バビロン6話感想・考察・解説!齋の息子『タイヨウ』母親は曲世?【アニメ】

『バビロン』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。

こんにちは!毎週月曜日が楽しみで仕方がないバビロン考察・解説担当のタカシです。

今回の第6話『作戦』、バビロン好きの皆さんはどう見られたでしょうか?

僕は前回の考察で、齋の思惑が少しでもわかる6話になる事を願っていました。

齋の相手に疑念を抱かせる話、論理的でその場の空気を支配する話は大変興味深く面白かったです。

あの動画の少年「タイヨウ」くんのお父さんが齋開化だったこと。

切り札を逆手に取られた野丸。

域議選挙、世論の反応はくつがえるのか?

それぞれの『作戦』は成功したのか、失敗したのか。


実際に6話を見てどう感じたか、さっそく考察していきます!

スポンサーリンク

第6話あらすじ

筒井警部補のタヒ。落ち込む正崎。

突然の齋開化特別捜査本部の解散を宣言しました。

その意図は他の犠牲者を出さずに自分一人だけで捕まえるための作戦であり、齋をさらうことを決意したため。

しかし、思惑は正崎の通りにならず、捜査本部のメンバーも思いは同じで結果的に行動を共にすることになる。

最優先で止めるべきは広がる自サツ法。

そして勝負の公開討論当日。

1対4で始まった肯定派と反対派の討論。

齋は悠々と自サツ法のメリットを語り、否定派を論破する。

そして議論の最後、野丸の切り札として登場したのが、父親に自サツをやめて欲しいという内容の動画を投稿した子ども「タイヨウ」くん。

タイヨウくん自身が域議選挙への立候補を表明し野丸がバックアップすると宣言、世論の反響を得ることに成功する。

しかし。

タイヨウくんは齋の息子で、自サツを考えていたのは齋本人だったということがわかった。

スポンサーリンク

正崎達 捜査本部の動き

正崎は自分の正義に従って、止めるべきは齋を罰することよりも自サツ法の拡大であると決めたようですね。

他の犠牲者を出さない為、さらうという強硬手段で自分一人でも捕まえることを計画します。


いいですね。ベタですが、個人的にこういう展開は好きです。

シンプルに正崎さんカッコいいってなります。

バビロン6話正崎

©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

だが、しかし。

この流れ、案の定、瀬黒陽麻はますます正崎への信頼度を上げ自ら陽麻と呼ぶことを提案します。


なんて羨ましい!!!


こんなの、職場の可愛い部下(陽麻)から言われたらたまったもんじゃありませんよ…。

で話を戻しますが、結果的に建前上の捜査班は解散するも実質は同じ。

今後、続々と犠牲者が出てきそうですね…。

バビロン公式ツイッターでの第7話予告を見ていると、早速ヤバいことになりそうな人がピックアップされています。

あの人は最後まで正崎の相棒のように居続けると信じているのですが、どうなるやら…。

スポンサーリンク

齋開化の自サツ法 その真意

バビロン6話齋

©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

今回の本題。一番面白かった部分です。

前回の考察では、齋が曲世を使って予め工作をしかけ肯定派を増やした状態で公開討論に臨むと予想していましたが普通に討論していましたね(笑)

第5話では曲世愛のオカルトめいた能力が取り上げられ、あくまで僕個人的な感想ですが物語のジャンルが非現実的で超能力的な方向に行きそうで不安でしたが、今回の齋の話によって元のおもしろさ、ドキドキ感を取り戻した感じがしています。


さて、本題の討論ですが肯定派は事前に野丸の根回しによって追及するジャンルを決めていたでしょうが、経済、道徳、感情、それぞれの部分で齋はしっかり論破しています。

齋開花の提案する自サツ法は実は良いこと…?自サツが減る…?

一瞬でも、そう思った人がいてもおかしくないと思います。

齋はカナダで施行された薬物対策の例を使い、自サツ法が施行されれば暴走する自サツを止めることに繋がり、自サツ者は結果減るかもしれないと話しました。

あくまで選択できるようにするだけ、無理やり抑えつけるよりも効果的に不幸になる人を減らせる。

それは確かにありえる考え方だと思います。


過去の齋の発言の中でも、一言も「タヒね」と促していることはないし、あくまで「そうしたい人は無理しないでいいよ、タヒを選択することは悪いことではないから好きにしていいよ」と言っているだけです。

ではそこまで考えている齋は、自サツ法をなぜ執行したいのか?

自サツ法を定める目的

齋は誰よりも「タヒ」に対して考えていて、誰もが否定する価値観を肯定しています。

齋の考えは実にシンプルです。

何で自らタヒぬのはダメなの?良いことじゃないですか。

誰もできないから私が法を作りましょう。

ということでしょうかね。


人の行動には必ず何か理由があります。

そして、その理由は他人に決められることではない。

自分で決めるものです。

会社に行きたくなければ仕事を辞める、結婚したけど苦痛しかないなら離婚する。

どちらも、社会的にはダメな人というレッテルを貼られそうですが、そうした理由は本人にしかわかりませんし、それを他人が否定することはできません。

その極論として、理由があってタヒを望み選択することを、なぜ他人が止めるのか?

生きることだけがなぜ正義なのか?

その理由は誰も説明できないことですが、皆、感情的にタヒぬことを拒絶する。

だけど齋は、それも価値観の一つとして許容しましょう、認めましょう、という考えで、シンプルにこれが答えなのかもしれません。


周りが私の考えに及ばない

そう思い続ける齋の姿が想像できました。


そんな齋の「正義」に対して、正崎はどんな「正義」を持って戦うのか。


お願いだから、齋の目的がチープな「新世界の神になる!!」みたいな展開だけはやめて欲しい…(笑)

今のまま、淡々と「タヒの何が悪いの?」ぐらいのスタンスで居続けて欲しいですね。

齋の話を聞いて感じたことは、曲世に操られていたりコントロールされているわけではなく、完全に独立した意思をもって動いている、ということでしょうか。

となると、次に考察しますが曲世愛は正崎との血縁関係であり、さらに齋の…。
※血縁関係というのはあくまで僕の考察です。良ければ前回の5話考察をご参照ください。

齋の妻はもしかして…

バビロン6話曲世

©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

えっ?もしかして曲世?

タイヨウくんが齋の息子だというのなら当然母親は奥様ですよね。

あまりにも地味で一瞬出てきて終わりましたが、あの奥様が実は曲世愛ってこと…ないでしょうか。

なんでかっていうと、もう関係してくる女性が全て曲世か?と思えてしまうので、タイヨウくんの横にいる女性もそう思ったことがきっかけなんですよね…。


むしろ、途中で突然姿を現した正崎の奥さんですら曲世が変わり身してるんじゃないのか?と疑ったぐらいです。

曲世の能力がゆえに、もう考察というか想像というか何でもありになりつつあるのですが、関係する女性を見るとこいつも曲世か?から入って見てしまう。

本編の中身とは関係がありそうで今のところあまりない人間関係ですが、僕の予想だと曲世は正崎の妹で齋の妻ってなっているので、もうカオスです(笑)

今のところ、齋と曲世が一緒にいて話をしているシーンも見ないので、実際のところ齋との関係が気になりますね。

スポンサーリンク

バビロン第6話感想

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

今回の考察はいかがでしたでしょうか?
個人的な感想としては齋の討論もっと聞きたかったですね。


野丸が切り札と思って利用したタイヨウくんが齋の息子だったという、これまた衝撃の結末でしたが次回はどういう展開を見せるのか。

タイヨウくんは初めから齋に利用されていたのか、結果的に今回の展開になったのかでいうと後者だと思います。

タイヨウくんが父の自サツをやめて欲しいと懇願する動画を上げたことは、齋にとっては個人の思想から生まれた意思であり、例え息子でも一意見としか思ってなかったのではないかと。

野丸がタイヨウくんにコンタクトを取ってきたことは、齋の耳に入っているでしょうが「面白い」ぐらいにしか思ってなかったと思います。

次回以降は、テーマとなっている人のタヒ・自サツについてや、それぞれの人間が自身の思う正義を持って相対するやり取りを見たいですね。

曲世については今のところ収集がつかないので、おもしろ予想材料ですが重要キャラであることに変わりはないので、もう少し本人の思想や齋との絡みが欲しいです。

次は正崎と齋の討論が見れるかもしれないので、そのあたりを楽しみにしつつ第7話を待ちたいと思います。

ではでは、次回の考察でまたお会いしましょう!

ありがとうございました。

タカシ


筒井警部補のポケットからでてきた「オノ」のレシート。さらっと出てきてその後何もないってのが不気味。

バビロン感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
『バビロン』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 こんにちは...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が不定期でYouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 苔むす。 より:

    拙いながらも感想、考察、書かせて頂きます(`・ω・´)ゞ

    さらっとさらうって、正崎さん、もう曲世に洗脳されてない?ww
    そして、
    オノが物凄く不穏www
    なんでオノ、しかもカタカナww
    その後に正崎さんの奥さんから電話が掛かってきて、
    その声が中原麻衣さんだったので、ひぐらしのトラウマがww

    瀬黒さんがデレたのは意外でした。
    絶対にデレないタイプのキャラクターと思っていたので。
    でもそのデレ、なんだかフラグな気がして怖いです。
    好きなキャラなのでタヒなないで欲しいですね。
    前回まで曲世の可能性を考えていたので警戒してましたが、
    もう安全なので好きなキャラですww

    今回でようやく正崎さんは曲世さんの危険性をしっかりと認識したでしょうか。
    前回までの時点で、少なくとも3人、もしかしたら64人が、
    曲世さんとの接触によってこの世を去り、自サツではありますが、しているので、
    かなりの危険度を含んている対象なのにツーマンセル、
    あるいは観測班などを組ませていない。
    自分としてはこれが違和感でしたね。
    正崎さんから見ると曲世よりも齋の方が脅威度が高く見えるのでしょうか。
    この世を去るに至った原因は正崎さんから見ても曲世に絞られると思いましたが、
    それは視聴者の視点だからですかね。

    公開討論はちょっと面白かったですね。
    実際の日曜の朝の討論会見ているみたいでww
    ただ子供が出てきてそこから齋の実の子供、
    という流れまで観て、
    やはり展開がちょっとぐずってるというか、
    陳腐に見えてしまいます。
    野丸さん脇甘すぎだろうに。
    なんで身元の確認とかぐらいしてないのか・・・・・。
    あれで政治界の黒幕とは。
    大まかな話の流れより、一緒に出てきた女性、
    母親がとっても曲世な予感して、そっちの方が遥かに気になりますw
    胸の大きさからして曲世の可能性大(`・ω・´)
    というか齋との関係から言っても可能性高いと思いますね。
    そう言えば齋と曲世が会話してるところって、まだありませんよね?
    2人の会話は色んな意味で聞いてみたいです。

    最後の告知で曲世さんが喋って、
    今回初めてワクテカを感じました。
    やっぱり、このアニメは曲世が出て来ないとつまらないですね。
    別のブログでも言ったことですが、
    ホラー映画に出てくる悪役、
    ジェイソンやマイケル、フレディみたいな正体不明の殺人鬼。
    彼らの映画は、彼ら自身が出現した時が1番面白く、盛り上がります。
    バビロンもそうではないかと、思った回でした。
    自分の中では作品のテーマが完全におまけになりました。
    もう曲世さんの活躍にしか興味が湧きませんな(*´ω`*)
    正確に言うと曲世さんと正崎さんとの対決。
    あるいは曲世さんの正崎さんイジメww

    友人にバビロンを勧めて観てもらったのですが、
    彼女曰く、デスノートみたいなものかな、とのこと。
    ブログ主さんの方でも新世界の神とありましたねw
    確かに、デスノートはタヒ神とそのノートという超常の存在があり、
    それ以外はリアルな世界観というもの。
    その超常の存在がリアルな世界に降り立った時に、どうなるか。
    リアル世界と超常との邂逅を楽しむ。
    この場合、
    デスノートとタヒ神を併せ持っているのが曲世愛、になるでしょうか。
    ただ、自分は、何回も言っていますが、
    曲世愛と世界観が乖離して見えてしまいます。
    何故そう見えるのか、ちょっとまだはっきりしません。
    次回にしたいと思います。
    最後まで観たいと思っています。
    何だかんだ言って観てしまう、バビロン(`・ω・´)b

    • Takashi より:

      苔むす。さん、いつもコメントありがとうございます!
      色んな方の考察を聞くのは楽しいですし、次回以降の考察にも役立つので嬉しいです!

      >オノが物凄く不穏www
      さらっと出てきて何にも無しなオノさん(笑)
      唐突に登場しましたが、グロテスクなシーンは望まないのでそのまま出てこなくてもいいよとも思っています。

      >瀬黒さんがデレたのは意外でした。
      こんなことを言っては元も子もないのですが、キャラのポジション上、絶対正崎となんか特別な関係になるって思ってましたけど、そんなデレかたするのかよ!ってツッコみたくなりました。というかツッコみました(笑)陽麻さんは絶対タヒないで欲しい!!!

      >正崎さんから見ると曲世よりも齋の方が脅威度が高く見えるのでしょうか。
      正崎は人もそうですが、今はとにかく危ないことをしてでも自サツ法を止めることに躍起になっていますよね。とにかく、これ以上自サツ者を増やさないことが何よりも最優先だと。記事の中で、正崎のこういうスタンスは好きだと書きましたが、この思考自体はこの先、怖いですよね~。
      このタイミングで突如現れた奥さんはとても悲しい結末を迎えそうな気がしてなりません…。

      >公開討論はちょっと面白かったですね。
      齋の話は惹き込まれるので好きです。野丸の脇の甘さはある意味キャラとしての役割を果たしているのでグッジョブ。
      やっぱり、母親=曲世説の可能性高い気しますよね!タイヨウくんが実の息子かどうかは怪しいですけど家族関係としては十分ありえる。

      胸の大きさで判別するとは苔むす。さんは相当な曲世ファンですな(笑)

      曲世の存在はおっしゃるように大きいですね。
      関わり方しだいで方向性がガラッと変わるので、安売りはしてほしくないけどもっと出てきてとも思う。

      ご友人がデスノートみたいと表現されているのであれば、今後の展開はますます曲世ワールドが広がっていきそうですね。
      世界観も今一はっきりしてくれないところが、更に期待感を煽る。

      最後まで一緒に見届けましょう!
      また来週もよろしくお願いします!

  2. てけり・り より:

    「おいでぇ~、おいでよ、」
    「こっちに………、おいでぇ~…。」
    「オカルトは、楽しいよ~。」

    ども、よろしく。w
    まあ、いろいろ動きがありましたねぇ。
    それにしても…、野丸!。
    御前さんの処は域長選の時、齋の身辺調査位しなかったのか?。履歴書とって、住所と家族構成くらい知っていそうだけどねぇ。
    齋 30才、太陽くんは10才位かな?。若いお父さんだね。学生結婚かな?。
    曲世愛が23才。太陽くんが生まれた時、曲世愛は13才。
    彼女の中学生時代は先週語られてたから、齋との接点はほぼないかな。
    あとは、太陽くんが養子縁組の可能性だけど、それは語られて無いからわからないやね。

    正崎が「悪い子」になろうとしているね。
    う~ん、悪手だなぁ。犯罪ですよ、それ。検察と野丸が組んでるのがばれたら、正崎も野丸も命取りだね。
    だけど、もしもだ、野丸が政治生命を断たれてもいい。と言うのなら、域長選挙の齋の選挙違反を告発すればいい。
    いや、野丸の意思は関係ない。もともと、正崎は薬剤をめぐる域長選の選挙違反も視野にいれて調べていたはず。
    曲世愛を引っ捕まえて、齋を域長の座から、転がり落とせばいい(ついでに野丸もだが)。…ダメかな?。ダメかも…。曲世は捕まらないだろうし、捕まったとしても、自白はしないだろうしなぁ(実証済)。やっぱり、野丸が自首して自白しないと難しいだろうなぁ。とか言ってる内に、野丸が自サツしたりして……。う~~む。(手詰まり。)

    ふふふっ。さて、オカルトで見てみようかな。この物語たぶん黙示録がベースになっている(話の内容は別物ですね)。
    で、気になるのは太陽くん。ローマ時代、ギリシャ神話で太陽神はアポロン。
    そう、あの有名?な「アポリオン」と関係あると言われるアポロン。
    ゆえに、太陽くんこそがアポロンでありアポリオンであり、「アバドン」なのだぁぁぁぁ…。(オカルトにありがちな無理矢理感。)
    それと、「齋 開化」、この名前の意味。
    「神に使え、人知を開く」とも受け止められる。そして、使える神が曲世愛だったら……。(アバドンでもいいよ。)

    最後に。
    自サツ法について語ろうか、と思ったけど、やめた。
    オッサンだから、話長いし、説教臭いからな。

    それでは、さらばじゃ。

    • Takashi より:

      てけり・りさん、いつもコメントありがとうございます!
      バビロン中はオカルト界にはいきませんぞ!

      ども、よろしくです。

      >まあ、いろいろ動きがありましたねぇ。
      色々ありましたなぁ…。野丸はとりあえず置いておいて、タイヨウくんの齋と曲世の子ども説は10歳と仮定すると厳しいですね。
      僕は都合よく6歳か7歳くらいだと仮定しました。

      >正崎が「悪い子」になろうとしているね。
      そこまでして止めたいのでしょうが果たして…。
      曲世はつかまったとしても、おっしゃるように自白どころかさっさと骨抜きにして出ていきそう(笑)

      >ふふふっ。さて、オカルトで見てみようかな。この物語たぶん黙示録がベースになっている(話の内容は別物ですね)。
      あいかわらず目の付け所が違いますねぇ。齋の名前は今でこそ慣れましたが不自然なお名前ですから、きっと何か思いがこもっているのでしょう。

      是非今度は自サツ法について、てけり・りさんの話を聞かせてください!
      来週もよろしくお願いします。

  3. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    今回の展開はちょっと読めませんでした。これからどうなるのでしょうか。
    自サツすることがいいことなのか悪いことなのか それは何をもって是(正義)とするかとの問いに考えさせられました。次回の展開がすごくきになります。
    来週もよろしくお願いします。
     

    • Takashi より:

      ひろさん、いつもコメントありがとうございます!

      ほんと、読み違いばっかりでした!!(笑)
      誰だ、齋が肯定派引き連れて公開討論に臨むと予想したのは。…はい。すみません。

      自サツというかタヒについてはとても考えさせられますね。
      このテーマへの掘り下げからの展開を期待したいです。

      来週もよろしくお願いします!