無能なナナ5話感想・考察・解説!キョウヤの正体について【アニメ】

一難さってまた一難

どうも、ロシアスキーでございます!

さて、『無能なナナ』は今回で第5話の放送となりましたね!

今回なんかは、私は自分の予想が当たってたり外れてたり。

そんな部分を見て一喜一憂していたのですが……。

いや、最後の最後が……!

なんでしょう。もうこれはこの作品は。

最終話までもう驚きの玉手箱状態を続ける気なんだろうなぁと。

改めてしみじみ思っちゃいましたねーw

では! 今回も語っていくといたしましょう!

スポンサーリンク

無能なナナ 第5話 あらすじ

ツネキチの能力によって追い詰められることになったナナ。

しかしナナはツネキチの言動から、この状況を打破できると考える。

ナナの予想通り、ツネキチはナナをつるし上げるつもりはなく。『彼女になれ』という要求を突きつけてくる。

証拠となる写真とデータがある以上、その要求に従うしかないナナ。

ナナが逆らえないことをいいことに、さまざまな要求を重ねるツネキチ。

ナナはそれに耐えながら打開策を考える。

夜中、寝ているツネキチによって念写された写真。

それを見たナナは驚愕することになる。

その写真をツネキチに見せないようにしようとするナナ。

だがツネキチはそのナナの思惑を読み切り、ナナが隠した写真を見つけ出す。

なんとそれは、ナナが首を絞められる姿が映し出される写真であった。

写真を見てナナを煽るツネキチ。ツネキチの言葉を否定するナナ。

あくまでも『予知された未来の回避』にこだわるナナに対し、ツネキチはとある提案をする。

それは『運命の時刻に、体育倉庫で何も起きないかを試す』というものであった。

その提案に対し、ナナは乗るそぶりをみせるが。その実、ツネキチを始末する計画を練っていた。

互いの思惑が交錯する中、運命の時間がやってくる……。

といった感じで……。

前回目立ちに目立ったツネキチを主軸におき。

ナナが窮地に立ち向かう姿を描きつつ、戦況が二転三転……。

テンポ良く展開していくのを見てたら放送時間が終わってって最後にアァァァァァァアッ!

みたいな。久々にこのドライヴ感。たまりませんなぁ。

ではでは、今回の要点を語ってまいりましょう!

スポンサーリンク

ツネキチの能力について

まず語りますはこちら。

ツネキチの能力周りについて』ということで……。

今回、前回以上にツネキチの能力について描かれた訳なのではございますが。

それが結構気になるポイントがあったので、ここで語っていきたいと思います。

まず気になったポイントとしては……。

ツネキチが寝ると、夜に念写が5枚カッキリ出てくる』ということ。

無能なナナ 5話 能力

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

これに関しては、今回のエピソードを盛り上げるための設定かとも思ったのですが……。

もしも……もしもですけれども。

今回登場した写真以外にも、ナナの行動に関連した写真などがあるとすれば……。

もしかしたら、それがキョウヤに回収されたりする展開もあるかもしれません。

そもそもツネキチが『決定的な写真』と判断したのは、あくまでもツネキチの判断です。

キョウヤが見れば、なにか決定的な証拠になるような写真。

そんなものもあるかもしれません。

そして、もう一つ気になるポイントとして……。

ツネキチの能力は、ポラロイド写真限定なのかどうか』という点です。

今回のエピソードで描かれたのはポラロイドでの念写でしたが。

可能性として、その気になれば道具さえあれば念写自体は可能なんじゃないか、とも思うのですが。

逆に言えば、『映像を写す何か』がないと、ツネキチの能力は効果を発揮しないのではないか、とも考えられます。

総じて、ツネキチの能力は強力だとは思うのですが。

特定の何かを狙って映し出す、という意味では。非常に使い勝手が悪いのは間違いないでしょう。

そういう意味では、ツネキチはもっと慎重に動くべきだった、というか……。

正直ナナのことを侮りすぎでしたかね~。

考えれば考えるほど、ツネキチの能力って単独行動向きではないなぁ……。

ただ、これだけ強力な能力であるところの未来予知の持ち主であるツネキチが……。

なんの余波も残さずに退場、ってのは考えられないので。

今後、ツネキチの写真がらみでもう一波乱くらいはあるんじゃあないか、と。

私はそう見ております!

スポンサーリンク

ミチルの運命について

続いて語りますのはこちら。

ミチルの運命について』ということで……。

まぁぶっちゃけますと、今回のラスト!

無能なナナ 5話 ミチル

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

あの状況から、ミチルちゃんはどうなっちゃうのか! ってことについて予想していきたいと思います。

まぁ~……今回のラストだけ見ると……。

ミチルちゃんは次回冒頭にでもリタイアしちゃいそうな雰囲気なのではございますが。

ただ、一回落ち着いて考えるとですね。

案外ミチルちゃん、そこまでの危機に陥ってはいないんじゃあないかと思うんですよね。

というのも、あくまでもミチルちゃんは『ナナオが始末される瞬間の写真を見た』だけなんですよ。

今回ツネキチがリタイアするに当たり……。

キョウヤ・ミチルに関しては『ツネキチの未来予知が外れた』という風に思っているというか。

そう見えているという状況なんですよね。真実はナナしか知らない、という。

となるとですね……。

別段、その写真を見られたところで。ナナは幾らでも言い訳が出来ると思うんですよ。

なんなら、『ツネキチが捏造した』だとか、そう言っちゃってもいい。

なにせ本当のことを知っているツネキチはもう口が利けない訳なんですから。

それに、今回ミチルはナナのウソに見事騙されているわけなので。

ミチルの中ではツネキチは悪人というか、素行不良な人間という扱いになってることでしょう。

そしてミチルはナナのことを信頼しきっているわけですから。

ナナがちょちょ~いっと上手い嘘を吐けば……。

おそらくはころっと騙されることでしょう。

後は、ナナから見ればミチルは都合の良い駒ですから。

ここで簡単に始末するにはちょっともったいないと考えると思うんですよ。

ましてやミチルは単独の戦闘能力はまったく無い訳ですから。

その気になればいつでも始末できる相手、ってことですよ。

ここまでの情報を全てひっくるめて考えれば。

恐らく、ミチルちゃんは次回リタイア、ってことはないと思います。

……っていうのも、前にも言いましたけど。

私自身がミチルちゃんにリタイアしてほしくないと思っているからこその予想ではあるんですけれどもね!w

後は、キョウヤはまだまだナナに対して疑惑疑念警戒マックスでしょうから。

無能なナナ 5話 目撃者

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

ここで焦ってミチルちゃんに対して行動を起こすと、高確率でその現場をキョウヤに押さえられると思うんですよね~。

ナナがその辺りをしっかり考えられるのならば。

あえてこの場は一度機を外してくるのではないでしょうか。

ただこの作品のことですから。

その裏をかいてくるってこともありえるのが恐ろしいポイントなんですけれどもね……。

スポンサーリンク

キョウヤの正体について(5話時点での予想)

続いて語りますはこちら。

無能なナナ 5話 キョウヤ

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

キョウヤの正体について』予想してみようと思います。

2話以降、メインキャラクターとしてグリグリ動いているキョウヤですが。

今のところ、かなり謎に包まれた存在ではあるのですが……。

これまでのエピソードで見えたさまざまな情報、あるいはヒントを繋ぐと。

ちょっと、私閃いたものがありまして。

それについて説明したいと思います。

まず、キョウヤの実年齢について。私は以前の記事で『見た目よりも歳いってるんじゃないか』と語りましたが。

これはまず間違いないと思います。

それを確信したのは前回4話でのキョウヤのセリフ……。

お前さん方は俺にとっては子供みたいなものだ」というようなセリフがあったわけですが。

これはもう、言葉そのままの意味だったのではないか、と考えますと……。

これまでの情報が全て一気に繋がる気がするんですよね。

例えば、キョウヤが知らない言葉として『オラついている』や『パンチライン』という言葉がありました。

無能なナナ 5話 疑問

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

更に、キョウヤの部屋には『古いマンガ』や『古いゲーム機』。更に『日本刀』がありました。

今回追加で出てきた情報として、キョウヤは『演歌』と『アイドルソング』が好きだ、という情報もありました。

これらの情報を統合すると、どう考えてもキョウヤの年齢は『30代以上』が想定されると思うんですよ。

というか、これだけ条件そろってて20代前半とか、10代ですとか言われたら逆にもう驚きですよw

ただ、ここまでの情報だけでは『キョウヤがある程度の年齢である』ということしか分かりません。

ですがこれに合わせてキョウヤのセリフ……。

お前さん方は俺にとっては子供みたいなものだ』を深読みするとですね……。

もしかして、という部分ではあるのですが……。

『キョウヤが世界最初の能力者』であったのならば?

『後の能力者たちは、キョウヤが研究(あるいは人体実験)された結果能力者になった』のだとすれば……?

そう、キョウヤのあのセリフとは、まさに言葉通り。

能力者たちは、自分から生まれた、子供のような存在である』という意味なのだとすれば。

色々と繋がってくるのではないでしょうか?

……って、ここまで書いておいてなんですけれども。

これはもう、決め打ち。ちょっと無理やりな予想という物でございます。

ただ、私としては、案外あるんじゃない!? っていう。

一瞬の閃きゆえに、ワンチャンあるんじゃなーい!? っていう直感があります。

ということで、長々と語ってまいりましたが。

私としてはキョウヤは『全ての能力者の始祖にして、世界最初の能力者』なのではないか、と。

そう予想しております!

……当たれ! たまには予想当たれ!w

次回展開予想

さて次に語りますはこちら。

次回の展開について予想』ということですが。

無能なナナ 5話 次回予告

©るーすぼーい・古屋庵/SQUARE ENIX・「無能なナナ」製作委員会

まず次回のタイトルはズバリ『ネクロマンサー』ということで。

やはり、能力名がタイトルに来ていると予想としてはしやすい、ってところはありますね。

皆様もご存知でしょうが、ズバリこの能力に該当する能力者が一人いますね。

風間 シンジ……能力名は『タヒ体操作』ということで。

能力の詳細は不明ではありますが、PVの2でシンジは。

タヒ体に直接聞けばいい』というようなことを言っていました。

つまり、シンジはそういったことができる、というのは間違いないでしょう。

そしてここで繋がるのは……。

ナナはこれまで、ナナオ、ヨウヘイに関しては痕跡を残さずに始末することができたのですが。

ツネキチに関してはタヒ体を残してしまった、ということです。

これまではそもそもタヒ体がなかったので、シンジの能力も活かせなかった訳なのですが。

今回に限っていえば、ツネキチのタヒ体があるからこそ。

シンジの能力で、これまでにはできなかったタヒ体への情報収集ができてしまうわけですね。

となってくると、その状況っていうのはナナにとってみれば非常にピンチな展開と言えるわけですね。

しかもこれがどうピンチかというと、ナナはリーダーになってしまった以上……。

シンジのそういった提案に対して否定的な言動ができなくなってしまっているわけですね。

ということと、ミチルの命運も踏まえまして次回の展開の予想ですが……。

ナナはミチルに嘘を着き、ナナオ始末の件をごまかし、窮地を凌ぐものの……。

 翌日、ツネキチの一件を知った生徒たちの中で、シンジが能力による情報収集を提案。

 ナナは再度窮地に追い込まれながら、シンジの始末を決意する』……。

っていう展開になるだろう! と。

予想させていただきます!

……って予想してなんですけど。ナナがだんだん苦しい位置へと追い詰められている気がするなぁ……。

これはもう近い内にナナは回避不可能な大ピンチに追い詰められてしまうのでは……!?

スポンサーリンク

無能なナナ 第5話 感想

さて、ここまで無能なナナの5話について語ってまいりましたが。

その5話の個人的感想といたしましては……。

う~ん……中だるみしないなぁ……。

ホント、この作品はとにかく驚きの連続。

ナナの行動、キョウヤの行動に始まり……。

知力と知力、頭脳と頭脳のバトルの連続で、予想が毎回どんでん返されるわけなのですが。

それがまた、非常に面白いんですよね!

ナナの仕掛けが解き明かされたとき、謎が解けてスッキリする感じを常に味わえる、というか。

またこれ面白い仕組みなのは。

視聴者が、ナナサイドなのか、キョウヤサイドなのか。

どっちを応援すればいいか。どっちを応援してしまうか、と。

主人公ではあるけれども、非道な行いを続けるナナ。

主要キャラではあるが主人公ではない。なのに、探偵役を続けるキョウヤ。

この二人の戦いに関して、同時に感情移入をしてしまう部分があるんですよねぇ。

これがまた、続きが気になるという要素の一つだと思うのですが。

今回見てて思ったのは、ナナは非常に有能ではあるものの。

状況や環境のせいで、結構綱渡りを続けるはめになってしまっている、という点。

今まではよかったけれども、ここから先はかなりナナが不利な展開になりそうな気がするんですよねー。

だからこそ、次回も大注目なわけでございますけれども!

キョウヤの推理なんかは、ほぼほぼ当たっていて、後は動機などを突き止めればキョウヤの勝ち、という形ですし。

この頭脳戦の行方、そろそろ、大局の流れが決してくるかもしれません。

そういった意味でも、次回必見ですね!

無能なナナ 感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
『無能なナナ』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

以上、ロシアスキーでした! 次回もよろしくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    ナナとキョウヤの関係はデスノートの月とLを彷彿させますね
    表向きは友達なところも同じですし
    キョウヤは不タヒ身なので始末ができませんが、Lと違って組織や権力の後ろ盾が無いので、どうにか決定的な証拠までは捕まれずに済んでますね

    とはいえ、仰る通り、ナナは徐々に追い詰められてます
    最近、OPの冒頭の水面に沈んでく人影はナナオじゃなくてナナである事に気づきました
    もしかしたらこの作品はナナが泥沼に沈んでいく物語かもしれません

    またOPで物語のダイジェストらしきモノが流れるシーンがあります
    (振り返るナナオから始まってミチルが冷や汗を流して息を飲むシーンで締め)
    これが本当に物語のダイジェストならミチルは少なくとも終盤までは生存すると思われます

    また書いてて思ったのですが、ナナは命令を出した組織だか政府だかの後ろ盾があるはずなのに、あまりに孤立無援です
    教師も真実を知らされてないし、支援をしてくれる人間が皆無
    これではナナがどれだけ有能だろうが小さなミスや不運が積み重なれば追い詰められるのは当然です
    果たしてナナに命令を出してる人たちは何を考えてるのか・・・・・・

    最後に「キョウヤが見た目よりも年齢が上」は同感です
    そもそも自らの能力を「不タヒ身」ではなく「不老不タヒ」と断言したのは、実際に肉体が年を取らないのを実感してたからのはずです

    ただ「キョウヤが最初の能力者」は無いと思います
    それだけ長く生きててキョウヤ程の頭脳があるなら、もうとっくに真相に気づいてないと不自然だからです

    最初の能力者って事は能力者と普通の人間が戦争してた時代を肌で知ってる事になる訳で、であれば当然今も能力者を排除しようとするタカ派の人間がいる事くらい彼ほどの冷静さと頭の切れがあれば理解できるはずです
    しかも自分の妹があの島で行方不明になって、ナナオたちも行方不明になった

    なのに、あの島の真実に欠片も気づかず、ナナの動機に行き着かないのは不自然すぎますそこまで経験が豊富ならナナが本当は無能力者という可能性にだって行き着くでしょうし
    そもそも、それだけ長生きなら「人類の敵などいない」と最初から確信してるはずです
    前回のナナのアリバイ作り程度で、「本当に人類の敵がいるのか・・・?」と迷いを抱くとは思えません

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      ナナに関しては、騙されてるというか……いいように利用されているというか……。
      それ以上の、何らかの思惑の中で働かされてる感は凄いありますよね。
      それゆえに、ナナがハッピーエンドにたどり着けないような空気といいますか。

      ミチルちゃんにはぜひとも生存してもらいたいですね!
      お気に入りの子なので! 推しなので!w

      キョウヤ=最初の能力者説はやっぱりムリがありますかねぇ。
      ご指摘の通り、キョウヤの頭脳だと、ある程度以上のことは推理できちゃうんですよね~。
      しかし、そうなってくると。
      キョウヤのオリジン、そして島に来るまでの経歴が、余計に気になりますねぇ……。
      まさにキョウヤは最重要登場人物の気配……!

  2. てけり・り より:

    ども、こんばんわ。
    先週ちょっとビックリした。
    過去は変えられるけど、未来は変えられ無い。って設定なんだもん。
    タイムパラドックスを考えると、未来は変えられるけど過去は変えられ無い。の方がパラドックスが起きにくいからねぇ。
    でも、まぁ、ツネキチの能力って、確定した未来は念写できても、確定しない未来を写すことは出来ない。のだろうなと。
    でもあれか、ミチルとキョウヤの犯行現場目撃の写真は、ツネキチのタヒが確定になるのか…ムズいな。
    でもアレだね、ツネキチのタヒ後の未来も写せるんだなぁ。
    今回の話はツネキチの小物感が強くていまいち。(能力もったいないよ!。)
    早くキョウヤとの推理バトルを観たい!。
    焦り過ぎかな?。

    • rosiasuki より:

      てけり・りさん

      コメント、ありがとうございます。

      実際、ツネキチが小物は私も思いましたw
      能力がかなり強力なんだから、もっと慎重に動けやー!w

      でも、ツネキチがそう動くと、ナナがかなり追い詰められちゃうから。
      こういうキャラクターになったんでしょうな。
      恐らく、キョウヤとツネキチが完全共闘してたら、ナナはその時点で負け確無理ゲーでしょうからw

      キョウヤとナナのバトルは私も楽しみにしてますよ~。
      っていうか、それがメインだと思っているのでw
      焦る気持ちもわかりますw

  3. 名無し より:

    キョウヤが最初の能力者はさすがに無理がありすぎると思います
    そもそもナナに命令を出してる人たちの言葉を信じるなら最初の能力者は一般人に多大な被害を出して退治されたはずですし
    それが捏造された歴史だとしても、そんな重要人物が今まで放置されてたとは考えにくいです
    不老不タヒって事は「容姿が変わらない」と同義です(おそらく整形しても元の顔に再生するはず バッカーノ!の不タヒ者もそうでした)から偽名を使っても隠れきれるモノじゃないです

    ただキョウヤが見た目よりも年齢がずっと上なのは同感ですし、そこには意味があると思います
    たとえばキョウヤの妹がナナの母親というのはどうでしょうか?
    2話でキョウヤは自分の妹とナナは同じ髪型だったと言ってますし、ナナの髪型が母親譲りだとしたら?
    ナナが命令を出してる人たちから杜撰に扱われてるのも、能力者と血縁関係にあるから、と考えれば、ある程度の納得がいきます

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      あ……これ、すっごい面白い予想ですね!
      もしもそうだったとしたら、委員会がナナの出自について知っていたら。
      すっげぇ悪趣味な仕掛けをしてるってことになりますね!

      これについて考えるには、キョウヤの妹の情報がほしいですね~。
      っていうか、ナナの出自もまだまだ不明なんですよね。

      その辺りが少しでも解き明かされれば、もうちょっと予想の精度も上がるかと思うのですが。
      キョウヤ=最初の能力者説、暗雲立ち込めてるかな?w

  4. 妄想気味 より:

    正直な話ここまで行動予測と実際にズレが生じてるって事は間違ってるのは我々の認識なんじゃ?と思い始めてます・・・ツネキチの行動は斜め上過ぎましたw何が間違ってるのかを考えてみたいと思います

    自分の命よりエロを優先したように見えるツネキチ>ナナに危機感を持っていて自身のタヒを回避しようとしたら、確定してるのは満月があの位置にある時に首を絞められるってだけで絞サシされることは確定ではないので仲間を作って阻止してもらう(普通タヒの危険の回避は最優先でボッチとか関係ない)、満月は来月にもあるので取り敢えず今回は先送りにする、普通ならこう成るべきでしたが実際の行動は自身の命を顧みずにナナへのセクハラ行為を優先したwこれだけの差異が起こり実際にナナはナナオを襲ってるし決定的な写真もある状況で我々の認識に大きな勘違いがあるとしたら・・・もしかして視聴者とキョウヤ以外はナナがサシ人者だと言う認識を持っていないのでは?ナナと会ってた直後から行方不明+写真この状況でそうなるとしたらもうナナオが生きててしかも学校にも来ている!ぐらいしか思い浮かびません

    現在ナナオはどこにいる?>普通に学校に来てるとしたら何故我々は認識できないのか?先週に浮上した視聴者とナナ&キョウヤ?には見えていない生徒ってやつかな、これって重要ではないから見えない存在だとしたらそもそもその存在を匂わせる必要が無いんですよねラブレターの送り主にわざわざ別のクラスと付け加える必要はありません匿名の男子にしとけば視聴者は勝手にこのクラスの男子と解釈した訳ですしね、ちなみにモグオとチャラ男がナナオが来ないと言ってたのは学校にではなくこのクラスにって事に成りますね

    う~んw正直中々サスペンスしててワクワクはしてるんだけどwどうにも話が二転三転し過ぎてて若干ついていけなく成りつつありますwこうも考察の起点に成る部分が流動的だと可能性が分散し過ぎて非常に疲れますしねw

    取り敢えず今後予想>おそらく認識のズレからキョウヤ以外はナナを怪しむ展開はあまりないのかな?と思っています、ぶっちゃけた話もしかしたらミチルもツネキチ同様に決定的とも思える写真を見てすらナナを怪しまないんじゃないか?とも思ってます、氷が解けてもヨウヘイは発見されず、失踪についてもナナとキョウヤ以外はナナオを認識してるので実際に失踪したのではなくクラスに顔を出さない事を問題視してる?ぐらいに思ってるので特に騒がない、こんな感じですかね

    正直今回はコメするか迷いましたw考察が荒唐無稽過ぎる^^; 話が破綻してる作品と切って捨てる事も出来ますが流石にそんな作品がアニメ化までするとも考え難いので気を取り直してコメントしてみましたwしかし深夜アニメでSAN値をゴリゴリと削られそうな展開に成るとはなw

    • rosiasuki より:

      妄想気味さん

      コメント、ありがとうございます。

      いやぁ、正直妄想気味さんの困惑もある程度納得できたりw

      今のところ、この作品。必要な情報でも隠しているのか。
      あるいは、不必要ゆえに情報を描いていないのか。
      ちょっと分からない部分がありますよねw

      その辺り、スパッと描いてもらえないと、予想がどうにもふわっふわなんですよねぇw
      いやぁ、それもまた狙いなのかもしれないですけれどもw
      (あと、食堂のオバちゃんがモブ顔すぎな~い?w)

      ただ、ある意味でこういった作品だと、数多の可能性を考慮すべきでしょうから。
      いろいろとコメントいただけるのはうれしいですよ!

  5. 名無し より:

    キョウヤが研究者なら、もっと科学的な捜査でナナを追い詰めてると思いますよ
    ましてや指紋すら採取できないキョウヤが能力者を生み出せるような天才科学者ってのは、まずあり得ないんじゃないかと

    大体それじゃキョウヤは自分で未来予知の能力者を作っておきながら、その未来予知の精度を信じてない間抜けになってしまいますよ

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      研究者、といいますか。人体実験されたモルモット、とかはどうですかね?

      あ、でもあれか。
      そんな立場だったら、能力者の能力について凄い知識があるだろうし。
      やっぱり、キョウヤが原初の一、っていう線はないかなぁ……。

  6. 名無し より:

    まあミチルは生き延びるでしょうね
    安易にコ口すつもりなら次回に引っ張る必要がありませんし
    メタ的に見るなら次回に引っ張ったのが生き残りフラグです

    キョウヤはそこまで重要な秘密は無いと思いますよ
    ここまで見た感じ、彼は「何も知らない状態でありながらナナと島の秘密に迫る」から魅力的であり、切れ者だと感じさせるキャラです

    キョウヤに下手に重要な秘密を握らせるのは、「そんな重要な事を知ってるのにナナや島の秘密にも気づかないのか」と、大きく株を下げ道化に成り下がる危険性があります
    例えば「能力者を生み出した人物」や「能力者の始祖」が目の前のナナが無能力者である事にいつまでも気づかないのは間抜け以外に感じようがありません

    加えて、ナナに命令を出してた者たちの言葉を信じるなら能力者が誕生したのは100年以上前です
    それが嘘だったとしても、ナナオたちは生まれついての能力者みたいなので、能力者が誕生したのは10年や20年前の事ではないはずです
    キョウヤが仮に50代だとしても能力者の誕生に関わってるとは思えません

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      おぉぉぉう……実に論理的なご指摘……!

      でも、確かに。
      キョウヤ=探偵(切れ者)なポジションキャラであることを考慮すれば。
      ご指摘の通りに、これまでの推理パートで結論にたどりつけていないのが違和感……。

      いや~、奇抜な推理をしようとして大外れをツモっちゃったかなぁ……。