約束のネバーランド1話感想・考察!子どもに勉強させる意味とは【約ネバ】

※原作未読の状態で考察しているのでネタバレの心配はありません。初見勢の考察を楽しんでいただければと思います。

怖い怖い怖いぃぃぃぃ…!(゚Д゚;)

ちょっと待って…今のジャンプってこんなテイストの作品連載してるのな。ジェネレーションギャップにgkbrな約束のネバーランド考察担当の模造紙です。

ちなみに私はスラムダンクのメガネ君に恋していたジャンプ黄金世代です(遠い目)

というわけで待望の約束のネバーランド1話が放送されたわけですが…

序盤の随所から世界名作劇場っぽさも感じられる程のまったり加減から一転…奈落の底、絶望の淵に叩き落とされるという表現が全くもって言い過ぎではない急展開でした。

うん。ママ怖い(涙目)

リアルオカンな私ですら鬼のような形相でわが子を叱り飛ばすもののそれはあくまでも比喩に留まるわけでして。まさか本当に鬼の手下なんて思わないですよ…!!

微塵も一筋縄でいきそうにない周辺環境がとことん気になりつつ、1話を視聴して気になった点や今後の展開について考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

1話から物語の要が明かされる

はいーこれですよね(棒読み)

まだ初回の時点なので本作品の大筋というかカテゴリはハッキリと判別できないのですが、孤児院が実は食糧としての人間を出荷している農園という秘密を1話でいきなりドーンと種明かしするのはスゴイですよね(語彙力)

従来ならば、主人公たちが僅かなひっかかりを感知し徐々に疑念が確信に変遷し、満を持して断定材料となる衝撃的事実を目の当たりにするというのがいわゆるサスペンスホラーの定石。

主人公たちが核心に近づいて行くドキドキワクワクに視聴者(または読み手)がシンクロすることでより一層物語に引き込む…というのが安定の流れですよね。

PV時点でショッキングなイベントを示唆していたものの、まさかの1話でいきなり大爆弾を投下されたことに驚きが隠せません…!!

施設は家ではなく食糧人間を飼育する場所だった

衝撃的事実が判明するであろうことは予想していたものの、思った以上にかなりハードな展開で心が抉られる真相でしたね。

12歳までの少年少女たちが対象というのがさらに厳しさに拍車をかけています。

▼事前記事で“楽園の秘密”について何点か予想を立てていましたが▼

約束のネバーランド感想・考察・解説記事まとめ【約ネバ】
『約束のネバーランド』の記事を毎話更新していきます。 ...

予想③の“子どもたちを生贄に捧げている世界”が近かったようです。

と言っても、私が想像していたのは日本むかし話なんかである土地神様に対する貢物とか、龍神さまの怒りを収めるために娘が人柱になるとか、はたまた異世界ファンタジーで人間界の貴族令嬢が魔王の貢女として捧げられちゃうけど恋に落ちるとか…わりと相手方の人外にも心があって話せばわかる的な展開をふわっと考えていたわけなんですね…。(ジャンプだし、ネバーランドって題目だし)

だがしかし!

今後はハートフルな展開は全く期待できないどころか、決して大袈裟な表現ではなく喰うか喰われるか生きるかタヒぬかみたいなギリギリの綱渡りになりそう。

そんな緊迫ムードが続くであろう状況を安易に予想できるのがキツイですね…。

スポンサーリンク

家畜に知識を持たせる意味とは?

子ども達が食糧人間として生かされているとすると、まず気になるのはなぜ教育の必要があるのかという点です。

ぶっちゃけ単に食すだけなら太らせて適切な運動をさせていればいいんじゃないのっていう。

それをせずに、毎日の勉強と称して憑りつかれたようにテストを行ったり(テストのくだりは皆の目が本気で常軌を逸した感じでコワいですよね…;)

約束のネバーランド 毎日のテスト

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

高度な教育を施す理由として考えられるのは『人肉の味』をグレードアップさせるためなのではないでしょうか?

賢い子どもほど肉が上質という…。実際に高級牛とかでもありますもんね。

だとすると鬼は相当の美食家であり、腹が膨れれば何でもいいって考えを持たずより至高の逸品をという思想をもつ種族なのでしょう。

知識を持たせることはリスクではない

もし今回のように何らかのハプニングで子どもたち自らが家畜であることを知った際、当然逃げ出そうと策を弄する子が現れるのは鬼側も容易に推察できるはず。

ただそのリスクを負ってでも、いずれ出荷する子どもに長い歳月と手間をかけて知識を持たせたとするなら、鬼と人間の間には相当のかけ離れた段違いの力の差があるに違いありません。

▼まぁ…このあからさまに人外の化け物ですよっていうビジュアルなので無理もないですね

約束のネバーランド 鬼

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

そして鬼サイドもそれについては判った上で知識を与えることを享受している――なぜなら賢い子どもの肉は一級品だからというところでしょう。

鬼と比較して絶対的に力の弱い人間に知識を与えたところで何もできないだろうと高を括っているとも言えます。

現時点では天変地異でも起こらない限り絶対に覆すことは不可能な力の差が存在するのは明らかですが、“支配下にある無力な人間”と油断させていることを逆手にとれば、エマたちにも希望の光は残されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

赤い花は何なのか?

変わり果てたコニーの衝撃的な姿を目撃した際、胸に赤い花が刺さっていました。

約束のネバーランド 鬼 コニー

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

パッと見はツバキのように見えますが、花に一体どのような意味があったのでしょうか。

ツバキの花言葉は「謙虚な美徳」「控えめな優美さ」

赤いツバキの花言葉からは、繊細で洗練されたイメージを受けます。

絶命した者に対しての手向けの儀式のような意味合いで花を捧げたという理由は…ないか。

五感を麻痺させる作用がある?

花自体に肉体の自由を奪い最終的には心肺機能まで麻痺させる作用があった可能性も。

ツバキではありませんが、某魚座の聖闘士の攻撃に赤いバラで五感を奪う技があったんですよね。

何かしらの特殊な効果を花そのものが有しているのかもしれません。

外の世界は平和なのか?

施設を脱出する意志を固めたエマとノーマン。

約束のネバーランド エマ ノーマン

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

次回はもう一人のフルスコアメンバーであるレイにも事実を打ち明けて、脱出計画の策を練るという流れになっていきそうですね。

現状、このまま施設に居ても未来はお先真っ暗なわけですから、エマらが生きるためには脱獄して外の世界に飛び出す選択しか残されていません。

しかしながら外界が本当に平和なのか?脱出したら救いがあるのかというと――否そうではないだろうという残念ながら希望が見えないのも確かです。

というのも、それこそ世界が鬼で溢れかえった世界であり、今現在の我々が家畜として牛や豚、鶏を飼育しているのと同じように『鬼がヒトを家畜として扱い食糧にする』状況が常であるのが本作の世界観だとしたら?

幸運にも抜け出せたところで詰んでるんじゃないのっていう。

おそらくGFハウス以外にも同様の施設(農場)が複数存在しているでしょうし、もし本当の意味で運命に抗うのなら現在の主人公周りのメンバーだけではなく他の力ある協力者は必須でしょう。

現在予想できるキーパーソンは

まだ1話終了時点で主要キャラも出そろっていない感が強いですがひとまずキーパーソンを予想しておきます。

ノーマン

彼はキーパーソンというか、彼自身が導き出したみんなで生き残る方法の戦略の一端として犠牲になってしまいそうというか。

よくある自分が犠牲になった他を全て救出するパターン。

上手く表現できませんがフラグめちゃめちゃ立ってなかったですか…?

唯一の辿りついた最良の解が自分が犠牲になって脱出計画を成功させるものだとしたら…頭が良すぎるだけに無いだろうとは言えない展開です。

フィル

こちらはメタ的理由なのですが、現在本作のwebラジオが放送しているのですが

▼こちらです!

進行はお二方でひとりはエマ役の諸星すみれさん

そしてもうひとりはフィル役の河野ひよりさん

ノーマンでもなくレイでもなくフィル…??これはもう公式が重要キャラだと暗に仄めかしているとしか思えない(大真面目)

(ラジオそのものはお二方の掛け合いがとても可愛くてニマニマしながら視聴しました)

スポンサーリンク

約束のネバーランド1話感想

まったりと不気味さの配分が絶妙で掴みOKな初回でした!!

ぬるっとしたカメラワークに独特なアングル、劇伴も良かったです。ところどころキャラの雰囲気がVガンダムっぽいのも個人的に楽しめた一因でした。

オシャンティなOPも刺さりましたね…!!そういや初回からちゃんとOPしてるの最近だと珍しいような?

にしても本当に衝撃の1話…!!

ハッピーエンドを願いつつも、前途が多難すぎて子どもたちにこれから降りかかるであろう厄災を想像しちゃうと胸が痛いです。

変貌した友達の姿を目撃してしまっても、思考を放棄せず現実に向き合ったエマは本当にメンタルが丈夫な女の子としか言いようがありません。素直に全力で応援したいキャラで好感が持てますね。

ちなみに本作品。ジャンプ連載中のヒット作品であり世間は原作既読組ばかりなので、ネタバレをくらいそうで下手にネットで情報収集できずに困っています 笑

アニメ終了後に原作を読むと決めているのでそれまではネタバレ回避に留意しつつ頑張ります(涙目)

ジワジワと恐怖が迫る緊張感たっぷりの作品は大好物!

子どもたちの心からの笑顔に出会える結末を祈りつつ、次回も目が離せません!

それでは次回もまたお会いできますように!

約束のネバーランド感想・考察・解説記事まとめ【約ネバ】
『約束のネバーランド』の記事を毎話更新していきます。 ...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1300作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を週2回のペースで配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    約束のネバーランド 1話視聴しました。原作未読(最近の漫画はほとんど読んでいません)ながら前評判が高かったので興味本位で見ました。
    1話で話の構造が明らかにされて非常にわかりやすい展開ですね。
     これ、リアル「鬼ごっこ」なのでしょうね。子供たちが脱走してそれを「鬼」が追う展開で、最後に何人が生き残れるかでしょうか。
     子供たちと「鬼」との駆け引きが今後展開されそうです。
    気になるのは、外の世界に「人」は存在するのでしょうか。もしかしたら、すでに「野生の人」は絶えていて、家畜化されている「人」しかいない結末だったら救いようがないです。そのとき「人の親」はどこにいる? とこれ視点をかえると結構重いテーマになるとおもいますが、アニメではそこまで突っ込んだ話は出ないでしょうね。原作もまだ連載中のようで、結末はわかりませんがしばらく視聴したいと思います。
    また来週よろしくお願いします。

    • mozoushi より:

      >ひろさん
      こんにちは!ひろさんも約ネバ初見勢なのですね…!
      世間が原作既読者ばかりのなか非常に心強いです笑
      ちなみに私も最近の漫画をリアタイで追っかけることはなくなってしまいました…

      そうですね。
      話の構造がとてもシンプルで道筋も推測しやすい作品だと思います。
      だからこそ奇をてらった演出や意趣返しがふんだんに盛り込まれてて、それ故の原作の大ヒットなのかなぁと考えています。
      和やかで微笑ましい子どもたちの鬼ごっこそのものがリアル鬼ごっこの伏線とかちょっと精神的にクるものがありました;
      ひろさんが言うように外の世界すら希望が持てないという結末は考えるたけでも怖いですが、アニメは全12話とのことですしアニメオリジナルの無難な着地点(ただし救いのあるやつ)であると良いですよね…!!