

      だから秋人みたいなウェットな非情さの方がまだ正義って感じがします。

      >鳴瓢は、蔵に収監されてから教唆犯になったわけだけど、それはミズハノメの影響か、と考えられる。

      ミヅハノメの影響はもちろん、彼の生来の素質や酒井戸になってまでかえるちゃんに妻子を投影してしまう点も影響を及ぼしていると思いますね。

      彼にとって連続サツ人鬼はすべからく妻子の命を奪った対マンと等しい存在なのでしょう。

      >だから現実社会で目指すべき正義は、円周率に似ている気がする。

      なかなかロマンチックな解釈ですね(笑)

      別の記事でも書きましたが、個人的に円周率は井波のイドに出てきた円環の列車と同じようなものだと思います。

      それこそ特定の過去への堂々巡り、以前さなえちゃんの古井戸さんのコメントにもあった「閉塞感」の表れといえるのではないでしょうか?

      >飛鳥井も自殺しようとしてるんだけど、確実な死を選んでない。

      あ~本堂町と飛鳥井を比較するのは面白いですね。

      本堂町のスタンスからしたら飛鳥井はどんな存在になり得るのだろうか…。

      下手したら敵対するかも(笑)

      >勝山に殺された人の顔写真が出てくるところで、最初に”岸辺真夏”って女性が出てきますが、この人、飛鳥井木記にそっくりです。

      見落としていました(笑)

      改めて見ると確かに目元が似ていますね…。

      う~ん、ただこれは今の段階ではなんともいえないかも(笑)

      >あと、本堂町小春、岸辺真夏、鳴瓢秋人、冬川浩二(花火師)で春夏秋冬コンプリ。

      これも見落としていました(笑)

      岸辺の立ち回りによっては大きな意味を持ちそうですね。

      ただ、これも現段階では何とも…。

      秋人と本堂町はわかりますけど、冬川の役割にそこまで強い重要性はまだ感じられていないんですよねぇ。。。

      この辺りは今後注視してみます。

  6. さなえちゃんの古井戸 より:

    すいません。しつこくて。
    このアニメはNetflixで見出しました。で、今、再度7話を見ています(現時点で配信は8話まで)。

    勝山に殺された人の顔写真が出てくるところで、最初に”岸辺真夏”って女性が出てきますが、この人、飛鳥井木記にそっくりです。同一人物なのかも。このアニメはちゃんと顔の違いを描き分けてありますから、偶然じゃないはず。姉妹とか親子とか、のレベルで似ています。もし、同一人物なら、、、?

    あと、本堂町小春、岸辺真夏、鳴瓢秋人、冬川浩二(花火師)で春夏秋冬コンプリ。何か意味ありますかね?