ラブライブサンシャイン2期9話考察!11人ライブとサプライズの真相

こんにちは!わせです。

ツリーやらイルミネーションやらがキラキラと街中を照らしている、今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

いやー、世の中はすっかりクリスマスモードですね!

さて、今回の9話もちょうど、クリスマスイブのあたりのお話でした。

イルミネーションの中で歌うルビりあ、とってもかわいかったです~^^

新曲もクリスマスらしい曲調で素敵でした!

まさか、その後すぐにこれらの感動が吹き飛ぶことになろうとは…笑

今回の考察では、放送後物議をかもし出した11人ライブの謎に迫ってみようと思います!

スポンサーリンク

あのライブシーンはイベント時のもの?

曲作りの場面や、イベントの出場権をかけて面接に望む場面。

そして、姉たちと抱き合う函館山のシーンを経て、ついにルビィと理亞のライブシーンきたあああああ!

…と思ったら、

ラブライブサンシャイン 9_8

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

/ど う し て こ う な っ た\

いや、11人のライブシーン素敵でしたけどね…

けれど、今回はルビィと理亞が姉たちに成長した姿を見せるためのライブだったはず。

このライブシーンは、クリスマスイベント当日のものだったのでしょうか。

それとも、イベントはルビりあの2人で出場し、後日11人でもう一度ライブをしたのでしょうか。

その答えを導くヒントが、ライブ冒頭のこのシーン。

ラブライブサンシャイン 9_9

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

そう、このライブにはセイントスノーの学校の生徒たちが応援に駆けつけていたんです。

今回ちょいちょい登場していた理亞のクラスメイト2人もいますね。

ラジオの収録後、理亞がこの2人の前で泣き出すシーンがありましたが、このとき2人は「みんなでイベントに行ってもいいか」と訪ねていました。

このことから、今回のライブシーンはクリスマスイベント参加時のものだと思われます。

スポンサーリンク

千歌が口にした「次のサプライズ」とは?

函館山で黒澤姉妹、鹿角姉妹が熱いハグを交わすという感動的なシーンを見守りながら、千歌は「次のサプライズの準備に取りかかろう」と他のメンバーに呼びかけていましたね。

ラブライブサンシャイン 9_17

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

このシーンのすぐ後にライブシーンに移行したこともあり、「次のサプライズ」とは「千歌たちも一緒にライブに参加する」ことで間違いなさそう…

もうね、視聴者ほぼ全員が「えー!?」ってなったのではないでしょうか。

確かにこのシーンだけを見ると、「千歌たちが計画したサプライズ」に思えますよね。

ただ、真実はそうではないのかもしれません。(こちらの詳細は、次の3で!)

千歌は、誰よりも早く「1年生たちが自分たちの力で何かやろうとしていること」を見抜いていましたし、前回の8話でも、同じ妹の立場としてルビィに共感していたようでした。

善子と花丸にいたっては、誰よりも近くでルビィと理亞がイベントに向けて一生懸命準備をしていた姿を見ていたはず。

面接会場では、くじけそうになっているルビィと理亞を「自分たちでやらなきゃ」と励ましていましたし。

これらのシーンを見ているからこそ、「姉たちに成長した姿を見せたい」という2人の意向を無視して千歌たちがライブに乱入したとは(個人的に)考えたくない;;

2人の気持ちを理解し、応援していた千歌たちは、「イベント!?私たちも飛び入り参加して2人を驚かせちゃおう★」なんてノリではなかったはず!(だと信じたい)

11人ライブになったのはなぜ?

さて、先ほど「次のサプライズ(千歌たちが一緒にイベントに出ること)」は千歌たちが計画したものではないとお話しさせていただきました。

このサプライズは、千歌たち以外の誰かが計画したもの。

つまり、このサプライズも実はルビィと理亞の計画の一部だったとは考えられないでしょうか。

ルビィから鞠莉へのメールも、単に「ダイヤを函館に向かわせてほしい」という内容だけではなく、「みんなも函館に来てサプライズに参加してほしい」と打診していたのかも。

千歌ではなく鞠莉に連絡したのも、最初から鞠莉の財力をあてにしていたからなのかもしれません…笑

飛行機代高いですしね^^;

善子の「あの2人には内緒」発言の真意

「次のサプライズの準備をしよう」という千歌の呼びかけに対し、善子は「あの2人には内緒」と発言していました。

ラブライブサンシャイン 9_18

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

サプライズ計画がルビィと理亞によるものだとすると、「あの2人」はもちろんルビィと理亞ではありません。

つまり、このとき千歌と善子のやり取りは、

千歌「(ルビィと理亞に頼まれた)次のサプライズの準備をしよう」

善子「あの2人(ダイヤと聖良)には内緒」

という意味だった。

そして今回の一連のサプライズは、ルビィと理亞がダイヤと聖良に対して行ったものだったのではないでしょうか。

花丸の「衣装もばっちり」発言の真意

また、このとき千歌と善子に続けて花丸も「衣装もばっちり」と発言しています。

もし、ルビィと理亞以外の衣装を千歌たちが用意していたのであれば、この台詞は実際に衣装を作ったであろう内浦帰還組が口にするのが正しいはずです。

では、なぜ北海道居残り組の花丸がこの言葉を口にしたのか。

それは、花丸が(ルビィ、善子、理亞と一緒に)衣装を用意したからなのではないでしょうか。

ちなみに、理亞の部屋で作詞をするシーンで、衣装カバーのようなものが映っています。

ラブライブサンシャイン 9_13

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

このシーンで確認できたのは、青2つ、ピンク4つ。

青はセイントスノーの2人用で、ピンクはアクア用でしょうか。

ピンク4つの内訳は、ルビィ、花丸、善子、ダイヤ用…?

そう仮定すると、この時点ですでにルビィと理亞はダイヤと聖良にも一緒にイベントに参加してもらおうと考えていたことになります。

お姉ちゃんに「見てほしい」の本当の意味

ただ、そうすると、「2人だけで頑張って、お姉ちゃんたちに成長した姿を見てもらいたい」という発言と矛盾しているように感じますよね。

実は、ルビィと理亞がたびたび口にしていた「見てほしい」の意味は、そもそも「観客として見てほしい」という意味ではなかったのかも。

前回の8話で、理亞は「一人でできる、安心してと姉様に伝えたい」という気持ちでラブライブ予選に望んだとルビィに話していました。

つまり、ステージでの自分のパフォーマンスを持って、聖良にその気持ちを伝えようとしていたんです。

そもそもルビィと理亞が曲をつくることになったのは、そのときの理亞の後悔を拭い去るため。

「見てほしい」というのは、姉たちに「観客として自分たちのパフォーマンスを見てほしい」という意味ではなく、「同じステージに立って、隣で自分たちの成長を直に感じてほしい」という意味だったのかもしれませんね。

ダイヤと聖良にイベント参加を告げたのはいつ?

グループの垣根を越え、息の合ったパフォーマンスを見せたセイントアクアスノーの面々。

ラブライブサンシャイン 9_10

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

このフォーメーション、いくら何でもぶっつけ本番ではできないですよね^^;

そのため、全員で練習をするためにも、ダイヤと聖良に事前に種明かしをする必要が出てきます。

この種明かしをした場所も函館山だったのではないでしょうか。

妹2人が姉たちに手紙を渡していましたが、これもサプライズの小道具の一つだったのかも。

※以下、わせの勝手な妄想です※

手紙を渡し、「2人で歌うから見て!」

ルビりあ2人で歌いだす

曲の途中で他メンバー乱入

ダイヤと聖良「ぽかーん」

ルビりあ「手紙を開けてみて!」

そこには歌詞が記されている!

ルビリア「イベントでお姉ちゃんたちも一緒に歌おう!」

みたいな裏エピソードがあったのかも…;;

スポンサーリンク

ラブライブ!サンシャイン!!2期9話の感想

今回11人ライブの真相について色々と考察させていただきましたが、いち視聴者としては本当のことが知りたくてたまりません!

2期のファンブックあたりに解説載ったりしませんかね…?

公式様、何とぞよろしくお願いいたします!

また、今回は本編以外にも色々注目ポイントが散りばめられていましたね!

2期4話で明かされた、ダイヤさんが嘘をつくときの癖だったり…

ラブライブサンシャイン 9_4

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

前回の善子のフラグ発言の真相も明かされましたね。

ラブライブサンシャイン 9_5

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

前回の記事でこのフラグ発言について考察したのですが、まさかこんなオチだったとは…!

ラブライブサンシャイン2期8話考察!善子のフラグ発言&ルビりあ新曲について
こんにちは! 姉妹愛の供給過多により、頭パァン!状態のわせです。 黒澤姉妹も鹿角姉妹も尊い;; いやー、こ...

そして、ライブシーンの途中で一瞬映った千歌の表情も気になりました。

ラブライブサンシャイン 9_19

©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

笑い合う1年生を見て切なげな表情を浮かべていましたが、どんな心境だったのでしょうね…

「シャイニーを探して」というタイトルから察するに、次回は鞠莉メイン回でしょうか?

鞠莉たちの卒業問題も絡んできそうですし、このときの千歌もアクアの今後について考えていたのかもしれませんね。

それでは、また10話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 400円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする