チェンソーマン12話(最終回)感想・考察!残された謎&続編2期の可能性

貴女に捧げる

どうも、ロシアスキーでございます!

さて、チェンソーマンの最終回である第12話が放映されたわけですが……。

……いやぁ、結局ラストまで、引き込まれっぱなしだったなぁ……。

なんていうか、正直『話題になるだけの理由のある作品だ』というのを。

全編通してたっぷりと味わったって感じですねぇ……。

ではでは、まずは語っていくといたしましょう!

原作コミック未読者によるネタバレなし初見考察です。

既読の方は初見の考察にニヤニヤしながら読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

チェンソーマン 第12話 あらすじ

幽霊の悪魔と対峙することになるアキは、苦境に立たされるも、幽霊の悪魔の特異な行動により形勢を逆転させる。

一方、デンジとパワーはサムライソードを捜索するが、途中パワーがゾンビ相手に独断専行を開始。

一人サムライソードを探すデンジは、あっさりとサムライソード遭遇する。

交戦状態に入らず、デンジに対し言葉を投げかけるサムライソード。

自分側の理屈を叩きつけるサムライソードに対し、デンジもまた、自分側の理屈で要求を拒否。

二人は戦闘状態に移行する。

鍛えなおしたデンジではあるが、サムライソードに徐々に押され始める。

ただ一人、1対1でサムライソードを打倒しようとするデンジ。

サムライソードは、そんなデンジに対して容赦なく攻撃を繰り出すのであった。

……という感じで。

これまでの11話の中、後半に一気に存在感を出してきた、いわゆる『サムライソード編』のクライマックスということで。

単なるバトルの描写だけではなく、アキの内面の描写とか。

ラストの引きの部分とか。いろいろと、見どころ、見ごたえのある回でしたねぇ。

では、ここからは詳しく語っていきましょう!

スポンサーリンク

残された伏線や謎まとめ

まず語りますはこちら。

現時点で残された謎や伏線について』ということで。

ここでは特に気になった部分について語っていきたいと思います。

マキマについて

まずは、作中を通してとにかく謎の多いマキマについてなのですが……。

そもそもマキマ、めちゃくちゃ強いけど契約してる悪魔が不明

デンジに声をかけ、目をかけてる理由も不明

更には、明らかに銃撃されてるのに生きてる理由も不明、と……。

チェンソーマン 9話 マキマ

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

簡単に列挙するだけでも謎だらけで、むしろ分かってることの方が少ないキャラなんですよね。

当然、その謎の多さからくる印象ではあるんですが。

マキマは、何かを企んでそう、って見えてきてしまうんですよね~……。

何かキナ臭いというか、胡散臭い部分があるというか……。

なので、現時点。私としては、マキマは『単純な善人ではなく、個人的な狙いを持っている人物』と見ています。

銃の悪魔について

続いてはこちら。

銃の悪魔の存在について』ということで。

銃の悪魔は、自身はまだ出てきてはいないのですが。

現状だと、仮想ラスボスみたいな感じで描かれています。

アキにとっては家族の仇であり、また、その力は相当に強大である、ということなのですが……。

チェンソーマン 10話 アキ

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

そもそも、銃の悪魔は何を目的としているのかが不明です。

まぁ、それを言ってしまうと悪魔の目的なんてそれこそ人間サイドからすれば不明なものばかりなのでしょうが。

なぜ銃の悪魔は、多くの人間を犠牲としたのか。

そして、なぜ銃の悪魔はデンジの心臓を狙っているのか……。

これについては登場してない以上なんともなのですが。

やはり、王道の考えだと『最強の悪魔になるため』とかなのかなぁ、っていう感じがしますね。

悪魔の中にも、ランキングっていうか、階級みたいなものがあるとか……?

デンジの心臓について

続いてはこちら。

デンジの心臓について』ということで。

このアニメ版チェンソーマン、全12話の中ですと、中盤くらいから。

デンジの心臓、というものは重要なキーワードになっていました。

デンジに関しては、マキマが特別視しているように、人でも悪魔でもない存在、ということで。

その存在自体がちょっと変わったものである、ということは間違いないのですが。

そういう意味であれば、同一(というか、よく似てる存在)である、サムライソードの心臓が狙われてもよさそうな気がするんですよね。

そこを加味して考えると、デンジ、もしくはポチタの存在

あるいは、二人のうちどちらかが持っている力のようなものが、極めて特異なものであり。

だからこそ狙われている、ということなのではないでしょうか?

ただ、後半には様々な魔人や悪魔も出てきたので。

チェンソーマン 11話 天使の悪魔

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

デンジに匹敵する秘密をもった存在も現れるかもしれませんね。

謎の扉について

最後に語るはこちら。

謎の扉について』ということで。

今回、デンジの夢の中で現れた謎の扉なのですが。

チェンソーマン 12話 扉

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

中からはポチタの声がして、さらに『絶対開けてはならない』という風な言葉が出てきました。

そもそも謎だらけのこの扉なのですが。

ストレートに考えるのであれば、これはデンジの中にある扉

デンジと一つになったポチタの、魂のようなものがある場所で。

これを開けると、よくないことが起きる扉ではないか、と思えます。

パンドラの箱ではないのですが。デンジの心臓についての考察に関係する。

ポチタがひた隠しにしている、謎の力の封印』のようなものなのかな~……。

って感じではないか、と私は思っています。

ポチタによって、チェンソーの力を手に入れたデンジではありますが。

この扉を開いてしまうと、力に飲み込まれてしまう、とか。

そういうことなのではないでしょうか?

だからこそ、デンジに人間をやめてほしくないポチタは。

『開けてはいけない』と言ったとか……。

当然、この扉についても、後々明らかになっていくんでしょうね~。

以上、現段階で残された伏謎や線について、特に気になったものを上げてみました!

スポンサーリンク

チェンソーマン 2期の可能性について

続いて語るのは、私が最終回記事で必ず書いている。

チェンソーマンは2期があるのかどうか』という点についてですが……。

まず、調べたところ、2期が確定しているというような情報は見当たりませんでした。

その上で、『2期があるのかどうか』という点について考えますが……。

個人的には『2期はほぼ間違いなくあるのではないか』と思っております。

まず分量についてですが、チェンソーマンは第一部が11巻までで、今回アニメで描かれたのは5巻までということで。

まだまだ、分量については余裕があるということがわかります。

次に、話題性などの点から考えた場合ですが。

チェンソーマンは第二部が連載中の現在も、SNSなどで話題に上がることも多いです。

かなりの人気作であることから、二期をやらない手はない、という感じでしょうね。

更に、今回のラストの引くような描写も踏まえて考えるのであれば……。

まぁまぁ、二期はやる気満々ですよ、と。そう考えて間違いないでしょう。

というか、これで二期やらなかったら嘘でしょうw

なので、私としては二期は当然やるものだと思っているので。

後は、いつ情報が出るか期待、というところでしょうかね~。

スポンサーリンク

初見から見たアニメ版チェンソーマンの良かった点

続いて語りますはこちら。

原作未読の人間から見た、アニメ版チェンソーマンの良かった点』について、ということで。

いくつか、『あ、ここ良いな』とか『ここ良かったな』みたいな部分について語りたいと思います。

綺麗で丁寧な作画

まずはやっぱり、作画の面ですよねー。

人物もそうなのですが、背景なんかもとにかく綺麗ですし。

チェンソーマン 8話 遠景

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

アクションシーンなんかは、迫力満点ですから。

見ていてとにかく、その画の強さに引き込まれるんですよねぇ。

この辺は、さすがのMAPPAさんだな、って感じですかね。

手加減のないストーリー

あとはやはり、『手加減のないストーリー描写』ですかねー。

とはいえ、おそらく原作から考えると、ある程度マイルドになってる部分もあるのかもしれないんですけど。

それでも、かなり攻め込んだ描写でストーリーを描いていましたよねー。

もちろん、私としては『キャラがリタイアする作品が素晴らしい』とか言うつもりもないのですが。

そこを躊躇なく描く、っていうのは。チェンソーマンのアニメ化において、必要不可欠だと思うので。

チェンソーマン 9話 残滓

©藤本タツキ/集英社・MAPPA

そこをぼかしたりしていないのは、高評価な点だと思います。

楽曲や声優さんの力

後は、毎週変わる豪華アーティストによるEDとか、OPの中毒性。

そして、声優さんの演技力による、作品の支え方ですかね。

声優さんについては、人それぞれそのキャラの声のイメージっていうのがあるので。

自分はあまり多くのことは語れないのですが。

自分的には、ハマってる感じでしたねー。

そういう、アニメ本編を支える要素があることで。

更に魅力的に感じた、って部分はありますねー。

以上、自分が感じた、アニメ版チェンソーマンの良かった点について、でした~。

皆様はいかがだったでしょうか?

スポンサーリンク

チェンソーマン 第12話 感想

ここまで語ってきた、チェンソーマンの12話についてですが。

個人的感想としては。

いんやー……おもろかった……!

なんていうか、本当に『夢中になる』って感じでずっと見れましたねぇ……。

毎回そうなのですが、『これどうなるの!?』を、程よく提供され続けて……。

それを食べ終わると、また次の料理が、みたいな。

シナリオ上のテンポがすごい良くて、退屈しないで見れていたんですが。

特にこの12話に関して言うのであれば、それをきっちりとまとめていきつつも。

さらなる期待感を、というところも忘れない。そのバランスですよね。

いや、本当に満足度高かったですねぇ……。

ただ、昨今の作品ですと。たとえ人気原作があったとしても。

わりと二期まで間が開くことが多いので。そこがちょっと、っていうのはありますけどね~。

この待ってる間に、やきもきしちゃったり、なんてこともありますからw

とはいえ、本当にこのチェンソーマン。全12話、楽しませていただきました!

ということで、今回はこの辺でお別れ、ということで。

また次の記事でお会いいたしましょう!

お付き合いありがとうございました! ロシアスキーでした!

▼チェンソーマンの記事はこちらに全てまとめてあります!

チェンソーマン感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
『チェンソーマン』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 どうも! ロシアスキ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では多くの選択肢があるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4800作品以上

見放題アニメの数は、4800作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、Amazonプライムビデオ、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 非公表
備考 全体の見放題作品数も非公表

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする